※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 各種アイテム

日焼け止めパウダー効果ない?化粧品開発者が教える真実

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

日焼け止めパウダー、本当に効果ないのでしょうか?

この疑問に、現役の化粧品開発者として深く掘り下げてみました。日焼け止めパウダーの基本知識から、リキッドとの比較、効果とその限界、さらには正しい使用法まで、この記事では日焼け止めパウダーに関するあらゆる側面を詳しく解説します。

パウダーの紫外線防止効果の真実、一般的な誤解とその理由、そして最適な選び方と製品のおすすめまで、日焼け止めパウダーを使う上で知っておくべき重要なポイントを、わかりやすくご紹介します。

この記事を読めば、日焼け止めパウダーの効果を最大限に引き出し、安全で効果的な日焼け対策が可能になります。

 

本記事の内容

  • 日焼け止めパウダーは本当に効果がないのか?現役の化粧品開発者が解説

 

スポンサーリンク




日焼け止めパウダーは効果なし!?

日焼け止めパウダーの効果に疑問を持たれている方が多くいらっしゃるようですが、

日焼け止めパウダーは効果ありです!

ただし、正しい使用法製品選びが大前提ですから、次項から、日焼け止めパウダーの基本とともに、効果的な使用法について詳しくご説明します。

 

日焼け止めパウダーとは?

日焼け止めパウダー

日焼け止めパウダーは、紫外線から肌を守るために使用される化粧品です。

主に、紫外線防止剤として機能する成分が含まれており、肌に直接塗布することで紫外線カット効果を発揮します。パウダー形式のため、使用感は軽く、肌に負担をかけにくい特徴があります。また、メイクの上からも塗り直しが可能で、日中の紫外線対策に適しています。

 

紫外線防止効果の比較 パウダー VS リキッド

日焼け止め製品には、パウダーの他にもリキッドやクリームタイプがあります。どちらかと言えば、リキッドやクリームタイプの方が、日焼け止めとしては主流です。

これらの製品の紫外線防止効果は、使用される成分や製品の特性によって異なります。一般的に、リキッドやクリームタイプの日焼け止めは、肌に密着しやすく、高いSPF/PA値を持つ製品が多いです。

これに対してパウダータイプは、軽い付け心地が特徴で、塗布の際、手(指)も汚れないことから人気のタイプですが、塗布量が少なくなりがちのため、製品の表示SPF, PAの効果を得られない場合があります。ですから、十分な効果を得るためには、下地や他の日焼け止め製品との併用が推奨されます。

また、パウダータイプの日焼け止めは、エマルションタイプ(リキッドやクリーム)に比べて、SPFやPAの防御指数を上げにくいという特性があります。

これは、パウダータイプは、リキッドやクリームタイプに比べて、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤の配合に、処方上の制限があり、テクスチャーを維持しながらこれら紫外線防御成分を高配合出来ないからです。

一方で、日焼け止めの塗り直しにパウダータイプは効果的であり、日中の紫外線対策において重要な役割を果たします。

結論として、日焼け止めパウダーは、使用感の軽さと塗り直しの容易さから、日常的な紫外線対策に非常に有効な製品ですが、塗布量が少なくなりがちのため、その特性を理解し、正しい使用方法を守ることが重要です。

ポイント

日焼け止めパウダーは、

  • 塗布量が少なくなりがちで、製品の表示SPF, PA効果を得られない可能性がある
  • 快適なテクスチャーの維持と高SPF, PAが難しい
  • 日焼け止めの塗り直しや、化粧直しパウダーとして最適

 

日焼け止めパウダーの効果

効果が低いとされる理由

日焼け止めパウダーが「効果が低い」とされる主な理由の一つに、SPFやPA値の上昇が難しいという点があります。

リキッドやクリームタイプの日焼け止めと比較すると、パウダーは紫外線防止指数を上げるのが困難です。これは、パウダーがリキッドやクリームタイプの日焼け止めと比較すると、処方特性から、テクスチャーを維持したまま、吸収剤や散乱剤を高配合することが難しいからです。

しかし一方で、パウダータイプの日焼け止めは、パフで塗布するという特性上、塗布膜が非常に均一なため、少量でも効果的に紫外線をカットできる可能性があります。また、日焼け止めパウダーは、メイクの上から簡単に塗り直しができるため、日中の紫外線対策として非常に便利です。

日焼け止めパウダーの効果を最大限に引き出すためには、正しい使用方法が重要です。

適切な量を均一に塗布し、日中の活動に応じて適宜塗り直すことが推奨されます。また、パウダータイプの日焼け止めは、他の日焼け止め製品や化粧下地と併用することで、より高い紫外線防止効果を得ることができます。

このように、日焼け止めパウダーは、その特性を理解し、適切に使用することで、効果的な紫外線対策が可能なのです。

 

パウダーの紫外線防止効果の実態

パウダータイプに限らず、日焼け止め化粧品の永遠の課題として、「ほとんどの場合、製品の表示SPF, PAの効果が得られていない」があります。

というのも、表示のSPF, PAは、決められた環境下で、決められた方法で測定された値が表記されています。

決められた方法について、もう少し詳しく言うと、塗布量が決まっています。また、人の手で測定サンプルを塗布しますが、塗布する人は測定の専門家であり、何度も測定していますから、塗布が上手です。ですから、塗布膜が非常に均一で、均一な塗布膜は、SPF, PAの値が出やすいです。

実際の使用場面では、塗布量が違いますし、測定者のような均一塗布が出来ません。これが、ほとんどの場合、表示SPF, PAの効果が得られていない理由です。

ですから、日焼け止め化粧品の実際の効果は使用方法により大きく依存するのです。

日焼け止めパウダーの場合、その軽い付け心地と簡単な塗り直しが可能な点が魅力ですが、リキッドやクリームに比べて、塗布量が少なくなりがちです。ですから、特に直接肌に塗布する場合、十分な紫外線防御効果を得る事は難しいです。

ただし、パウダータイプはパフで塗布するケースがほとんどです。パフは手や指に比べて、均一塗布が可能なので、塗布の均一性という点においては優れていると言えるでしょう。

このように、表示SPF, PAの効果を得るためには、塗布量塗布膜の均一性が非常に重要です。

日焼け止めパウダーの場合、塗布膜の均一性という点では優秀ですが、塗布量という点においては不十分です。ですから、後ほど説明しますが、日焼け止めパウダーは、他の日焼け止め製品と併用して補完的な目的で使用されることをお勧めします。

 

日焼け止めパウダーの正しい使用法

効果的なパウダーの塗り方

日焼け止めパウダーを効果的に使用するためには、適切な塗り方が重要です。

まず、パウダーを塗布する前に、肌を清潔にし、必要に応じて保湿を行ってください。パウダーは直接肌に塗布することもできますが、均一に塗布するためには、専用のブラシやパフを使用することをお勧めします。

パウダーをブラシやパフに取ったら、軽くたたくようにして余分な粉を落とし、肌に軽く押し当てるようにして塗布します。特に顔の場合は、額、鼻、頬、あごなど、日焼けしやすい部分にしっかりと塗ることが重要です。また、首や耳の後ろ、手の甲など、日焼けしやすい部位にも忘れずに塗りましょう。

日焼け止めパウダーは、日中の紫外線対策として何度か塗り直すことが推奨されます。特に屋外での活動が多い場合や、汗をかいた後は、塗り直しを行うことで、紫外線防止効果を維持することができます。

 

パウダーと他の日焼け止め製品の併用

先ほども述べましたが、日焼け止めパウダーは、使用感の軽さと塗り直しの容易さから、日常的な紫外線対策に非常に有効な製品ですが、塗布量が少なくなりがちのため、他の日焼け止め製品と併用することお勧めします。

例えば、日焼け止めクリームや乳液を塗布した後に、パウダーを重ねることで、紫外線防止効果が向上します。日焼け止めクリームや乳液を使用する場合は、まずこれらの製品を適切な量塗布し、しっかりと肌になじませてから、日焼け止めパウダーを塗ります。この際、クリームや乳液が肌に完全に馴染んだことを確認してからパウダーを塗ることが重要です。

また、メイクの上から日焼け止めパウダーを塗り直すことも可能です。

メイクをした上からパウダーを軽く塗ることで、紫外線防止効果を維持しつつ、メイクの崩れを防ぐことができます。特に夏場や屋外での活動が多い場合は、日焼け止めパウダーの塗り直しを積極的に行うことをお勧めします。

日焼け止めパウダーは、その軽い使用感と簡単な塗り直しの利便性から、日中の紫外線対策に非常に有効な製品です。正しい使用方法を守り、適切に塗り直すことで、日焼けによる肌ダメージを効果的に防ぐことができます。

ポイント

日焼け止めパウダーの効果を最大限に引き出すためには、

  • 他の日焼け止め製品や化粧下地との併用がおすすめ
  • 日中の活動に応じて適宜塗り直すことが、効果的な紫外線対策に不可欠!

 

おすすめ商品

選び方のポイント:SPF/PA値と肌質に合わせて

日焼け止めパウダーを選ぶ際の最も重要なポイントは、SPF(Sun Protection Factor)とPA(Protection Grade of UVA)値です。これらの値は、製品がどれだけ紫外線から肌を守ることができるかを示しています。

SPFは主にUVBからの保護を、PAはUVAからの保護を示します。

一般的には、日常的な使用にはSPF15〜30、PA++程度、屋外で長時間過ごす場合は、SPF30以上、PA+++以上の製品が望ましいとされていますが、先ほども申し上げたように、日焼け止めパウダーは塗布量が少なくなりがちなので、SPF 40以上, PA+++以上といった、極力、高いモノを選ぶ事をおすすめします。

日焼け止めパウダーを、他の日焼け止め製品と併用して補完目的で使用する場合は、SPF 30以上, PA ++以上で十分です。

また、肌質に合わせた選び方も重要です。敏感肌の方や乾燥肌の方は、肌に優しい成分を含むパウダーを選ぶことが大切です。無添加やノンケミカル、ミネラルベースのパウダーは、肌への刺激が少なく、敏感肌の方にも適しています。

 

おすすめの日焼け止めパウダー

ETVOS ミネラルUV ベール

ETVOSのミネラルUVベールは、日中の紫外線対策として優れた機能を持つ日焼け止めパウダーです。

SPF45 PA+++の高い紫外線防御効果を備えており、肌にやさしい日焼け止めを求める方や、メイク直しとUVケアを一度に行いたい方に特におすすめです。

この製品は、カラーレスでありながら、肌のくすみをトーンアップし、毛穴や色ムラをぼかして美肌を演出します。また、しっとりとなめらかなつけ心地で、メイク直しが楽しくなるような使用感を提供します。

ミネラルUVベールには、肌の凹凸や影をぼかす赤色光透過ミネラルと、透明感と毛穴やシミをカバーするソフトフォーカスミネラルが配合されています。これにより、肌内部から放出される光によって透明感のある肌を演出し、光散乱によるソフトフォーカス効果で毛穴やシミをカバーします。

さらに、リピジュア®やヒアルロン酸、アミノ酸でコーティングされたミネラルが含まれており、一塗りで美しい仕上がりとしっとり感を実現します。

ETVOSのミネラルUVベールは、肌が敏感な状態の方も信頼して使えるように、石油系界面活性剤、鉱物油、シリコン、タール系色素、香料、パラベン、アルコール、紫外線吸収剤を使用していません。スティンギングテストとパッチテストを実施しており、敏感肌の方にも安心して使用できる製品です。


 

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

トゥヴェールのミネラルサンスクリーンは、日焼け止めとしての機能に加え、肌への優しさとメイクアップ効果を兼ね備えたパウダータイプの製品です。

SPF50+ PA++++の高い紫外線防御効果を持ち、ロングUVAやブルーライトからも肌を守ります。この製品は、紫外線吸収剤を含まないノンケミカル処方で、石けんで簡単に落とすことが可能です。

ミネラルサンスクリーンは、肌にやさしい天然ミネラルを使用しており、軽いつけ心地が特徴です。クリームタイプの日焼け止めの「べたつき」や「重さ」が苦手な方にも適しています。

また、肌への侵入を防ぐためにナノ粒子を使用せず、酸化チタンの粒子をシリカでコーティングし、紫外線を散乱させて肌ダメージを防ぎます。

敏感肌の方にも安心して使用できるように、粒子にもこだわりがあります。ミネラル粒子が肌に触れる部分をセラミドなどの美容液成分でコーティングすることで、長時間つけても肌に負担をかけず、紫外線ダメージから肌を守ります。

メイクの上から簡単に塗り直しができ、皮脂吸着ミネラルパウダーを配合しているため、余分な皮脂を吸着し、メイクくずれを防ぎます。

 

オルビス サンスクリーン パウダー

オルビス サンスクリーンパウダーは、メイクの上から手軽に紫外線対策ができる透明美肌仕上げのUVカットパウダーです。

この製品はSPF50+ PA++++の高い紫外線防御効果を持ち、汗や水に強い機能を備えています。これにより、レジャーやスポーツなどのアウトドア活動時にも、メイクの上から簡単に塗り直しが可能で、紫外線から肌を守ります。

サンスクリーンパウダーの特徴は、その軽いつけ心地と透明感のある仕上がりです。肌の凹凸を埋め、肌の上に薄いヴェールをかけるようにカバーする7種類の球状粉体と、光を反射する板状粉体を組み合わせた「スムースヴェールパウダー」が、気になる毛穴や色ムラを目立たなくし、均一でツヤ感のあるなめらかな肌を演出します。

また、皮脂を吸着する「あぶらとりパウダー」が配合されており、長時間くすみ知らずのサラサラ肌をキープします。この「ロングキープ処方」により、汗や皮脂でメイクがくずれることなく、夕方までキレイな肌を維持できます。


これらは、機能に優れ、ユーザー人気も高い日焼け止めパウダーですが、パウダーの特性上、塗布量が少ないため、他の日焼け止め製品との併用として、紫外線防御、仕上がりの補完目的でのご使用をお勧めします。

また、パウダーの前に使う日焼け止めが非常に重要ですが、化粧品開発者の私が現在、最もお勧めする日焼け止めが、ポーラ ホワイトショット スキンプロテクター DXです。日焼け止めパウダーと合わせてお試しください。

 

おわりに

いかがでしょうか?

日焼け止めパウダーに関する正しい理解と利用法は、その効果を最大限に引き出す鍵です。

日焼け止めパウダーは、「効果がない」と思われがちですが、クリームや下地を先に塗布し、その上からパウダーを重ねることで、紫外線防止効果を高めることができます。また、メイクの仕上げとして、日焼け止めパウダーを使用することで、肌のテカリを抑えながらの紫外線防止効果アップも可能です。

安全で効果的な日焼け対策を行うためには、日焼け止めパウダーを正しく使用することが重要。日焼け止めパウダーは、その使用感の軽さと塗り直しの容易さから、日常的な紫外線対策に非常に有効な製品ですが、その特性を理解し、適切に使用することが、効果的な日焼け対策には不可欠です。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの真実, 各種アイテム