※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

クレンジング・洗顔 コスメの真実

オイルクレンジングは本当に肌に悪いのか?プロ開発者が解説

「オイルクレンジングは肌に悪い」と聞いたことがあったり、お考えの方、いらっしゃいませんか?

この記事では、オイルクレンジングの真の効果と、肌への影響について、現役の化粧品開発者がプロの視点で解説します。オイルクレンジングの適切な使用方法から、異なる肌タイプに合わせた選び方、さらには成分の解析まで、あなたのスキンケアの疑問を解消します。また、ダブル洗顔の必要性や、化粧品開発者が推奨するオイルクレンジングについても詳しく掘り下げます。この記事を読むことで、オイルクレンジングに関する誤解を解き明かし、あなたの肌に最適なケア方法を見つける手助けとなるでしょう。

 

本記事の内容

  • 「オイルクレンジングは肌に悪いのか?」オイルクレンジングの真実を、現役の化粧品開発者が解説

 

スポンサーリンク

オイルクレンジングの誤解を解く!

オイルクレンジングに関する一般的な誤解は、それが肌に悪い影響を及ぼすというものです。しかし、これは必ずしも正確ではありません。オイルクレンジングの洗浄力は他のクレンジング方法と比較して高いとされていますが、これが必ずしも肌に悪いとは限らないのです。

最重要ポイント

「オイルクレンジング=肌に悪い」は、誤解で間違いです!

 

オイルクレンジングは肌に悪くない!

オイルクレンジングの主な特徴は、その高いクレンジング力にあります。これは、オイルクレンジングが油溶性の成分を効果的に取り除く能力を持っているためです。特に、ベースメイクや防水性の高いメイクアップ製品を落とす際には、オイルクレンジングの効果は抜群です。

一方で、この高いクレンジング力が、肌の自然な油分まで取り除いてしまうことが懸念されることもあります。肌の自然な油分は保湿に重要な役割を果たしており、これを過度に取り除くことで肌の乾燥を引き起こす可能性があります。

ただし、だからと言って、「オイルクレンジング=肌に悪い」ではありません。

何故なら、クレンジングにとって一番重要な事は、汚れを落とす力(クレンジング力)です。もし仮に、「オイルクレンジングはクレンジング力が高すぎて肌に悪いから、マイルド(肌に優しい)なクレンジングを使う」と、クレンジング力よりも、肌への優しさを重要視したらどうなるでしょうか?

「肌への優しさ」を大きく宣伝している商品は、クレンジング力が劣ります。肌への優しさを優先するには、クレンジング力をある程度犠牲にする必要があるからです。

クレンジング力が劣るため、メイク汚れがなかなか落ちません。その時、皆さんはどうしますか?

ごしごしと物理的な力で落すしかありません。「物理的な力で落とす」、これは一番やってはいけないクレンジング行為です。

ごしごしと物理的な力で落とすと、人の目は20代からの15年で20%も小さくなるという報告があります

あわせて読みたい林先生が驚く初耳学!クレンジングが原因で目が小さくなる!正しい選択と使用法は?

先日、読者の方から質問を頂きました。 林先生が驚く初耳学!(TBS系列、日曜、よる10時~)で『クレンジングが原因で目が小さくなると言っていたので、おすすめのクレンジングはありますか?』という内容でし ...

 

さらに、物理的な力でのクレンジングは、肌荒れ炎症につながる恐れすらあるのです。クレンジング力に優れるオイルクレンジングであれば、メイク汚れを浮かせて落とすことが出来ますから、ごしごしと物理的力で落とす必要はないです。

これで、「オイルクレンジング=肌に悪い」と言えるでしょうか?

 

クレンジング後のケアが重要!

前述したように、「オイルクレンジング=肌に悪い」は誤解で間違いですが、オイルクレンジングの高いクレンジング力が、肌の自然な油分(皮脂)まで取り除いてしまう懸念があるのは事実です。

ただし、そもそも論として、洗顔後のお肌は、水分がどんどん蒸発しています。だからこそ、洗顔後、化粧水でうるおいを与えるのです。オイルクレンジングが皮脂まで落としてしまうのであれば、その後、化粧水乳液でお肌を整えれば、懸念はなくなります。

化粧水は、お肌にうるおいを与え、乳液は、お肌のうるおいを閉じ込める(皮脂膜のような働き)。コスメのアイテムには、それぞれに役割がある事を忘れてはいけません。決して、「皮脂まで落とすから」という安直な理由で、オイルクレンジングが肌に悪いと決めつけるべきではないと思います。重要なのは、クレンジング後の基礎化粧品でのケアです。

オイルクレンジングの後に適切なスキンケアを行うことで、洗浄後の肌の乾燥を防ぐことが可能です。重要なのは、自分の肌タイプに合ったオイルクレンジングを選び、適切な使用法を実践することです。

オイルクレンジングに関する誤解を解消し、その実際の効果を理解することは、スキンケアの選択において非常に重要です。肌のタイプや個々のニーズに合わせて適切な製品を選び、正しい使用法を実践することで、オイルクレンジングは非常に効果的なスキンケアツールとなり得ます。

 

オイルクレンジングの適切な使用方法

オイルクレンジングは、その高い洗浄力と使いやすさから多くの人に愛用されていますが、正しい使用方法を理解し実践することが重要です。

オイルクレンジングの効果的な使い方

オイルクレンジングを効果的に使用するためには、まず適量を手に取り、顔全体に優しくマッサージするように塗布します。特に、メイクが濃い部分や毛穴が目立つ部分には、丁寧にクレンジングオイルをなじませることが重要です。

オイルが肌にしっかりと馴染んだら、ぬるま湯で丁寧に洗い流します。オイルクレンジングの特性上、水と油が混ざり合うことで乳化し、メイクや汚れを肌から浮かせて落とすことができます。この際、強くこすりすぎないよう注意し、肌に優しいタッチで行うことが肝心です。

 

クレンジング後のスキンケアの重要性

先ほども述べましたが、オイルクレンジング後のスキンケアは、肌の健康を保つために非常に重要です。クレンジングでメイクや汚れを落とした後、肌は一時的に保護膜を失っている状態になります。このため、クレンジング直後には、肌の水分バランスを整えるために化粧水でしっかりと保湿を行うことが推奨されます。その後、乳液クリームを使用して肌の水分を閉じ込め、乾燥から守ることが大切です。また、季節や肌の状態に応じて、保湿力の高いスキンケア製品を選ぶことも、肌の健康を維持する上で効果的です。

オイルクレンジングを正しく使用し、適切なスキンケアを行うことで、肌トラブルを防ぎながら、健やかな肌を保つことができます。オイルクレンジングは、その使い方一つで肌への影響が大きく変わるため、正しい知識と方法で使用することが重要です。

クレンジング後のスキンケアには化粧水が非常に重要です。以下もご参照ください。
化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

 

異なる肌タイプに合わせたオイルクレンジングの選び方

オイルクレンジングを選ぶ際には、自分の肌タイプに合った製品を選ぶことが重要です。肌の状態や特性によって、最適なオイルクレンジングのタイプは異なります。

乾燥肌とオイルクレンジングの相性

乾燥肌の方にとって、オイルクレンジングは特に慎重に選ぶ必要があります。乾燥肌は水分と油分のバランスが崩れやすく、特に冬場などの乾燥する季節には肌のバリア機能が低下しやすいためです。

オイルクレンジングを選ぶ際には、肌の水分を保持しながら、余分な油分や汚れを優しく取り除くことができる製品を選ぶことが大切です。また、洗浄力が強すぎず、肌に必要な油分を残しつつ、メイクや汚れを効果的に落とすことができる製品が理想的です。

敏感肌の方には無添加化粧品のパイオニア、「ファンケル マイクレ」がお勧めです

マイルドクレンジングオイル

 

様々な肌タイプに適したオイルクレンジングの特徴

肌タイプによって、オイルクレンジングの選び方は異なります。例えば、敏感肌の方は、肌に刺激を与える成分が少なく、肌を落ち着かせる成分を含む製品を選ぶことが重要です。また、脂性肌の方は、肌の油分を適度に取り除きながらも、肌の水分を保持するタイプのオイルクレンジングが適しています。混合肌の方は、Tゾーンと頬の部分で肌質が異なるため、バランスの良い製品を選ぶことが望ましいです。

オイルクレンジングを選ぶ際には、肌タイプだけでなく、使用するメイクの種類や肌の現在の状態も考慮することが大切です。自分の肌に合ったオイルクレンジングを選ぶことで、肌トラブルを防ぎながら、健やかな肌を保つことができます。

 

オイルクレンジングの成分とその効果

オイルクレンジングの効果は、その成分に大きく依存しています。適切な成分の選択は、肌への優しさと効果的なクレンジングのバランスを保つ鍵となります。

オイルクレンジングに含まれる主要成分とその作用

オイルクレンジングには、主に油性成分が含まれています。これらの成分は、肌に残ったメイクや皮脂と馴染みやすく、効果的にこれらを溶かして落とすことができます。一般的に、オイルクレンジングには植物由来のオイル(例えば、オリーブオイルやホホバオイル)が使用されることが多く、これらは肌に栄養を与えると同時に、メイクを優しく落とす効果があります。また、ビタミンEなどの抗酸化成分が加えられることもあり、これにより肌の老化防止にも役立ちます。

 

界面活性剤の役割と肌への影響

オイルクレンジングに含まれる界面活性剤は、油と水の乳化を助ける重要な役割を果たします。これにより、オイルクレンジングは水と混ざりやすくなり、洗い流しやすくなるのです。界面活性剤は、オイルクレンジングにとって必須成分ですが、過度に使用されると肌の自然な油分を奪い、乾燥や刺激の原因となることがあります。

ただし、SNS上には、オイルクレンジングに配合される界面活性剤を、悪者扱いにする人がたくさんいらっしゃいますが、オイルクレンジングに配合される界面活性剤は、クレンジング力というより、すすぎの水で洗い流しやすくしたり、濡れた手で使えるために配合されます。ですから、配合量も少なく、しかも、安全性が高い「ノニオン界面活性剤」ですから、過度に心配する必要はありません。

オイルクレンジングの成分を理解することは、自分の肌に合った製品を選ぶ上で非常に重要です。成分の特性を知ることで、肌への影響を最小限に抑えつつ、効果的なクレンジングを実現することができます。

 

ダブル洗顔不要クレンジングの理解

ダブル洗顔不要クレンジングは、現代のスキンケアにおいて重要な役割を果たしています。特にオイルクレンジングを使用する際、この概念を理解することは、肌への負担を減らし、効果的なスキンケアを行う上で重要です。

ダブル洗顔不要クレンジングのメカニズム

ダブル洗顔不要クレンジングの主な特徴は、メイクや皮脂汚れを効果的に落としながらも、すすぎの水で綺麗に流されることです。通常のオイルクレンジングは、高いクレンジング力ではありますが、オイルベースのため、すすぎの水ではなかなか洗い流されず、洗顔を必要とします。

ダブル洗顔不要クレンジングは、オイルベースでありながら、すすぎの水で簡単に乳化されて洗い流される能力を持っています。これは、クレンジングに含まれる界面活性剤の配合技術に起因します。これにより、クレンジング後の肌は洗顔料を使用したときと同様に清潔でさっぱりとした状態になります。つまり、一度の洗顔でメイク落としと肌の清潔化が同時に行えるのです。

 

オイルクレンジングとダブル洗顔の関係

オイルクレンジングを使用する際、多くの人が懸念するのが、肌への負担です。特に、オイルクレンジング後に別の洗顔料を使用するダブル洗顔は、肌への刺激が強くなる可能性があります。しかし、ダブル洗顔不要のオイルクレンジングを選ぶことで、この問題は解決されます。

ダブル洗顔不要の製品は、洗浄力が高い一方で、すすぎの水で簡単に乳化され、洗い流されるよう設計されており、一度のクレンジング行為で肌を清潔に保つことができるのです。

ダブル洗顔不要クレンジングの理解と適切な製品の選択は、肌への負担を軽減し、健康的な肌状態を維持するために不可欠です。オイルクレンジングを使用する際は、肌タイプや個人のスキンケアのニーズに合わせて、最適な製品を選ぶことが重要です。

 

化粧品開発者がお勧めするオイルクレンジング

市場には様々なオイルクレンジングが存在しますが、前述したように、肌への負担を考慮すると、ダブル洗顔不要タイプがお勧めです。ダブル洗顔不要にするためには、オイルクレンジングに配合される界面活性剤の配合技術がキーとなりますが、高度な技術でダブル洗顔不要を実現させた商品があります。それが、オイルクレンジングの名品「アテニア スキンクリア クレンズオイル」です。

アテニア スキンクリア クレンズオイル

アテニア スキンクリア クレンズオイルは、W洗顔不要であり、使用後の肌がべとつかない点が特徴です。これは、製品に含まれる極性油がメイク汚れと馴染み、すすぎの際に微粒子レベルに乳化されて流される微細乳化処方によるものです。この処方は高度な技術を要しますが、アテニアはファンケルのグループ会社ですから、ファンケルの界面活性剤配合技術がバックにあります。

なかなか真似が出来ない技術です。

オイルクレンジングのクレンジング力が優れているのは当たり前です。ですから、オイルクレンジングを選ぶ際、クレンジング力という当たり前の機能ではなく、洗い上がりという視点で選んでみてはいかがでしょうか?

ただし世の中には、科学的根拠なしに、「洗い上がりが良い!」と宣伝するオイルクレンジングがたくさん存在します。そのようなものは、科学的根拠がありませんから、おすすめ出来ません。アテニア スキンクリア クレンズ オイルのように、微細乳化という科学的根拠がはっきりしている、洗い上がりに優れたオイルクレンジングを私はお勧めします。

あわせて読みたいアテニア クレンズオイル:化粧品開発者が語る製品の魅力

肌のくすみやメイク落としの悩み、これらは多くの方が直面する日常のスキンケアの課題です。アテニア スキンクリア クレンズオイルは、これらの問題に対する効果的な解決策を提供します。 この記事では、製品の詳 ...

 

おわりに

いかがでしょうか?

コスメは全てのユーザーの肌に合うものではありません。オイルクレンジングがお肌に合わない方はいらっしゃいます。オイルクレンジングが肌に合わない方は、他のクレンジングタイプを選ぶべきですが、「オイルクレンジングは肌に悪い」と勘違いして、他のクレンジングを使われている方は、今一度、クレンジングの本質を理解し、考えてみてはいかがでしょうか?

クレンジングで一番重要なことは、メイク汚れを優しく包み込むように落とすクレンジング力です。ご紹介した「アテニア スキンクリア クレンズ オイル」のように、洗い上がりに優れたオイルクレンジングを選び、その後、基礎スキンケアでのお手入れをしっかりする、これがクレンジングの理想だと思います。

是非、ご自身のクレンジング選びの参考にして頂けると嬉しいです。

 

 

※本記事は個人の見解であって、効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ・肌に悪い・落ちない・クレンジング必須 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、「落ちない!」ばかりか、「肌に悪い!」ことすらあるのです。 その理由を、現役の化粧 ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

無添加化粧品・危険・肌に優しくない 7

無添加化粧品と聞くと肌に優しく安心・安全と思っている人は多いと思います。実際、敏感肌系コスメに無添加が多いのは事実です。 しかしこれは大きな間違いです。 この記事では、無添加化粧品=危険という超残念な ...

8

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

マイクロニードル・危険 9

        マイクロニードルや海綿などの針美容(針コスメ)が注目を集めています。 これは、針の形状や大きさは違えど、針による刺激等でしわ・たるみを改善すると ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 10

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-クレンジング・洗顔, コスメの真実