※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 美白

美白効果に満足できないあなたへ:プロが教えるたった一つの解決策

美白コスメを使用していても、期待した効果が得られないことはありませんか?

この記事では、美白コスメの効果に満足できない原因と、その解決策について、現役の化粧品開発者が詳しく解説します。美白コスメの効果には、メラノサイトの活性抑制、チロシナーゼの活性抑制、メラノサイトの拡散抑制という3つの作用点が関係しており、これらが自分の肌に合っていないことが効果不足の一因となることがあります。

この記事を読むことで、自分に合った美白コスメの選び方と、効果的な使用方法を理解することができます。美白コスメの選択に迷っている方、効果に満足できていない方にとって、有益な情報が満載です。

 

本記事の内容

  • 美白コスメの効果に満足がいかないときにやるべきただ一つの事を、現役の化粧品開発者が解説

 

スポンサーリンク




美白コスメ

美白コスメと言いますが、正確には美白の医薬部外品です。美白というのは、医薬部外品にしか許可されていない表現であり、「コスメ=化粧品」と考えるならば、「美白コスメ」という表現は正しくありません。

私はこのブログでも、この記事でも美白コスメという表現を使っていますが、それは「美白の医薬部外品」を示しており、私がご紹介する「美白コスメ」は全て、「美白の医薬部外品」です。

世の中には、化粧品であるにもかかわらず、「美白コスメ」として紹介するブログやブロガーがたくさん存在するのでご注意ください。

「美白コスメ」は美白の医薬部外品ですから、国が美白効果を認めた有効成分を、効果が期待できる量(規定量)配合しなければなりません。

ですから、世の「美白コスメ」には、必ず、アルブチンやビタミンC誘導体などの有効成分規定量配合されていますから、効果が期待できるはずです。

何故なら、先に述べたように、「美白コスメ」の効果は、メーカー側が「効果あり!」と勝手に主張しているわけではなく、メーカーのデータをもとに、第3者である国が効果を認めているからです。

にもかかわらず、現実には、美白コスメの効果に満足がいっていない人は多くいらっしゃるようで、何故、このような事が起こるのでしょうか?

 

何故、美白コスメの効果に満足がいかないのか?

美白コスメの効果に満足がいかない理由で、最も考えられるのは、美白の作用点(美白メカニズム)が自分に合っていないです。

美白には大きく3つの作用点があります。

第一段階:メラノサイトの活性抑制

シミのもとであるメラニン色素は、メラノサイトで作られます。紫外線などの刺激を受けると、プラスミンプロスタグランジンといわれる物質が、メラノサイトに働きかけて、メラニン生成をスタートさせます。

つまり、メラノサイトに、「メラニンを作りなさい!」というシグナルを与えてメラノサイトを活性化させるのです。

この、メラノサイトへのシグナルを遮断することで、メラノサイトの活性化が抑制され、美白効果を発揮します。

 

第二段階:チロシナーゼの活性抑制

メラニンを作りなさい!というシグナルを受け取ったのち、アミノ酸の一種であるチロシンチロシナーゼという酸化酵素によって酸化され、メラニン生成がスタートします。

このように、チロシンという出発物質が、チロシナーゼという酸化酵素の力を借りて、反応(酸化)を繰り返すことでシミの元、メラニン色素は生成されるのです。

ですから、メラニンを作りなさい!というシグナルを受け取ったとしても、チロシナーゼの活性を抑制すれば、チロシンは酸化されず、美白効果を発揮するのです。

 

第三段階:メラノサイトの拡散抑制

視覚的にシミと認識されるのは、メラニンやメラノサイトが、お肌表面(表皮)に移動するからです。

ですから、メラニンを作りなさい!とシグナルを受け取り、チロシナーゼによってメラニン色素が生成されたとしても、メラノサイトの表皮への拡散を抑制すれば、視覚的にシミと認識されません(美白効果)。

 

このように、一言に美白効果と言っても、美白の作用点(メカニズム)は大きく3つあり、美白効果に満足がいかない理由として最も考えられるのが、今現在お使いの美白コスメの作用点が自分に合っていないという事なのです。

ですから、美白コスメを使う際は必ず、有効成分が何かを確認し、その有効成分がどのようなメカニズムで美白効果を発揮するのかを知る事が非常に重要なのです。

しみの原因は人によって様々。しみケアに、「チロシナーゼ活性抑制」が効果的な人もいれば、「メラノサイトの活性抑制」が効果的な人もいらっしゃいます。

しみの原因が人によって異なるように、効果が得られやすい美白の作用点(メカニズム)も人によって異なるのです。

 

美白コスメの効果に満足いかない時にやる「ただ一つ」の事

もうお分かりかもしれませんが、美白コスメの効果に満足しない時にやるべきただ一つの事、それは、美白コスメを変えるです。

 

最重要ポイント

美白コスメの効果に満足いかないときにやるべき「ただ一つ」の事は、美白コスメ変える!

 

美白コスメには、国が効果を認めた有効成分が、効果が期待できる量配合されています。しかし、美白コスメは医薬部外品であり、「医薬品」ではありません。

「医薬品」の場合、効果の代償として副作用が認められていますが、「医薬部外品」には副作用は認められておらず、何より安全性を重視します。

有効成分が配合されていますから、「医薬部外品」には「化粧品」以上の予防効果は期待出来ますが、それでも「医薬品」に比べ効果は緩和です。

ですから、有効成分配合の美白コスメ(医薬部外品)であっても、1ヶ月~3ヶ月の期間、使い続けない限り効果を得ることはできないです。

ですから、まずは、1ヶ月~3ヶ月使って、それでも効果に満足いかない場合は、お使いの美白コスメの有効成分の作用点が、ご自身に合っていない可能性が高いので、作用点が異なる有効成分配合の美白コスメに変える事をおすすめします。

そのためにはまず、お使いの美白コスメの有効成分が何かを知る必要があります。知る方法は簡単です。医薬部外品の場合、全成分表示が、<有効成分><その他の成分>に分けて記載されていますから、有効成分欄を見れば、成分が何かを知ることができます。

ただし、医薬部外品の場合、全成分表示は義務ではありません(化粧品の場合は義務)。業界の自主基準で全成分表示をしているだけなので、全成分表示されていない医薬部外品は存在します。

そのような場合は、ホームページなどでの商品特徴を見て頂ければ、必ず有効成分の説明はあるはずです。

このように、まずは、今お使いの美白コスメの有効成分が何かを知ってください。

 

ビタミンC誘導体、アルブチンなどの場合

お使いの美白コスメの有効成分が、アスコルビン酸 2-グルコシド等のビタミンC誘導体アルブチンの場合、これらは、チロシナーゼ活性を抑制するメカニズムなので、別のメカニズムであるメラノサイトの活性抑制に変える事をおすすめします。

メラノサイトの活性を抑制する代表的な美白有効成分がトラネキサム酸です。

トラネキサム酸を有効成分とした美白コスメとしては、オルビス ユードットがあります。ユードットシリーズは、美白も叶える、エイジングケアに特化したオルビスの最高峰スキンケアラインです。最高峰でありながら、コスパ抜群なので、トラネキサム酸配合美白コスメで、最もおすすめの一品です。トライアルセットが充実しているので、まずは、ご自身のお肌に合うか、トライアルからお試しください。

あわせて読みたいオルビス ユードットの効果は本物?化粧品開発者が語る製品の魅力

エイジングケアにおいて、どのようにして理想の肌を実現するかは、多くの方にとって重要な問題です。 この記事では、オルビス ユードットシリーズの全体像を詳しく解説し、そのコンセプトと特徴、各製品の概要と効 ...

 

 

トラネキサム酸であれば、資生堂もおすすめです。何故なら、資生堂は、日本で初めてトラネキサム酸を医薬部外品の有効成分として配合したメーカーだからです。

資生堂のトラネキサム酸配合コスメと言えば、HAKU メラノフォーカスEV。資生堂が誇る最高峰の美白美容液で、18年連続で美白美容液市場の売上No.1を記録している製品です。

メラノフォーカスEVは、その優れた成分実績により、美白ケアを求める多くの方々に選ばれている製品であり、シミやそばかすに悩む方々にとって、美しい肌を目指す上で欠かせないアイテムと言えます。

搭載技術の詳細は以下をご覧ください。

 

あわせて読みたいメラノフォーカスEVの効果は本物?化粧品開発者が語る製品の魅力

美白市場NO.1の美白コスメをご存じでしょうか? それが、美白美容液市場で18年連続売上No.1を誇る「資生堂HAKU メラノフォーカスEV」です。 この記事では、18年連続売上No.1を誇る同製品の ...

 

トラネキサム酸の場合

今度は反対に、お使いの美白コスメの有効成分がトラネキサム酸であった場合、メカニズムが異なる、ビタミンC誘導体を有効成分とした美白コスメがおすすめです。

ビタミンC誘導体を有効成分とした美白コスメであれば、オルビス ブライト

美白の有効成分として、ビタミンC誘導体であるL-アスコルビン酸 2-グルコシドが配合されています。オルビス ブライトは、ビタミンCを配合するのではなく、高圧処理ビタミンCを核とした新しいアプローチが特徴的です。

先ほどの、ユードット以上にコスパに優れたシリーズですし、ユードット同様、トライアルセットが充実しているので、まずは、トライアルからお試しください。

搭載技術の詳細は以下をご覧ください。

あわせて読みたいオルビス ブライトの効果は本物?化粧品開発者が語る製品の魅力

美白ケアに革新をもたらすオルビス ブライトシリーズ。 このシリーズは、高圧処理ビタミンCによって、メラニン生成の抑制と透明感のある肌へ導く新しいアプローチを提供します。洗顔から保湿まで、各製品が肌の潤 ...

 

おわりに

いかがでしょうか?

美白コスメの効果に満足できないというお悩みは、多くの方が抱えているものです。しかし、その原因は一つではありません。

本記事では、美白コスメの効果を左右するメラノサイトの活性抑制、チロシナーゼの活性抑制、メラノサイトの拡散抑制という3つの重要な作用点について、詳しくご紹介しました。

これらの作用点が自分の肌に合っていない場合、効果を感じにくいことがあります。

ですから、美白コスメを選ぶ際は、自分の肌の状態や悩みに合った有効成分を持つ製品を選ぶことが重要です。また、美白コスメは即効性を期待するものではなく、長期間の使用が効果を実感する鍵となります。

この記事を通じて、美白コスメの選び方や使用方法についての理解が深まり、皆さんがより満足できる美白ケアを実現できることを願っています。美白コスメの世界は奥深く、正しい知識と方法で、より輝く肌への一歩を踏み出しましょう。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ 肌に悪い 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、落ちないし、肌に悪いです! その理由を、現役の化粧品開発者が詳しく解説します。 ま ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

7

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

針美容液の危険性 8

        マイクロニードルや海綿(かいめん)などの針美容液が注目を集めています。 針美容液の効果は魅力的ですが、副作用が心配ですよね。 もし、使い方を誤る ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 9

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 美白