※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 日焼け止め

現役の化粧品開発者が解説!吸収剤と散乱剤 どっちが安全?

紫外線吸収剤 or 紫外線散乱剤、どちらが安全なのか(肌に優しいのか)?

『ケミカルフリー(吸収剤フリー)』の日焼け止めが存在するように、吸収剤と散乱剤に対する『安全性(肌への優しさ)』は、関心が高い事柄の一つだと思います。

この記事では、現役の化粧品開発者の私がプロの視点で、吸収剤と散乱剤、どちらが安全なのか?について解説いたします。

 

スポンサーリンク

吸収剤は肌に優しい?

紫外線吸収剤は、「安全」で「肌に優しい」のでしょうか?

これは見方によって、様々な考え方があります。

あくまで私個人の見解ではありますが、化粧品開発者である私は、紫外線吸収剤は『安全ではあるが肌に優しくはない』と考えています。

このブログでも再三申し上げている通り、コスメは『安全であること』が大前提ですから、危険な成分は、国が定める基準の元、配合されません。

「ものすごく危険ではないが、やや安全性が心配」という成分は存在します。

その場合、化粧品メーカーが責任を持って安全性を確認して、問題ないと判断された場合のみ配合されます。

ですから、コスメの安全性に関しては、『国』『化粧品メーカー』双方が担保していますから、コスメは安全であり、その安全なコスメに配合される紫外線吸収剤も『安全』でなければならないのです。

しかし、紫外線吸収剤には、国による『配合規制』が存在し、『配合上限』(配合出来る最大量)が定められています。

これはつまり、紫外線吸収剤は『安全』であるものの、その性質上、人によっては肌トラブルを引き起こす可能性があり、決して肌に優しいとは言えないため、国は『配合規制』を設けているのです。

肌トラブルの可能性が全くなくて、肌に優しい成分であれば、国は規制を設けません。

また、紫外線吸収剤の肌刺激性が心配だからこそ、子供用や敏感肌用に『ケミカルフリー』(吸収剤フリー)の日焼け止めが存在するのです。

ですから、紫外線吸収剤は、肌に優しい成分とは言えない(=肌刺激性がある)と考えるのが妥当ではないかと思います。

ただし、だからと言って、「吸収剤=悪」とか、「吸収剤フリーを選ぶべき」と言っているわけではありません。

吸収剤によって刺激を感じたり、何かしらの肌トラブルを抱える人はわずかです。

このような人達は、吸収剤を避けるべきですが、何も問題なくお使い頂けるのであれば、無理して避ける必要はありません。

 

散乱剤は肌に優しい?

紫外線散乱剤と言えば、『酸化チタン』『酸化亜鉛』です。

散乱剤は勿論、『安全』です。理由は吸収剤と同様です。

さらに、先ほども少し述べましたが、子供用・敏感肌用に「ケミカルフリー」(吸収剤フリー)の日焼け止めがあるように、散乱剤は『肌に優しい』と言えます。

散乱剤には『ナノ問題』がありました。これは、「日焼け止めに配合される散乱剤はナノ粒子のため、人に対して有害だ!」と訴えたものです。

この訴えによって、「散乱剤は危険!肌に優しくない!!」という『イメージ』が先行した時期がありましたが、現在は、問題ないことが立証されましたから、散乱剤は安全で肌に優しい成分と考えられます。

そもそも「ナノ問題」は、ナノ粒子を製造する製造従事者の健康被害を懸念したものであって、エンドユーザーに対しては大きな問題とはなりません。

それを、「エンドユーザーに対して危険!」と、大きな問題に発展させたのは、散乱剤を積極的に配合しないヨーロッパメーカーの策略です。

以上のように、散乱剤は『安全』『肌に優しい』成分です。

散乱剤は、非常に細かな『粉』ですから、毛穴に詰まる恐れがあります。使用後は確実に洗い流すようにしてください。

 

おわりに

いかがでしょうか?

最重要ポイント

吸収剤も散乱剤も安全!安全だからこそ、コスメに配合されている!!


『肌への優しさ』
という点では、『散乱剤』の方が上でしょう。

吸収剤には『配合規制』がありますし、『光安定性』の課題もありますから、決して肌に優しい成分ではありません。

ただし、だからと言って、「吸収剤フリーを選ぶべき」と言っているわけではなく、吸収剤によって刺激を感じたり、何かしらの肌トラブルの経験がある方を除き、それほど心配される必要はありません。

過去、これら成分で肌トラブルの経験がある方を除き、吸収剤や散乱剤にとらわれることなく、SPF・PA値などの『スペック』及び『使用感』で、日焼け止めコスメをお選びください。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ 肌に悪い 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、落ちないし、肌に悪いです! その理由を、現役の化粧品開発者が詳しく解説します。 ま ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

7

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

針美容液の危険性 8

        マイクロニードルや海綿(かいめん)などの針美容液が注目を集めています。 針美容液の効果は魅力的ですが、副作用が心配ですよね。 もし、使い方を誤る ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 9

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 日焼け止め