※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 話題の成分

話題の成分(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマーの役割は?

化粧品業界は常に進化しており、その背後には革新的な成分の開発があります。

本記事では、特に注目されている「(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー」という成分に焦点を当て、その独特な「形状記憶性」によって、これまでにない新感触のジェルやクリームを実現したことを紹介します。

この成分は、ジェルが元の形状に戻るという驚きの特性を持ち、化粧品のテクスチャーに革命をもたらしました。この記事を通じて、化粧品成分の奥深さと、それがいかに私たちの美容習慣を豊かにしているかを理解することができます。

 

本記事の内容

  • (PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマーの役割を、現役の化粧品開発者が詳しく解説

 

スポンサーリンク

(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマーとは?

赤いジェリー・アスタリフト・フラワーミセル

(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマーは、『増粘剤』です。

『増粘剤』はコスメにとって必須成分です。増粘剤がなければ、安定な『乳液』も、今流行りの『オールインワンジェル』も出来ません。

コスメに一番用いられる増粘剤は、『カルボマー(カルボキシビニルポリマー)』です。カルボマーは『水系』の増粘剤で、乳液やクリーム、オールインワンジェルなどに配合されます。

『(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー』も、カルボマーと同様、『水系の増粘剤』ですが、その特性は全く異なります。

「(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー」の一番の特徴は、『形状記憶性』です。『復元力』とも言います。この増粘剤を配合したクリームやジェルは、形が崩れても、元に戻ります

通常のジェル(クリーム)に指を突っ込むと、『穴』が開きますよね?この穴は元に戻りません。当然ですね。

しかし、「(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー」配合のジェル(クリーム)に指を突っ込むと、当然、『穴』が開きますが、暫くすると、この『穴』が塞がり、指を突っ込む前の状態に戻ります

これが『形状記憶性』『復元力』

これにより、これまでの「カルボマー」では到底実現できなかった、『新感触』のジェル(クリーム)が可能になりました。

私も、初めて穴が塞がる様子を見た時はびっくりし、感動しました。

この成分、「ADEKA」というメーカーから、『アデカノール GT-700 / 730』という原料名で販売されています。

ですから、どの化粧品メーカーでも使うことが出来ます。

この成分が、広くユーザーに認知されたのが、富士フィルムの『アスタリフト』ではないでしょうか。

通称、『赤いジェリー』と言われる、『ジェリー アクアリスタ』に配合されている成分こそ、「(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー」であり、これが無ければ、「赤いジェリー」は誕生していません。

富士フィルムのアスタリフトで、一躍脚光を浴びた「(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー」ですが、もっと前から存在しています。

実は、この成分は、『資生堂』が開発した増粘剤で、『フラワーミセル』と言われています。資生堂は、粘性があるが、はけで壁に塗る時には滑らかに伸び、塗布後は素早く粘性が回復する『水性塗料』をヒントにこの成分を開発しました。

詳細な増粘機構は割愛しますが、これまでにない、新しい増粘機構(フラワーミセル)のため、資生堂は、この成果を『第 23 回 IFSCC(2004年 オーランド大会)』で発表しています。

さすが資生堂ですね。化粧品だけでなく、成分(原料)を開発する技術も素晴らしい。

「カルボマー」は、『中和』して使う増粘剤です。中和タイプゆえ、『電解質存在下』では増粘効果を全く発揮しません。

一方、「(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー」は、『形状記憶性(復元力)』という、全く新しい特徴を持ちながら、中和タイプではないので、電解質存在下でも増粘させ、形状記憶性を持たせることが可能です

ジェル、クリーム剤型の感触に革命をもたらした成分、それが『(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー』です。

 

配合コスメ

「(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー」配合コスメと言えば、やはりアスタリフトの『ジェリー アクアリスタ』です。

富士フィルムが開発した成分ではありませんが、『赤いジェリー』のインパクトは絶大で、松田聖子さんを起用したCMなどの『宣伝戦略』も相まって、「形状記憶=アスタリフト」というイメージを作り上げました。

アスタリフト発売後、資生堂を除く各化粧品メーカーが、相次いでこの成分を配合した『形状記憶ジェル』を発売したことからも、富士フィルムの戦略は見事です。

▼ ジェリー アクアリスタ

 

是非、「(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー」の、驚きの『形状記憶性』『復元力』をお楽しみください。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ・肌に悪い・落ちない・クレンジング必須 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、「落ちない!」ばかりか、「肌に悪い!」ことすらあるのです。 その理由を、現役の化粧 ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

無添加化粧品・危険・肌に優しくない 7

無添加化粧品と聞くと肌に優しく安心・安全と思っている人は多いと思います。実際、敏感肌系コスメに無添加が多いのは事実です。 しかしこれは大きな間違いです。 この記事では、無添加化粧品=危険という超残念な ...

8

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

マイクロニードル・危険 9

        マイクロニードルや海綿などの針美容(針コスメ)が注目を集めています。 これは、針の形状や大きさは違えど、針による刺激等でしわ・たるみを改善すると ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 10

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 話題の成分