コスメの真実

そのコスメ、本当に石鹸で落ちますか?石鹸落ちコスメの真実

更新日:

日焼け止めやファンデーションを中心に、『石鹸で落ちる』という訴求が増えてきました。

これは、化粧持ちの高さが求められる日焼け止めやファンデーションの場合、『耐水性技術』が向上し、結果として、石鹸などの通常の洗浄料で落ちないという課題を反映しています。

耐水性がありながら石鹸で落ちるというのは、利便性が向上し、大変素晴らしい事ですが、本当に石鹸で落ちるのでしょうか?

結論から言うと、

結論:石鹸で落ちると言いながら、落ちない事もある!

今回は、化粧品開発者の私が、『石鹸落ちコスメの真実』と題しまして詳しくご説明します。

スポンサーリンク

「石鹸で落ちる」訴求について

ファンデーションや日焼け止めには、着色(肌色)と紫外線防御を目的に、酸化鉄や酸化チタン、酸化亜鉛といった『粉体』が配合されます。

通常、これら粉体は水に馴染みます。しかし、水に馴染むと、崩れやすく持ちが悪くなります

ファンデーションや日焼け止めには『化粧持ちの高さ』が求められますし、紫外線防御指数であるSPFには、耐水性を表す『ウォータープルーフ』がありますから、水に馴染んで化粧持ちが悪くなる事は、ユーザーに好まれません。

そこで、ファンデーションや日焼け止めに配合の粉体には、『表面処理』が施され、これにより、粉体の表面の性質が改変され、水に馴染みやいモノが(親水化)、水に馴染まなくなります(疎水化)

表面処理が施され、親水から疎水に特徴が変化した粉体は水に馴染みませんから、これら粉体が配合されたコスメは、化粧持ちが向上し、ウォータープルーフ機能を有するようになります

日本の原料メーカーの表面処理技術は世界一と言えるぐらい素晴らしいです。

この表面処理技術の進歩によって、ファンデーションや日焼け止めの化粧持ちは飛躍的に向上しました

しかし一方で、『新たな課題』が発生します。

それが、化粧持ちが良すぎて、石鹸などの通常の洗浄料では落ちないという事です。

皮肉と言えば皮肉ですね。

『化粧持ちの良さ』というユーザーニーズを実現するために、発展し続けた表面処理技術ですが、結果として、『石鹸で落ちない』という別の課題を生み出してしまいました。

化粧持ちが良いファンデーションや日焼け止めには『クレンジング』を用いる、が一つの答えではありますが、やはり、やや面倒。

通常の洗浄剤である『石鹸』で落とす事が出来れば、利便性は向上します。そして、これが『世のニーズ』です。

これが、ファンデーションや日焼け止めに、『石鹸で落ちる』という訴求が増えた経緯です。

化粧持ちが良くて、且つ、石鹸で落ちるは、非常に便利ですが、本当に石鹸で落ちるのでしょうか?

何をもってメーカーは、「石鹸で落ちる」と言っているのでしょうか?

次項で詳しくご説明します。

 

「石鹸で落ちる」の真実

石鹸で落ちるコスメで一番重要な事。それは、

  • 「石鹸で落ちる」はメーカーの言ったもの勝ち的要素が強く、明確な根拠はない
  • 例え石鹸で落ちなくても、メーカーが「石鹸で落ちる」と言ってしまえば、それは石鹸で落ちるコスメになる

です。

驚かれるかもしれませんが、これが石鹸落ちコスメの『真実』です。

ですから、例えメーカーが石鹸で落ちると言っても、100%信用してはいけません

だって、根拠がなくて、メーカーの言ったもの勝ちだから。

実際、石鹸で落としてみて残り感があるのであれば、迷わず『クレンジング』をご使用ください。

ただし、全く根拠がない、と言うわけでもありません。

ある一定の根拠のもと、石鹸で落ちると訴求するコスメは存在します

それが、コスメの剤型タイプである『水中油(水ベース)』『油中水(油ベース)』です。

 

石鹸落ちコスメの剤型タイプは?

乳化系コスメには大別すると『2つ』の剤型タイプがあります。

それが『水中油』『油中水』です。下図をご覧ください。

これは、乳化系コスメのイメージ図です。

乳化系コスメには「水系成分」と「油系成分」が含まれますが、通常これらは混ざらず、比重の軽い油が上にいきます。

しかし、界面活性剤が存在すると、片方が『細かい液滴』となって、水と油は混ざります。

このように、お互いに混ざり合わない液体の一方を、細かな液滴にして、他方に混ぜる事(正確には、他方に分散させること)を『乳化』と言います。

そして混じり合った状態のことを『エマルション(エマルジョン)』or『乳化物』と言います。

そして、図に示した通り、エマルションには2種類の型があり、水の中に油が分散したものを、「oill in water」から、『o/w(オーパーダブル)』、もしくは、『水中油』と言います。

反対に、油の中に水が分散したものを、「water in oil」から、『w/o(ダブルパーオー)』、もしくは、『油中水』と言います。

このように、乳化系コスメには、『水中油(o/w)』『油中水(w/o)』、の2つの『剤型タイプ』が存在します。

これは、「ファンデーション」と「日焼け止め」も同様です。

そして、細かな滴で分散しているものを『内相』、分散させているもう一方を、『外相』もしくは『連続相』と言います。

水中油の場合、内相は『油』で、外相は『水』です。油中水の場合はその逆で、内相が『水』で外相が『油』になります。

ここが一番重要ですが、乳化系コスメの場合、『外相(連続相)』の性質を強く反映しますから、外相が水の「水中油」は、水の性質が強いため『水系ベース』になりますし、反対に油中水は『油系ベース』になります。

水中油 ⇒ 水の性質が強い『水系ベース』

油中水 ⇒ 油の性質が強い『油系ベース』

仮に石鹸で落ちるのであれば、それは水の性質が強い『水系ベース(水中油)』です。

油の性質が強い『油系ベース(油中水)』は、石鹸では落ちません。

ですから、石鹸で落ちると訴求するコスメの多くは『水系ベース(水中油)』です。

『水系ベースである事(水中油)』が、石鹸落ちコスメの一つの根拠になります。

勿論、全ての水系ベースが石鹸で落ちるとは思いませんが、根拠がない事に比べれば、これはある程度の説得力はあります。

中には、油系ベース(油中水)であるのに、石鹸で落ちると訴求するコスメも存在しますから、これらには要注意です!

石鹸で落ちません!

100%の確率で見分けられるわけではありませんが、下記記事に、油系ベース(油中水)の見分け方を記載していますので、参考にしてみてください。

 

pH応答性表面処理技術

メーカーの言ったもの勝ちで、根拠がない、あったとしても「水系ベース(水中油)」くらいの石鹸落ちコスメですが、石鹸で落ちる『確固たる技術』は存在します。

その一つが、資生堂の『pH応答性表面処理技術』です。

この技術は、化粧品業界の世界的な学術大会であるIFSCCでも『最優秀賞』を受賞しており、世界に認められた技術です。IFSCCについては以下をご覧ください。

石鹸は『アルカリ性』です。

資生堂は、酸性条件で疎水性となり、アルカリ性条件で親水性となる『pH応答性』に着目し、その性質を示すポリマーを新たに開発しました。

そして、このポリマーを酸化チタンに表面処理。これが『pH応答性表面処理技術』です。

このような処理を施された酸化チタンは、通常時(酸性)は、『疎水性』を示しますから、化粧持ちに優れます

ですが、石鹸で洗い流す際は、アルカリ性となり、『親水性』を示すため、石鹸で落ちます

「化粧持ちの良さ」と「石鹸で落ちる」を両立した見事な技術です。

これであれば、「石鹸で落ちる」とはっきり言い切れると思います。

ただし、現在は、『弱酸性洗顔』もありますから、アルカリでない石鹸に対しては、この技術が適応されません。

新たに、誰もが納得する革新的な『石鹸落ち技術』が生まれる事を期待しています。

 

おわりに

いかがでしょうか?

ファンデーションや日焼け止めに『石鹸で落ちる』と言う表現をよく見ますが、これはメーカーの言ったもの勝ち的要素が強いです。

ですから、例え石鹸で落ちなくても、メーカー側が石鹸で落ちると言ってしまえば、それは『石鹸で落ちるコスメ』になってしまいます。

水系ベース(水中油)であれば、石鹸で落ちやすい事は確か。水系ベースは石鹸落ちコスメの一つの答えだとは思いますが、特に、表面処理された粉体は、非常に落としずらいです。

以上を踏まえ、「石鹸で落ちる」と訴求しているコスメであっても、100%信用せず、実際使ってみて残り感をお感じになるようでしたら、迷わず『クレンジング』をお使いになる事をおすすめします。

クレンジング選びにお悩みでしたら以下をご覧ください。クレンジング選びの決定版です。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの真実

Copyright© コスメの真実 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.