※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 日焼け止め

日焼け止めティッシュオフで肌トラブル回避!化粧品開発者が解説

 

  • 日焼け止めのティッシュオフって効果的なの?
  • 日焼け止めのティッシュオフっておすすめなの?

 

こんな疑問に、現役の化粧品開発者がお答えします!

 

この記事で分かること

  • 日焼け止め塗布後のティッシュオフについて、その有効性と正しいやり方

 

日焼け止めの使用は、私たちの肌を紫外線の害から守るために欠かせない日常の習慣です。

しかし、多くの方が直面するのが、日焼け止めのベタつき問題

特に暑い季節やアクティブなシーンでは、このベタつきが不快感を引き起こすことがあります。

そこで注目されるのが「日焼け止めティッシュオフ」ですが、これにはメリットとデメリットが存在します。

この記事では、現役の化粧品開発者がプロの視点で、日焼け止めティッシュオフのメリット・デメリットを詳しく解説することで、日焼け止めのベタつきを上手にコントロールし、快適に紫外線対策を行うための知識を提供します!

 

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

スポンサーリンク




日焼け止めティッシュオフ メリット&デメリット

日焼け止めティッシュオフ メリット&デメリット

日焼け止めは、私たちの肌を紫外線から守る重要な役割を果たしています。

しかし、日焼け止めを使用する際には、そのベタつきが気になることも少なくありません。

特に暑い季節やメイクをする際には、このベタつきが問題となることがあります。

 

そこで、多くの方が行うのがティッシュオフ

 

しかし、このティッシュオフには、メリットデメリットが存在します!

 

日焼け止めティッシュオフのメリット&デメリット

メリットとしては、最も大きいのがベタつきの軽減です。

日焼け止めを塗った後、特に顔や腕などに残る不快なベタつきを、ティッシュで軽く押さえることで、快適な肌触りにすることができます。

また、メイク前の肌の準備としても有効です。

日焼け止めを塗った後にティッシュオフを行うことで、ファンデーションのノリを良くし、化粧崩れを防ぐ効果も期待できます。

 

日焼け止めティッシュオフ:メリット

  • べたつき軽減
  • 化粧持ち向上

 

 

一方で、デメリットは、日焼け止めのUVカット効果の低下です。

日焼け止めの主成分である紫外線吸収剤や散乱剤が、ティッシュによって取り除かれることで、本来の保護機能が弱まる可能性があります。

特に、紫外線防止を最優先に考える場合、ティッシュオフは避けた方が良いでしょう。

 

日焼け止めティッシュオフ:デメリット

紫外線カット効果の低下

 

 

ティッシュオフが日焼け止め効果に与える影響

日焼け止めの効果に及ぼすティッシュオフの影響は、使用する日焼け止めの種類によっても異なります。

一般的に、日焼け止めには油分が含まれており、この油分がベタつきの原因となっています。

ティッシュオフを行うことで、この油分を取り除くことができますが、日焼け止めに配合される紫外線吸収剤はオイル状のものがほとんどなので、ティッシュオフによって取り除かれてしまい、紫外線防御効果の低下を招くのです。

 

したがって、日焼け止めを使用する際は、その成分や特性を理解し、どの程度ティッシュオフを行うかを慎重に考える必要がある!

 

また、日焼け止めをティッシュオフした後の肌は、紫外線に対する防御力が低下している可能性が高いため、外出時はこまめな塗り直しを心がけることが重要です。

塗り直しを怠ると、肌は紫外線のダメージを受けやすくなり、日焼けや肌トラブルの原因となり得ます。

 

このように、日焼け止めのティッシュオフは、快適さ保護効果のバランスを考えながら行うことが肝心です。

肌の健康を守るためにも、日焼け止めの選び方や使用方法には十分な注意を払いましょう。

 

日焼け止めティッシュオフのタイミング

まず、日焼け止めの効果を最大限に発揮させるためには、正しい塗り方が不可欠です。

日焼け止めは、外出する15分前には塗るようにしましょう。

これにより、日焼け止めが肌にしっかりと定着し(馴染み)、紫外線からの保護効果が高まります。

塗布量も重要。

顔にはティースプーン半分程度、体にはショットグラス一杯分を目安に塗ることが推奨されています。

均等に塗り広げることで、肌を均一に保護することができます。

 

ティッシュオフのタイミングについては、日焼け止めを塗ってから数分経過し、肌に馴染んだ後が適切です。

この時、ティッシュで優しく押さえるようにして、余分な油分やベタつきを取り除きます。

しかし、強く擦ると日焼け止めの保護層が薄くなるため、注意が必要です。

 

日焼け止めのティッシュオフは、ベタつきを軽減する一方で、紫外線からの保護効果を低下させる可能性があるため、塗り直しの頻度を増やすことも考慮に入れましょう。

特に、水辺やスポーツをする際は、定期的な塗り直しが肌を守る鍵となります。

 

このように、日焼け止めの選び方と使用法を適切に行うことで、紫外線から肌を守りつつ、快適な肌触りを保つことが可能です。

日焼け止めを上手に活用し、健やかな肌を保ちましょう。

 

ポイント

日焼け止めのティッシュオフはベタつきを軽減する有効な方法だが、紫外線防御効果の低下を招く恐れがあるため、塗り直しの頻度を増やす等、考慮が必須!

 

 

ティッシュオフに強い日焼け止め

ティッシュオフをしても効果が落ちにくい日焼け止めを選ぶ際には、その成分耐水性に注目しましょう。

紫外線吸収剤が少なく、紫外線散乱剤を主成分とする日焼け止めは、ティッシュオフによる効果の低下が少ない傾向にあります。

また、耐水性の高い製品も、ティッシュオフ後の保護効果が持続しやすいです。

さらに、敏感肌用やノンケミカルの日焼け止めは、肌への優しさを考慮しつつ、ティッシュオフにも対応していることが多いです。

これらの製品は、肌に刺激を与える成分を避け、自然由来の成分を使用しているため、肌にやさしく、日常的な使用に適しています。

日焼け止めを選ぶ際には、これらの特徴を踏まえ、自分の肌質や使用環境に合った製品を選ぶことが大切です。

ベタつきを抑えつつ、しっかりと紫外線から肌を守ることができる日焼け止めを選び、健やかな肌を保ちましょう。

 

化粧品開発者の私がおすすめする日焼け止めは、ポーラ ホワイトショット スキンプロテクターUVです。

ティッシュオフへの強さは重要ですが、そもそも論として、日焼け止めとしての機能が最優先です。

ホワイトショットは日焼け止めでありながら、美白の医薬部外品ですから、UVケアと美白ケアを同時に叶えることが出来ます。

サラッとした仕上がりなので、ティッシュオフにも強く、SPF 50+ PA++++と、紫外線防御スペックも最高レベルです。

 

 

 

日焼け止めティッシュオフ後のスキンケア

ティッシュオフを行った後は、肌の保湿が重要です。

日焼け止めをティッシュで拭き取る際には、肌の表面の保湿成分も一緒に取り除かれることがあります。

そのため、ティッシュオフ後には、肌に優しい保湿クリームローションを使用して、肌の水分バランスを整えることが推奨されます。

 

ティッシュオフによって日焼け止めのUVカット効果が低下する可能性があるため、屋外活動を続ける場合は、保湿を行った後に再度日焼け止めを塗り直すことが重要です。

特に敏感肌の方は、肌に刺激の少ない日焼け止めを選び、肌への負担を最小限に抑えることが望ましいです。

日焼け止めの塗り直しとティッシュオフ後のスキンケアを適切に行うことで、肌を健康に保ちながら、紫外線からしっかりと守ることができます。

日焼け止めは肌を守るための大切なアイテムであるため、その使用方法には十分な注意を払いましょう。

 

おわりに

いかがでしょうか?

日焼け止めのティッシュオフは、快適さと肌への保護のバランスを考えながら行うことが重要です。

この記事では、日焼け止めのベタつきを軽減するティッシュオフのメリットと、UVカット効果の低下というデメリットを詳しく解説しました。

日焼け止めを使用する際は、これらのポイントを踏まえ、自分の肌質や活動状況に合った製品を選び、適切に使用することで、肌を紫外線から守りながら快適な肌触りを保つことができます。

美しい肌を保つためにも、日焼け止めの上手な活用を心がけましょう。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ 肌に悪い 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、落ちないし、肌に悪いです! その理由を、現役の化粧品開発者が詳しく解説します。 ま ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

7

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

針美容液の危険性 8

        マイクロニードルや海綿(かいめん)などの針美容液が注目を集めています。 針美容液の効果は魅力的ですが、副作用が心配ですよね。 もし、使い方を誤る ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 9

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 日焼け止め