しわケア 注目コスメ!

<最新版>話題のしわ改善コスメ(医薬部外品)をプロが厳選してみた!

更新日:

2017年1月1日、日本初のしわ改善コスメがポーラから発売されました。

あれから4年余り経過しましたが、今では様々なメーカーから、しわ改善コスメが発売されています。

そこで今回は、化粧品開発者の私が、しわ改善コスメの歴史と、おすすめのしわ改善コスメを紹介させて頂きます。

 

スポンサーリンク

しわ改善コスメの歴史

長らく日本では、『しわに効く』とか『しわが改善する』といった表現を、化粧品(医薬部外品含む)にすることは出来ませんでした。

 『しわ』に対する効果効能表現が認められていなかったんです。

一方で、しわに対して改善効果のある化粧品は、ユーザーニーズが高く、現に、欧米ではしわ改善効果を化粧品に表示し、販売することが認められていました。

このような背景から、業界団体(日本化粧品工業連合会)が、かねてより厚生労働省に要望し、2011年、『乾燥による小じわを目立たなくする』という表現を、『化粧品』に表示し販売することが可能になりました。

ただし、乾燥による小じわ表現を化粧品に表示する場合、「化粧品機能評価法ガイドライン」に基づく試験、もしくは、これと同等以上の試験を、化粧品メーカーの責任において実施し、その効果を確認したうえで、試験を行なったことを製品に表示しなければなりません。

しかし、『医薬部外品(薬用化粧品)』に関しては、依然としてしわに対する効果効能表現は認められていませんでした。

この状況を打破したのが、化粧品大手のポーラです。ポーラは、しわ改善効果のある有効成分『ニールワン』を開発し、2017年1月、日本初のしわ改善コスメ(医薬部外品) 『リンクルショット メディカルセラム』を発売しました。

その後、資生堂から『(純粋)レチノール』を、そしてコーセーから、『ナイアシンアミド』を、それぞれしわ改善有効成分として配合したコスメ(医薬部外品)が発売されました。

よって現在、しわ改善効果が認められた有効成分は、『ニールワン』『(純粋)レチノール』『ナイアシンアミド』の3種だけであり、世の中のしわ改善コスメ(医薬部外品)には、これらの内のどれかが必ず配合されています。

しわ改善コスメと言いますが、正確には、『しわ改善医薬部外品』です。

「コスメ=化粧品」のイメージがありますが、加齢や紫外線、乾燥など、『総合的なしわ』に対する改善効果が期待できるのは、国からその効果と安全性が認められた『医薬部外品』だけです。

ですから、私が次項で紹介するコスメも全て、『医薬部外品』になりますが、世の中には『化粧品』であるにも関わらず、あたかもしわ改善効果があるように表現しているモノがたくさんありますから、ご注意ください。

真にしわ改善コスメをお望みであるならば、「ニールワン」・「(純粋)レチノール」・「ナイアシンアミド」のいずれかをしわ改善有効成分として配合した『医薬部外品』である事が大前提です。

 

プロ厳選!しわ改善コスメ(医薬部外品)

ディセンシア アヤナス リンクル O/L コンセントレート

先ほど、しわ改善有効成分には「ニールワン」、「(純粋)レチノール」、「ナイアシンアミド」の3成分あるとお話ししました。

もう少し詳しく言うと、ニールワンはポーラが開発した、ポーラの『独自成分』ですから、ポーラの商品にしか配合されていません。『ポーラ リンクルショットメディカルセラム』がそれです。

ニールワンは素晴らしい成分です。日本で初めてしわ改善効果が認められたこの成分は、化粧品大手ポーラの技術の粋を集めたと言えるでしょう。

一方で、ニールワンは水に触れると分解してしまうため、水を含む処方には配合出来ないという欠点があります。

ですから、ニールワン配合のポーラ リンクルショットメディカルセラムには水が配合されておりません。全成分に水は表記されていますが、これはエキス由来の水であり極微量です。

水が配合できないということは、化粧水や乳液、クリームといったアイテムの処方化が出来ず、処方のほぼすべてが「オイル」と「粉体」ですから、どうしてもテクスチャーが重たくなってしまいます。

続いて「(純粋)レチノール」ですが、これは資生堂がしわ改善の効果承認を得たのであって、資生堂の独自成分ではありません

レチノールは分解しやすい成分のため、一般的には『誘導体』として用いられます。この分解しやすいレチノールを、「誘導体」ではなく、「純粋体」で配合出来ているのは、資生堂の、処方化技術は勿論ですが『容器技術』にあります。

純粋体のレチノールは酸素に触れると分解してしまうため、資生堂は、使用中においても酸素が中に入らない『独自容器』を開発しました。

純粋レチノールは独自成分ではありませんから、申請上の課題をクリアすればどのメーカーからも発売出来ます。しかしそのためには、特別な容器技術が必須ですから、純粋レチノールを有効成分としたしわ改善コスメは、しばらくは資生堂からしか発売できないと思います。

純粋レチノールもニールワン同様、素晴らしい成分ではありますが、酸素に触れると分解してしまうという扱いにくさが、唯一の欠点と言えるでしょう。

一方、「ディセンシア アヤナス リンクル O/L コンセントレート」のしわ改善有効成分は『ナイアシンアミド』です。

もともとナイアシンアミドは、『美白』の有効成分として、コスメ(医薬部外品)に配合されていましたが、コーセーが新たに『しわ改善効果』がある事を明らかにし、国から効果承認を得ました。

ナイアシンアミドの良さは『抜群の安定性』です。ニールワンのように水に分解する事はないですし、純粋レチノールのような酸素に対する不安もありません。

これはつまり、化粧水、乳液、クリームといった基礎化粧品への配合が容易で、アイテム制限がほとんどないという事です。

しかも、申請上の課題さえクリアすれば、どのメーカーでも発売が可能で、このような背景があるため、最近、ナイアシンアミドを有効成分としたしわ改善コスメが様々なメーカーから発売されています。

このような背景から、「ニールワン」「(純粋)レチノール」「ナイアシンアミド」、これらは素晴らしい成分ではありますが、アイテムへの配合しやすさという点で、『ナイアシンアミド』が一歩リードしているのが現状ではないでしょうか?

「ディセンシア アヤナス リンクル O/L コンセントレート」は『ナイアシンアミド』を有効成分としたしわ改善コスメ(医薬部外品)です。

ナイアシンアミドですから、当然の事ながら、加齢・紫外線・乾燥など、『総合的なしわ』に対して改善効果が期待できます。

また、本品は『オイル状美容液』となっていますが、水ベースですから、通常の化粧水や美容液のようなテクスチャーです。『顔全体に抵抗感なく塗布が可能』ですから、今お使いの化粧水or美容液から、何の違和感なくスイッチ可能な点も評価できます。

さらにディセンシアは、ニールワンを開発したポーラのグループ会社です。そのディセンシアが、ニールワンではなくナイアシンアミドを選択したという点は、グループ間の販売戦略など様々な理由があると思いますが、ディセンシアの技術ベースが、日本初のしわ改善有効成分を開発したポーラだという点も注目です。

 

ポーラ リンクルショット メディカルセラム

『ポーラ リンクルショットメディカルセラム』は、正真正銘、日本初のしわ改善コスメ(医薬部外品)であり、有効成分はポーラの独自成分である『ニールワン』です。

先ほど、アイテムへの配合しやすさは、ニールワンよりもナイアシンアミドが上と言いましたが、商品特徴を理解し、使用法を工夫すれば、ニールワン配合のリンクルショットメディカルセラムは大変おすすめです。

確かにニールワンは水に触れると分解してしまうため、水が配合出来ず、通常の化粧水や乳液、クリームは不可能です。

ですから必然的に、「オイル」と「粉体」高配合の処方となってしまい、テクスチャーが重たく、顔全体に使用するのは過酷です

しかし一方で、リンクルショットメディカルセラムには、ニールワンの特徴を生かした特別な『処方化技術』があります。

それが、有効成分(ニールワン)の肌奥深くへの『浸透技術』です。

ニールワンは水に分解しますが、『水に馴染みやすい成分』でもあります。

処方に水は配合できませんが、肌に塗布されたニールワンは、素早く肌奥深くに浸透します

何故なら、肌内部には多くの水が存在しますから、水と馴染みがいいニールワンは、水を求め、肌奥深くに浸透するのです。

以上のように、ニールワンの水への分解という欠点を逆手にとって、成分が浸透しやすくなるよう工夫されたポーラ メディカルセラムは、テクスチャーが重く顔全体への塗布は難しいですが、しわ改善という効果が最も期待できる製品だと言えるでしょう。

テクスチャーの重さに関しては、しわやほうれん線が気になる部位に『部分使用』すれば問題ありません。

顔全体におすすめ第一位の『ディセンシア アヤナス リンクル O/L コンセントレート』を、そして、特に気になる部分に『ポーラ リンクルショットメディカルセラム』を使用する、大変贅沢な使用ステップではありますが、これが現在の、コスメ(医薬部外品)でしわを改善する最も効果的な方法の一つではないでしょうか。

 

SIWA-KC オールインワンジェル

㈱ハーブ健康本舗の『SIWA-KC』も、ディセンシア アヤナスと同様、『ナイアシンアミド』をしわ改善の有効成分に配合しています。

先ほど、ナイアシンアミドは『美白の有効成分』でもあると言いました。

ですからこの商品は、これ一つで、『美白としわ改善』と大きく宣伝しています。

一方、ディセンシアは美白訴求はしていませんでしたが、ナイアシンアミドをしわ改善の有効成分として配合していれば、訴求はしていなくとも、美白効果も期待できますから、あまり気にする必要はありません。

この商品の注目ポイントは、美白としわ改善のWの効果だからというよりも、しわ改善が期待できる『オールインワンジェル』と言う点です。

現在のしわ改善コスメは、価格がやや高めです。それだけの価値がありますから、価格設定はある意味妥当ではありますが、各アイテム全てを揃えるとかなりの出費です。

その点オールインワンジェルであれば、これ一本で複数のアイテムを補うことが可能ですから、価格的にも経済的ですし、お手入れも簡単です。

現在、「値段」と「お手入れ簡単」という点から、オールインワンジェルユーザーが大変増えていますから、そのようなユーザーにとって、ナイアシンアミドを有効成分とした『しわ改善&美白』が期待できる『SIWA-KC』は、大変魅力的だと思います。

 

おわりに

いかがでしょうか?

しわ改善コスメ(医薬部外品)が誕生したのが2017年1月。

当初はポーラの「ニールワン」と、資生堂の「純粋レチノール」がしのぎを削っていましたが、現在は、『ナイアシンアミド』の勢いがすごいです。

その高い安定性と、申請上のハードルの低さから、多くのメーカーから発売されるようになりました。

しわ改善コスメは決して安い買い物ではありません。正しい知識で、ご自身にあった最適のしわ改善コスメ(医薬部部外品)をお選びください。

 

※本記事の内容は個人の見解であって、効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-しわケア, 注目コスメ!

Copyright© コスメの真実 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.