※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 話題の成分

プロ解説!ナイアシンアミド&セラミド併用で得られる驚きの効果

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

美しい肌を目指すあなたに、ナイアシンアミドとセラミドの併用が新たな可能性をもたらします。これらの成分が肌に与える影響は何か、そしてなぜ併用することで相乗効果が期待できるのでしょうか?

本記事では、現役の化粧品開発者の私が、ナイアシンアミドとセラミドの基本的な特性から、その相乗効果のメカニズム、さらにはおすすめの製品紹介まで、幅広く解説します。

この記事を通じて、ナイアシンアミドとセラミドの併用がもたらす肌への効果を深く理解することができます。これらの情報を元に、自分に合ったナイアシンアミドとセラミドの併用法を見つけて、美肌効果を最大限に引き出しましょう。

 

本記事の内容

  • ナイアシンアミドとセラミドの併用で得られる驚きの効果を、現役の化粧品開発者が解説

 

スポンサーリンク




ナイアシンアミドとセラミド併用による相乗効果

ナイアシンアミドとセラミドは、美肌効果が期待できる成分の組み合わせです。この両成分を併用することで、肌のトラブルを効果的にケアすることが可能です。

今回は、ナイアシンアミドとセラミドの組み合わせ効果を徹底解説し、スキンケアでの活用方法や注意点を見ていきましょう。

ナイアシンアミドとセラミドは、それぞれが肌に与える効果が異なり、スキンケアにおいて重要な役割を果たします。

ナイアシンアミドはビタミンB3の一形態で、肌のバリア機能を強化し、皮脂の過剰な分泌を抑制する効果があります。また、肌の赤みや色素沈着を軽減し、肌のトーンを均一にする効果も期待できます。特に、肌の老化防止や紫外線によるダメージの修復に効果的であり(シワ改善)、肌の若返りや明るさを促進することが知られています。

一方、セラミドは肌の角質層に存在する天然の脂質で、肌の水分保持能力を高め、乾燥から肌を守る役割を果たします。セラミドは肌のバリア機能をサポートし、外部刺激から肌を保護する効果があります。これにより、肌の乾燥や荒れを防ぎ、健康な肌状態を維持するのに役立ちます。特に、敏感肌や乾燥肌の方にとっては、セラミドは肌の保湿と保護に不可欠な成分です。

ナイアシンアミドとセラミドを併用することで、肌の水分保持能力とバリア機能が同時に向上し、乾燥や肌荒れを防ぎながら、肌の健康を維持することができます。

ナイアシンアミドが肌の表皮~真皮の問題にアプローチし、セラミドが肌の最上層である角質層で水分を保持することで、肌の内側から外側まで全体的にケアすることが可能なのです。また、ナイアシンアミドは肌の色素沈着を軽減する効果(美白)があり、セラミドは肌のバリア機能を強化することで、肌の健康を保つことに寄与します。

このように、ナイアシンアミドとセラミドは、それぞれが持つ独自の効果を活かしながら、併用することで肌の健康をサポートする相乗効果を発揮します。肌の水分保持能力を高め、バリア機能を強化することで、乾燥や肌荒れを防ぎ、肌のトーンを整える効果が期待できます。

これらの成分は、多くのスキンケア製品に含まれており、日々のケアに取り入れることで、健やかな肌を保つことができます。

ポイント

ナイアシンアミドとセラミドを組み合わせることで、肌は内側から外側まで全面的にケアされる

 

ナイアシンアミドとセラミドが効果的なケースとは?

ナイアシンアミドとセラミドは美肌成分の代表格です。これらを含むコスメは肌に潤いやハリを与える効果が期待できます。

ナイアシンアミドはビタミンB3の一種で、肌荒れやシミの予防、皮膚の保湿力向上に効果があります。セラミドは肌のバリア機能を高める働きがあり、乾燥肌や敏感肌の改善に役立ちます。

ナイアシンアミドとセラミドが配合されたスキンケアアイテムは、肌のトラブルに対して効果的です。ただし、人によって肌質や悩みは異なりますので、自分に合ったものを見つけることが重要です。

水分バリア機能アップ!乾燥肌への効果改善を目指す

乾燥肌の改善には、水分バリア機能をアップさせることが大切です。ナイアシンアミドは皮膚の保湿力を向上させる作用が期待でき、セラミドは肌のバリア機能を高める働きがあります。

これらの成分を取り入れたスキンケアを継続することで、肌の乾燥が改善され、水分バリア機能もアップします。

コツは、朝晩の洗顔後に化粧水、乳液などの保湿アイテムを使用し、補給した水分を肌に閉じ込めることです。また、寝る前には保湿クリームで肌を保護し、乾燥しがちな部分には重点的にケアを行うことがオススメです。

効果的なケア方法を実践し、乾燥肌を改善しましょう。

 

毛穴・ニキビトラブル対策!皮脂分泌のコントロール方法

毛穴やニキビトラブルの原因となる皮脂分泌をコントロールする方法について解説します。

ナイアシンアミドは皮脂の生成を抑える効果があり、適度な皮脂分泌を保つことができます。これにより、毛穴の詰まりやニキビの発生が予防されます。

まず、毎日の洗顔で皮脂を適度に落とすことが大切です。洗顔料は肌に過度な負担をかけないものを選びましょう。次に、ナイアシンアミドが配合された化粧水や乳液を利用し、皮脂の生成をコントロールします。

また、セラミドは乾燥肌にもニキビにも効果的な肌バリア機能を向上させる働きがあります。乾燥肌が原因でニキビができることもあるため、セラミドを含むスキンケアアイテムの使用もおすすめです。

これらの方法で皮脂分泌をコントロールし、毛穴やニキビトラブルを予防しましょう。

 

シミ・シワ対策

ナイアシンアミドは、美白とシワ改善、両方の効果が期待できます。

まず、美白についてですが、ナイアシンアミドはメラニンの生成を抑制することで肌の色素沈着を防ぎます。メラニンは肌の色を決める要素であり、過剰に生成されるとシミやくすみの原因となります。ナイアシンアミドは、このメラニンの生成をコントロールし、肌を明るく均一な色合いに導くのです。

次に、シワ改善に関してですが、ナイアシンアミドはコラーゲンの生成を促進することで知られています。コラーゲンは肌の弾力性やハリを保つために不可欠な成分で、年齢と共にその生成が減少します。ナイアシンアミドがコラーゲンの生成をサポートすることで、肌はより弾力性があり、若々しい印象を保つことができるのです。

また、肌のバリア機能を強化し、乾燥や外部環境からの刺激から肌を守る効果もあります。

このように、ナイアシンアミドは美白とシワ改善の両方に効果的な成分であり、肌の健康と美しさを保つために非常に有効です。肌のトーンを整え、若々しい印象を与えることで、多くの人々に愛されているのです。

 

併用する前に知っておくべき!注意点と副作用リスク

化粧品や医薬部外品は安全であることが大前提です。医薬品のように、効果の代償による副作用は決して許されないのが、医薬部外品を含む化粧品ですから、併用による大きな懸念点はないです。

しかも、ナイアシンアミドとセラミドは、古くから化粧品に配合されている成分ですし、化粧品に配合される成分の中でも、刺激が少なく、安全性が高い事で知られていますから、多くの人が安心してお使い頂ける成分の組み合わせだと思います。

ただし、100%の安全性の保証は出来ませんし、人によって合う合わないはありますから、万一、お肌に違和感などを感じた際は、使用を中止してください。

ナイアシンアミドと同じく人気成分のレチノールは、やや刺激の強い成分ですから、他成分との併用の際は注意が必要です。

あわせて読みたいレチノールの効果と併用不可成分をプロ開発者が徹底解説!

皆さんはレチノールという成分をご存知ですか? 美容効果が高いと期待される一方で、併用に注意が必要な成分もあるため、使いこなすための知識が必要です。 この記事では、現役の化粧品開発者の私がプロの視点で、 ...

 

おすすめのナイアシンアミド&セラミド配合製品

ナイアシンアミドとセラミドを含む製品は、肌の健康と美しさを維持するために非常に効果的です。

これらの成分を含む製品は、肌のバリア機能を強化し、水分保持能力を高めることで、乾燥や肌荒れを防ぎます。市販されている多くのスキンケア製品が、これらの成分の相乗効果を活かしています。

ナイアシンアミドは表皮~真皮、セラミドは表皮の最外層(角質層)で作用します。つまり、これら成分は作用する箇所が異なり、併用することで肌は内側から外側まで全面的にケアされます。

作用箇所が違うように、これら成分は溶解性が全く異なります。ナイアシンアミドは水溶性で水に簡単に溶けますが、セラミドは難溶解性で、水には特殊な技術を用いなければ溶けませんし、油にも溶けにくいです。

ですから、ナイアシンアミドとセラミドを同時に配合するには高度な技術が必須なので、これら成分を取り入れるのであれば、十分な技術を有する有名メーカーのモノがお勧めです。

さらに、ナイアシンアミドは医薬部外品の有効成分になりますから、ナイアシンアミドを有効成分とした医薬部外品が絶対にお勧めです。

医薬部外品にするためには、効果が期待できる量のナイアシンアミドを配合しなければなりませんから、ナイアシンアミドの配合量が微量という事はあり得ません。化粧品の場合、効果が期待できないほど微量のナイアシンアミドの配合であっても、全成分に表示されてしまうので、注意が必要です。

ナイアシンアミド×セラミド化粧品のポイント

  • 十分な配合技術を有する、有名メーカーのモノを選ぶ
  • ナイアシンアミドを有効成分とした医薬部外品を選ぶ

化粧品開発者の私がお勧めする、上記を満たす「ナイアシンアミド×セラミド製品」をご紹介します。

ETVOS 薬用リンクルセラム

ETVOS 薬用リンクルセラムは、敏感肌にも配慮したシワ改善美容液です。医薬部外品です。

この製品は、シワや小ジワのケアを求める方や、乾燥や肌荒れが気になる方に特におすすめです。

日本初の成分アプローチを採用しており、有効成分「ナイアシンアミド」「パンテノール」に加え、保湿成分「ヒト型セラミド」を組み合わせた医薬部外品で、肌の土台を作るコラーゲンの産生を促進し、シワを改善する効果が期待できます。

「ナイアシンアミド×パンテノール×ヒト型セラミド」という日本初の成分アプローチが凄い!

全成分

有効成分ナイアシンアミド、D-パントテニルアルコール
その他成分:精製水、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、メドウフォーム油、パルミチン酸セチル、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ポリエチレングリコール1000、1,2-ペンタンジオール、ベヘニルアルコール、水素添加大豆リン脂質、トリメチルグリシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシンN-ステアロイルフィトスフィンゴシンヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、タケノコ皮抽出液、サクラ葉抽出液、カンゾウ葉エキス、オクラエキス、ビルベリー葉エキス、スクワラン、大豆油、フィトスフィンゴシン、コレステロール、モノステアリン酸ポリグリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、無水ケイ酸、ステアロイル乳酸ナトリウム、ヘキサメチレンジイソシアネート/トリメチロールヘキシルラクトン架橋ポリマー、ヒドロキシエチルセルロース、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、L-アルギニン、ノバラ油、ローズマリー油、ラベンダー油、オレンジ油、油溶性カロットエキス、フェノキシエタノール、天然ビタミンE

※N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシンが、それぞれ、「セラミドNG」「セラミドNP」「セラミドAP」の医薬部外品表示名称です。

さらに、この製品は「タケノコ皮エキス」を含むアップサイクル原料を使用しており、硬くなった肌に柔軟性をもたらし、しなやかな質感を実現します。また、「サクラ葉エキス」「ビルベリー葉エキス」などの保湿成分も配合されており、肌の不均一化を整え、均一で健やかな印象の肌へ導きます。

この美容液は、朝も夜も使用できる心地よいテクスチャーと香りが特徴です。スーッと伸びて浸透し、肌にピタッと密着する感覚を提供します。

また、敏感肌にも優しい低刺激処方で、石油系界面活性剤、鉱物油、シリコン、合成着色料、合成香料、パラベン、アルコールを使用していません。スティンギングテスト、アレルギーテスト、パッチテストも実施されており、敏感肌の方でも安心して使用できます。

今であれば、ETVOSの本格的なエイジングケアライン「バイタライジング」のお試しセットに、薬用リンクルセラムがついてくるので、是非、お試しください。

 

シンピスト

シンピスト

全成分

有効成分ナイアシンアミド
その他の成分:精製水、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、ポリエチレングリコール・デシルテトラデセス-20・ヘキサメチレンジイソシアネート共重合体、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、トリメチルグリシン、1,2-ペンタンジオール、硬化ナタネ油アルコール、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、フェノキシエタノール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、水酸化ナトリウム、d-δ-トコフェロール、3-O-エチルアスコルビン酸、テトラ2-へキシルデカン酸アスコルビル、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ビタミンA油、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、L-ピロリドンカルボン酸、乳酸ナトリウム液、L-アルギニン、L-アスパラギン酸、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、グリシン、L-アラニン、コラーゲン・トリペプチド F、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、L-イソロイシン、L-スレオニン、L-ヒスチジン、L-フェニルアラニン、プラセンタエキス(1)

※N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシンが、それぞれ、「セラミドNG」「セラミドNP」「セラミドAP」の医薬部外品表示名称です。

シンピストは、シワやシミに特化した効果を持つオールインワンジェルです。医薬部外品です。

使用感においては、べたつきがなく、肌に水分がしっかりと保持されるような透明感が特徴です。特に、日中のほうれい線の目立ちが減少するなどの効果が感じられると評価されています。

また、シンピストにはナイアシンアミド以外にもセラミドやアミノ酸コンプレックス、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲンなど、多くの保湿成分が含まれており、肌のうるおいを保ちながらシワやシミにアプローチします。

製品は無香料で、成分の自然な香りがほんのり感じられる程度です。テクスチャーはみずみずしいジェルタイプで、肌にスッと馴染み、表面のベタつき感はありません。容器のデザインも特徴的で、スパチュラが付属しており、容器に装着しておけるため、使用時に便利です。

オールインワンジェルとして、基本的にはこれ一つでスキンケアが完了します。

朝晩の洗顔後に使用し、気になる箇所には追加で塗ることが推奨されています。シンピストはシワやシミに悩む方に適した製品であり、ナイアシンアミドの効果を最大限に活かすための工夫がされていることが特徴です。


これらの製品は、ナイアシンアミドとセラミドの効果を最大限に活かし、肌の健康をサポートするために開発されています。肌のタイプやニーズに合わせて選ぶことで、肌の水分バランスを整え、肌荒れを防ぎながら、健やかな肌を保つことができます。

ナイアシンアミドとセラミドを含む製品を日々のスキンケアに取り入れることで、肌の健康と美しさを維持することが可能です。

 

おわりに

いかがでしょうか?

ナイアシンアミドとセラミドを併用することで、美肌効果を最大限に引き出すことができます。

ナイアシンアミドとセラミドは、作用する箇所が異なりますから、併用により、肌の内側から外側まで全体的なケアが可能です。しかも両成分は、昔から化粧品に配合されていて、低刺激で有名な成分ですから、敏感肌の方でも比較的安心してお使い頂けます
※全ての人が安心・安全に使えるという訳ではありません

この機会に是非、ご自身のスキンケアに両成分を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの真実, 話題の成分