コスメの真実

シミが消えるコスメは嘘!効果なし!マジでヤバい! シミ消えコスメの真実

投稿日:

コスメの宣伝を見てると、『シミが消える』という表現をよく目にします。

でもこれ、大変危険。

コスメの表現に、シミが消えるは認められていませんし、そもそもそんな効果はありません!
※メイクアップ効果は除く

つまり、シミが消えるコスメは、

  • 薬機法違反
  • 効果はないので、ユーザー側は時間とお金の無駄

シミが消えるコスメに良い事は全くないので、そのように宣伝しているコスメを相手にしてはいけません。
※メイクアップ効果は除く

今回は、シミが消えるコスメの真実と題しまして、化粧品開発者の私が、シミが消えるに騙されない『正しいシミケア』をご紹介します。

スポンサーリンク

 

シミが消えるコスメの真実

冒頭でも述べましたが、コスメにおいてシミが消えるという表現は認められていません

ただし、より正確に言うのであれば、コスメにおいて、シミが消える的表現は、メイクにのみに認められており、スキンケアには認められていない、です。

ですから、ファンデーションやコンシーラーで、「ひと塗りでシミが隠れる、消える ※メイクアップ効果による」、という表現をご覧になった事はあると思います。

メイクであれば、シミが消える的な表現は認められていますが、「メイクによる」という注釈が必須となります。

しかし、スキンケアで、シミが消える的表現をしている商品が存在します

シミが消えるというのは、ユーザーの心に刺さる非常に魅力的な表現ですが、コスメ(スキンケア)では認められていない=薬機法違反、ですし、そもそもそんな効果はないです。

お金と時間の無駄です。

メイクによる効果は、カバー力によるもので『一時的』です。ですから、根本的にシミが改善されるわけではありません。

しかし、シミはシワと並ぶ女性の2大肌悩みです。シミに悩むユーザーはたくさんいます。

コスメ(スキンケア)でシミは消えません。しかし、『美白』に導く方法はあります。
※美白・・・メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ

それが『美白の医薬部外品』です。

これこそが、『正しいシミケア』であり、コスメにおける『唯一のシミケア』です。

国が効果を認めた『有効成分』を規定量配合し、国に申請して、その効果が認められたものが『医薬部外品』です。

ですから、医薬部外品は化粧品に比べて、より高い効果が(改善効果)が期待出来ます

この効果(効能)の一つが、『美白』であり、シミを消すとまではいきませんが、メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ事が出来ます

正しいシミケア(美白の医薬部外品)のためには、シミ発生の『メカニズム』とそれに対応する『有効成分』を知る必要があります。

次項では、シミのメカニズムとそれに対応する有効成分について、詳しくご説明します。

有効成分に関して、医薬部外品には必ず『有効成分』が表示されています。ですから、ご自身がお使いの商品パッケージを見て、どの成分が有効成分かを必ず確認するようにして下さい。

また、美白と言えば、近年、『カネボウの白斑問題』という、絶対にあってはならない安全性トラブル(肌トラブル)が起こりました。

これに関して、最後に触れさせて頂きます。ご興味があれば、最後までお付き合いください。

 

シミ発生のメカニズムと有効成分

そもそもシミとは何でしょうか?

メラニンと呼ばれる色素、『メラニン色素』は、皆さんのお肌の中、『基底層』で毎日作られています。

正常なお肌の場合、『ターンオーバー』によって、『メラニン色素』は基底層から、お肌表面へ押し上げられ、最終的に体外へ排出されます。これを『メラニンの代謝』と言います。 ですから、若い頃、紫外線を浴びてもシミになりにくかったのはこのためです(若い頃はターンオーバーが正常です)。

メラニンは『生成』『排出』を繰り返していて、この両者のバランスは保たれています(メラニンの代謝)。しかし、過剰にメラニンが生成されたり、ターンオーバーの異常により、『メラニン代謝が乱れる』と、お肌にメラニン色素が居座るようになります。

この、メラニン色素がお肌に居座った状態が『シミ』です。

ですから、「ターンオーバーを正常化して、メラニン色素を体外へ排出させる」、そして、「過剰なメラニン生成を抑制する」ことが、シミへの対策です。

『ターンオーバーの正常化』には、マッサージやパックなどで、血行をよくして、新陳代謝をアップさせることが有効でしょう。

一方、シミの根本対策と言われる『過剰メラニンの生成抑制』こそが、『美白の有効成分』の役割であり、シミケアに『美白の医薬部外品』を使う理由です。

シミ発生のメカニズムは大きく分けて『4つ』あります。

 

チロシナーゼの活性化

カネボウ・白斑・おすすめ美白

シミの原因とも言うべき『メラニン色素』は、表皮最下層の基底層にある『メラノサイト』と言われる細胞で作られています。ですから、このメラノサイトは『メラニン形成細胞』、通称、『メラニン生成工場』とも言われています。

メラニン色素の出発は、アミノ酸の一種である『チロシン』という物質です。

このチロシンが『チロシナーゼ』という酸化酵素によって、『ドーパ』という物質に変化します。 さらにチロシナーゼはドーパにも働きかけて、『ドーパキノン』という化合物に変化させます。

このドーパキノンは、反応性が高く、酵素の力を必要せず、一人で勝手に反応していきます。 『ドーパクロム』『インドールキノン』、そして最後に、黒褐色の『メラニン色素』になります。

つまり、『チロシン』という出発物質が、『チロシナーゼ』という酸化酵素の力を借りて、反応(酸化)を繰り返すことで『メラニン色素』は生成されます。

このように、チロシナーゼが活性化する事で、過剰のメラニンが生成されシミになるのです。

 

チロシナーゼ活性抑制の有効成分

おそらく、チロシナーゼの活性化を抑制する有効成分が、一番多いと思います。

アスコルビン酸2グルコシドアルブチンといった有名な成分から、4MSK(4-メトキシサリチル酸K)コウジ酸エラグ酸ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)マグノリグナンロドデノール、これらがチロシナーゼの活性化を抑制する、国から認められた『美白の有効成分』です。
※後ほどご説明しますが、「ロドデノール」がカネボウ白斑問題の原因物質です。

 

注目商品

チロシナーゼの活性を抑制する美白の有効成分として有名な『4MSK(4-メトキシサリチル酸K』

これは、資生堂の『独自成分』です。そして、4MSKを美白有効成分として配合した商品が、誰もが知る『資生堂 HAKU』

「HAKU」は、資生堂のシミ研究の集大成として2005年に誕生し、発売以来16年連続で『美白美容液売上No.1のブランドです。
※インテージSRI美白美容液市場 2005年1月~2020年12月 金額シェア

資生堂の『シミ研究の最先端技術』を搭載したのが「HAKU」であり、資生堂の最先端=日本の最先端と言っても過言ではありません。

他社の追随を許さない『圧倒的技術』だからこそ、長年に渡り、美白市場のトップに君臨し続けるのでしょう。

2021年3月、「HAKU」が進化しました。

それがHAKU メラノフォーカスZ

最大の特長は、「4MSK(美白)」と「トラネキサム酸(美白)」の『W美白有効成分の医薬部外品』という点です。

「4MSK」は資生堂独自の美白有効成分、「トラネキサム酸」は資生堂が美白有効成分として、日本で初めて国から承認を得た成分ですから、この両成分の組み合わせは『資生堂オリジナル』で、資生堂しかできない組み合わせです。

W美白有効成分の組み合わせは複数ありますが、「HAKU メラノフォーカスZ」の『4MSK+トラネキサム酸』の組み合わせが最強ではないかと私は思っています。

「4MSK」と「トラネキサム酸」は、美白有効成分の中でも『スター成分』ですから、これ以上の美白有効成分の組み合わせは、少なくとも私には考えられない。

さすが資生堂。他社の追随を許さない『圧倒的技術』です。

美白ブランドNo.1にふさわしく、資生堂の『シミ研究の最先端技術』を搭載した、他社を圧倒するブランドがHAKUです。

しかも、これまでは4MSKとトラネキサム酸という『美白有効成分の組み合わせ』だけに注目されがちでしたが、今回のメラノフォーカスZは、『液晶技術』を用いることで、美白有効成分を肌奥深くまで届かせる工夫をしています。

液晶と言う言葉は、コスメの世界では一般的ですが、技術的ハードルが高く、資生堂の高い技術力があってこそと言えるでしょう。

しかも今回は、「美容医療か。美白美容液か。」と、美容医療にも負けない事を暗に意味するような挑戦的な表現を用いています。

これは、資生堂のメラノフォーカスZに対する自信の表れでしょう。

間違いなく、今考えられる最高峰の美白美容液に相応しいと言えます。

 

メラノサイトの活性化

メラニン色素は、『メラノサイト』で作られます。女性ホルモンや紫外線などの刺激を受けると、『プラスミン』『プロスタグランジン』と言われる物質が、メラノサイトに働きかけて、メラニン生成をスタートさせます。

つまり、メラノサイトに、「メラニンを作りなさい!」という『シグナル』を与えて、『メラノサイトを活性化』させるわけです。

メラノサイトの活性化によって、過剰のメラニンが生成されシミになります

「メラニンを作りなさい!」という、『メラノサイトへのシグナルを遮断』し、メラノサイトの活性化が阻害されると、メラニン色素の生成は抑制されます。ですから、『メラノサイトの活性化の抑制』も有効なシミ対策です。

 

メラノサイト活性抑制の有効成分

メラノサイトの活性化を抑制する有効成分には、カモミラETトラネキサム酸TXC(トラネキサム酸セチル)テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなどがあります。

 

注目商品

注目商品としてはやはり、『資生堂 HAKU』です。

先ほども述べたように、HAKUは、美白有効成分「4MSK」と「トラネキサム酸」の『W美白有効成分の医薬部外品』です。

4MSKは、チロシナーゼの活性を抑制します。そして、トラネキサム酸はメラノサイトの活性を抑制します。

つまりHAKUは、チロシナーゼ活性抑制メラノサイト活性抑制『2つの作用点』に働きかけます。

W美白有効成分の医薬部外品は他にも存在しますが、例えば、両成分がチロシナーゼ活性抑制のように、同じ作用機序よりも、HAKUのように、『異なる作用機序』のモノの組み合わせの方がより効果的だと私は思います。

何故なら、人によって効果的な作用点は異なりますし、自分自身も、どの作用点が一番効果的か、分からないからです。

ですから、W美白の医薬部外品であれば、私は、異なる作用機序のモノの組み合わせをおすすめしています。

 

メラノサイトの拡散

視覚的にシミと認識されるのは、メラニンやメラノサイトが、お肌表面(表皮)に移動するからです。

ですから、『メラノサイトの表皮への拡散を抑制』出来れば、視覚的にシミと認識されない(シミケア)という事です。

 

メラノサイト拡散抑制の有効成分

メラノサイトの表皮への拡散を抑制する有効成分には、現在、シワ改善の有効成分としても話題沸騰中のナイアシンアミドがあります。

 

新しいメカニズム「PCE-DP」

皮膚科学の専門家の方に言わせれば、シミ発生のメカニズムはまだまだあると思いますが、これまでは、チロシナーゼの活性化、メラノサイトの活性化、メラノサイトの拡散が、シミ発生のメカニズムに大別され、それに対応する成分(有効成分)が開発され商品に展開されてきました。

今回、化粧品大手ポーラが、新たなシミ発生メカニズムに着目し、成分(有効成分)を開発しました。

それが、新規美白有効成分『PCE-DP(ピースディーピー)』です。勿論、ポーラオリジナル成分です。

ポーラが開発した新規美白有効成分「PCE-DP」の美白メカニズムは従来とは異なり、表皮細胞のエネルギー産生を増やす事で、ターンオーバーを促進し(メラニンを抱えた細胞が自然に剥がれる)、シミの元であるメラニンが蓄積しにくい肌に導きます

これをポーラでは『エネルギー美白』と呼んでいます。

ポーラの研究によると、「PCE-DP」は表皮細胞において、エネルギー物質を作り出す反応経路のひとつである『クエン酸回路』を 活性化させることが分かりました。

クエン酸回路は、一度の反応で多くのエネルギー物質を生み出すこと ができますが、表皮ではあまり活用されていません。この、休眠しているクエン酸回路を活性化させることが、美白への第一歩です。

「PCE-DP」によって、表皮細胞内で十分なエネルギーが作られた肌は、メラノサイトにメラニン引き渡しを促す伝達物質の産生が沈静する事、そして、表皮細胞自体のメラニンの取り込みが沈静する事が分かりました。これによって、表皮細胞に含まれるメラニン量(シミの元)が減少していくと考えられます。

さらに、クエン酸回路を活性化させる事で、表皮細胞の増殖が活発になります。結果、表皮の生まれ変わり(ターンオーバー)が促進され、シミの元であるメラニンを抱えた細胞が自然に剥がれやすくなります

このように、ポーラの新規美白有効成分「PCE-DP」は、『表皮の状態を総合的に改善する』ことで、メラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

引用:https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0508261_01.pdf

 

このエネルギー美白、すごそうとは思いますが、話としてはやや難しいですね。

要するに、これまでと違うメカニズムという事が重要です。

何故なら、

いくら医薬部外品と言えども、医薬品ではありませんから、すぐに効果が表れるわけではありません。

最低でも3ヶ月は続けないと効果は実感できないと思います。
※人によって異なります

しかし、3ヶ月使っても満足のいく効果を得られていないユーザーはたくさんいると思います。

3ヶ月以上使い続けても満足のいく効果が得られていない場合は、ご自身がお使いの美白有効成分のメカニズムが、ご自身にあっていない可能性があります

そんな時は、思い切ってコスメを変える、今お使いのモノとは美白メカニズムが異なる美白有効成分のコスメに変えることは、効果的だと思います。

勿論、だからと言って、効果があるとは断言出来ませんが、「PCE-DP」は、これまでの美白有効成分とはメカニズムが異なりますから、従来のメカニズムではなかなか効果が得られなかった方にとっては救世主になるかもしれません。

 

おわりに

いかがでしょうか?

美白と言っても、シミ発生メカニズムは複数あり、それに対応する美白有効成分も複数存在します。

ですから、まずはシミ発生メカニズムと、それに対応する美白有効成分を知ってください。

そして、もし、ご自身がお使いの美白コスメ(医薬部外品)の効果に満足がいっていない場合、そのメカニズムがあっていない可能性はあります。

ですからあきらめず、異なる作用点に働きかける有効成分配合のモノに変えてみるのも一つの手だと思います。

コスメ(スキンケア)でシミは消えません

美白有効成分の医薬部外品が、コスメにおける『唯一のシミケア』です。

疑わしい宣伝に惑わされず、正しい知識でコスメをお選びください。

 

何故、カネボウ白斑問題は起こったのか?

美白の医薬部外品を語るうえで、『白斑問題』は避けては通れないので、ここで少し触れさせて頂きます。

カネボウが開発した独自の美白有効成分『ロドデノール』配合の美白化粧品(医薬部外品)に、皮膚が白くまだら模様になる『白斑』の症状が確認されました。

これが、化粧品業界に大きな衝撃を与えた、『カネボウの白斑問題』です。

「ロドデノール」は、先ほどもご説明した通り、チロシナーゼの活性を抑制する『美白剤』です。では、「チロシン」と「ロドデノール」の『構造式』を見てみましょう。

カネボウ・白斑・おすすめ美白

「チロシン」と「ロドデノール」、構造式がすごく似ていると思いませんか?

それもそのはず。

「ロドデノール」は、チロシナーゼの活性化を抑制します。チロシナーゼは、メラニンの出発物質、チロシンに働きかけますが、「ロドデノール」はチロシンに形が似てますから、分かりやすく言うと、本来、チロシンに反応するチロシナーゼが、形が似ている「ロドデノール」に、間違えて反応してしまうんです

このように、「ロドデノール」がチロシナーゼと反応するため、本来持ってる、チロシナーゼの活性を抑制します(チロシンとの反応を阻害する)。

これは「ロドデノール」に限ったわけでなく、チロシナーゼの活性化を抑制する美白剤のほとんどが、『チロシンに似た形』をしています。

では、何故「ロドデノール」だけに白斑が見られたのか?

正直、詳細は不明ですが、チロシンとの親和性が高すぎて(性質が似すぎて)、チロシナーゼの活性を抑制する過程で生じる何かしらの物質が、メラノサイトを攻撃し、メラノサイトが破壊され、消失した結果(メラニンの消失)、白斑が起こったのではと推測します。

ただし、メカニズムに関しては難しすぎて、推測の域を出ませんが、問題は、『白斑が予想できなかったのか?』『被害の拡大を防げなかったのか?』ということです。

以前、肌生理学に詳しい先輩にお聞きしたことがあって、その方によれば、ロドデノールの開発途上で、種々のデータを見れば、『白斑は予想できた可能性が高い』とおっしゃっていました。

と言うのも、部外品の有効成分として国から認可を得るためには、国が定める規定に則った試験が必要です。ロドデノールも同様、この規定に沿って試験データを取得したでしょう。しかし、規定通りの試験法だと、今回のロドデノールの白斑は見逃されてしまう可能性が高い(実際、見逃されてしまい大問題となりました)。ロドデノールのチロシナーゼ活性抑制のデータから、規定通りの試験は勿論、『白斑を疑うような追加試験』をすべきだったとおっしゃっていました。

肌生理学にあまり詳しくない私にとって、難しいお話でしたが、カネボウと言えば超一流の化粧品メーカーで、そこで働く研究員も、超一流の人たちばかりだと思います。そんな優秀な人材の集まりなのに、見逃してしまったことは残念なことです。

ただし、あくまで結果論ですから、私の先輩がおっしゃるように、追加試験を行ったとしても、白斑を防げたかは分かりません。

今回、一番の問題は、最初の白斑被害発覚から、商品回収までに『1年半』かかったことです。

最初の被害報告は、2011年10月。そして、商品の自社回収が2013年7月。

これほど長い間、いわば、『放置』していたわけですから、被害の拡大を招いてしまいました。

カネボウの場合は、花王との関係もありますし、ブランドイメージを大きく傷つける事態ですから、回収を躊躇する気持ちは分かりますが、ユーザーの生活を豊かにし、社会に貢献する企業のすべきことではありません。ましてや、カネボウのような超一流企業であれば、ユーザー数も非常に多いと思うので、絶対に許されるべきことではありません。

カネボウには、被害にあわれた方々と真摯に向き合い、誠実な対応をするとともに、2度とこのようなことが起きないよう、企業体質を改善し、今まで以上に素晴しい商品を世に出して頂きたいと思います。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの真実

Copyright© コスメの真実 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.