※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 各種アイテム

化粧水と乳液、どっちが先?化粧品開発者が教える正しい順序

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

スキンケアの世界では、化粧水と乳液の使用順序が美肌への鍵とされていますが、実際には多くの人がその重要性を見落としています。

この記事では、現役の化粧品開発者の私が、化粧水と乳液が肌に与える影響と、なぜ両方が必要なのかを詳しく解説します。

化粧水の水分補給と乳液による保湿のバランスが、肌の健康を左右することを明らかにし、正しい使用順序や量を学びます。さらに、シリーズ使いの重要性にも触れ、あなたのスキンケアルーチンを一新するための知識を提供します。

この記事を読むことで、化粧水と乳液の正しい使い方を理解し、理想の肌へと導く第一歩を踏み出すことができます。

 

本記事の内容

  • 化粧水と乳液の理想的な使用順序とその理由を、化粧品開発者が詳細に解説

 

スポンサーリンク




化粧水と乳液の使用順序の正解は?

化粧水と乳液の使用順序について、現役の化粧品開発者である私は、標準的な順序とされる、化粧水の後に乳液を使う」が、正しい使用順序だと思っています。

勿論、化粧水の前に使う、先行乳液という商品がありますし、先行乳液の使用法をおすすめするメーカーも存在しますが、化粧水と乳液の役割、処方特性を考慮すると、化粧水、乳液の順序で使用することをおすすめします。

次項からその理由を、詳しくご説明します。

 

化粧水と乳液の役割

化粧水の基本機能:肌への水分補給

化粧水の最も重要な役割は、肌に必要な水分を補給し、うるおいを与えることです。

洗顔で皮脂や汚れを取り除いた後の肌は、非常にデリケートな状態にあります。この時、肌は油分だけでなく水分も失っているため、水分補給が不可欠です。

肌が十分に水分を得ることで、バリア機能が強化され、外部の刺激から肌を守ることができます。また、化粧水は肌を柔らかくし、次に使用するスキンケア製品の浸透を助ける導入液のような役割も果たします。

肌が水分で満たされると、より柔らかくなり、後に続く乳液や美容液が肌に浸透しやすくなります。

 

乳液の重要性:水分保持と肌の保護

乳液は、化粧水によって補給された水分が蒸発しないように油分で蓋をする役割を持っています。

この油分は、肌の角層を柔らかくし、ふっくらとしたなめらかな肌へと導きます。乳液に含まれる水分と油分のバランスは、肌のうるおいを保ちながら、外部からの刺激を防ぐために重要です。

特に、乾燥や季節の変わり目には、肌のバリア機能が低下しやすいため、乳液による保護が一層重要になります。また、オイリー肌の方や夏場のべたつきが気になる時期でも、乳液は肌の水分蒸発を防ぎ、過剰な皮脂分泌を抑える役割を果たします。

乳液を使用することで、肌は必要な水分を保ちつつ、健康的な状態を維持することができるのです。

このように、化粧水と乳液はそれぞれ異なる役割を持ちながらも、お互いを補完し合うことで肌の健康を支えます。

化粧水で肌に水分を与え、乳液でその水分を閉じ込めることにより、肌はうるおいを保ちながら外部の刺激から守られるのです。

このバランスの取れたスキンケアが、美しい肌を育む鍵となります。

ポイント

  • 化粧水と乳液は役割が全く違う
  • 化粧水は水分補給、乳液は水分保持と肌の保護

 

化粧水と乳液の必要性:なぜ両方が重要か

化粧水のみの使用の限界

化粧水は肌に水分を供給し、うるおいを与える役割を果たしますが、それだけでは肌の水分保持には限界があります。

洗顔後の肌は水分を必要としており、化粧水でその必要性を満たすことができます。しかし、化粧水のみを使用すると、肌に補給された水分がすぐに蒸発してしまう可能性があります。

特に、乾燥する季節やエアコンの効いた室内では、肌の水分が奪われやすくなります。このような状況では、化粧水だけでは肌の水分を保つのに十分ではなく、肌の乾燥を防ぐためには追加のステップが必要です。

この追加のステップこそ乳液の使用なのです。

 

乳液による肌バリアの強化

乳液は化粧水で補給された水分を肌に閉じ込め、外部からの刺激に対するバリアを強化します。

乳液に含まれる油分は、肌の表面に薄い膜を作り、水分の蒸発を防ぎます。これにより、肌は長時間うるおいを保つことができ、乾燥や外部環境からのダメージから守られます。また、乳液は肌を柔らかくし、健康的な肌の状態を維持するのに役立ちます。

乳液の使用は、特に乾燥肌や敏感肌の方にとって重要であり、肌のバリア機能をサポートし、肌トラブルのリスクを減らすことができるのです。

化粧水と乳液は、それぞれが異なる機能を持ちながらも、肌の健康を維持するためには共に必要なアイテムです。

化粧水で肌に水分を与え、乳液でその水分を保持することで、肌は最適な状態を保つことができます。

この二つのステップを組み合わせることで、肌は日々の環境変化に対応し、健やかな状態を維持することが可能になります。

 

正しい使用順序:化粧水と乳液の最適な順番

標準的な順序:化粧水から乳液へ

スキンケアにおいて、化粧水と乳液を使用する際の標準的な順序は、まず化粧水を使い、その後に乳液を使用することです。

この順序には、肌の生理学的な特性が反映されています。

洗顔後のお肌は皮脂が残っていないため、肌内部からの水分が蒸発し、うるおいを失いがちです。ですから、まずは化粧水によって肌に十分な水分を補給することが重要です。

化粧水は肌を潤し、柔らかくすることで、次に使用する乳液の浸透を助けます。

乳液は化粧水で補給された水分を肌に閉じ込め、外部環境からの刺激から肌を守る役割を果たします。

このように、化粧水と乳液をこの順番で使用することで、肌は最大限に水分を保持し、健康な状態を維持することができるのです。

 

例外ケース:先行乳液の特徴と使用法

一方で、スキンケアの世界には「先行乳液」と呼ばれる特別なタイプの乳液も存在します。

このタイプの乳液は、化粧水の前に使用することが推奨されています。

先行乳液は、洗顔後すぐに肌に適用することで、肌を柔らかくし、化粧水の浸透を促進します。この乳液には、水分と油分が肌の自然なバランスに近い形で配合されており、肌をやわらかくし、次に使用する化粧水の効果を高めることができます。

先行乳液を使用する際は、製品の指示に従い、適量を肌になじませた後、通常の化粧水を使用します。

この方法は、特に乾燥肌や敏感肌の方におすすめで、肌の水分保持能力を高め、スキンケア製品の効果を最大限に引き出すことができます。

スキンケアにおける化粧水と乳液の使用順序は、肌の健康と美しさを保つための重要なステップです。

標準的な順序を守ることで、肌は適切な水分と栄養を得ることができ、例外的な先行乳液の使用法を理解することで、さらに肌の状態を改善することが可能になります。

これらのステップを適切に実行することで、肌は日々の環境変化に対応し、健やかな状態を維持することができるのです。

 

化粧水と乳液の適切な使い方

化粧水の正しい塗り方と量

化粧水を使用する際のポイントは、適量を肌に均等になじませることです。理想的な量は、500円玉大程度が目安とされています。

化粧水を手のひらに取り、両手でやさしく伸ばした後、顔全体に均等に塗布します。特に、目元や小鼻の周り、口元など乾燥しやすい部分には丁寧に塗りましょう。

化粧水を肌になじませる際は、肌をたたくようなパッティングは避け、ソフトになじませることが大切です。また、コットンを使用する場合は、化粧水をたっぷりと染み込ませ、肌に優しくなじませることがポイントです。

コットンを使用することで、肌の角質層に化粧水が均一に行き渡り、より効果的な水分補給が期待できます。

 

乳液の適量と塗布方法

乳液の適切な使用量は、さくらんぼ大の量が目安です。乳液を手に取った後、両手をこすり合わせて軽く温め、肌になじませます。

乳液は、化粧水で潤した肌に水分が蒸発しないように油分で蓋をする役割を果たします。乾燥しやすい頬や目元から塗り始め、皮脂の分泌が多いTゾーンは最後に少量を塗るのが効果的です。

乳液を塗る際は、肌を強く擦らずに、優しくなじませてください。手のひらに余った乳液は、デコルテに塗ることで、顔だけでなく首周りのケアも行うことができます。

乳液を均等に塗布することで、肌は外部環境から守られ、長時間うるおいを保つことができます。

 

導入美容液の理解

導入美容液のメリットと特性

通常のスキンケアルーチンでは、洗顔後、化粧水を使用するのが一般的です。

しかし、世の中には、洗顔後、化粧水の前に使用し、化粧水の浸透を促進させるアイテムが存在します。

それが導入美容液です。

導入美容液は、「先行乳液」と同義で扱われることもありますが、最大のメリットは、洗顔後の乾燥した肌をすぐに落ち着かせ、肌を柔らかくすることです。

肌を柔らかくするために導入美容液は、水分と油分が肌の自然なバランスに近い形で配合されており、肌をやわらかくし、次に使用する化粧水の浸透を促進します。これにより、化粧水の保湿成分が肌の深層部まで届きやすくなり、肌の保湿効果が高まります。

特に、乾燥肌や敏感肌の方にとって、この方法は肌の刺激を最小限に抑え、肌のコンディションを整えるのに役立ちます。

 

導入美容液の選び方

導入美容液を選ぶ際は注意が必要です。何故なら、導入美容液に明確な根拠はなく、その効果がなくとも、メーカー側が「導入」と言ってしまえば、それは導入美容液になってしまうからです。

ですから、導入効果がない導入美容液を使用しているユーザーはたくさんいると思います。

導入美容液は、肌を柔らかくし化粧水の浸透を促進させることが目的ですから、絶対条件として、水分と油分が配合されている事。つまり、乳液タイプが最も導入美容液に相応しいです。

先ほども述べましたが、導入美容液には明確な根拠はないですから、油分無配合の透明タイプを導入美容液と言って売られているケースは非常に多いです。しかし、このようなタイプには、導入の効果はないと言っても過言ではありません。

ですから、油分の配合に注目して、導入美容液をお選びください。

さらに、肌のタイプや季節に応じて導入美容液を選ぶことも重要です。

例えば、乾燥する季節や乾燥肌の方は、より保湿力の高いモノを選び、脂性肌の方は軽いテクスチャーのモノが適しています。

導入美容液は、洗顔後に使用する、つまり、洗い流された後、何も残っていない肌に使用するため、製品を選ぶ際は、成分表を確認し、肌に刺激となる成分が含まれていないかもチェックすることが大切です。

導入美容液は、従来のスキンケアルーチンとは異なるアプローチを提供し、特に肌の乾燥や敏感さに対処する新しい方法です。この方法を取り入れることで、肌の保湿効果を高め、健康的な肌状態を維持することが可能になります。

適切な製品を選び、肌のニーズに合わせて使用することが、このスキンケア方法の成功の鍵です。

ポイント

導入美容液を選ぶ際は、油分の配合をチェック!

 

化粧水と乳液の相乗効果

両者の組み合わせが肌にもたらす効果

化粧水と乳液の組み合わせは、肌に多大な利益をもたらします。

化粧水は肌に水分を補給し、乳液はその水分を閉じ込めて蒸発を防ぎます。この二つの製品を組み合わせることで、肌は最適な水分と油分のバランスを保ち、より健康的で柔らかな肌を維持することができます。

化粧水による水分補給は、肌を柔らかくし、乳液の浸透を促進。

一方、乳液は肌の表面に薄い保護膜を作り、外部からの刺激を防ぎながら、化粧水による水分を肌の内部に保持。この相乗効果により、肌はより長く潤いを保ち、乾燥や外部環境からのダメージから守られます。

 

相乗効果を最大限に引き出す方法

化粧水と乳液の相乗効果を最大限に引き出すためには、正しい使用方法が重要です。

まず、洗顔後すぐに化粧水を適量使用し、肌に均等になじませます。化粧水は、肌にたっぷりと水分を与えるために、手のひらやコットンを使って優しくパッティングするのが効果的です。

化粧水が肌に浸透した後、乳液を適量取り、肌に均等に塗布します。乳液は、特に乾燥しやすい頬や目元から始め、Tゾーンなどの油分の多い部分には軽く塗ることがポイントです。

この順序でスキンケアを行うことで、化粧水の水分が肌にしっかりと留まり、乳液によってその水分が保持され、肌は一日中潤いを保つことができます。

化粧水と乳液を適切に組み合わせて使用することで、肌は必要な水分と油分を得て、健康的で美しい状態を維持することができます。

このステップを日々のスキンケアに取り入れることで、肌は外部の刺激から守られ、潤いに満ちた状態を保つことが可能になります。

 

シリーズ使いが最もお勧め

このように、化粧水と乳液を使う事で相乗効果が得られるわけですが、この相乗効果を最大限得られる方法があります。

それが、同一シリーズの化粧水、乳液の使用です。

化粧品メーカーはユーザーに、「化粧水だけでなく、乳液やクリームも自社の同一シリーズで購入してもらいたい」と考えています。何故なら、化粧水を使ってもらっても、乳液で他社製品を選ばれると、その売上が競合他社に流れるからです。

化粧水、乳液、クリームをすべて自社製品で揃えることが、売り上げとブランドの一貫性を確保する上で、メーカーにとって極めて重要な戦略なのです。

そのために化粧品メーカーは、製品間の相乗効果、つまりシナジー効果を最大化することを重視しています。この戦略は、既に自社の化粧水を使っているユーザーが、乳液やクリームで他社製品に切り替えることを防ぐことが目的です。

他社の乳液を使用すると、そのシリーズの化粧水と乳液を組み合わせた際の相乗効果が得られません。ユーザーが一貫して同一シリーズを使用することを促進することで、製品の効果を最大限に発揮させ、同時に自社製品の売り上げを確保しようとするわけです。

同シリーズ内の化粧水や乳液は、シナジー効果が最大化するよう設計されているため、私はシリーズ使いを推奨しています。

次項では、現役の化粧品開発者の私が、最もお勧めするシリーズをご紹介します。いずれも、大手ブランドのモノでありながら、お手頃な価格帯なので、大変お勧めです。

 

シナジー効果を得るためのお勧めシリーズ

オルビス ユードット

オルビス ユードット シリーズは、エイジングケアに特化したスキンケアラインで、肌の乾燥、弾力の低下、くすみなどのエイジングサインに対応しています。

コンセプトは、「上向きのハリ」と「透明感あふれる肌」の実現。特に、GDFアクティベーターという独自成分が、肌の再生をサポートし、肌のハリと透明感を高めることに貢献しています。

オルビスの「ユードット」シリーズは、エイジングサインに悩む方に特におすすめです。詳細は以下をご覧ください。

あわせて読みたいオルビス ユードットの効果は本物?化粧品開発者が語る製品の魅力

エイジングケアにおいて、どのようにして理想の肌を実現するかは、多くの方にとって重要な問題です。 この記事では、オルビス ユードットシリーズの全体像を詳しく解説し、そのコンセプトと特徴、各製品の概要と効 ...


 

コーセー 米肌(MAIHADA)

コーセーの米肌は、日本の伝統と最新科学の融合によるスキンケアブランドで、肌本来の美しさを引き出すことを目指しています。

特に注目されるのは、国産米から抽出し発酵させた「ライスパワー®No.11」で、これは肌の水分保持能を改善し、潤いを保つ力を高める効果があります。

ライスパワー®No.11は、肌が自らセラミドを生成する力を高め、乾燥を防ぎ、水分保持能を向上させる効果があります。

米肌の製品は、肌に潤いを与え、透明感のあるすべすべとした肌へ導くことが期待できます。自然の恵みと科学の力を組み合わせた米肌は、肌本来の美しさを最大限に引き出す製品を提供しています。詳細は以下をご覧ください。

あわせて読みたいコーセー 米肌の効果は本物?化粧品開発者が語る製品の魅力

日本の伝統と最新の科学が融合した「米肌」は、どのようにしてお肌を変えるのでしょうか? この記事では、米肌のブランド哲学と製品ラインナップの概要から、革新的な保湿成分「ライスパワー®No.11」の科学的 ...

 

ファンケル 無添加エンリッチプラス

ファンケルの「エンリッチプラス」シリーズは、エイジングケアに特化した無添加スキンケアです。

このシリーズは、シワの改善と肌のハリを実現するために、特許技術「速攻型エクトインカプセル」と有効成分「ナイアシンアミド」を採用しています。

化粧液と乳液の両方に、肌にすばやく浸透し、内側からふっくらとしたハリをもたらす成分が含まれています。

エンリッチプラスは、日々のスキンケアを通じて、肌の悩みを改善し、より美しい肌を目指す方に最適なシリーズです。詳細は以下をご覧ください。

あわせて読みたい無添加 ファンケル エンリッチ プラス:化粧品開発者が語る製品の魅力

肌のエイジングケアに真剣に取り組む方々へ、ファンケルの「エンリッチプラス」はどのような解決策を提供しているのでしょうか? この記事では、無添加スキンケアの先駆者であるファンケルが、エンリッチプラスシリ ...

お試しセット

 

おわりに

いかがでしょうか?

化粧水は肌を潤し、柔らかくすることで、次に使用する乳液の浸透を助けます。乳液は化粧水で補給された水分を肌に閉じ込め、外部環境からの刺激から肌を守る役割を果たします。

このように、化粧水と乳液を正しい順序で使用することで、肌は最大限に水分を保持し、健康な状態を維持することができます。

また、シリーズ使いは、製品間の成分が互いに補完し合い、相乗効果を生みますから大変お勧めです。

同じシリーズの化粧水と乳液は、成分の相性が良く、肌に与える効果が高められます。これにより、肌の水分補給と保持が効果的に行われ、肌の健康と美しさがさらに向上します。

化粧水で肌に水分を与え、乳液でその水分を保持し、さらにシリーズ使いによって肌の健康と美しさを高めることが、美しい肌を育む鍵となります。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの真実, 各種アイテム