しわ・たるみ コスメの疑問&誤解

<プロ解説>マイクロニードル・海綿・針美容は危険?効果あり?おすすめ?

更新日:

マイクロニードルや海綿などの『針美容』が注目を集めています。これは、針の形状や大きさは違えど、針による刺激でしわ・たるみを改善するという美容法(コスメ)です。

メーカーのHPを見ると効果はありそうですが、なんか痛そうで、『危険』のイメージがあるのも事実。

今回は化粧品開発者の私が、噂の針美容について、本当に効果があっておすすめなのか?危険ではないのか?をご説明します。

 

スポンサーリンク



 

 

マイクロニードルとは?

針美容の中で、最も効果が期待出来るのが『マイクロニードル』ではないかと、私は思います。

マイクロニードルとは、『マイクロサイズ』(1000分の1ミリメートル)の『ニードル』(針)を敷きつめたシール状のパッチコスメです。

保湿剤として最も有名な『ヒアルロン酸』は優れた成分ですが、分子量がとてつもなく大きいため、肌内部には浸透しません。

肌内部に浸透させるために分子量を小さくした『加水分解ヒアルロン酸』はありますが、高分子ヒアルロン酸ほどの保湿効果は期待できません

マイクロニードルは、ニードル(針)が肌に刺さるため、直接、高分子量の美容成分を肌内部に届けることが出来ます。ですから、現状、保湿効果が期待できる高分子ヒアルロン酸を肌内部に浸透させるコスメは、『マイクロニードル』だけです。

従来は注射でしか届けることが出来なかった高分子量の美容成分を、ほぼ無痛で肌内部に取り込むことができ、さらには自宅で自分で施術が可能ですから、美容・医療分野の新技術として大変注目されています。

一方で、「ニードル(針)を刺す」と聞くと、『痛い』『危険』と思われるかもしれません。

しかし、針といっても、マイクロの名の通り、『1000分の1ミリメートル』という超極細ですから、多少の刺激(チクチク感)は感じるかもしれませんが、痛いというレベルではありません。

ですからマイクロニードルは、痛くて危険ではなく、大きな効果が期待できるコスメであって、実際、日本NO.1の資生堂も商品化していますから、今後の美容分野の常識を大きく変えるコスメと言えるかもしれません。

マイクロニードルは、ヒアルロン酸のような高分子量の美容成分を肌内部に直接浸透させる唯一のコスメですから、最近、非常に増えてきました。

その中でも私は、刺すプロテオグリカンと言われる『ハーリスモイストパッチ』に注目しています。

何故なら、ハーリス モイストパッチは、ヒアルロン酸を凌ぐ保水効果を持つ『プロテオグリカン』のマイクロニードルだからです。

プロテオグリカンは、たんぱく質の「プロテイン」と、多糖類の「グリカン」の複合体です。たんぱく質に多数の糖(グリカン)が結合した構造をしており、糖と糖の間に水分を保持する働きがありますから、『保水性』に優れます。

その効果は、『ヒアルロン酸やコラーゲンを凌ぐ』と言われていますが、プロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコラーゲンほど有名な美容成分ではありません。

何故なら当時、プロテオグリカンは、『1g 3000万円』と言われるほど高価な成分で、なかなか研究が進まず、コスメへの配合は困難だったからです。

現在では、製造技術が確立され、価格が落ち着いてきたため、コスメへの配合が可能になりました。と言っても、非常に高価な成分に変わりありませんから、プロテオグリカン配合コスメはまだ少ないのが現状です。

そんな中で、『ハーリスモイストパッチ』は、プロテオグリカン配合のマイクロニードルとして注目を集めています。

さらに、「ヒアルロン酸」「ユビキノン(Q10)」「加水分解乱卵殻膜」「プラセンタ」「コラーゲン」「フラーレン」「ビタミン類」「セラミド」「EGF」など、プロテオグリカン以外の美容成分も豊富に配合されています。

そもそもマイクロニードルは、糖尿病患者の、毎日のインシュリン注射が及ぼす皮膚への影響(針を刺した部位が次第に硬くなる)を解決するために、アメリカで最初に開発された技術です。

マイクロニードルであれば、背中などにパッチを貼るだけで、痛みをほとんど感じずにワクチンを体内に注入することが可能ですから、美容分野だけではなく、医療分野での応用も大いに期待されています。

 

海綿とは?

最近、『海綿配合コスメ』が増えてきました。

海綿とは、無脊椎動物の一種で、多細胞からなる海の生物です。 その繊維は、絹のたんぱく質と同様の性質を持ち、 人間の肌と同じアミノ酸から出来ているため、 肌に負担をかける事はありません。 

その性質から、海綿を加工し、身体を洗う『スポンジ』として用いられてきました。

そして、その海綿から精製した天然の微細針を『スピキュール』と言い、このスピキュールを配合したコスメを通称、『海綿コスメ』と呼ぶようです。

海綿から精製された微細針である「スピキュール」は、古くから医学や美容分野で用いられています。

スピキュールは針と言っても、マイクロニードルとは異なります。マイクロニードルはニードル(針)自身が『美容成分』で出来ていますが、スピキュールは100%、『天然の微細な針』ですから、美容成分の浸透というより、『針の刺激』による効果です。

マイクロニードルはパッチ製剤ですから、基本、目元など気になる箇所への『部分使用』です。ですが海綿コスメ(スピキュールコスメ)の多くはファンデーションなど、『顔全体』に使用しますから、人によっては、マイクロニードル以上の痛みや違和感があります。

ですから、海綿コスメ(スピキュールコスメ)を選ぶのであれば、『部分使用』にすべきです。

ルジョーの『ニードルセラム』のように、目元・口元の『部分使用』を推奨しているスピキュールコスメがおすすめです。

ニードルセラムは、『次世代エイジングケア針美容液』と言うだけあって、配合されている美容成分が贅沢です。

「ヒト幹細胞培養液エキス」「EGF」「フラーレン」「セラミド」「レチノール誘導体」など、実に『25種類』もの美容成分が配合されています。

マイクロニードルは、ニードル(針)自体が美容成分ですから、配合出来る成分にある程度の制限があります。その点、海綿コスメ(スピキュールコスメ)は、通常のコスメに天然針(スピキュール)を配合するので、美容成分に制限がありません。

また、『コスパ』も良いです。

あくまで『部分使用』という事で、海綿コスメ(スピキュールコスメ)をお楽しみください。

 

おわりに

いかがでしょうか?

「マイクロニードル」、「海綿コスメ」とも、多少のチクチク感や違和感があるかもしれませんが、危険ではなく、『科学的根拠』に基づいた効果が期待できる『針美容(コスメ)』です。
※ 海綿コスメは部分使用に限ります

正しい知識で、ご自身にあった針コスメをお選びください。

<マイクロニードル>

 

<海綿コスメ(スピキュール)>

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-しわ・たるみ, コスメの疑問&誤解

Copyright© コスメの真実 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.