※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 話題の製品

ユースキン 顔使用の危険性の真実:現役の化粧品開発者が解説

 

  • ユースキンって、に使っていいの?
  • ユースキンをに使うのは危険なの?

 

こんな疑問に、現役の化粧品開発者がお答えします!

 

この記事で分かること

  • ユースキンの顔使用の危険性

 

ユースキンを顔に使うことは危険なのでしょうか?

 

スキンケアの安全性は常に注目の的です。

特にユースキンの顔への使用に関しては賛否両論あり、ネット上では「顔に使うと危険!」という声が多くみられます。

しかし、真実はどうなのでしょうか?

この記事では、ユースキンの成分特性と肌への影響について、現役の化粧品開発者が詳しく解説します!

 

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

スポンサーリンク




【結論】ユースキン 顔使用は危険?

ユースキンと検索すると「顔 危険」というワードが引っ掛かります。

ユースキンには以下のように、「全身に使える(手・ひじ・ひざ・かかと)」と表示されているにもかかわらず、「顔」とは表示されていないので、「顔 危険」というワードが世に広まったようです。

 

 

ユースキンを顔に使うと危険なのか?

 

結論から言うと、ユースキンを顔に使っても危険ではないです。

ただし私は、ユースキンの顔への使用はおすすめしないです。

 

次項以降、このような結論に至った理由を、現役の化粧品開発者が詳しく解説いたします。

 

結論

ユースキンの顔への使用は危険ではないが、おすすめしない!

 

 

ユースキンの配合成分と処方特徴

ユースキン顔危険・本当

配合成分

有効成分:トコフェロール酢酸エステル、グリチルレチン酸、dl-カンフル、グリセリン

添加物として:ビタミンB2、ポリソルベート80、自己乳化型ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸、ハードファット、トリエタノールアミン、エデト酸Na、ミリスチン酸イソプロピル、パラベン、ステアリルアルコール、ヒアルロン酸Na、ビタミンC

 

指定医薬部外品

ユースキンは指定医薬部外品です。

「医薬部外品」は馴染みがあると思いますが、ユースキンは、皆様が馴染みある「医薬部外品」とは異なり、指定医薬部外品です。

「指定」は、厚生労働大臣が指定したという意味で、「医薬品の内、人体に対する作用が比較的緩和で、医薬品販売業者による情報提供を要しないものは、一般小売店でも販売できるように」と、それまで医薬品だったものが、医薬部外品に区分変更されました

これが指定医薬部外品です。

参考:指定医薬部外品とは

 

ポイント

  • 指定医薬部外品 ⇒ 当初は医薬品だったが、医薬部外品に区分変更されたもの
  • 医薬部外品 ⇒ 医薬品ではなく、当初から医薬部外品

 

 

4種類の有効成分

指定医薬部外品であるユースキンには4種の有効成分が配合されています。

通常の医薬部外品で、4種類も有効成分が配合されているモノは珍しいです(育毛剤を除く)。

濃度的にもかなりの高濃度ですから、通常の医薬部外品以上の効果が期待できる一方、肌刺激の懸念があるのも事実です。

ですから、(通常の)医薬部外品以上医薬品未満が、指定医薬部外品と考えると分かりやすいかもしれません。

 

ユースキン・顔・指定医薬部外品

 

 

ユースキン顔使用危険の理由

公式の見解

ユースキンの顔使用について、ユースキン公式の見解は以下です。

 

『ユースキン』は、お肌に合っていれば顔にもご使用いただけます。
ご使用前にあごの下等のお肌のやわらかい部分で試し塗りをし、お肌が赤くなる等の異常が出ないことをご確認ください。ご使用の際は、目の中に入らないよう十分ご注意ください。
また、成分の特性上、目のまわりに使用するとスースーしたり、しみたりすることがありますので、ご注意ください。

参考:ユースキン 120gボトル| 商品検索 | 商品情報 | ユースキン製薬株式会社 (yuskin.co.jp)

 

つまり、ユースキンは「顔」にも使えます。

そして、公式見解が示す通り、顔に使っても危険ではないです。

 

おすすめしない理由

ユースキンは顔に使っても危険ではないです。ユースキンの公式見解だからです。

ですから、ユースキンは顔にも使えます。

 

ただし、私はユースキンの顔使用はおすすめしません!

 

何故なら、からだ(手・ひじ・ひざ・かかと)への使用をメインに処方設計されており、顔使用をメインに処方設計されていないからです。

 

実際、ユースキンの公式には、顔にも使えるけれども、「ご使用前にあごの下等のお肌のやわらかい部分で試し塗りをし、お肌が赤くなる等の異常が出ないことをご確認ください」との表記がされています。

通常、顔への使用が全く問題ないのであれば、このような記載は必要ありません。

 

また、有効成分濃度に着目すると、トコフェロール酢酸エステル 0.2%, グリチルレチン酸 0.2%, dl-カンフル 0.8%, グリセリン 40%配合されています。

指定医薬部外品ですから、このくらいの濃度は妥当かもしれませんが、通常の化粧品、医薬部外品で考えると、かなりの配合量です。

カンフルは清涼感が強い成分ですから、公式にも「目のまわりに使用するとスースーしたり、しみたりする」と記載があります。

勿論、カンフル 0.8%は、国が定める配合上限以下であり、問題はありませんが、通常の顔に使う化粧品、医薬部外品の配合量を考えるとかなりの量です。

また、グリセリンが40%配合されていますが、これもかなりの量です。

仮に、顔への使用をメインに考えているのであれば、カンフルやグリセリン量はもう少し抑えるべきです。

指定医薬部外品であるユースキンは、「ひび」や「あかぎれ」に対して効果は期待できますが、ここまでの効果を顔に求めるべきか?疑問に思います。

 

高い効果には、それ相応の肌刺激の懸念がある!

 

そもそも、からだ(手・ひじ・ひざ・かかと)と顔では皮膚の厚さが違います。

からだの中でも顔の皮膚は圧倒的に薄く、その分、刺激を感じやすいです。

顔用の製品がなければ、ユースキンは選択肢の一つになりますが、顔用には優れた製品がたくさん存在するので、ユースキンの顔使用はおすすめしません。

 

顔使用をおすすめしない理由

  • 顔の皮膚はからだに比べて、圧倒的に薄く敏感にもかかわらず、顔使用をメインとした処方設計になっていない!
  • 顔用には他に優れた製品がたくさん存在する!

 

 

ユースキンの代わりはコレ!

ユースキンは、からだ用(手・ひじ・ひざ・かかと)には優れた製品です。

指定医薬部外品ですから、通常の化粧品や医薬部外品に比べて高い効果が期待できます。

しかしその分、肌刺激の懸念があり、皮膚が薄い顔への使用は、危険ではないけれども、おすすめしません

顔用には優れた製品がたくさんあります。

その中でも、ユースキン顔使用を考えるユーザーの皆様におすすめの製品があります。

それが、高機能オールインワンジェル「シンピスト」です。

 

シンピスト

シンピスト

全成分

有効成分:ナイアシンアミド
その他の成分:精製水、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ポリエチレングリコール・デシルテトラデセス-20・ヘキサメチレンジイソシアネート共重合体、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、トリメチルグリシン、1,2-ペンタンジオール、硬化ナタネ油アルコール、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、フェノキシエタノール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、水酸化ナトリウム、d-δ-トコフェロール、3-O-エチルアスコルビン酸、テトラ2-へキシルデカン酸アスコルビル、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ビタミンA油、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、L-ピロリドンカルボン酸、乳酸ナトリウム液、L-アルギニン、L-アスパラギン酸、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、グリシン、L-アラニン、コラーゲン・トリペプチド F、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、L-イソロイシン、L-スレオニン、L-ヒスチジン、L-フェニルアラニン、プラセンタエキス(1)

 

ナイアシンアミド配合 医薬部外品

ユースキンは指定医薬部外品ですから、「化粧品」を代わりにするには、少し効果面で不安が残ります。

ですから、ユースキンの代わりは「(通常の)医薬部外品」が望ましく、シンピストは、有効成分にナイアシンアミドを配合したしわ改善・美白効果が期待できる医薬部外品です。

ナイアシンアミドは本当に優秀な成分で、しわ改善・美白効果がありながら、抗炎症効果も期待できます。

抗炎症効果は、ユースキンの有効成分の一つである「グリチルレチン酸」と同様の効果です。

つまり、ナイアシンアミド配合のシンピストであれば、ユースキンに配合のグリチルレチン酸と同様の効果を得ながら、しわ改善・美白効果も期待できるということです。

しかもシンピストはオールインワンジェルですから、これ一つでスキンケアが完成します。

これだけの高機能でありながら、手軽さも兼ね備えたシンピストは、ユースキンの顔使用の代わりとして十分すぎるほど、優秀な製品と言えるでしょう。

 

高保湿設計

ユースキンは、からだのひび割れ(ひび)やあかぎれに対して効果的です。

ひび割れ(ひび)やあかぎれは、肌が乾燥して硬くなり、柔軟性を失った結果、小さな割れ目や裂け目が生じる状態です。

ですから、保湿が重要な役割を果たすため、ユースキンはグリセリン40%配合という超高保湿設計になっています。

通常のオールインワンジェルは、オイルの配合量が少ないので(もしくは無配合)、どうしても保湿力が課題になるケースが多いです。

シンピストの場合、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリンを高配合した高保湿設計となっており、通常のオールインワンの課題である保湿力不足はクリアしています。

勿論、ユースキンのグリセリン40%程ではありませんが、これは、より安全に使えるという点に重きを置いた結果と言えます。

 

シンピストおすすめ理由

  • 顔使用を想定した医薬部外品
  • 有効成分にナイアシンアミドを配合
  • 高保湿設計

 

シンピストのより詳しい特徴は以下をご覧ください。シンピストの凄さがお分かりになると思います。

あわせて読みたいシンピストの口コミは信用できる?化粧品開発者が語る製品の魅力

シンピストが美容業界で注目されている理由は何でしょうか? この記事では、シンピストの革新性と、真皮ケアを実現するその独自の技術に焦点を当てています。プロの開発者視点から見たシンピストの秘密や、その多機 ...

 

 

状態によっては皮膚科医に相談を

ユースキンの顔使用の代わりとして、高機能オールインワンジェル「シンピスト」の使用は最良だと思っていますが、通常の医薬部外品では期待できないほどのお悩みをお持ちであれば、皮膚科医への受診を視野に入れて下さい。

ユースキンの効果効能は、ひびやあかぎれです。

これを顔にあてはめると、かなりの症状だと考えられますから、皮膚科医からのアドバイスをもとに、ご自身の肌状態にあった製品を選ぶことを強くおすすめします。

 

おわりに

いかがでしょうか?

ユースキンは本来、手やひじ、ひざ、かかとといった部位用に設計されています。

ユースキン公式の見解としては、「顔への使用は問題ない」と言っていますが、私としては、顔への使用は危険ではないけれどもおすすめはしないです。

何故なら、顔の皮膚が体の他の部分よりも薄く、敏感であるにもかかわらず、製品の成分濃度などから顔への使用をメインとした設計がなされていないからです。

私はこの点を踏まえ、顔のケアにはより適切な製品を選ぶことをおすすめします。

 

たとえばシンピスト」

 

これは顔用に設計された医薬部外品で、ナイアシンアミドなどの有効成分が配合されており、しわや美白への効果が期待できるとともに、肌への優しさも考慮されています。

 

ユースキンを顔に使用することについては、公式にも一定のガイドラインが示されていますが、最終的には自分の肌と相談しながら、最適な製品を選ぶことが大切です。

 

シンピスト

あわせて読みたいシンピストの口コミは信用できる?化粧品開発者が語る製品の魅力

シンピストが美容業界で注目されている理由は何でしょうか? この記事では、シンピストの革新性と、真皮ケアを実現するその独自の技術に焦点を当てています。プロの開発者視点から見たシンピストの秘密や、その多機 ...

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ・肌に悪い・落ちない・クレンジング必須 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、「落ちない!」ばかりか、「肌に悪い!」ことすらあるのです。 その理由を、現役の化粧 ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

無添加化粧品・危険・肌に優しくない 7

無添加化粧品と聞くと肌に優しく安心・安全と思っている人は多いと思います。実際、敏感肌系コスメに無添加が多いのは事実です。 しかしこれは大きな間違いです。 この記事では、無添加化粧品=危険という超残念な ...

8

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

マイクロニードル・危険 9

        マイクロニードルや海綿などの針美容(針コスメ)が注目を集めています。 これは、針の形状や大きさは違えど、針による刺激等でしわ・たるみを改善すると ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 10

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 話題の製品