コスメの疑問&誤解 化粧品全般

<プロ解説>韓国コスメは危険?それとも安全?安全なコスメは存在するの?

更新日:

韓国コスメは安全ですか?
今人気の韓国コスメで一番多く頂く質問です。
この記事では、化粧品開発者の私がプロの視点で、韓国コスメは安全?それとも危険?について説明します。

スポンサーリンク

韓国コスメ

まず、『韓国コスメの特長』についてご説明します。

韓国コスメの代表格と言えば『BBクリーム』です。十数年前、韓流ブームとともに日本に上陸し、ユーザーから圧倒的な支持を得て、今や定番アイテムとなりました。

「スキンフード」、「3CE」、「ARITAUM」、「The FACE SHOP」、「MISSHA」など、人気の韓国コスメブランドはたくさんあります。

これら韓国コスメは、値段もお手頃で、パッケージデザインもおしゃれで、何より、韓国の女性は綺麗な方が多いので、韓国コスメを使えば自分も美肌になれるという期待感から、ユーザーに支持されているのでしょう。

私は化粧品開発者として、数多くの韓国コスメを触り研究していました。ユーザーに支持されるだけの、興味深いコスメはたくさんありました。

様々な韓国コスメを触った結果、化粧水や乳液、クリームといった『王道アイテム』は、日本の方が圧倒的に優れていると思います。しかし、韓国コスメは、日本のコスメがあまり着目しない成分に、いち早く着目し、その良さを見出し、製品にする能力は素晴しいです。

BBクリームほどのヒットにはなりませんでしたが、『カタツムリエキス』『蛇毒(シンエイク)』が、まさに韓国コスメの特徴を物語っています。

日本のコスメではなかなか味わえない、『斬新で珍しい成分の効果』を体験できる、これが韓国コスメの一番の特徴ではないでしょうか。

ただし、「なかなか味わえない、斬新で珍しい成分」ということは、『成分の安全性』を無視出来ません。

「斬新で珍しい成分」を特徴とする韓国コスメは、『安全』ではなく、『危険』なのでしょうか?

韓国コスメは危険か?それとも安全か?

韓国コスメ・安全性

化粧品の安全性について

「韓国コスメが危険か?安全か?」を議論するには、『化粧品の安全性』について説明する必要があります。これは非常に重要な事です。

『化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう』

これが『化粧品の定義』です。薬機法第2条第3項(旧薬事法)に定められています。

ここで重要な事は、化粧品は、『人体に対する作用が緩和なもの』であり、医薬品のように『強い作用(効果)』と、それに伴う『副作用』はあってはなりません。

医薬部外品も同様で、「医薬部外品とは作用が緩和なモノ」と、薬機法に明確に記載されています。

だからこそ、化粧品(医薬部外品含む)にとって一番重要なことは、「効果」でも「価格」でも「ブランド」でも「デザイン」でもなく、『安全性(緩和な作用)』なのです。

『安全である事』が、化粧品(医薬部外品含む)の大前提です。

これは、日本で発売されている化粧品であれば、日本ブランドだろうが韓国ブランドだろうが欧米ブランドだろうが関係なく、『安全である事が大前提』と言う考えが、全ての化粧品に適応されます。

ですから、(日本で発売されている)韓国コスメが危険、という考えはそもそも間違いであり、世が作り出した『イメージ』に過ぎません。

日本のコスメであっても、「カネボウの白斑問題」や、「悠香の茶のしずく石鹸」のように、絶対にあってはならない安全性トラブルが実際に起こっている事を忘れてはいけません。

ただし、コスメに対し100%安全だと保証する事は禁止されていますから、ここで強調したいのは、韓国コスメだからと言って安易に危険と考えるのは間違いだという事です。

そうは言っても、世の中は『韓国コスメは危険で、日本のコスメは安全・安心?』という風潮が強いのは事実だと思います。

何故、『韓国コスメは危険!?』という風潮が強いのでしょうか?

それは、化粧品の安全性基準が、『メーカーの自社基準』という事が関わっていると思います。

化粧品の安全性基準はメーカーの自社基準

安全である事が大前提の化粧品なのに、「韓国コスメは危険で日本のコスメは安全・安心?」という風潮が強い一番の理由は、化粧品の『安全性基準』が、国が定める『統一基準』ではなく、化粧品メーカーが定める『自社基準』だからだと私は考えています。

皆ざまご存じだったでしょうか?

化粧品の安全性基準は、各メーカーが独自に定める『自社基準』です。

国は、事細かに安全性に関する基準を定めていません。国は、配合成分などの安全性基準の大枠を定め、化粧品メーカーが細かく、『各社独自の安全性基準』を定めています。

ですから、「資生堂」・「カネボウ」・「コーセー」・「ポーラ」・「ファンケル」など、メーカーが違えば、当然、安全性基準は違いますし、場合によっては、「ポーラ・オルビス・ディセンシア(ディセンシアはポーラ・オルビスグループ)」や「ファンケル・アテニア(アテニアはファンケルグループ)」、「コーセー・アルビオン(アルビオンはコーセーグループ)」など、同じグループ間でも、安全性基準が違う可能性はあります。

何故、国が定める『統一基準』ではなく、化粧品メーカーの『自社基準』かというと、それには、2001年の『全成分表示制度』の導入が大きく関わっています。

2001年、化粧品に『全成分表示制度』が導入されました。背景には、「ユーザーへ必要な情報(全成分)を提供したうえで、ユーザーニーズの多様化に対応し、より多くの選択を可能にするため」と言われていますが、いわゆる『規制緩和』というやつです。

それまでは、化粧品に配合出来る原料(成分)には制限がありましたが、様々な原料(新規原料)を化粧品に配合出来るよう規制を緩和したんです。

そして、規制緩和する代わりに、配合成分の全てをユーザーに公開するとともに(全成分表示)、化粧品に関するトラブルは全て化粧品メーカーが責任を負うことになりました。

規制緩和(全成分表示制度の導入)によって、化粧品メーカーは、これまでにない製剤の開発が可能になりましたし、原料メーカーも自分達の原料が売れる、ユーザーにとっても、コスメの選択肢が増えますから、この規制緩和はみんなにとって『有益』だったんですね。

全成分表示制度が導入される2001年以前は、国が定める『化粧品原料基準』で定められた原料のみ、化粧品に配合出来ました。

当時は、「化粧品原料基準」に記載がない、『新規原料』を化粧品に配合するには、『9項目試験』と呼ばれる厳しい安全性試験をクリアする必要がありました。
※9項目試験:急性毒性、皮膚一次刺激性、連続皮膚刺激性、感作性、光毒性、光感作性、眼刺激性、変異原性、ヒトパッチ

全成分表示制度の導入(規制緩和)とともに、『9項目』の必要性はなくなり、各メーカーの『企業責任』のもと、安全性を判断するようになりました。

しかし、必要性はなくなったと言っても、企業責任のもと、安全性を判断する必要がありますから、安全性を重視する化粧品メーカーは、原料メーカーに『9項目』の提出を求めるケースはありますし、「9項目が揃わない原料は配合しない」という姿勢の化粧品メーカーもあります。

さらに、「化粧品メーカーが自社で不足部分のデータを取得する」ケースもあれば、「今ある安全性データから総合的に判断する」ケースもあるのです。

あくまで私の経験上のお話ですが、総じて、日本ブランドの安全性基準は、韓国ブランドに比べ厳しい、言い換えると、韓国コスメの安全性基準は、日本ブランドに比べれば緩い傾向にあると思います。

これが、韓国コスメは危険!?というイメージが強い理由の一つだと考えています。

ただし、安全性基準が緩い=危険と言うわけではありません

あくまで私見ですが、日本のメーカーは(特に大手)、安全性に関してものすごく慎重ですから(安全性基準が厳しい)、珍しい成分は配合したがりません。

これは、よく言えば、安全性を最優先にユーザーのお肌のことを考えての結果、ですが、安全性トラブルに恐れをなして、勝負した品質のコスメを発売できないとも言えます。

韓国コスメは、日本のコスメがあまり着目しない成分(原料)に、いち早く着目し、その良さを見出し、製品にするスピードが速い。日本のコスメではなかなか味わえない、『珍しい成分(原料)』の効果を体験できるのが、韓国コスメの特徴の一つです。カタツムリエキスや蛇毒(シンエイク)がまさにそれです。

勿論、珍しい成分と言っても、薬機法の及ぶ範疇ですから、恐ろしく危険な成分ではありません。

実際、安全性基準が厳しすぎて、本当に良いモノを、ユーザーが望むモノを商品化出来ないというケースを、私は何度も経験しています。

日本のコスメも、韓国コスメのような大胆さが、もう少しあってもいいと思います。

以上のように、安全性基準はメーカーの『自社基準』であり、韓国コスメは、日本のコスメに比べてその基準が緩く、大胆に成分を配合してくるため、「韓国コスメは危険?日本のコスメは安全?」という『風潮、イメージ』が生まれたのでしょう。

『化粧品の安全性』については、以下記事も是非参考になさってください。前半部分は本記事と重複する部分もありますが、具体的な成分を例示して説明させて頂いています。

安全なコスメは存在するの?

『このコスメは安全です!』
このような、コスメの100%の安全性の保証は禁止されています
なので、残念ながら、安全なコスメは存在せず、安全だ!と宣伝するコスメは注意した方がいいですよ!

韓国コスメの安全性基準は緩い傾向にある(私の経験上)と思います。しかし、だからと言って、「韓国コスメ=危険」というわけではありません。

ただし、それでもなお、韓国コスメの安全性に疑問・不安をお感じになるようであれば、『日本の大手のコスメ』をおすすめします。

何故なら、理由は2つ。

まず、1つ目の理由。

大前提として、日本の大手コスメであっても、安全だと100%断言する事は出来ません。

『安全性の保証は禁止』されていますし、人によって刺激に感じる成分は異なるからです。

しかし、コスメの安全性は、基本、『メーカーの自社基準』。先程も述べたように、日本のメーカーは総じて自社基準が厳しい傾向にあり、大手であればなおの事、安全性を一番に考えているからです。

そして、2つ目の理由。

コスメの技術と言うと、処方開発(界面化学)や皮膚科学に注目されがちですが、『安全性を評価する』ためにも、高度な技術が必須です。

大手メーカーであれば、100%安全だと断言は出来ないものの、コスメの安全性を評価する高度な技術を有しているからです。

日本の大手コスメはすごいですよ。処方化は勿論、安全性を評価する高い技術を有していますから、安心してお使いになれると思います。
※全ての人が安心してお使いになれる訳ではありません
ここでは日本の大手コスメ『アテニア』をご紹介しましょう。
アテニアは『抜群のコスパ』ですから、特に初めての方には超おすすめです。

アテニアは『ファンケル』のグループ会社ですから、そこにはファンケルの技術が展開されており、処方化は勿論、安全性を評価する高度な技術を有していると言えます。

そして、アテニアの企業理念、『一流ブランドの品質を、1/3価格で提供することに挑戦し続ける』が示すように、抜群にコスパが良いです。

ファンケルの技術が展開されているにもかかわらず(『高品質』)、『低価格』と言う点が、私がアテニアをおすすめする理由です。

アテニアと言えば、エイジングケアブランドのドレスリフト』と、クレンジングの名品、『スキンクリア クレンズオイル』です。

アテニア ドレスリフト

アテニア ドレスリフトは、『エイジングケアブランド』です。

エイジングケアは化粧品メーカーの花形領域。

各社、エイジングケアには、一番力を入れていますし、各社の研究成果の集大成がエイジングケアブランドと言っても過言ではありません。

ですから、資生堂のクレ・ド・ポー ボーテや、ポーラのB.ASKIIなど、世の中には素晴らしいエイジングケアブランドがたくさん存在しますし、これらは、各メーカーを代表するブランドでもあります。

名ブランドが揃うエイジングケア領域ですが、傾向としては、『高価格帯』です。エイジングケアブランドは各メーカーの『顔』ですから、当然と言えば当然かもしれません。

一方、先程も示したように、アテニアの企業理念、それは『一流ブランドの品質を、1/3価格で提供することに挑戦し続けます』です。

ですから、メーカーの顔となるブランドでありながら、価格が抑えられています。

アテニア ドレスリフトの根幹となる独自の美容理論、それが『時計美容』

『時計美容』とはどのような理論なのでしょうか?

内的要因は勿論、外的要因のために、『朝・日中・夜・真夜中と24時間』、私たちのお肌は変化します。

例えば、朝であれば、真夜中(就寝中)気温が低いので、お肌は乾燥し、水分枯渇状態になっています。

日中であれば、紫外線によるダメージやエアコンによるダメージを受けます。

また、夜や真夜中であれば、特に夜10時~真夜中2時までの間は『お肌のゴールデンタイム』と言われ、一日で一番、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が活発になる時間帯と言われています。

このように、私たちのお肌は、神経バランスなどの内的要因、及び、紫外線などの外的要因によって、24時間、変化しています

時計美容とは、一律に同じようなケアをするのでなく、『お肌の状態に合わせ、適切な時間に適切なスキンケアを行うことで理想的なお肌に導く』という美容法です。

ドレスリフトでは、洗顔、ローション、デイエマルジョン(ミルク)、ナイトクリームそれぞれに、最適な機能を持たせ、シリーズでお使いになることで、この時計美容を可能にしています。

初めての方限定ではありますが、今であれば、14日間のハリ体験プログラムが受けられますから、ご興味があれば是非、ご自身で体感してみてください。

アテニア スキンクリア クレンズオイル

オイルクレンジング言えば、DHCとファンケルが有名ですが、2016年、アテニアから満を持して、後に名品と言われるオイルクレンジングが発売されました。

それが、『アテニア スキンクリア クレンズ オイル』です。

スキンクリア クレンズ オイルは、発売後、瞬く間に人気商品となり、その年の@コスメ ベストコスメアワード クレンジング部門第一位に選ばれました。

人気の秘密は、『品質』『価格』です。

アテニアは、あの名品、「マイクレ」の『ファンケル』のグループ会社です。「マイクレ」を世に送り出した開発者たちが手掛けた一品ですから、品質に疑いの余地はりません。

全成分を見て頂ければお分かりですが、「アテニア スキンクリア クレンズ オイル」と「マイクレ」の配合成分は非常に似ています。当然と言えば当然です。グループ会社ですからね。

そもそも、オイルクレンジングは化粧品会社を悩ませるアイテムの一つです。

何故なら、『原価が高い』からです。

オイルクレンジングには『水』がほとんど含まれておらず、そのほとんどが『油』『界面活性剤』です。ですから、『内容物原料価格(原価)』が非常に高い。

大部分が水の「化粧水」と比較すると、数倍、場合によっては数十倍の原価がかかるオイルクレンジングですが、市場の販売価格は高くても2000円以下が多いです。

これだけの高原価のオイルクレンジングですから、5000円くらいで売りたいのが化粧品会社の本音です。しかし、百貨店コスメであれば別ですが、5000円のオイルクレンジングなんてなかなか売れません。

ですから、売れる価格に設定しなければならず、しかし原価が高いですから、クレンジングとしての機能よりもユーザーに喜んでもらいたい気持ちよりも、いかに『原価を下げる』かを頑張ってしまうアイテムがオイルクレンジングと言えます。

ですから、オイルクレンジングには、原価を下げるために、『ミネラルオイル』『パラフィン』といった、原料価格が安い『鉱物油』がよく用いられます。

少し専門的な話になりますが、油には、『無極性油(むきょくせいゆ)』『極性油(きょくせいゆ)』があります。

『無極性油』は一般的に価格が安いため、クレンジングなどの洗い流し品や、乳液・クリームといった基礎品まで、幅広く用いられていますが、クレンジング力という点においては劣ります。

何故なら、メイク汚れは極性を持っている事が多く、極性を持っているメイク汚れに対し、極性を持たない無極性油では馴染みが悪いのです。

一方、『極性油』は無極性油に比べ価格は高いです(一般論)。しかし、極性をもつメイク汚れと馴染みが良いため、クレンジング力という点においては、『優れた油』『最適な油』と言えます。

先ほど挙げた、原価が安くクレンジングによく配合されるミネラルオイルやパラフィンといった『鉱物油』は、残念ながら『無極性油』です。

クレンジングの一番重要な機能は『クレンジング力』ですから、ユーザーのことを考えれば、無極性油ではなく、クレンジング力の高い『極性油』を選ぶべきと私は思います。

ですが、先ほども述べたように、原価が高いオイルクレンジングでは、それがなかなか出来ません。

アテニア スキンクリア クレンズオイルは、『エチルヘキサン酸セチル』『ジイソノナン酸BG』が多量に配合されており、これがメイク汚れを落とします。

これらは、メイク汚れと馴染みが良い『極性油』です。

それでいて、2000円以下の価格を実現していますから、この『圧倒的なコスパの良さ』が人気の理由と言えるでしょう。

また、アテニア スキンクリア クレンズオイルは、くすみの原因でもある『肌ステイン』にも効果的です。

ステインと聞くと、歯の着色汚れを想像されるかもしれませんが、お肌にもステインは存在します。

肌ステインは肌の表面にこびりつき、黄ばみとなって肌をくすませます。しかも肌ステインは、美白ケアや通常の洗顔ではなかなか落とせないやっかいな存在でもあります。

アテニアは、この肌ステインの原因が『糖化』であると突き止めました。

糖化とは、糖がタンパク質と結合して固くなり黄ばむ、近年話題の肌の『老化現象』です。

この糖化が、肌ステインの原因にもなっていたわけです。

アテニア スキンクリア クレンズオイルには、糖化による肌ステインを分解する効果が期待できる『珊瑚草オイル』が配合されており、通常のメイク汚れだけでなく、くすみ(肌ステイン)まで洗い流して肌を明るくする画期的なオイルクレンジングです。

また、通常のオイルクレンジングは、クレンジング力は優れていますが、すすぎの水で洗い落とせず、お肌がべとべとヌメヌメするという経験をされた方は多いのではないでしょうか?

アテニア スキンクリア クレンズオイルの場合、すすぎの際、多量の水がくると、メイク汚れと馴染んだ油が『乳化』され、微粒子レベルに分散されて流されます。

当時はこれを、『微細乳化処方』と言っていましたが、洗い上がり後のべとべとヌメヌメの原因である油が、微粒子レベルに細かく分散されて流されるため、後肌すっきりで、アテニア スキンクリア クレンズオイルは『W洗顔不要』なのです。

これを可能にしているのが、アテニア スキンクリア クレンズオイルに配合されている、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20といった、『界面活性剤』です。

つまり、微細乳化処方を実現するには、『高度な界面活性剤の配合技術』が必要不可欠。

肌ステイン除去にしても、微細乳化処方にしても、アテニアがこれだけ高度な技術を商品に展開できるのは、アテニアは『ファンケル』のグループ会社であり、ファンケルの技術を水平展開しているからです。

技術的にも価格的にも、オイルクレンジングの名品と言うに相応しいと思います。

おわりに

いかがでしょうか?

韓国コスメはお手頃価格でかわいらしいデザインのものが多く、そして、日本ブランドではなかなかお目にかかれない、珍しい成分の良さを体験できます。

日本ブランドも、韓国コスメに学ぶべき点がたくさんあるのではないでしょうか?

重ねて申し上げますが、

韓国コスメの安全性基準は緩い傾向にある(私の経験上)と思います。しかし、だからと言って、「韓国コスメ=危険」というわけではありません。

日本ブランドだって、重篤な安全性トラブルを起こしている事実を忘れてはいけません。

一方で、化粧品にとって一番重要なことは『安全性』ですから、ユーザーの皆様も、安全性に全く無頓着というわけにはいきません。

そして、それでもなお、韓国コスメの安全性に疑問、不安をお感じになるようであれば、日本の大手のコスメをお選びください。

化粧品の安全性は、基本、『メーカーの自社基準』。日本のメーカーは総じて自社基準が厳しい傾向にありますし、大手であればなおの事、安全性を一番に考えています。

どこの国のモノであれ、化粧品は安全であることが大前提です。万一、お肌に異常を感じた場合は、直ちに使用を止め、化粧品メーカへ問い合わせをし、指示に従ってください。

プロだけが知る『コスメの真実』
コスメの『疑問・誤解』にお答えします!

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの疑問&誤解, 化粧品全般

Copyright© コスメの真実 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.