※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 日焼け止め

日焼け止め塗りすぎると危険!正しい使い方を化粧品開発者が解説

 

日焼け止めの塗りすぎって、ダメなの?

 

こんな疑問に、現役の化粧品開発者がお答えします!

 

この記事で分かること

  • 日焼け止め塗りすぎのリスク
  • 自分に合った日焼け止めの選び方
  • 日焼け止めの効果を最大限に発揮する使い方

 

日焼け止めは、紫外線から肌を守るために欠かせないアイテムですが、正しい選び方や使い方(塗布量)をご存じでしょうか?

この記事では、日焼け止めのリスクや、自分に合った日焼け止めの選び方、効果的な使い方などを、現役の化粧品開発者がプロの視点で詳しく解説します。

美容や肌のケアに関心がある方には、ぜひ読んでいただきたい内容となっております。

さらに、日焼け止めに関する悩みやNG行為も取り上げ、効果的な日焼け対策で美肌を保つ方法をお伝えしています。

是非、この記事を参考に、日焼け止めを上手に活用し、美しく健康な肌を保ちましょう!

 

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

スポンサーリンク




【結論】日焼け止め塗りすぎると危険!

日焼け止め塗りすぎると危険

日焼け止め塗りすぎると危険です!

 

日焼け止めは紫外線対策として重要で、適切な使用が肌を守る効果がありますが、塗りすぎによるリスクも存在します。

 

理由の一つは、肌の透明感が失われること

 

日焼け止めが過剰に塗られると、皮膚への負担が増し、毛穴が詰まりやすくなります。

さらに、肌が過度に保護されることで、自然な皮膚のターンオーバーが阻害される可能性があります。

また、塗りすぎた量が吸収されず余分なものが残り、手や衣服に付着しやすくなり、清潔感が失われます。

そのため、日焼け止めは適量が非常に重要。塗りすぎず、必要な保護を提供する量を選ぶ必要があるのです。

 

紫外線のダメージと塗りすぎると起こる肌トラブル

紫外線は肌の老化やシミ、乾燥などの原因となります。これらのダメージから肌を守るために、日焼け止めを使用することは重要です。

しかし、塗りすぎると逆に肌トラブルが起こることもあります。

例えば、日焼け止め成分の一部が肌に刺激を与える場合があります。特に紫外線吸収剤は、過剰に使用されるとアレルギーやかぶれを引き起こしやすくなるのです。また、適度な皮膚バリア機能が損なわれることで、肌荒れや乾燥を招くことがあります。適量を守り、肌の状態をチェックすることが重要です。

さらに、メイクや化粧品との相性を考慮することも大切です。過剰な日焼け止め使用は、ファンデーションのムラや化粧崩れを引き起こすことがあります。

 

塗りすぎによる皮膚への負担とシミの原因

塗りすぎることによる皮膚への負担は、シミや肌荒れの原因となることがあります。

日焼け止めの成分が肌に残り、過剰に皮膚を保護し過ぎることで、皮膚の自然な機能が低下してしまうのです。

また、皮膚バリア機能が損なわれた状態で紫外線に晒されると、シミができやすくなります。積極的な紫外線対策を行うことは大切ですが、適度な量の日焼け止め使用が適切な肌ケア方法なのです。

日焼け止めを使うことで、UV カット効果を発揮しますが、適量を守り、適切な使用法を心掛けることで、肌への負担を軽減することができるのです。

 

日焼け止めの過剰使用による肌の乾燥と老化の促進

日焼け止めは紫外線から肌を守るための重要アイテムですが、過剰な使用は肌の乾燥や老化を促進させてしまうことがあります。

理由は、日焼け止めに含まれる成分が皮膚の水分を奪い、乾燥を招いてしまうこと。乾燥はシミやシワの原因となるため、美容や健康に悪影響を与えるのです。

また、過剰な日焼け止めの使用は、必要な紫外線をカットしすぎることで、肌のバリア機能の低下を招きます。そして、肌が外部の刺激に弱くなり、ダメージを受けやすくなります。

対策として、日焼け止めは適量を守り、適切なタイプを選んで使用することが大切。

顔には専用の日焼け止めを使い、手や首などの紫外線に弱い部分にも忘れずに塗る。また、効果が持続する時間に応じて塗り直し、SPFやPAの数値によって適切な商品を選ぶ事が重要です。

ケアのポイントは、日焼け止めを使用する前に十分な保湿や乾燥対策を行い、肌への負担を減らすことです。メイクをした後も、ファンデーションやパウダーなどで保湿をし、肌の状態をチェックすることが大切です。

ポイント

日焼け止めは塗りすぎは乾燥を招き、シミやシワの原因となる事がある!

 

自分に合った日焼け止めの選び方と使い方

自分に合った日焼け止めの選び方は、肌のタイプや季節、目的に応じて変わります。

まずは、肌が乾燥しやすいのか、あるいは皮膚が敏感であるかを考慮し、それに合ったクリームやジェルタイプの日焼け止めを選ぶ必要があります。

また、外出時や夏場など汗をかく場合には、ウォータープルーフスポーツ用の日焼け止めを選択すると、効果が持続しやすいです。

使用方法は、日焼け止めを塗る前に肌に水分や保湿成分を与え、乾燥やダメージを予防。適量の日焼け止めを手に取り、首や鼻などの紫外線に弱い部分から塗っていく。

さらに、効果が持続する時間に応じて塗り直しを行い、常に肌を守ることが重要です。

 

SPFとPAの違いとそれぞれのランキングから見るおすすめ日焼け止め

SPFPAの違いを理解することは日焼け止め選びに重要です。

SPFは紫外線B波(UVB)を防ぐ指数であり、数字が大きいほど効果が高いです。一方、PAは紫外線A波(UVA)を防ぐ指数であり、"+"の数が多いほど効果が高く、この2つの指数を参考に適切な日焼け止めを選びます。

日焼け止めのSPFやPAとは?正しく、日焼け止めを選んで紫外線対策!|Kampoful Life by クラシエの漢方 (kracie.co.jp)

おすすめの日焼け止めランキングでは、高いSPF値やPA値を持つ商品が人気です。

例えば、SPF50+やPA++++の商品が多くランクインしています。しかし、必要以上に高い指数の商品を選ばず、自分の肌タイプや目的に応じて適切な値の商品を選ぶことが大切です。また、成分や塗り心地も考慮する必要があります。

ランキング上位の日焼け止め商品には、美容液成分や保湿成分が含まれているものや、肌への負担が少ない無添加タイプのものがあります。これらの商品は、乾燥や肌荒れを防ぎながら紫外線対策ができるため、人気です。

これらを考慮して、化粧品開発者の私が最もお勧めする日焼け止めは、ポーラ ホワイトショット スキンプロテクター DXです。SPF 50+ PA++++という最高スペックでありながら、美白ケアもできる医薬部外品の日焼け止めです。

酸化亜鉛フリー日焼け止めは危険
あわせて読みたい酸化亜鉛フリー日焼け止めは危険!化粧品開発者が明かす真実

        敏感肌や毛穴の悩みを持つ方々には「酸化亜鉛フリーの日焼け止めが最適」という情報があるようですが、果たしてこれは真実なのでしょうか?   ...

 

肌タイプ別!適量・適切な使用方法をメイク前にチェック

肌タイプ別に日焼け止めの適量・適切な使用方法を理解し、メイク前のスキンケアに取り入れましょう。

乾燥肌の場合、保湿成分が豊富なクリームタイプがおすすめです。適量は、顔全体に約1円玉大を目安に塗布し、汗や皮膚の負担を軽減します。

脂性肌の人は、皮膚がベタつかないように、さっぱりとしたジェルやウォーターベースの製品が最適です。適量は、顔全体に約1.5cm直径の玉を塗り、毛穴の詰まりを防ぎます。

敏感肌の場合、無添加や低刺激の日焼け止めを選び、顔全体に適量の1円玉大を塗布し、刺激を最小限に抑えます。

どの肌タイプでも、事前に日焼け止めを十分に皮膚に馴染ませることで、紫外線対策の効果を最大限に発揮できます。また、上からファンデーションを重ねる際にムラになりにくくなります。

 

水や汗で落ちにくいウォータープルーフタイプの選び方と注意点

ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、水や汗で落ちにくいため、夏やスポーツ時にとても便利です。

選び方のポイントは、SPF値とPA値が高く、皮膚への刺激が少ないものを選ぶことです。また、使用前に必ずパッチテストを行い、肌への適合性を確認しましょう。

注意点としては、ウォータープルーフタイプは普通のタイプよりも落とすのが難しいため、専用のクレンジング剤を使うことが重要です。

また、落としきれていないと肌にダメージを与える原因となるので、特にケアが必要です。ウォータープルーフタイプを上手く活用し、そして、しっかりクレンジングで落とし、肌を守りましょう。

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

 

日焼け止めの効果を最大限に発揮する使い方テクニック

日焼け止めの効果を最大限に発揮させるためには、塗り方塗り直しのタイミングが重要です。

まず、顔全体に均一に塗り、特に日差しの当たりやすい部分は念入りに塗ることが大切です。また、汗をかいたり、タオルで拭いたりした場合は、こまめに塗り直しましょう。

さらに、外出前には十分な時間をかけて肌に馴染ませることで、効果を最大限に引き出すことができます。これらの使い方テクニックを活用し、紫外線から肌を守りましょう。

 

屋外での外出前の塗り方と適切なタイミング

外出前に日焼け止めを塗ることは、肌を紫外線ダメージから守る重要な対策です。適切なタイミングで塗り方をマスターしましょう。

まず、日焼け止めは顔や首、手などの皮膚が薄い部分から塗り始めます。さらに全体的にムラのない塗り方を心がけて、紫外線対策を効果的に行いましょう。

適切なタイミングは、外出の10〜15分前に塗ることがおすすめです。これにより、肌に十分に馴染み、効果が発揮されます。また、使用する量も大切で、一般的には指先2cm分の量を指で押し出し、顔全体や首に塗布することが理想的です。

適量を守ることで、紫外線からの保護効果が十分に得られます。

こまめに塗り直すこともポイントです。特に汗をかいた場合や化粧を直した後は、忘れずに塗り直しましょう。

さらに、UVカット効果のあるファンデーションやパウダーを併用することで、より強力な紫外線対策が可能になります。

 

夏の海やプールでの対策!こまめに塗り直すポイント

夏の海やプールでの日焼け対策は欠かせません。

水や汗によって日焼け止めの効果が低下するため、こまめに塗り直すことが重要です。塗り直すタイミングは、水に濡れた後やタオルで拭いた後、また紫外線が強い時間帯に合わせるのがおすすめです。

具体的には、水を使ったアクティビティ後や2〜3時間ごとに塗り直しましょう。特に顔や鼻、頬の皮膚が薄い部分や日差しの当たる部位は、紫外線ダメージが大きいため、こまめにケアすることが大切です。

また、水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めを選ぶことも対策の一つです。ただし、ウォータープルーフタイプは刺激が強い場合があるので、お肌の状態を確認しながら使用しましょう。海やプールでの遊びが終わった後は、しっかりと洗い流して肌を保湿し、乾燥やダメージを防ぐことも忘れずに行いましょう。

 

ファンデーションやパウダーとの併用が効果的な理由

ファンデーションやパウダーと日焼け止めを併用することが効果的な理由は、紫外線からの肌へのダメージをより防ぐことができるためです。特に、SPFやPA値が高いファンデーションやパウダーを選び、日焼け止めと合わせて使用することで、より強力な紫外線カット効果が期待できます。

また、日焼け止めによる肌の乾燥を防ぐためにも、ファンデーションやパウダーと併用することがおすすめです。保湿成分が配合されたファンデーションやパウダーを選ぶことで、紫外線対策と同時に肌の潤いも保つことができます。

さらに、ファンデーションやパウダーと日焼け止めを併用することで、化粧崩れを防ぐ効果もあります。日焼け止めとファンデーションの相性が良い組み合わせを見つけることで、メイクもきれいに仕上がります。最後に、ナチュラルな仕上がりを求める場合は、日焼け止めとパウダーのみで肌を整える方法も一つの選択肢です。これにより、軽いつけ心地で紫外線対策と美容効果が両立できます。

 

日焼け止めのNG行為と改善方法

日焼け止めを使用する際には、まず量の調整が重要です。適量を塗らないと紫外線カット効果が低下し、肌へのダメージを招くことがあります。

また、時間経過により効果が減衰するため、2〜3時間毎に塗り直すことが大切です。さらに、汗や水による流れ落ちに注意し、水や汗に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めを選ぶことがおすすめです。

次に、日焼け止めとメイクの順番も重要です。まず下地を塗り、その上に日焼け止めを塗るのが一般的な方法ですが、直接肌に日焼け止めを塗ることで肌への負担を軽減できる場合もあります。

最後に、SPFとPAの数値をしっかりチェックし、自分の肌に適したものを選ぶことが大切です。高いSPF値であれば紫外線B波の防御力が高く、PA値が高ければ紫外線A波への対策ができます。ただし、高い値ほど刺激も強くなることがあるため、個々の肌状態に合わせて選ぶ必要があります。

 

塗りムラを防ぐための心掛けと直し方

塗りムラを防ぐためには、日焼け止めを全体に均一に伸ばすこと、特に顔や首、鼻の付け根など紫外線によるシミができやすい部位には十分な量を塗ることが重要です。

また、塗りムラを防ぐためには、直接手ではなくパウダータイプの日焼け止めを使うことも効果的です。パウダータイプの日焼け止めは使い方が簡単で、ムラなく塗ることが可能です。さらに、塗布時にはブラシや専用スポンジがおすすめです。

塗りムラができてしまった場合は、直し方としてまず乾燥させた後、ムラ部分に水を含ませたスポンジや手で優しく伸ばすことで、ムラを短時間で解消することができます。また、塗りムラが発生しないように日頃から適量の塗り直しを心がけることが大切です。

 

化粧品との相性を確認して顔の負担を軽減

化粧品と日焼け止めの相性を確認することで、肌への負担を軽減できます。

基本的には肌質に合った日焼け止めと化粧品を併用することがおすすめですが、それらの成分が一致していない場合、刺激が強くなり肌への負担が増えることがあります。

そこで、注意すべきポイントとしては、まず水系と油系の相性をチェックすることが重要です。水系の化粧品には水系の日焼け止めを、油系の化粧品には油系の日焼け止めを選びましょう。

また、美容成分や乾燥対策が十分な日焼け止めを選ぶことで、メイクの仕上がりや化粧持ちも向上します。そのため、肌質やシーズンに応じて適切な日焼け止めと化粧品を併用することが大切です。

さらに、アイテム選びの際には、ランキングや口コミを参考にし、人気の商品をチェックすると良いでしょう。

しかし、最終的には自分の肌質や悩みに合わせて選び、試してみることが大切です。そして、何度も確認を行いながら最適なアイテムを見つけましょう。

 

日焼け止めに刺激を感じる場合の対処法と肌へのケア

日焼け止めは、紫外線から肌を守るために必要なアイテムですが、刺激を感じる場合もあります。まずは、刺激の原因を特定しましょう。

原因は、化粧品の成分や肌質、塗り方、量など様々です。

化粧品の成分が原因の場合、無添加や低刺激の日焼け止めを選ぶことがおすすめです。また、SPFやPAの数値が高いほど刺激も強くなることがあるため、適切な数値を選びましょう。

肌質が関係している場合は、敏感肌用の日焼け止めを使用するか、スキンケアで肌の状態を整えることが大切です。乾燥肌や敏感肌の人には、保湿成分が豊富なクリームタイプがおすすめです。

塗り方や量が原因であれば、日焼け止めを適量に抑え、ムラなく塗ることがポイントです。また、事前に肌を整えることも重要で、化粧水や美容液を使用して保湿を行いましょう。

以上のような対策を行っても刺激が続く場合は、医師などの専門家に相談することも一つの方法です。

なお、日焼け止めを使用していても、日差しの強い時間帯や海などの場所では、帽子やアームカバーなどの物理的な対策を併用した方が良いでしょう。

 

まとめ:効果的な日焼け対策で美肌を保つ

いかがでしょうか?

効果的な日焼け対策を行うことで、肌へのダメージを軽減し、美肌を保つことができます。

刺激を感じる場合は、日焼け止めの選び方や使用方法を見直し、肌に優しいケアを心がけましょう。

紫外線対策をしっかり行い、美肌を目指しましょう!

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ 肌に悪い 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、落ちないし、肌に悪いです! その理由を、現役の化粧品開発者が詳しく解説します。 ま ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

7

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

針美容液の危険性 8

        マイクロニードルや海綿(かいめん)などの針美容液が注目を集めています。 針美容液の効果は魅力的ですが、副作用が心配ですよね。 もし、使い方を誤る ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 9

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 日焼け止め