コスメの真実

乾燥による小じわを目立たなくする表示としわ改善表示の違いは?しわ表示の真実

更新日:

近年、『乾燥による小じわを目立たなくする(効能評価試験済)』という内容を、商品周りやホームページに表示して、宣伝しているコスメを多く見ます。

一方で、『しわ改善表示のある医薬部外品』も存在します。

「乾燥による小じわ表示」と、医薬部外品の「しわ改善の表示」は同じ意味でしょうか?それとも全くの別物でしょうか?

今回は化粧品開発者の私が、「乾燥による小じわ表示」と「しわ改善表示」の『表示の真実』についてご説明いたします。

スポンサーリンク
 

乾燥による小じわを目立たなくする表示とは?

長らく日本では、『しわに効く』とか『しわが目立たなくなる』といった表現をコスメにすることは出来ませんでした。

『しわ』に対する効果効能表現が認められていなかったのです。
※メイクアップ効果の場合は除く

『しみ』に対しては違います。美白の医薬部外品があるように、効果が認められた有効成分を、決められた量配合すれば『メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ』という表現が出来ます。

しわに対して改善効果のあるコスメは、ユーザーニーズが高く、現に、欧米ではしわ改善効果をコスメに表示し、販売することが認められています。

このような背景から、業界団体(日本化粧品工業連合会)が、かねてより厚生労働省に要望し、2011年、『乾燥による小じわを目立たなくする』という表現を、コスメに表示し販売することが可能となったのです。

「化粧品機能評価法ガイドライン」に基づく試験、もしくは、これと同等以上の試験を、化粧品メーカーの責任において実施し、その効果を確認したうえで、試験を行なったことを製品に表記(効能評価試験済み)すれば『乾燥による小じわを目立たなくする』という表示が可能です。

また、ユーザーから問い合わせがあった場合、データを提示して効果の根拠を説明する必要もあります。

このように化粧品であっても、決められた試験を実施し、効果が確認されれば、『乾燥による小じわを目立たなくする』と、しわに対する効果効能表現を、商品周りやホームページなどで出来るようになったわけです。
※美白などの医薬部外品であっても、同様の試験を実施し効果が確認されれば表示は可能です。

しわ改善表示の医薬部外品の場合は?

乾燥による小じわ表示が誕生した時はまだ、『しわ改善の医薬部外品』が存在していませんでした。

そのような中、化粧品大手ポーラから、しわ改善に効果がある有効成分が開発され、2017年1月、日本初のしわを改善する医薬部外品『リンクルショット メディカル セラム』が発売されました。

これにより、医薬部外品に限り、『しわ改善』の表示が可能となったのです。

ここで注意しないといけないのは、先ほどの「乾燥による小じわを目立たなくする」表示は、『乾燥による小じわ』しか対応していないという点です。

しわの要因は、乾燥紫外線加齢と様々ですが、化粧品の場合は『乾燥によるしわ』しか対象ではありません。

一方、しわ改善の医薬部外品の場合は、乾燥・紫外線・加齢が原因とされる、『総合的なしわ』に対し有効であると表現することが出来るのです。

また、乾燥による小じわ表示の場合は、効果効能試験さえすれば良いので、どのメーカーでもどの商品でも、試験さえクリアすれば表示可能です。

しかし、しわ改善の医薬部外品の場合、しわの有効成分はポーラが開発したものなので、どのメーカーも真似できるわけでなく、当時は、この有効成分を配合したポーラの商品のみ、総合的なしわ(乾燥、紫外線、加齢)に対する改善効果を表示する事が出来ました。

そしてその後、資生堂からも、しわ改善の医薬部外品が発売され(しわ改善有効成分:純粋レチノール)、そして、コーセーからも同様の商品が発売されました(しわ改善有効成分:ナイアシンアミド)。

しわ改善有効成分「ナイアシンアミド」の場合、決して簡単ではありませんが、条件を満たせば使用可能ですから、現在、しわ改善の医薬部外品は、ナイアシンアミドであれば、どのメーカーでも発売可能です

実際現在は、様々なメーカーから、『ナイアシンアミド』をしわ改善の有効成分にした、しわ改善表示のある医薬部外品が発売されています。

しわ改善表示はすごいのか?

まず、「乾燥による小じわを目立たなくする」表示について、これは正直、特段すごい事ではありません。

乾燥による小じわに有効であると、『科学的』に証明されたわけですから、この表示がある商品は素晴らしいです。

しかし、「乾燥による小じわを目立たなくする」表示を得るために、特別な技術を用いているかと言われればそうではなく、ある意味、お金と時間をかければ得られる表示なのです。

まず前提として、この表示を得るために行う試験には何百万単位のお金と、数ヶ月の期間が必要です。

乾燥による小じわ対応ですから、この表示のある化粧品は『保湿』に優れるわけですが、世の中には、費用とスケジュールの関係で試験を実施していないが、もし試験すれば、乾燥による小じわに対し改善効果が認められるであろう保湿化粧品がたくさん存在しているのです。

この試験に充てるお金があるのなら宣伝費にまわすとか、発売スケジュールから試験をする時間がないといったケースでは、試験を実施しません。

商品を開発する際、「乾燥による小じわを目立たなくする」表示が、差別化につながる、宣伝効果になると判断したら、お金と時間をかけて試験を実施するのです。

ですから、この表示があるコスメだけが特別というわけではありませんし、この表示の取得が非常に難しいというわけではないのです。

ただし、乾燥による小じわに対する改善効果が科学的に認められたわけですから、乾燥による小じわにお悩みのユーザーであれば、安心してお使いいただけることは確かです。

一方、医薬部外品のしわ改善表示の場合、医薬部外品は、国に申請して承認されなければ発売は出来ません。ですから、言い換えれば、国がしわ改善の『効果』と商品の『安全性』を認めたわけですからすごいと言えるでしょう。

しかし当初は、ポーラ(ニールワン)と資生堂(純粋レチノール)が、メーカーの威信をかけて競い合ったように、しわ改善の医薬部外品を発売すること自体が、そのメーカーのすごさを物語っていましたが、ナイアシンアミドの登場により、その様子は変わってきたように感じます。

ナイアシンアミドの場合、条件さえ満たせば、どのメーカーでも、どのブランドでもしわ改善の医薬部外品の発売が可能ですから、その価値がやや薄らいできているのは間違いありません。

しわ改善表示コスメはおすすめ?

「乾燥による小じわを目立たなくする」表示コスメの利点には、『価格』『自由度』にあります。

しわ改善の医薬部部外品の場合、市場に商品が増えて価値がやや薄らいできていると言っても、いまだ、価格が『高価』です。

その点、「乾燥による小じわを目立たなくする」表示コスメはお求めやすい価格のモノが充実しています。

また、医薬部外品の場合、『医薬部外品原料規格(外原規)』に合致している原料しか配合出来ません。

世の中には、外原規に合致せず、医薬部外品に配合は出来ないが、優れた原料はたくさん存在します。

「乾燥による小じわを目立たなくする」表示コスメは、化粧品であれば、外原規を気にする事なく、様々な原料を配合する事が可能です。原料選択の『自由度』が高いという事です。

ですから、まだ年齢的に加齢によるしわを気にする事がなかったり、日焼け止めコスメで、紫外線防御を確実にすれば、高価で配合原料の制限があるしわ改善の医薬部外品を選ばなくてもいいと思います。

一方で、しわ改善の医薬部外品であれば、乾燥だけでなく、加齢や紫外線など、『総合的なしわ』に対して効果が期待出来ます。

しわ改善表示の医薬部外品の場合、有効成分に「ニールワン」、「純粋レチノール」、「ナイアシンアミド」とありますが、その中でも現在は、『ナイアシンアミド』に注目が集まっています。

理由は、『価格』『処方幅』です。

まず、『ニールワン』は素晴らしい成分です。日本で初めてしわ改善効果が認められたこの成分は、化粧品大手ポーラの技術の粋を集めたと言えるでしょう。

ですから価格も『高価』です。

また、ニールワンは水に触れると分解してしまうため、水を含む処方には配合出来ないという欠点があります。

ですから、ニールワン配合のポーラ リンクルショットメディカルセラムには水が配合されておりません。全成分に水は表記されていますが、これはエキス由来の水であり極微量です。

水が配合できないということは、化粧水や乳液、クリームといったアイテムの処方化が出来ず、処方のほぼすべてが「オイル」と「粉体」ですから、どうしてもテクスチャーが重たくなってしまい、処方幅が狭くなります

ただし、それを補って余りあるズバ抜けた商品力が、リンクルショット メディカルセラムにはあります。

続いて『(純粋)レチノール』ですが、これは資生堂がしわ改善の効果承認を得たのであって、資生堂の独自成分ではありません

レチノールは分解しやすい成分のため、一般的には『誘導体』として用いられます。

この分解しやすいレチノールを、「誘導体」ではなく、「純粋体」で配合出来ているのは、資生堂の、処方化技術は勿論ですが『容器技術』にあります。

純粋体のレチノールは酸素に触れると分解してしまうため、資生堂は、使用中においても酸素が中に入らない『特殊容器』を開発しました。

これは、他社が真似できない資生堂独自の技術であるため、現状、資生堂以外では商品化は難しいと思います。

一方、『ナイアシンアミド』は、『抜群に安定』です。ニールワンのように水に分解する事はないですし、純粋レチノールのような酸素に対する不安もないため、容器を選ばず処方幅も広いです。

例えば、『ディセンシア アヤナス リンクル O/L コンセントレート』は、ナイアシンアミドをしわ改善の有効成分として配合した医薬部外品です。

本品は『オイル状美容液』となっていますが、水ベースですから、通常の化粧水や美容液のようなテクスチャーです。

『顔全体に抵抗感なく塗布が可能』ですから、今お使いの化粧水or美容液から、何の違和感なくスイッチ可能だと思います。

さらにディセンシアは、ニールワンを開発したポーラのグループ会社です。

そのディセンシアが、ニールワンではなくナイアシンアミドを選択したという点は、グループ間の販売戦略など様々な理由があると思いますが、ディセンシアの技術ベースが、日本初のしわ改善有効成分を開発したポーラだという点も注目です。

おわりに

いかがでしょうか?

『乾燥による小じわを目立たなくする』表示と、医薬部外品の『しわ改善』表示は、厳密に言えば違います。

しかし、これら表示があるコスメは、いずれも素晴らしい事に変わりはないので、ご自身のしわ悩み(乾燥・加齢・紫外線)に合わせてお選びください。

<しわ改善の医薬部外品>

※本記事の内容は個人見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの真実

Copyright© コスメの真実 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.