※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 化粧水

ハトムギ化粧水値段の秘密!なぜ安い?現役の化粧品開発者が解説

 

  • ハトムギ化粧水ってどうしてこんなに安いの?
  • この安さには何か秘密があるの?

 

こんな疑問に、現役の化粧品開発者がお答えします!

 

この記事で分かること

  • ハトムギ化粧水の安さの秘密

 

ハトムギ化粧水はなぜ安い?

安さには秘密がある?

このような疑問を持っている方は多いと思います。

そこでこの記事では、ハトムギ化粧水が他の製品と比べてなぜ安いのか、その秘密を、現役の化粧品開発者が詳しく解説します。

この秘密は、現役で化粧品開発に携わる人間しか知らないことです。

必読です!

 

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

スポンサーリンク




【結論】ハトムギ化粧水値段の秘密!なぜ安い?

ハトムギ化粧水値段の秘密!なぜ安い

代表的なハトムギ化粧水の価格を表にまとめてみました。

 

ナチュリエ 麗白 プラチナ
レーベル
ドンキ
容量 500mL 1000mL 1000mL 1000mL
価格 627円 598円 619円 500円
1mLあたり 1.254円 0.598円 0.619円 0.5円

 

500mL~1000mLで500円~600円!

大容量&低価格で、ユーザーにはうれしいですね。

これだけ安くできるには、つの秘密(企業努力)があります。

それが以下。

 

ハトムギ化粧水 低価格の秘密

  • シンプル処方
  • 製造コストの低減
  • シンプル容器
  • 流通経路の効率化

 

次項から、それぞれの項目について詳しく解説します。

 

ハトムギ化粧水安さの秘密:シンプル処方

ハトムギ化粧水安さの秘密・シンプル処方

私が最もおすすめするハトムギ化粧水がオルビス クリアフルローションですが、正直、この商品は化粧水としてはものすごく優秀ではあるものの、ハトムギ化粧水であるという認識はあまり持たれていないようです。

やはりハトムギ化粧水というと、冒頭で挙げたように、大容量&低価格ナチュリエ麗白プラチナレーベルドンキが有名なので、ここでは、オルビス クリアフルローションと、これら有名なハトムギ化粧水の全成分を比較してみましょう。

大容量&低価格のハトムギ化粧水たちが、いかにシンプル処方であるかがお分かりになるはずです。

 

ハトムギ化粧水 全成分表示と処方構成

オルビス クリアフルローション

【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム

【その他の成分】水、1,3-ブチレングリコール、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、シコニン、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、ユズセラミド、イノシット、フィチン酸液、スフィンゴ糖脂質、ヨクイニンエキス、アロエエキス(2)、ヨモギエキス、水溶性コラーゲン液、レモングラス抽出液、ヒメフウロエキス、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、アマチャヅルエキス、イソステアリン酸、1,2-ペンタンジオール、濃グリセリン、クエン酸、クエン酸ナトリウム、フェノキシエタノール、パラオキシ安息香酸メチル

オルビス クリアフルローションは医薬部外品です。

ハトムギエキスというのは化粧品の時の全成分名称で、医薬部外品の時は、ヨクイニンエキスの表示になります。

ヨクイニンエキスと表示されていることがよくお分かりになると思いますが、このように、オルビス クリアフルローションは、正真正銘のハトムギ化粧水なんです。

 

ナチュリエ

水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマー、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン

ナチュリエは、成分の数が少なく、非常にシンプルな処方構成ですね

 

 

麗白

水、グリセリン、DPG、メチルグルセス-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na、ハトムギ種子エキス、グリチルリチン酸2K、キサンタンガム、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

麗白は、ナチュリエよりは成分数は多いものの、「水・グリセリン・DPG・メチルグルセス-10」の、たった4成分が主要ですから、非常にシンプルです

 

 

プラチナレーベル

水、BG、グリセリン、加水分解ローヤルゼリータンパク、ハトムギ種子エキス、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

プラチナレーベルも成分数が少なく、非常にシンプル

 

 

ドンキ

水、グリセリン、DPG、メチルグルセス-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na、ハトムギ種子エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、カニナバラ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウサンザシ果実エキス、ビルベリー葉エキス、キュウリ果実エキス、エタノール、キサンタンガム、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

ドンキは、成分数は多そうに見えますが、麗白同様、主要成分は、「水・グリセリン・DPG・メチルグルセス-10」のたった4成分ですから、非常にシンプルです

 

 

シンプル処方のため内容物コストが安い

同じハトムギ化粧水でも、オルビス クリアフルローションと、大容量&低価格のナチュリエ・麗白・プラチナレーベル・ドンキとでは、処方の複雑差が全然違います。

オルビス クリアフルローションは、医薬部外品であり、処方骨格が複雑です。多くの原料を配合しています。

 

一方、大容量&低価格のハトムギ化粧水は、主要な成分として「水・DPG・BG・グリセリン」が使用されています。これらは、肌に最低限必要な保湿成分であり、余計な添加物や高価な成分を含んでいません。

 

大容量&低価格のハトムギ化粧水の主要成分である、「水・DPG・BG・グリセリン」ですが、どのくらいの価格だと思いますか?

 

水は0円。精製水への処理代として別途計算します。

DPG・BG・グリセリンは、使用量やメーカーによって原料価格は異なるので、正確なことは言えませんが、大体、1kgで500円~1,000円くらいです。

 

例えば、大容量&低価格のハトムギ化粧水に、主要成分の「DPG・BG・グリセリン」が、計20%配合されていたとして、これらを仮に、750円 / kgで計算すると、500gで75円

つまり、ざっくり計算ではあるものの、500mL / 600円のハトムギ化粧水の中身の原料価格は、わずか、75円なんです。
※実際はもっと安いです。これでも高めに計算しています

 

ハトムギ化粧水に限らず、化粧水は大部分が「水」なので、中身の原料価格は安いんですね。

「ほぼ水だから、化粧水は必要なし!」という人がいらっしゃるくらいなので。

ただしこれは間違い。化粧水は必要です!これに関しては以下をご覧ください。

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘
あわせて読みたい化粧水はいらないは嘘!現役の化粧品開発者が解説

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

 

そもそも、「化粧水の中身の原料価格は安い」ということはありますが、大容量&低価格のハトムギ化粧水は、シンプル処方ですから、さらに安くなります。

この、処方のシンプルさによって、内容物の原料価格が圧倒的に抑えられ、ハトムギ化粧水は驚きの低価格で提供できているんです。

 

ハトムギ化粧水安さの秘密:製造コストの削減

ハトムギ化粧水安さの秘密・製造コストの削減

製造コストの削減も、ハトムギ化粧水の低価格を支える重要な要素です。

例えばナチュリエは、大規模な生産ラインを導入しており、一度に大量の製品を効率的に製造することができます。

この大規模生産により、単位当たりの製造コストを大幅に削減しています。

 

大規模生産とは、製造機のスケールが大きいということ。

 

例えば、500mLのハトムギ化粧水を10万個製造する場合、必要な中身の量は、500mL×10万個で、最低でも50トンです。

製造機のスケールが500kgだった場合、50トン作るには、最低でも、100回、製造しなければなりません。

一日1回、製造すると仮定した場合、100日かかります。

 

一方、製造機のスケールが2トンだった場合、25回の製造で済みます。

一日1回 製造で25日

しかも、ナチュリエは、「混ぜるだけ」で製造が完了するので、製造工程が非常にシンプル。

一日、2回、3回製造は可能でしょう。

つまり、2トンスケールで、一日3回製造すれば、50トンというとんでもない量を、わずか9日で、製造してしまうのです。

 

同じ50トンという量でも、100日かける場合と、9日で終える場合では、製造コストに雲泥の差がでます。

 

これが、大量製造スケール&シンプル工程の凄さ!

 

大量製造スケール&シンプル工程によって、極限まで製造コストを抑え、低価格を実現させているのです。

 

ハトムギ化粧水安さの秘密:シンプル容器

ハトムギ化粧水安さの秘密・シンプル容器

ハトムギ化粧水の容器は非常にシンプル実用的なデザインです。

500mL~1000mLの大容量でありながら、片手で開けられるワンタッチキャップを採用しており、使いやすさを重視しています。

容器の素材も軽量で柔らかいため、輸送コストの削減にも寄与しています。

豪華な装飾や複雑なデザインを避けることで、容器の製造コストを大幅に削減しています。

 

このシンプルで機能的な容器設計が、結果的に製品の低価格を実現!

 

先ほども述べましたが、化粧品の中身の原料価格って、皆様が思っている以上に安いです。

では、化粧品にとって何が一番高いのか?

 

容器です!

 

化粧品の容器は、中身の価格に比べて、びっくりするほど高いです。

ですからシンプル容器は、ハトムギ化粧水の低価格に、ものすごく貢献していると言えるでしょう。

 

ハトムギ化粧水安さの秘密:流通経路の効率化

ハトムギ化粧水安さの秘密・流通経路の効率化

流通経路の効率化も、ハトムギ化粧水の低価格を支える要因の一つです。

製品が消費者の手に届くまでの流通プロセスを最適化し、無駄を省くことでコストを削減しています。

例えば、メーカーから直販を行うことで中間業者を省き、物流コストを抑えています。

また、大手ドラッグストアネット通販を活用することで、広範囲にわたる流通網を確立し、効率的な流通を実現しています。

これにより、ユーザーは手軽に製品を購入することができ、さらに低価格で提供することが可能となっています。

 

こうした流通の効率化が、ハトムギ化粧水の魅力的な価格設定に大きく貢献しているのです。

 

おわりに

いかがでしょうか?

ご説明したように、ハトムギ化粧水の驚くべき低価格の秘密は以下です。

 

  • シンプル処方
  • 製造コストの低減
  • シンプル容器
  • 流通経路の効率化

 

この中でも、最も低価格に貢献しているのが、「シンプル処方」「製造コストの低減」でしょう。

シンプル処方と製造コスト低減の組み合わせによって、驚くべき低価格を実現しているのが、ハトムギ化粧水なのです。

 

これは、大変な企業努力のたまものです。

 

一方で、シンプルゆえに、最低限の保湿効果は得られるものの、それ以上の効果は感じにくい!というのも事実。

そんな時は、以下記事をご覧ください!

現役の化粧品開発者がプロの視点で、おすすめのハトムギ化粧水を厳選して紹介しています!

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 

また、以下記事では、「ハトムギ化粧水がやばい」と言われる真実を解説しています。

やばいと言われる理由の一つが、この記事で述べた「価格の安さ」ですが、他にもやばいと言われる理由はあります!

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる
あわせて読みたいハトムギ化粧水やばい!6つの理由を化粧品開発者が解説

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

 

大人気のハトムギ化粧水ですが、実はハトムギ化粧水には、本物偽物があるのをご存じでしょうか?

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水
あわせて読みたいハトムギ化粧水の本物・元祖は?化粧品開発者が偽物との違いを解説!

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

 

ハトムギ化粧水が肌に合わない人の特徴、お教えします!

ハトムギ化粧水でニキビ?合わない人の特徴
あわせて読みたいハトムギ化粧水でニキビ?合わない人の特徴を化粧品開発者が解説

        愛用者多数のハトムギ化粧水ですが、「ニキビが悪化してしまった!」「肌が荒れた!」など、肌に合わない人も多くいらっしゃるようです。 そこで、ハトム ...

 

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ 肌に悪い 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、落ちないし、肌に悪いです! その理由を、現役の化粧品開発者が詳しく解説します。 ま ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

7

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

針美容液の危険性 8

        マイクロニードルや海綿(かいめん)などの針美容液が注目を集めています。 針美容液の効果は魅力的ですが、副作用が心配ですよね。 もし、使い方を誤る ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 9

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 化粧水