※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

クレンジング・洗顔 コスメの真実

ピーリングジェル 肌に悪い?正しい使い方と注意点をプロが解説

 

  • ピーリングジェルに興味があるけど、肌に悪いって本当?
  • 実際、ピーリングジェルは効果があるの?

 

こんな疑問に、現役の化粧品開発者がお答えします!

この記事で分かること

  • ピーリングジェルのメリットデメリット
  • ピーリングジェルの正しい使い方注意点

 

「ピーリングジェル 肌に悪い」不安を抱えている方が多くいらっしゃるようです。

しかし実際は、ピーリングジェルには利点とリスクがあり、これらを理解し正しい使い方をすれば、有用なアイテムであることをご存知ですか?

この記事では、ピーリングジェルの基本情報から成分や効果、肌に悪いとされる理由まで、現役の化粧品開発者が詳しく解説します。

この記事を読むことで、ピーリングジェルのメリットとデメリットを理解し、自分に合ったスキンケア方法を見つけることができます!

 

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

スポンサーリンク




ピーリングジェル 肌に悪い?

ピーリングジェルに興味があるけど、肌に悪いイメージがあって、不安に感じている人は多いと思います。

でもご安心ください!

結論から言うと、ピーリングジェルは肌に悪くないし、危険でもないです。

お肌を健やかな状態に保つ有効なアイテムです。

 

ただし、配合成分的に、肌トラブルのリスクがあり、誤った使用法の場合、肌に悪影響を与えます。

ピーリングジェルは肌に悪くない!というのは、正しい使用法正しい製品選択が大前提となります。

次項以降、現役の化粧品開発者が詳しく解説いたします!

 

結論

  • ピーリングジェルは肌に悪くない!
  • むしろ、肌を健やかな状態に保つことができる有効なアイテム
  • ただし、肌トラブルリスクが潜んでおり、正しい使用法と正しい製品選択が必須!

 

 

ピーリングジェルとは?

ピーリングジェル 肌に悪い

そもそも、ピーリングジェルとは何でしょうか?

少しおさらいしましょう。

 

ピーリングジェル

ピーリングジェルとは、肌の表面に残った古い角質や汚れを取り除くためのスキンケア製品です。

主に顔や体に使用され、ジェル状のテクスチャーが特徴です。

使用方法はとても簡単で、洗顔後の乾いた肌にジェルを塗布し、優しくマッサージすることで角質がポロポロと剥がれ落ちます。

これにより、肌のターンオーバーが促進され、くすみや毛穴の詰まりを改善することができます。

 

ピーリングジェルの成分と効果

ピーリングジェルにはさまざまな成分が含まれていますが、代表的なものとしては、フルーツ酸(AHA)サリチル酸(BHA)があります。

AHAは、肌表面の角質を柔らかくして剥がしやすくする効果があります。

効果がマイルドなため、比較的、安心・安全にお使い頂ける成分です。ピーリング初心者向けです。

 

一方、BHAは、奥深くまで浸透し、強力なピーリング効果を発揮します。

ピーリング上級者向けです。

 

これらの成分により、ピーリングジェルは肌を滑らかにし、肌に透明感を与えます。

また、ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分が配合されているものも多く、ピーリング後の乾燥を防ぐことができます。

 

ピーリングジェルの種類と特徴

ピーリングジェルには大きく分けて2つのタイプがあります。

一つは、化学的な成分を使用して角質を除去する「ケミカルピーリングジェル」、もう一つは、物理的な摩擦を利用して角質を取り除く「スクラブピーリングジェル」です。

ケミカルピーリングジェルは、AHAやBHAなどの酸を含むため、肌に負担をかけずに効果的にピーリングができます。

一方、スクラブピーリングジェルは、微細な粒子が含まれており、直接的な摩擦で角質を除去します。

どちらのタイプも、それぞれの肌質や目的に応じて選ぶことが重要です。

 

ケミカルピーリング

  • AHAやBHAといった成分で、化学的に角質を除去する
  • BHAの方がピーリング効果は高いが、肌刺激の懸念がある
  • AHAはよりマイルドにピーリング効果を発揮する

 

スクラブピーリング

  • 微細な粒子で、物理的に角質を除去する

 

 

ピーリングジェルが肌に与える影響

ピーリングジェルのメリット

ピーリングジェルには、以下のようなメリットがあります。

 

1.古い角質を取り除く : 肌のターンオーバーを促進し、くすみを改善

2.化粧ノリが良くなる : 肌表面が滑らかになるため、化粧が均一に仕上がる

3.毛穴の汚れを除去 : 毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除き、肌のトラブルを防ぐ

 

さらに、ピーリング後の肌は美容成分の浸透が良くなるため、後から使用する化粧水や美容液の効果がより高まります。

このように、定期的なピーリングにより、肌のターンオーバーが促進され、ハリや弾力が増す効果が期待できるのです。

 

ピーリングジェルのデメリット

一方、ピーリングジェルの使用にはデメリットも存在します。特に敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要です。

 

1.肌荒れのリスク : 強すぎる成分が含まれていると、肌にダメージを与える

2.乾燥を促進 : 過剰に使用すると、肌のバリア機能が低下し、乾燥を引き起こす

3.赤みや炎症 : 敏感肌の場合、使用後に赤みや炎症が出ることがある

 

例えば、毎日ピーリングジェルを使用すると、肌のバリア機能が低下し、乾燥や赤みを引き起こすことがあります。

特に敏感肌や乾燥肌の方は、AHAやBHAの濃度が高い製品を使用すると刺激を感じることが多いです。

また、ピーリング後は紫外線に対する感受性が高まるため、しっかりとした紫外線対策が必要です。

これを怠ると、シミや色素沈着のリスクが増加するのです。

 

肌に悪いとされる理由

ピーリングジェルが肌に悪いとされる理由はいくつかあります。

まず、誤った使用方法過剰な使用によって、肌が薄くなり敏感になることがあります。

また、成分によっては、肌に合わない場合があり、アレルギー反応を引き起こすことも考えられます。

特に、強力なBHAを含む製品を毎日使用すると、肌が炎症を起こしやすくなるのです。

 

さらに、適切な保湿を行わずにピーリングを行うと、肌が乾燥し、バリア機能が弱まる可能性があります。

 

ただし、冒頭でも申し上げたように、ピーリングジェルは決して肌に悪いわけではなく、使用法製品選択を正しくすれば、上記のような悪影響は避けられ、ピーリングジェルのメリットだけを受け取ることができるのです。

 

肌に悪いとされる理由

  • 誤った使用法製品選択
  • 特に、BHAがピーリング効果が高すぎて肌に合わない
  • ピーリング後のケア不足

 

 

ピーリングジェルの正しい使い方

ここでは、ピーリングジェルを正しく使うための3つのポイントを紹介します。

これらのポイントを守ることで、効果を最大限に引き出し、肌へのダメージを防ぎます。

 

ピーリングジェル正しい使い方

  • 使用頻度とタイミング
  • 適量の見つけ方
  • 使用後のケア方法

 

ピーリングジェルの効果を引き出しながら、肌を守るための正しい使い方を学びましょう。

 

使用頻度とタイミング

ピーリングジェルの使用頻度タイミングを守ることが大切です。

ピーリングジェルは、週に1〜2回の使用が推奨されています。

使用頻度が高すぎると、肌に負担がかかります。

例えば、毎日使用すると、肌のバリア機能が低下し、乾燥や赤みが生じやすくなります。

 

週に1〜2回、肌の状態に合わせて使用することが重要!

 

また、使用するタイミングにも注意。

夜のスキンケアの一環として使用することで、肌がリフレッシュし、翌朝の化粧ノリが良くなります。

 

ポイント

  • ピーリングの使用は週に1~2回
  • のスキンケアの一環として使用

 

 

適量の見つけ方

ピーリングジェルの適量を見つけることも重要です。

多すぎると肌に負担がかかり、少なすぎると効果が実感できません。

適量は、商品によって異なりますが、通常は500円玉大の量が目安です。

顔全体に均一に伸ばすことができる量を心がけましょう。

 

使用後のケア方法

ピーリングジェルを使用した後のケアも大切です。

ピーリング後の肌は敏感になっているため、適切なケアが必要です!

ピーリングジェルを使用した後は、以下のポイントに注意してください。

 

  • しっかり保湿 : 保湿力の高い化粧水や乳液を使う
  • 日焼け対策 : 翌日は日焼け止めを忘れずに
  • 刺激を避ける : 強い化粧品やスキンケア製品の使用を控える

 

例えば、ピーリング後には、保湿力の高い化粧水をたっぷりと使い、その後に乳液やクリームでしっかりと保湿します。

さらに、翌日は日焼け止めを忘れずに塗ることで、紫外線から肌を守ることができます。

以下を参考に、ピーリング後の化粧水日焼け止めを見つけて下さい!

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

「ホワイトショット スキンプロテクター DX」口コミと効果をプロが徹底解説
あわせて読みたい「ホワイトショット スキンプロテクター DX」口コミと効果をプロが徹底解説

        私は現役の化粧品開発者です。 大手化粧品メーカーを含め、20年以上のキャリアがあり、有名美容雑誌の監修も多数手がけています。 この記事では、そん ...

 

 

ピーリングジェルの正しい選び方

肌に優しいピーリングジェルを選ぶためのポイントを解説します。

成分やブランド、使用感に注目して、自分の肌に合った製品を見つけましょう。

 

ピーリングジェル正しい選び方

  • 成分の確認ポイント
  • 敏感肌向けのおすすめブランド
  • 使用感の違い

 

これらのポイントを押さえて、肌に優しいピーリングジェルを選びましょう。

 

成分の確認ポイント

ピーリングジェルを選ぶ際には、成分の確認が重要です。

肌に優しい成分を選ぶことで、トラブルを防ぐことができます。

以下の成分に注目して、肌に優しいピーリングジェルを選びましょう。

 

  • 無添加 : アルコール、パラベン、香料などが含まれていない
  • 保湿成分配合 : ヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が含まれている

 

例えば、無添加のピーリングジェルを選ぶことで、敏感肌の方でも安心して使用できます。

また、保湿成分が含まれているピーリングジェルは、使用後の乾燥を防ぐ効果があります。

 

敏感肌向けのおすすめブランド

敏感肌向けのピーリングジェルを選ぶ際には、信頼できるブランドを選ぶことが重要です。

以下のブランドは、敏感肌に優しい製品を提供しています。

 

  • ラ ロッシュ ポゼ : 敏感肌向けのスキンケア製品が豊富
  • セタフィル : 肌に優しい成分で構成された製品
  • アベンヌ : フランスの敏感肌用スキンケアブランド

 

例えば、ラ ロッシュ ポゼのピーリングジェルは、敏感肌用に開発されており、刺激が少ないため安心して使用できます。

セタフィルの製品も、肌に優しい成分で構成されているため、敏感肌の方におすすめです。

 

使用感の違い

ピーリングジェルの使用感も選ぶ際の重要なポイントです。

自分の肌に合った使用感の製品を選ぶことで、効果を最大限に引き出すことができます。

以下の点に注目して、使用感の違いを確認しましょう。

 

  • ジェルの質感 : 軽い、重い、べたつきの有無
  • 洗い流しやすさ : 簡単に洗い流せるかどうか
  • 香り : 好みの香りかどうか

 

例えば、軽い質感のピーリングジェルは、べたつかず使いやすいです。

また、簡単に洗い流せるタイプのピーリングジェルは、忙しい朝や夜のスキンケアに便利です。

香りも重要なポイントで、好みの香りを選ぶことで、スキンケアの時間がより楽しくなります。

 

ピーリングジェルに関するよくある質問

Q1:ピーリングジェルは毎日使ってもいいの?

ピーリングジェルを毎日使うことはおすすめできません。

ピーリングジェルは古い角質を取り除き、肌を滑らかにする効果がありますが、頻繁に使用すると肌に過剰な負担をかける可能性があります。

一般的には、週に1〜2回の使用が適切です。

毎日使用すると、肌のバリア機能が低下し、乾燥や赤み、刺激を引き起こす原因になります。

敏感肌の方やピーリング初心者の方は、週に1回の頻度から始め、肌の状態を見ながら調整すると良いでしょう。

 

Q2:ピーリングジェルを使うときの注意点は?

ピーリングジェルを使用する際には、いくつかの注意点を守ることが重要です。

まず、ピーリング前に必ず顔を洗い、清潔な状態にしておくことが必要です。

ピーリングジェルを使用する際は、目や口の周りなどの敏感な部分は避け、優しくマッサージするように塗り広げます。

また、ピーリング後は肌が敏感になっているため、強い日差しを避け、日焼け止めをしっかりと塗ることが大切です。

さらに、ピーリング後は保湿をしっかりと行い、肌のバリア機能をサポートすることも重要。

ピーリング後のケアとして、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸が含まれたスキンケア製品を使うことをおすすめします。

 

Q3:ピーリングジェルと他のスキンケア製品との併用方法

ピーリングジェルを他のスキンケア製品と併用する際には、順番組み合わせに注意が必要です。

ピーリングジェルは通常、洗顔後に使用します。

その後、化粧水、セラム、クリームの順にスキンケアを行うと効果的です。

例えば、ピーリング後にビタミンC配合のセラムを使用すると、肌の明るさを引き出し、アンチエイジング効果が期待できます。

しかし、ビタミンCは刺激が強い成分のため、敏感肌の方は肌状態を確認しながら、慎重にケアしてください。

また、ピーリングジェル使用後は、肌が一時的に敏感になるため、刺激の少ない保湿成分を含む製品を選ぶことが重要です。

 

おわりに

いかがでしょうか?

この記事では、ピーリングジェルのメリットデメリット正しい使い方注意点について詳しく解説しました。

ピーリングジェルは古い角質を取り除き、肌を滑らかにする効果がありますが、使用方法を誤ると肌にダメージを与えるリスクがあります。

特に敏感肌や乾燥肌の方は、適切な製品を選び、週に1〜2回の頻度で使用することが重要です。

また、ピーリング後はしっかりと保湿し、日焼け対策を怠らないことも大切。

この記事が、皆様のスキンケアに役立つことを願っています。

ピーリングジェルを正しく使い、美しい肌を保ちましょう!

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

ハトムギ化粧水の本物と偽物の見分け方 1

        実は、ハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモノ(偽物 ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ 肌に悪い 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、落ちないし、肌に悪いです! その理由を、現役の化粧品開発者が詳しく解説します。 ま ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

7

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

針美容液の危険性 8

        マイクロニードルや海綿(かいめん)などの針美容液が注目を集めています。 針美容液の効果は魅力的ですが、副作用が心配ですよね。 もし、使い方を誤る ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 9

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-クレンジング・洗顔, コスメの真実