※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 化粧水

高い化粧水と安い化粧水の違いを現役の化粧品開発者が解説!

 

  • 化粧水の価格って、品質効果に影響があるの?
  • 高い化粧水の方が安い化粧水よりも品質が良くて効果があるの?

 

こんな疑問に、現役の化粧品開発者がお答えします!

 

この記事で分かること

  • 高い化粧水と安い化粧水の違い

 

化粧水選びにおいて、価格品質はどのように関係しているのでしょうか?

 

この記事では、高い化粧水と安い化粧水の違いを、現役の化粧品開発者が、配合原料、研究開発費、パッケージデザイン、ブランドイメージなど、様々な角度から詳しく解説します。

この記事を読むことで、あなたに合った化粧水の選び方が見えてくるでしょう。

価格と品質のバランスを理解し、自分の肌に最適な化粧水を見つけるための知識を深めましょう。

 

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

スポンサーリンク




高い化粧水と安い化粧水の違い

高い化粧水と安い化粧水の違い

世の中には1万円を超える高い化粧水や、1000円前後の安い化粧水など、様々な価格帯の化粧水が存在しますが、これら、高い化粧水と安い化粧水の違いは何でしょうか?

 

結論から言うと、以下になります。

 

高い化粧水と安い化粧水の違い

  • 配合原料
  • 研究開発費
  • 容器、パッケージ(最も影響が大きい)
  • ブランドイメージ
  • 製造、流通経路

 

これが、高い化粧水と安い化粧水の差、言い換えると、化粧水の価格を左右する要素と言えます。

次項以降、詳しくご説明します。

 

化粧水の価格を左右する要素

化粧水の価格を左右する要素

配合原料:高い化粧水には多様な成分を使用

化粧水の価格差において、最も重要な要素の一つが配合原料です。

高い化粧水では、希少な植物エキスや最先端のバイオテクノロジーによって開発された成分が使用されることがあります。

これらの成分は、特定の肌の悩みに対応するために研究され、開発されており、そのコストは製品価格に反映されます。

例えば、高級化粧品ブランドでは、独自に開発した美容成分を使用することがあり、これらは一般的な成分よりも高価です。

一方、安い化粧水では、効果的でありながらコストパフォーマンスに優れた成分が選ばれます。これには、グリセリンやシンプルなヒアルロン酸などが含まれます。

 

研究開発費:新技術の導入とその影響

化粧水の価格には、製品開発にかかる研究開発費も大きく影響します。

高い化粧水は、しばしば最新の科学研究や技術開発に基づいており、これらの研究には多額の費用が必要です。

新しい成分の発見や肌への効果を最大化するための配合技術の開発など、これらの研究開発は製品の価格に反映されます。

また、特許取得された成分や技術を使用することも、価格を押し上げる要因となります。

 

容器とパッケージ:デザインと機能性の違い

化粧水の容器パッケージも価格に影響を与えます。

そして、この容器・パッケージが最も価格に影響を与える原因です。

 

高い化粧水では、デザイン性の高い容器や高品質な材料が使用されることが多く、これには追加のコストがかかります。

例えば、ガラス瓶や特殊なディスペンサー、装飾的なラベルなどがこれに該当します。これらは製品の魅力を高め、高級感を演出するために重要な役割を果たします。

 

一方で、安い化粧水は、機能性を重視しつつもコスト削減のためにシンプルなプラスチック容器が用いられることが一般的です。

正直、配合原料の価格差は、容器・パッケージに比べるとわずかであり、高い化粧水と安い化粧品の差がもっと出るのが、容器パッケージです。

 

ブランドイメージ:価格設定における影響力

ブランドイメージも化粧水の価格設定に大きく影響します。

高級ブランドは、品質や独自性、ブランドの歴史などに基づいて価格を設定します。

これらのブランドは、消費者に対して特別な体験やステータスを提供することで、高価格を正当化しています。

一方、低価格帯のブランドは、手頃な価格で良質な製品を提供することに重点を置いており、広範な消費者層にアピールすることを目指しています。

 

製造コストと流通経路:価格に影響するその他の要因

最後に、製造コスト流通経路も化粧水の価格に影響を与える重要な要素です。

大量生産される安い化粧水は、製造プロセスの効率化や原材料の大量購入によりコストを削減しています。

また、直販やオンライン販売など、流通経路の最適化もコスト削減に寄与します。

一方、高い化粧水は、限定生産や手作業による製造プロセス、高品質な原材料の使用などにより、製造コストが高くなる傾向があります。

また、高級百貨店や専門店での販売など、特定の流通チャネルを通じて販売されることも、価格を高める要因となっています。

 

使用感の違い

高い化粧水と安い化粧水の使用感の違い

化粧水のテクスチャーと肌への感触は、価格帯によって大きく異なることがあります。

高い化粧水は、独自の配合技術により、滑らかで豊かなテクスチャーを実現しています。

これらの製品は、肌に塗布した際の広がりやすさ、肌に残る感触、吸収の速さなど、使用感において細かな配慮がされています。

 

一方、安い化粧水では、基本的な保湿機能を果たしつつも、テクスチャーはシンプルで直接的なものが多く見られます。

決してこれが悪いということではありませんが、コスト面から配合成分に制限があるため、高い化粧水にみられるような豊かなテクスチャーの実現は、安い化粧水では困難です。

 

効果の違い

高い化粧水と安い化粧水の効果の違い

高い化粧水の効果は本物?

高い化粧水が提供する効果については、多くの場合、特定の肌の悩みに対応するために特別な成分が配合されています。

例えば、エイジングケアを目的とした高機能ペプチドや、肌のバリア機能を強化するセラミドなどが含まれることがあります。

これらの成分は、特定の肌の状態を改善することを目的としており、その効果は科学的な研究によって支持されています。

しかし、これらの効果がすべての人にとって必要かどうかは、個々の肌の状態やニーズによります。

高い化粧水は、特定の肌の悩みに特化しているため、その効果を最大限に活用するには、自分の肌の状態を正しく理解し、適切な製品を選ぶことが重要です。

 

安い化粧水の効果は?

安い化粧水は、基本的な保湿と肌の調整に重点を置いています。

これらの製品には、グリセリンやヒアルロン酸などの一般的な保湿成分が含まれており、日常的なスキンケアに必要な基本的な機能を提供します。

安い化粧水は、肌に負担をかけず、日々の使用に適しているため、肌の健康を維持するための効果的な選択肢となります。

これらの製品は、肌に必要な水分を補給し、肌のバランスを整えることにより、肌の健康をサポートします。

 

「高いのをケチるなら安いのを多く使え」は本当?

よく言われるのが、「高い化粧水を少量使うより、安い化粧水をたっぷり使った方が良い」という考え方です。

しかしこれは、必ずしも正しいわけではないです。

 

化粧水の主な役割は、肌に水分を与え、後に続くスキンケア製品の浸透を助けることです。高い化粧水には、肌に有益な成分が豊富に含まれているため、少量でもその効果を発揮することができます。

一方で、安い化粧水を多く使っても、必要以上の水分は肌に吸収されず、結果的に無駄になる可能性があります。

また、肌に必要な栄養素や保湿成分が不足している場合、量を増やしても期待する効果は得られないことが多いです。

 

使い続けることが大事

化粧水の効果を最大限に引き出すためには、継続的な使用が重要です。

肌のターンオーバーは約30日周期で行われるため、化粧水の効果を実感するには最低でも1~2ヶ月の使用が必要とされています。

高い化粧水であれ、安い化粧水であれ、肌に合ったものを選び、長期間にわたって使用することが肌の健康を保つ鍵です。

また、化粧水の選択においては、自分の肌質や肌の悩みに合わせた選び方が重要です。

例えば、乾燥肌の方は保湿力の高い化粧水を、脂性肌の方はさっぱりとした使用感の化粧水を選ぶことが望ましいでしょう。

 

結局、どちらを選ぶべき?:プロの視点

一部の安すぎる化粧水は、効率化のみを追求し、効果という点では全くおすすめできません。

しかし前述した通り、化粧水の価格は、配合原料のみで決まるわけではありませんから、価格が安いからと言って、効果への期待が低いというわけではないです。

ただし、高い化粧水は、高価な原料を贅沢に配合する傾向にあり、安い化粧水は、最低限の効果は保証されるものの、それ以上の効果となると、高い化粧水を超えられないというのは事実です。

そのような意味で、肌への効果という点だけに着目すれば、高い化粧水の方が優れていますが、化粧水は毎日、たっぷりと使うモノですから、価格は重要な要素です。

 

高い化粧水を使う以上に、継続的に毎日使い続ける事が最も重要ですから、あまりにも高い化粧水では毎日使うことができません。

 

ですから、現役の化粧品開発者として化粧水を選ぶのであれば、大手メーカー2,000円~5,000円の中価格帯をおすすめします。

 

ポイント

大手メーカー&中価格帯(2,000円~5,000円)の化粧水が最もおすすめ!

 

10,000円を超える高価格帯の化粧水に比べれば、技術や配合成分でやや劣るかもしれませんが、現在は、中価格帯に大手メーカーの化粧水が数多く存在します。

このくらいの価格帯であれば、無理なく継続的な使用が可能ですし、大手メーカーの技術ですから、十分な効果も期待できるでしょう。

 

また、化粧水選びには、自分の肌の状態を正しく理解することが重要です。

肌のタイプ(乾燥肌、脂性肌、混合肌など)や、肌の悩み(シワ、たるみ、くすみなど)を把握し、それに合った成分を含む化粧水を選ぶ必要があります。

肌に合わない化粧水を使用すると肌トラブルの原因となるため、トライアルセットなどでまずは試してみて、肌に合うことが確認できたら本体を購入して継続使用しましょう。

 

以下記事では、現役の化粧品開発者の私が、大手&中価格帯の化粧水を厳選して紹介しています。

化粧品以上の効果が期待できる医薬部外品の化粧水もありますし、トライアルセットも充実しているので、化粧水選びにお悩みであれば是非ご覧ください。

 

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

 

 

おわりに

いかがでしょうか?

この記事を通じて、化粧水の価格差には様々な要因が関わっていることがお分かりいただけたかと思います。

高い化粧水は、特殊な成分や先端技術、豪華なパッケージなどにより、特定の肌の悩みに応える設計がされています。

一方で、安い化粧水も、基本的な保湿成分を含み、日々のスキンケアに十分な効果を提供します。

大切なのは、価格だけでなく、自分の肌の状態やニーズに合った化粧水を選ぶことです。

この記事が、あなたの化粧水選びの一助となれば幸いです。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ・肌に悪い・落ちない・クレンジング必須 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、「落ちない!」ばかりか、「肌に悪い!」ことすらあるのです。 その理由を、現役の化粧 ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

無添加化粧品・危険・肌に優しくない 7

無添加化粧品と聞くと肌に優しく安心・安全と思っている人は多いと思います。実際、敏感肌系コスメに無添加が多いのは事実です。 しかしこれは大きな間違いです。 この記事では、無添加化粧品=危険という超残念な ...

8

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

マイクロニードル・危険 9

        マイクロニードルや海綿などの針美容(針コスメ)が注目を集めています。 これは、針の形状や大きさは違えど、針による刺激等でしわ・たるみを改善すると ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 10

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 化粧水