注目コスメ!

美容のプロが選ぶ 注目の「韓国コスメ」は?韓国コスメは危険?それとも安全?

更新日:

今人気の『韓国コスメ』ですが、韓国コスメには必ず、以下のような『安全性』に関する疑問がつきまといます。

「韓国コスメは安全か?」「安全な韓国コスメブランドはあるか?」

私は化粧品開発者として、韓国コスメを参考にした企画・開発に多数携わってきました。そこで今回は、韓国コスメについて説明したいと思います。

韓国コスメは『安全』なのでしょうか?それとも『危険』なのでしょうか?

スポンサーリンク

韓国コスメ

まず、『韓国コスメの特長』についてご説明します。

韓国コスメの代表格と言えば『BBクリーム』です。十数年前、韓流ブームとともに日本に上陸し、ユーザーから圧倒的な支持を得て、今や定番アイテムとなりました。

「スキンフード」、「3CE」、「ARITAUM」、「The FACE SHOP」、「MISSHA」など、人気の韓国コスメブランドはたくさんあります。

これら韓国コスメは、値段もお手頃で、パッケージデザインもおしゃれで、何より、韓国の女性は綺麗な方が多いので、韓国コスメを使えば自分も美肌になれるという期待感から、ユーザーに支持されているのでしょう。

私は化粧品開発者として、数多くの韓国コスメを触り研究していました。ユーザーに支持されるだけの、興味深いコスメはたくさんありました。

様々な韓国コスメを触った結果、化粧水や乳液、クリームといった『王道アイテム』は、日本の方が圧倒的に優れていると思います。しかし、韓国コスメは、日本のコスメがあまり着目しない成分に、いち早く着目し、その良さを見出し、製品にする能力は素晴しいです。

BBクリームほどのヒットにはなりませんでしたが、『カタツムリエキス』『蛇毒(シンエイク)』が、まさに韓国コスメの特徴を物語っています。

日本のコスメではなかなか味わえない、『斬新で珍しい成分の効果』を体験できる、これが韓国コスメの一番の特徴ではないでしょうか。

ただし、「なかなか味わえない、斬新で珍しい成分」ということは、『成分の安全性』を無視出来ません。

「斬新で珍しい成分」を特徴とする韓国コスメは、『安全』ではなく、『危険』なのでしょうか?

韓国コスメは危険か?それとも安全か?

韓国コスメ・安全性

化粧品の安全性について

「韓国コスメが危険か?安全か?」を議論するには、『化粧品の安全性』についてご説明する必要があります。これは非常に重要な事です。

『化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう』

これが『化粧品の定義』です。薬機法第2条第3項(旧薬事法)に定められています。

ここで重要な事は、化粧品は、『人体に対する作用が緩和なもの』であり、医薬品のように『強い作用(効果)』と、それに伴う『副作用』はあってはなりません。

医薬部外品も同様で、「医薬部外品とは作用が緩和なモノ」と、薬機法に明確に記載されています。

だからこそ、化粧品(医薬部外品含む)にとって一番重要なことは、「効果」でも「価格」でも「ブランド」でも「デザイン」でもなく、『安全性(緩和な作用)』なのです。

『安全である事』が、化粧品(医薬部外品含む)の大前提です。

これは、日本で発売されている化粧品であれば、日本ブランドだろうが韓国ブランドだろうが欧米ブランドだろうが関係なく、『安全である事が大前提』と言う考えが、全ての化粧品に適応されます。

ですから、(日本で発売されている)韓国コスメが危険、という考えはそもそも間違いであり、世が作り出した『イメージ』に過ぎません。

日本のコスメであっても、「カネボウの白斑問題」や、「悠香の茶のしずく石鹸」のように、絶対にあってはならない安全性トラブルが実際に起こっている事を忘れてはいけません。

ただし、コスメに対し100%安全だと保証する事は禁止されていますから、ここで強調したいのは、韓国コスメだからと言って危険と考えるのは間違いだという事です。

そうは言っても、世の中は『韓国コスメは危険で、日本のコスメは安全・安心?』という風潮が強いのは事実だと思います。

何故、『韓国コスメは危険!?』という風潮が強いのでしょうか?

それは、化粧品の安全性基準が、『メーカーの自社基準』という事が関わっていると思います。

化粧品の安全性基準はメーカーの自社基準

安全である事が大前提の化粧品なのに、「韓国コスメは危険で日本のコスメは安全・安心?」という風潮が強い一番の理由は、化粧品の『安全性基準』が、国が定める『統一基準』ではなく、化粧品メーカーが定める『自社基準』だからだと私は考えています。

皆ざまご存じだったでしょうか?

化粧品の安全性基準は、各メーカーが独自に定める『自社基準』なんです。

国は、事細かに安全性に関する基準を定めていません。国は、配合成分などの安全性基準の大枠を定め、化粧品メーカーが細かく、『各社独自の安全性基準』を定めています。

ですから、「資生堂」・「カネボウ」・「コーセー」・「ポーラ」・「ファンケル」など、メーカーが違えば、当然、安全性基準も違いますし、場合によっては、「ポーラ・オルビス・ディセンシア(ディセンシアはポーラ・オルビスグループ)」や「ファンケル・アテニア(アテニアはファンケルグループ)」、「コーセー・アルビオン(アルビオンはコーセーグループ)」など、同じグループ間でも、安全性基準が違う可能性はあります

何故、国が定める『統一基準』ではなく、化粧品メーカーの『自社基準』かというと、それには、2001年の『全成分表示制度』の導入が大きく関わっています。

2001年、化粧品に『全成分表示制度』が導入されました。背景には、「ユーザーへ必要な情報(全成分)を提供したうえで、ユーザーニーズの多様化に対応し、より多くの選択を可能にするため」と言われていますが、いわゆる『規制緩和』というやつです。

それまでは、化粧品に配合出来る原料(成分)には制限がありましたが、様々な原料(新規原料)を化粧品に配合出来るよう規制を緩和したんです。

そして、規制緩和する代わりに、配合成分の全てをユーザーに公開するとともに(全成分表示)、化粧品に関するトラブルは全て化粧品メーカーが責任を負うことになりました。

規制緩和(全成分表示制度の導入)によって、化粧品メーカーは、これまでにない製剤の開発が可能になりましたし、原料メーカーも自分達の原料が売れる、ユーザーにとっても、コスメの選択肢が増えますから、この規制緩和はみんなにとって『有益』だったんですね。

全成分表示制度が導入される2001年以前は、国が定める『化粧品原料基準』で定められた原料のみ、化粧品に配合出来ました。

当時は、「化粧品原料基準」に記載がない、『新規原料』を化粧品に配合するには、『9項目試験』と呼ばれる厳しい安全性試験をクリアする必要がありました。
※9項目試験:急性毒性、皮膚一次刺激性、連続皮膚刺激性、感作性、光毒性、光感作性、眼刺激性、変異原性、ヒトパッチ

全成分表示制度の導入(規制緩和)とともに、『9項目』の必要性はなくなり、各メーカーの『企業責任』のもと、安全性を判断するようになりました。

しかし、必要性はなくなったと言っても、企業責任のもと、安全性を判断する必要がありますから、安全性を重視する化粧品メーカーは、原料メーカーに『9項目』の提出を求めるケースはありますし、「9項目が揃わない原料は配合しない」という姿勢の化粧品メーカーもあります。さらに、「化粧品メーカーが自社で、不足部分のデータを取得する」ケースもあれば、「今ある安全性データから総合的に判断する」ケースもあるのです。

あくまで私の経験上のお話ですが、総じて、日本ブランドの安全性基準は、韓国ブランドに比べ厳しい、言い換えると、韓国コスメの安全性基準は、日本ブランドに比べれば緩い傾向にあると思います。

これが、韓国コスメは危険!?というイメージが強い理由の一つだと考えています。

ただし、安全性基準が緩い=危険と言うわけではありません

あくまで私見ですが、日本のメーカーは、安全性に関してはものすごく慎重ですから(安全性基準が厳しい)、珍しい成分は配合したがりません。

これは、よく言えば、「安全性を最優先にユーザーのお肌のことを考えての結果」、ですが、「安全性トラブルに恐れをなして、勝負した品質のコスメを発売できない」とも言えます。

韓国コスメは、日本のコスメがあまり着目しない成分(原料)に、いち早く着目し、その良さを見出し、製品にするスピードが速い。日本のコスメではなかなか味わえない、『珍しい成分(原料)』の効果を体験できるのが、韓国コスメの特徴の一つです。カタツムリエキスや蛇毒(シンエイク)がまさにそれです。

勿論、珍しい成分と言っても、薬機法の及ぶ範疇ですから、恐ろしく危険な成分ではありません。

実際、安全性基準が厳しすぎて、本当に良いモノを、ユーザーが望むモノを商品化出来ないというケースを、私は何度も経験しています。

日本のコスメも、韓国コスメのような大胆さが、もう少しあってもいいと思います。

以上のように、安全性基準はメーカーの『自社基準』であり、韓国コスメは、日本のコスメに比べてその基準が緩く、大胆に成分を配合してくるため、「韓国コスメは危険?日本のコスメは安全?」という『風潮、イメージ』が生まれたのでしょう。

『化粧品の安全性』については、以下記事も是非参考になさってください。前半部分は本記事と重複する部分もありますが、具体的な成分を例示して説明させて頂いています。

注目の韓国コスメ

世界中で大ヒット!「ロべクチン」

『ロべクチン』は、無理やり現在の肌状態を変えるのではなく、細胞自体の力を育て、肌本来の美しさや健康を取り戻すことに着目しているため、刺激のある成分や潜在的に有害な成分を含むモノを一切使用していません

アメリカ・韓国を中心に人気の『低刺激スキンケアブランド』です。

勿論、低刺激だからと言って安全だとは言えません。安全性に絶対はあり得ませんが、ロべクチンには発売3年で『世界販売200万個以上』という確かな実績があります。

さらにロベクチンは、『クルエルティフリー』のブランドです。クルエルティフリーとは「Cruelty(残虐性)Free(ない)」という意味で、開発の際に動物実験を一切行っていません。

また、動物由来の成分を使用していない『ヴィーガンコスメ』でもあります。
※クレンザーを除く

  • 肌に余計な刺激を与える成分を配合しない
  • 肌のバリア機能が正常に働く肌状態を保つ
  • ストレスフリーな使用感

以上をコンセプトに、ロべクチンは開発されています。

日本国内運営の通販サイトを持っているという点は安心材料ですし、韓国コスメレビューアプリでも王道上位です。

ロべクチンの注目アイテムの一つが、『プレミアム クリーム』です。本品はわずか2年で世界販売本数『100万個』を突破しており、満足度は脅威の『95%』(N=175)。

特徴は、『超低刺激』『高保湿』

低刺激という考えは難しいです。低刺激を訴求するコスメはたくさん存在しますが、そもそも低刺激に明確な基準はなく、メーカーの『自社判断(自社基準)』になります。

ロべクチンの場合、接触性皮膚炎を引き起こす可能性のある物質や、肌に刺激を与える成分を配合しない事を、『(超)低刺激』と考えています。

ですから、パラベン・発がん性物質・石油系界面活性剤・香料・アルコール系溶剤(エタノール)・環境ホルモン・コメドジェニック成分(ニキビになりやすい成分)・石油ベース成分・着色料・ホルムアルデヒド系防腐剤を一切含んでおりません。

この中には、例えば、「発がん性物質」や「環境ホルモン」のように含んでいない事が当たり前の成分もあれば、「石油系界面活性剤」のように、炎症につながる恐れがあるのか?と疑問に思う成分もあります。

低刺激に基準はありませんし、低刺激だからと言って、全ての人が肌に優しく使えるとは限りませんが、少なくとも、これだけの成分がフリーであれば、低刺激を訴求する事に違和感はありません

『肌への優しさへのこだわり』を強く感じさせるクリームです。

刺激を感じやすい人は、肌のバリア機能が損なわれている可能性が高いです。

そのような場合に有効な成分が『セラミド』です。

セラミドは、細胞間脂質の主成分で、欠損した細胞間脂質を補い、バリア機能を改善させるという重要な役割を果たします。

本品には『セラミド』と、現在話題沸騰中の『ナイアシンアミド』が配合されており、これらから成る『バリアリペアコンプレックス』が、疑似的にスキンバリアを再現し、肌表面を包み込むことで、バリア機能をサポートします。

この「バリアリペアコンプレックス」は、ロべクチンだけの『独自技術』です。

その他にも、アスタキサンチン、シアバター、ヒアルロン酸、アーモンド油、ヒマワリ種子油等が配合されており、『高保湿』を実現しています。

先ほども申し上げましたが、低刺激に明確な基準はありません。メーカーの『自社基準(自社判断)』です。

しかも、低刺激だからと言って、全ての人が肌に優しく使えるとは限りません

ですが、ロべクチンが掲げる、接触性皮膚炎を引き起こす可能性のある物質や、肌に刺激を与える成分を配合しない、は低刺激コスメの一つの答えだと私は思います。

ロべクチン プレミアム UVディフェンス

先ほども述べたように、ロべクチンは、無理やり現在の肌状態を変えるのではなく、細胞自体の力を育て、肌本来の美しさや健康を取り戻すことに着目しているため、刺激のある成分や潜在的に有害な成分を含むモノを一切使用していません

アメリカ・韓国を中心に人気の『低刺激スキンケアブランド』です。

ですから、ロべクチンが作る『プレミアム UVディフェンス』は、肌刺激の懸念がある紫外線吸収剤を配合していない日焼け止めです。

『紫外線吸収剤フリー』でありながら、SPF 50+ PA+++です。

紫外線吸収剤は危険な成分ではありません

配合量に留意すれば問題なく使える成分です。実際、ベビー用UVにも吸収剤を使う大手メーカー(最大手)は存在します。私は一応、プロですからそんな事はよく理解しています。よく理解していますが、自分の娘が小さい頃は、吸収剤フリーのUVを使わせていました

危険ではないけれども、肌刺激の懸念がある成分が紫外線吸収剤です

ですから、紫外線散乱剤特有の白浮き、乾燥、きしみが気にならない or 多少気になるけれどもそれ以上に肌にマイルドなモノが良いとお考えであれば、吸収剤フリーのUVをおすすめします。

また、紫外線散乱剤の優れた点に、『幅広い紫外線領域のカット』があります。

紫外線吸収剤の場合、例えばUVB領域であれば、紅斑反応が出やすい(SPF値に影響がある)、『特定の波長』をカットするだけです。一方、酸化チタンなどの散乱剤は、特定の波長ではなく、『幅広く』カットします。

これはUVA領域にも言える事で、ロべクチンのプレミアム UVディフェンスでは、『ロングUVA対応』と表記がありますが、これは、特定の波長しかカットしない吸収剤では、ロングUVA(長波長のUVA)をカットする事は難しく、幅広くカットする散乱剤だから出来る事です。

ロングUVAとは、UVA領域の中でもより波長が長い領域の事で、より深く肌に浸透しますから、ロングUVAの肌へのダメージには、これまで以上に注意しなければなりませんし、もっと注目されるべき言葉だと思います。

『ロべクチン プレミアム UVディフェンス』は、肌にマイルドな設計でありながら、紫外線吸収剤フリーで、SPF 50+ PA+++。そしてロングUVAにも対応し、石鹸で落とす事も出来ます。

韓国コスメ通販なら「スタイルコリアン」

韓国コスメの通販なら『スタイルコリアン』がおすすめです。

「スタイルコリアン」では、プチプラコスメから、話題のコラボコスメなど、韓国の人気コスメ『約3000種類』を販売しております。

最新の韓国トレンドに合わせて、毎日新商品をアップデート中です。

きっと、お探しの『韓国コスメ』が見つかるのではないでしょうか?

シンエイク配合コスメ「プロジェマックス」

これは韓国コスメと言うより、『韓国発コスメ』と言った方が正しいです。

『シンエイク』
と言うのは、蛇毒をベースに開発された『原料の名前』です。

韓国での大ヒットにより、『シンエイク=蛇毒』と、ユーザーに広く認知されました。ですから当時、化粧品メーカーは『シンエイク配合』と、ホームページなどで宣伝したかったようで、その流れが今も続いています。

シンエイク(蛇毒を人工的に合成したペプチド)は、業界人であれば誰もが知る、超大手企業の開発原料です。

この『プロジェマックス』には、カタツムリエキスやケイ素が豊富な銀河水、セラミド、プロテオグリカン、リピジュアなど、シンエイク以外にも肌に有用とされる話題の美容成分が配合されています。

おわりに

いかがでしょうか?

韓国コスメはお手頃価格でかわいらしいデザインのものが多く、そして、日本ブランドではなかなかお目にかかれない、珍しい成分の良さを体験できます。

日本ブランドも、韓国コスメに学ぶべき点がたくさんあるのではないでしょうか?

韓国コスメの安全性基準は緩い傾向にある(私の経験上)と思います。しかし、だからと言って、「韓国コスメ=危険」というわけではありません。

日本ブランドだって、重篤な安全性トラブルを起こしている事実を忘れてはいけません。

一方で、化粧品にとって一番重要なことは『安全性』ですから、ユーザーの皆様も、安全性に全く無頓着というわけにはいきません。

どこの国のモノであれ、化粧品は安全であることが大前提です。万一、お肌に異常を感じた場合は、直ちに使用を止め、化粧品メーカへ問い合わせをし、指示に従ってください。

<世界中で大ヒット!「ロべクチン」>

<韓国コスメ通販サイト>

プロだけが知る『コスメの真実』
コスメの『疑問・誤解』にお答えします!

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-注目コスメ!

Copyright© コスメの真実 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.