※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 話題の成分

レチノールの効果と併用不可成分をプロ開発者が徹底解説!

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

皆さんはレチノールという成分をご存知ですか?

美容効果が高いと期待される一方で、併用に注意が必要な成分もあるため、使いこなすための知識が必要です。

この記事では、現役の化粧品開発者の私がプロの視点で、レチノールの基本知識や効果、さらに併用不可成分について徹底解説しています。そして、記事を読むことでレチノールの効果的な使い方や安全な利用方法が分かり、皆さんの肌悩みの解決に役立てることができるでしょう。

具体的には、

  • 肌の構造及びシワ・シミ・ニキビ改善効果
  • 相性の悪い成分やビタミンCとの併用
  • 使用順序やタイミング、初心者向け製品選び

などが説明されています。

この記事を参考に、レチノール製品を取り入れることで皆さんの肌悩みが解消され、肌がより美しくなることを期待しています。

 

本記事の内容

  • レチノールの使用法製品選びを、現役の化粧品開発者が詳細に解説

 

スポンサーリンク




レチノールには併用不可成分が存在する!

大人気の美容成分レチノールには、併用不可成分が存在します!

勿論、レチノールは化粧品への配合が許可された成分ですから、併用すると即刻、「危険!重篤な肌トラブルにつながる!」という訳ではありませんが、レチノールは、A反応に代表される肌刺激の懸念がある成分ですから、成分を選びます。

次項から、レチノールの基本特性と効果とともに、併用不可成分について、詳しくご説明します。

 

レチノールの基本知識と効果

レチノールはビタミンAの一種で、美容業界で注目を集める成分のひとつです。肌の悩みにアプローチする効果が期待されており、人気の美容商品に多く配合されています。

レチノールは、シワやシミの改善、毛穴の引き締め、ニキビの予防、皮膚の生成促進など様々な効果があることから、幅広い世代に愛用されています。

しかし、使用方法や濃度に注意が必要です。

過剰な使用や高濃度の商品は肌に刺激を与えることがあります。敏感肌の方は特に注意が必要で、まずは低濃度のものから試すことがおすすめです。また、紫外線による刺激を受けやすくなるため、日焼け対策が重要です。

ビタミンCやヒアルロン酸、コラーゲンとの併用も効果的ですが、使用順序やそれぞれの相性に注意が必要です。

例えば、ビタミンCはレチノールと同時に使用すると刺激が強くなるため、別の時間帯に使用することが望ましいです。毎日のスキンケアで上手に取り入れることで、美肌への期待が高まります。

レチノールを理解するための肌の構造

レチノールの効果を理解するためには、まず肌の構造を知ることが役立ちます。

肌は大まかに分けて表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、それぞれ異なる機能を持っています。

表皮は肌の最も外側の層で、角質層やメラニン色素の生成を担っており、皮膚のバリア機能や日焼けの原因となる紫外線の防御をしています。真皮にはコラーゲンやエラスチンが豊富で、肌にハリや弾力をもたらします。皮下組織は肌に栄養を供給し、保護の役割を果たしています。

レチノールは表皮の角質層に作用し、ターンオーバーを促進して肌の再生を助けます。また、メラニン色素の生成を抑制し、シミの予防や改善に役立ちます。さらに真皮層のコラーゲン生成をサポートすることで、ハリや弾力のある肌へと導いてくれます。

 

レチノールの美容効果と適応症状

レチノールは多くの美容効果が期待されており、特に以下の様な症状に対して効果的です。

  • シワやたるみ
  • シミやくすみ
  • 毛穴の開きや黒ずみ
  • ニキビや肌荒れ
  • 乾燥肌や敏感肌

これらの肌悩みに対して、レチノールは角質の生成やターンオーバーを整えることで、健康的な肌へと導きます。また、真皮に働きかけてコラーゲンの生成を促し、肌にハリや弾力を与える効果も期待できます。さらに、抗酸化作用による肌の老化防止や紫外線対策も可能です。

ただし、適切な使用方法や注意点を守らないと、肌に負担をかけることもあります。使用量や濃度、併用する他の美容成分に気を付けながら、美肌効果を実感しながらスキンケアに取り入れていきましょう。

 

期待できるシワ・シミ・ニキビ改善効果

レチノールは、シワシミニキビなど肌の悩みへの改善効果が期待できる成分です。

これらの悩みの原因は、紫外線によるダメージや乾燥、皮脂の過剰分泌などが挙げられますが、レチノールにはそれらに対処する機能が備わっています。

まず、シワに対する効果ですが、レチノールはコラーゲン生成を促進し、皮膚のハリや弾力を向上させることができます。また、ターンオーバーの正常化を促し、角質層を整えることで、肌に透明感が戻ります。

次に、シミに対する効果ですが、レチノールはメラニンの生成を抑える働きがあります。これにより、シミやくすみの原因となるメラニンの蓄積を防ぎ、美白効果を実現します。

最後に、ニキビに対する効果ですが、レチノールは皮脂の分泌を抑制し、毛穴の詰まりを予防します。また、抗炎症作用もあり、ニキビの赤みや肌荒れを鎮めることができます。

このように、レチノールは肌の悩みを解決するための多機能性が期待できる成分です。しかしながら、使用の際には配合濃度や肌質、目的に合わせた適切な製品を選ぶことが必要です。

ポイント

  • レチノールは、シワ、シミ、ニキビなどの肌悩みへの改善効果が期待できる超優秀な成分
  • 一方で、使用の際は、配合濃度や肌質など、製品選びには注意が必要

 

レチノールの併用不可成分と注意点

レチノールを使用する際、併用に注意が必要な成分や特段の注意点があります。

併用注意成分については、ビタミンCやグリコール酸、サリチル酸などの酸性成分です。これらの成分はそれぞれに美容効果があるものの、レチノールと混ぜると刺激が強くなるため、敏感肌の方は特に注意が必要です。

また、レチノールは光に反応する性質があるため、夜間に使用することがおすすめです。朝にレチノールを使用する場合は、必ず日焼け止めを使って紫外線対策を行うことが大切です。

さらに、レチノールは肌への刺激が強いことがあるため、初めて使用する際には濃度の低い製品から始めて、徐々に濃度を上げることをおすすめします。また、念のためパッチテストを行ってから使用することも肌への負担を軽減する方法の一つです。

そのほか、乾燥が気になる場合は、乳液やクリームでしっかり潤いを補給したり、敏感肌の場合は無添加や無香料の製品を選ぶと良いでしょう。また、妊娠中や授乳中の方は、使用を控えることが望ましいとされています。

レチノールと相性の悪い成分

レチノール使用時に注意すべき相性の悪い成分を示します。

ビタミンC(アスコルビン酸)及びビタミンC誘導体

ビタミンCは酸性を示すため、レチノールとの併用により刺激が増す可能性があります。

レチノールとビタミンCなどの酸性成分を併用すると刺激が増す理由は、これらの成分がそれぞれ肌に強い活性を持ち、異なるpH環境で最適に機能するためです。

レチノールは中性から弱アルカリ性のpHで安定し、皮膚の細胞更新を促進する一方で、ビタミンC(特にL-アスコルビン酸の形)は酸性のpHで最も効果的であり、抗酸化作用があります。

これらの成分を使用すると、それぞれの最適なpHバランスが崩れ、肌への刺激が増す可能性があります。

さらに、レチノールとビタミンCはどちらも肌に強い影響を与える成分であり、同時に使用することで肌への刺激が強まることがあります。

特に敏感肌の人は、これらの成分を同時に使用すると、肌のバリア機能が過剰に反応し、赤み、かゆみ、刺激感などの副作用が現れることがあります。そのため、レチノールとビタミンCを併用する際は、肌の状態や感受性に応じて、使用量や頻度を慎重に調整することが重要です。

ただし、レチノールとビタミンCは絶対にNGではないです。そもそも論として、化粧品及び医薬部外品は、

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの

これが化粧品及び医薬部外品の定義で、薬機法第2条第3項(旧薬事法)に定められています。つまり、化粧品及び医薬部外品は安全である事が大前提で、医薬品のような、効果の代償の副作用は一切認められていません。

ですから、勿論、人によって肌に合う合わない成分は存在するものの、基本、化粧品及び医薬部外品に配合可能な成分で、危険なモノや併用不可なモノは存在しないです。

仮に、レチノールに併用不可な成分が存在するのであれば、国が規制を設けますし、何より、レチノール研究の先駆者、国内最大手の資生堂が注意喚起をするはずです。

ですから、レチノールとビタミンCは絶対に併用不可という訳ではないですが、前述したように、最適なpHが異なる事と、お互い強力な活性成分である事を考慮すると、例えば、レチノールを夜ビタミンCを朝に使用する等、これらの成分を異なる時間帯に分けて使用することが一般的に推奨されています。

 

サリチル酸、グリコール酸

レチノールは、サリチル酸グリコール酸と併用すると刺激が増す可能性があります。

何故なら、これらの成分がそれぞれ強力な皮膚への作用を持ち、同時に使用することで肌への負担が増加するためです。

サリチル酸はベータヒドロキシ酸(BHA)の一種で、皮膚の表面に作用して古い角質を除去し、毛穴の詰まりを解消します。グリコール酸はアルファヒドロキシ酸(AHA)の一種で、肌の表面の角質層を剥離し、肌の再生を促進します。これらの酸は、肌の表面を剥離することで、明るく滑らかな肌を促進しますが、同時に肌を敏感にすることがあります。

レチノールとこれらの酸を同時に使用すると、肌の再生と剥離が同時に行われるため、肌への刺激が増加します。

特に敏感肌の人は、赤み、かゆみ、刺激感などの副作用を経験する可能性が高くなります。また、これらの成分は肌を乾燥させる効果もあるため、乾燥や刺激がさらに悪化することがあります。

したがって、レチノールとサリチル酸やグリコール酸を併用する際は、肌の状態や感受性に応じて、使用量や頻度を慎重に調整することが重要です。

また、ビタミンC同様、これらの成分を異なる時間帯に分けて使用することが一般的に推奨されています。

ポイント

基本的に、レチノールとの併用が絶対NGという成分はないが、ビタミンCやサリチル酸、グルコール酸と併用する時は、同時にではなく、異なる時間帯に分けて使用することがお勧め

 

バクチオールとの比較 - レチノールと併用できる?

バクチオールとレチノールは、共に美容効果が期待される成分です。

バクチオールは植物由来で肌にやさしく、刺激が少ないため敏感肌の方にもおすすめです。一方で、レチノールはビタミンAの一種で、ニキビやシミ、シワに対して根本から作用し、効果が高いことで人気があります。

バクチオールとレチノールの併用は、お互いの作用を補完することで、効果をさらに高めることが可能です。注意点としては、肌の反応を確認しながら使用し、刺激が強すぎる場合は併用を控えることが求められます。

まず、それぞれの商品を単体で試し、肌に適合するか確認しましょう。その後、順番や使い方に注意して併用することで、さらなる美肌効果が期待できます。

しかし、肌質やトラブルによっては、必ずしも併用が良いとは限りません。あなた自身の肌と相談し、最適な組み合わせを見つけることが大切です。

 

レチノールの安全な利用方法と対策

レチノールを安全に利用するためには、以下の方法や対策が有効です。

  • まずは低濃度から始める : 初めてレチノールを使う場合、肌に馴染ませるために低濃度からスタートしましょう
  • 徐々に使用量を増やす : 刺激が少ないことを確認したら、使用量を少しずつ増やしていくことがおすすめです
  • 使用頻度を調整する : 肌荒れが起こる場合は、使用頻度を減らしましょう。毎日ではなく、2日に1回など、肌に負担をかけずに使用することが大切です。
  • 洗顔後の保湿が重要 : レチノールを使用したあとは、しっかりと保湿を行い、肌バリアを強化しましょう。
  • 紫外線対策を徹底する : レチノール使用中は、紫外線による肌へのダメージが増すため、日焼け止めを忘れずに塗りましょう。

レチノールの使用による肌トラブルを避けるため、肌の様子をよく観察し、上記の対策を実践することが大切です。

効果的な使用順序とタイミング

レチノールを最大限に活用するためには、効果的な使用順序とタイミングが重要です。

まず、洗顔を行い、角質を取り除いてから使用することが望ましいです。これにより、レチノールが皮膚に浸透しやすくなります。

通常は、化粧水や乳液、保湿クリームで整えた後、最後にレチノール製品を使用します。夜のスキンケア時に使用することが一般的ですから、朝には充分な保湿・保護を行うことが重要です。使用方法は商品の説明書を参考にしてください。

使用のタイミングについては、敏感肌の場合は慎重に行うことが大切です。

初めは週に1回からはじめ、肌の反応を確認しながら徐々に回数を増やしていきましょう、乾燥肌や普通肌の方は、毎日使用しても問題ありませんが、念のために肌の様子を見て調整することが必要です。

 

初心者向けのレチノール製品の選び方

初心者向けのレチノール製品を選ぶ際には、以下のポイントに注意して選ぶと良いと思います。

1.濃度 : レチノールの濃度が低い製品を選び、徐々に慣れていく。高濃度の製品は刺激が強く、肌荒れや刺激を感じることがあるため注意。

2.ブランド : 信頼性の高いブランドの製品を選ぶのが良い。コスメ界で評判の良いメーカーや人気商品を参考にする。

3.成分 : 配合成分に注意して選ぶ。例えば、ヒアルロン酸やナイアシンアミドなど肌に優しい成分が含まれている製品がおすすめ。

4.使用方法 : 自分のスキンケアルーティンに合った使用方法が記載されている製品を選ぶ。

5.口コミ : 購入前に口コミやレビューを参考に、他人の使用感を確認する。

以上の点に注意して、自分に合った初心者向けのレチノール製品を選んで、美肌効果を実感してください。

 

おすすめのレチノール配合製品

資生堂 エンリッチド リンクルホワイトクリーム

レチノールは大人気成分故に、市場には様々なレチノールコスメが発売されていますが、そもそもレチノールは分解しやすい成分のため、安定配合にはかなりの技術力が必要です。

現状、レチノールを高いレベルで安定配合できるのは資生堂だけですから、おすすめのレチノールコスメは資生堂一択です。

プチプラでもレチノールコスメが発売されていますが、プチプラではレチノールの効果は得られませんから、全くおすすめしません。

 

あわせて読みたいプチプラレチノールコスメは買うな!効果なし!化粧品開発者が解説

ドラッグストアで手に取りやすいプチプラレチノールコスメですが、本当に効果があるのでしょうか? 実は、ドラッグストアで購入できる多くのプチプラレチノールコスメには、残念ながら、レチノールの効果は期待でき ...

 

その中でも、私のおすすめは、純粋レチノールを配合した医薬部外品である、資生堂 エンリッチド リンクルホワイトクリームです。

「エンリッチド リンクルホワイトクリーム」は、レチノールをしわ改善の有効成分として配合した医薬部外品です。

レチノールは資生堂の独自成分ではありません。どのメーカーでも入手可能です。にもかかわらず、レチノールを有効成分とした医薬部外品が実現できないのは、レチノールの安定化技術のためです。

医薬部外品の場合、有効成分の安定性が高いレベルで求められます。

極論を言えば、化粧品であればレチノールに限らず、成分が分解してしまっても問題にはなりません。

しかし、医薬部外品の有効成分の場合、ある一定レベルの安定性を下回ると、即刻、市場回収。ただでさえレチノールは安定性に課題がある成分ですから、医薬部外品の基準を満たすまで安定性を高める事は資生堂しか出来ないというのが実情です。

また、医薬部外品の有効成分の場合、効果が期待出来る量を配合しなければなりません。ですから、レチノールを有効成分とした医薬部外品という時点で、微量配合なんてあり得なくて、効果が期待出来る十分な配合量と、高いレベルでのレチノールの安定性が約束されるのです。

さらに、容器はバックレスチューブという特殊容器。この容器は空気(酸素)が逆流しない構造になっていて、使用中でも内容物が空気に触れる事がありませんから、レチノールを酸化分解から守ってくれます。

この、高度な容器技術が、レチノールを有効成分とした医薬部外品は資生堂しか出来ない理由の一つです。

しかも、リンクルホワイトクリームは、トラネキサム酸を美白の有効成分としても配合しています。

つまり、純粋レチノールとトラネキサム酸を有効成分とした、しわ改善&美白の医薬部外品です。最強すぎる組み合わせで、資生堂しか実現不可能です。

リンクルホワイトクリームには、15g入りのSと、22g入りのLがあるので、ご自身の使用頻度に合わせてお選びください。

 

おわりに

いかがでしょうか?

レチノールは非常に優秀な成分ですが、使用方法製品選びには注意が必要です。

決して併用不可ではないですが、ビタミンCやグリコール酸、サリチル酸などと併用する際は、刺激が強くなる可能性があるため、例えば、夜レチノール、朝ビタミンCといったように、同時にではなく、異なる時間に分けて使用することがお勧めです。

また、優秀な成分で大人気がゆえに、劣悪なレチノールコスメが多数存在するので、この記事を参考に、正しい知識でレチノールコスメを選んで頂き、皆様の肌悩みが解消され、肌がより美しくなることを期待しています。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの真実, 話題の成分