※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 化粧品全般

コスメが光(紫外線)にあたるとどうなる? 化粧品開発者が解説!

「コスメと紫外線」と聞くと、『日焼け止め』を思い起こす人も多いと思います。

紫外線は肌に大変な悪影響を及ぼします。紫外線から肌を守るのが日焼け止めの重要な役割です。

しかし紫外線は、肌だけに悪影響を与えるわけではありません。

紫外線は『コスメの品質』にも悪影響を与えるのです。

そこで今回は化粧品開発者の私が、『コスメと紫外線の真実』と題しまして、紫外線のコスメに与える影響と、いかに我々化粧品開発者が、コスメの品質を紫外線から守るのか、その手法をご説明します。

 

スポンサーリンク

紫外線のコスメに与える影響

コスメ・紫外線・品質・減粘

人の肌や健康に甚大な被害を与える紫外線ですが、紫外線は、『コスメに配合の成分』にも悪影響を与えます。紫外線によってコスメは、以下に記すような影響を受けます。

 

分解による変臭・変色

紫外線によって、コスメに配合の成分は『分解』します。その影響で、コスメの臭いが変わったり(『変臭』)、色が変化したりします(『変色』)。

※全ての成分が紫外線によって分解するわけではありません

例えば、冒頭で少し触れた『日焼け止め』には、紫外線ダメージから肌を守るための『紫外線吸収剤』が配合されています。しかし吸収剤は、紫外線によって容易に分解するため、紫外線ダメージを受けた日焼け止めコスメは、色が黄色くなるといった、『変色』が起きやすくなります。

また、紫外線による吸収剤の分解によって、『紫外線吸収能』が低下しますから、商品に記載のSPF, PA効果を十分に発揮しなくなります。

コスメの変臭や変色は、紫外線だけではなく、『温度』(高温)によっても起こりますが、紫外線によるコスメの影響で代表的な現象が『変臭・変色』です。

さらに、変臭・変色が起きなくても、紫外線による『成分の分解』は、コスメにとって致命的です。

ユーザーは、コスメに配合の成分が肌に有用だと思って信じて購入し、使用する訳ですから、実は紫外線によってコスメ成分は分解していた!というのは、ユーザーを裏切ることになります。

残念ながら、化粧品の場合、仮に紫外線によって成分が分解しても罰せられる訳でなく、あくまでメーカー側の『自社判断』です。

多くのメーカーが、ユーザーの事を考え、後ほどご説明する紫外線からコスメを守るための策を講じていますが、少なからず、紫外線を考慮に入れないメーカーも存在しますから注意が必要です。

 

減粘(粘性が下がる)

現在のコスメ、特に乳化タイプのコスメには『カルボマー』と呼ばれる『増粘剤』が配合されています。

増粘剤はカルボマーの他にも様々ありますが、『増粘効果』『透明性』『使用感』の観点から、カルボマーは、コスメにおいて最も使用される増粘剤と言えるでしょう。

アルキル基を導入した『アルキル変性カルボマー』は、乳化作用もありますから、今流行りの『オールインワンジェル』に必ずと言っていいほど配合されています。

一見、万能と思えるカルボマー(アルキル変性カルボマー含む)ですが、実は、紫外線によって粘度が大きく下がってしまいます

これを『減粘』と言いますが、カルボマー配合のオールインワンジェルやクリームといった硬いコスメが、多量の紫外線を浴びることで、びっくりするくらいシャバシャバに減粘してしまいます。

この『減粘』も、紫外線のコスメへの影響で代表的な現象と言えるでしょう。

 

コスメを紫外線から守るための対策

コスメ・紫外線・品質・減粘

このように紫外線は、肌だけでなく、『コスメの品質』にも甚大な影響を与えます。

ですから我々化粧品開発者は、以下のような対策で、コスメを紫外線から守っています。

 

容器対策①:不透明容器

最も簡単で効果的な対策は『不透明容器』です。

不透明容器であれば、紫外線がコスメ(中身)に触れませんから、紫外線からコスメを守ることが出来ます。

また、成分によっては、通常の不透明容器では不十分な場合があります。そのような場合は、通常の樹脂不透明容器にアルミを積層させた『アルミ積層容器』を用います。

アルミ積層によって完全に紫外線を遮断できますから、このような容器を『完全遮光容器』と言ったりもします。

今流行りのオールインワンジェルには、カルボマーがほぼ100%の確率で配合されていますから、紫外線によって『減粘』します。ですから、不透明のクリーム容器やチューブ容器が多いのはそのためです。

カルボマーの減粘抑制であれば、通常の不透明容器で十分で、完全遮光容器の必要はありません。

 

容器対策②:紫外線吸収剤加工

商品によっては、不透明ではなく、中身を見せたいという思いで、『透明容器』を選択する場合あります。

透明容器では、紫外線からコスメを守ることが出来ません。

このような時は、容器そのものに、『紫外線吸収剤加工』します。

樹脂容器の場合、紫外線吸収剤そのものを容器に練り込みます。

ガラス容器の場合、紫外線吸収剤を塗装します。

ただしいずれの場合も、完全には紫外線をカットできないため、紫外線への影響を確認し、影響を及ぼす場合は、先に述べた『不透明容器』にします。

 

中身での対応(処方対応)

コスメの中で一番コストがかかるのが『容器』です。ですから容器対応は、効果的ではありますが、『コスト増』につながるため、理想は、中身で対応(処方対応)するのが望ましいです。

しかし、処方対応は技術的に困難なため、容器対応せざる得ないのが現状ですが、カルボマーの『減粘』に関しては対応策があります。

それが『キレート剤の添加』です。

コスメに配合される代表的なキレート剤に『エチドロン酸』があります。固形石鹸やヘアケアー製品に少量添加で、鉄・銅・マンガン・亜鉛・カルシウム・マグネシウムなどの金属に対しキレート効果を発揮して『品質維持』に寄与します。

この『エチドロン酸』は、カルボマー配合コスメに対しても『減粘抑制効果』を発揮し、紫外線からコスメを守ることが出来ます。

ただし、そもそもエチドロン酸を、基礎スキンケアに配合する事に抵抗があるメーカーや、海外規制などの課題があるため、全てのメーカーが対応している訳ではありません。

 

おわりに

いかがでしょうか?

紫外線は肌や健康に悪影響を与えるだけでなく、コスメにとっても、「分解」や分解による「変臭」・「変色」、「減粘」という甚大な影響を与えるのです。

我々化粧品開発者は、この記事に記したような策で、紫外線からコスメの品質を守る工夫をしています。

しかし、医薬部外品の有効成分を除き、これは化粧品メーカーの『自社基準』ですから、全てのメーカーが、紫外線に配慮した商品開発をしているわけではありません

大手と言われるメーカーは、当たり前のように対応していますから心配する必要ありませんが、私自身も、紫外線とコスメ成分の影響を検討していたことがありますから、紫外線の事を全く考えていないメーカーを数多く知っています。

ただし、ユーザーの皆様がそれを知る術はありませんから、まず簡単に出来ることとして、ご自身のコスメは、『紫外線があたらない場所』で保管されるのをおすすめします。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ・肌に悪い・落ちない・クレンジング必須 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、「落ちない!」ばかりか、「肌に悪い!」ことすらあるのです。 その理由を、現役の化粧 ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

無添加化粧品・危険・肌に優しくない 7

無添加化粧品と聞くと肌に優しく安心・安全と思っている人は多いと思います。実際、敏感肌系コスメに無添加が多いのは事実です。 しかしこれは大きな間違いです。 この記事では、無添加化粧品=危険という超残念な ...

8

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

マイクロニードル・危険 9

        マイクロニードルや海綿などの針美容(針コスメ)が注目を集めています。 これは、針の形状や大きさは違えど、針による刺激等でしわ・たるみを改善すると ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 10

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 化粧品全般