※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 話題の成分

プロの知識で差がつく!石油系界面活性剤見分けの極意とは?

 

最近、石油系界面活性剤フリーってよく見るけど、そもそも「石油系」って何?

 

こんな疑問に、現役の化粧品開発者がお答えします!

 

この記事で分かること

  • 石油系界面活性剤の見分け方

 

コスメの表示欄に、パラベンフリーとか、エタノールフリーとか、着色剤フリー等の表現をご覧になった事があると思います。

いわゆるフリー表現と言うもので、肌にとってあまりイメージの良くない成分を配合していない事を意味しています。

フリー表現の一つに、石油系界面活性剤フリーがありますね。この意味をご存じでしょうか?

現役の化粧品開発者が、石油系界面活性剤とは何か、そして、石油系界面活性剤の見分け方について解説いたします。

 

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

スポンサーリンク




界面活性剤とは?

石油系界面活性剤・見分け方

まず、界面活性剤について簡単に説明します。

 

界面活性剤の詳細は以下記事をご覧ください。

石油系界面活性剤・見分け方
あわせて読みたい化粧品の必須成分「界面活性剤」の種類と役割をプロが解説!

化粧品には水と油が配合されています。しかし、水と油は、決して混じり合うことはありません。この水と油を混じり合わせるのが界面活性剤です。ですから、化粧品にとって、界面活性剤は欠かせない存在です。 この界 ...

 

ミルクやクリームのような乳白色のコスメには、水と油を均一に懸濁させる乳化剤として、必ずと言っていいほど界面活性剤は配合されます。

また、化粧水のような透明系でも、香料などの可溶化肌なじみアップのために界面活性剤は配合されます。

界面活性剤には様々な種類がありますが、共通して言える事は、同一分子内に水の性質を持つ親水部分と、油の性質を持つ親油部分を持つという事です。

この、水と油、双方の性質を持つ事で、界面活性剤は様々な機能を発揮し、化粧品だけでなく多種多様の産業に活用されています。

 

石油系界面活性剤とは?

界面活性剤は親水部分親油部分を持ちます。親水基、親油基(疎水基)とも言いますが、一般的に界面活性剤は、親水基をもつ成分と、疎水基を持つ成分を合成して作ります。
※ 合成工程を含まない成分もあります

 

コスメ、特にスキンケアには、電荷をもたないノニオン系と言われる界面活性剤が用いられます。

何故なら、ノニオン系界面活性剤は、電荷をもつ界面活性剤に比べて安全性が高く、長時間、肌の上に残るスキンケアには最適だからです。

 

石油系界面活性剤とは何か?

 

ノニオン系界面活性剤の一つであるステアリン酸PEG-25を例にとって説明します。

ステアリン酸PEG-25は、古くから用いられるノニオン系界面活性剤です。これは、ステアリン酸PEG(ポリエチレングリコール)を合成して作られます。

ステアリン酸が親油部分(親油基)、PEGが親水部分(親水基)になります。

25と言うのは、PEGの重合度(モル数)で、PEGが25個くっついている事を意味しており、PEGは親水基ですから、PEGの数が多ければ多いほど、水の性質が強い界面活性剤になります(専門的にはHLBが高い界面活性剤)。

 

ここからが本題で、

 

ポイント

石油系界面活性剤を語るには、親水基と親油基の由来が重要!

 

ステアリン酸PEG-25の場合、ステアリン酸の由来は植物です。

私が化粧品業界に入った当時、ステアリン酸などの脂肪酸の由来は動物でした。

しかし、2000年初頭のBSE問題で、化粧品原料の由来は動物から植物に変わりました。

動物由来原料が禁止になったわけではないので、今でも動物由来原料を使うメーカーは存在しますが、何よりもイメージを重要視する化粧品にとって、BSEから派生した動物由来原料を使う事が嫌がられ、植物由来原料に大きく変わっていきました。

ですから、

 

ポイント

ステアリン酸PEG-25の親油基であるステアリン酸は植物由来

 

続いて、ステアリン酸PEG-25のPEGですが、これは石油由来です。

植物由来のPEGもありますが、コストや供給の問題から、広く普及されていないです。

つまり、植物由来のステアリン酸を用いていても、PEG-25が石油由来のため、ステアリン酸PEG-25は石油系界面活性剤になります。

 

最重要ポイント

植物由来 + 石油由来 = 石油系界面活性剤

 

その半分近くが植物由来だという理由で、ステアリン酸PEG-25のような植物由来+石油由来を、石油系界面活性剤ではないと判断するメーカーも存在しますが、これは大きな間違いです。

メーカーの知識と技術が乏しすぎます。

ただし、何を石油系界面活性剤と考えるかはメーカー次第であって、共通且つ明確な基準が存在するわけではないので、石油系界面活性剤フリーコスメをお探しの際はご注意ください。

 

石油系界面活性剤の見分け方

最も簡単な石油系界面活性剤の見分け方、それは、

 

ポイント

界面活性剤にPEGが含まれているのかどうか

 

PEGがくっついたモノをPEG系界面活性剤と言いますが、PEG系界面活性剤は、活性剤由来のべたつきがなく、乳化能にも優れ、コストも安いので、大変優秀な成分です。

唯一のデメリットはPEGが石油由来という事だけ。
※ただし、私はこれをデメリットと思っていません。後ほどご説明します。

ですから、特に大手メーカーは、石油系界面活性剤フリーにこだわりを持っていませんからPEG系界面活性剤を多用します。

 

PEG系界面活性剤の代わりには、グリセリン脂肪酸エステルという、ポリグリセリン系界面活性剤が用いられます。

例えば、ステアリン酸ポリグリセリル-20のようなモノが該当し、これは、グリセリンと脂肪酸をくっつけたモノで、グリセリン・脂肪酸とも、植物由来ですから、非石油系として石油系界面活性剤フリーコスメや、ナチュラル・オーガニック系コスメに配合されます。

原料メーカーの技術進歩によって、ポリグリセリン系界面活性剤も素晴らしいですが、製法上、様々な重合度のモノが混在したり(分子量分布がブロード)、PEG系界面活性剤に比べて、テクスチャー的にべたつきやすく、乳化能も劣ります。

ですから、石油系界面活性剤フリーの縛りがなければ、私を含め多くの化粧品開発者はPEG系界面活性剤を使うでしょう。

 

さらに、化粧品には、ポリソルベート-20とか、ポリソルベート-60という、ポリソルベート-○○という界面活性剤も使われます。

ポリソルベートは、酸化エチレンを結合させたもの、つまり、PEG系ですから、石油系界面活性剤になります。

ポリソルベートは、先ほどのステアリン酸PEG-25と違い、全成分にPEGは表記されませんから、注意が必要です。

 

ただし現在は、

 

注意

植物由来のPEGを用いた界面活性剤も存在する!

 

なので、例えばポリソルベート-20ステアリン酸PEG-25の場合、以前であればPEGは石油由来成分なので、間違いなく石油系界面活性剤に該当しますが、現在は、PFGが植物由来の可能性もあり、厳密に言えば、全成分だけでは判断できません。

ただし、先ほども述べたように、植物由来のPEG系界面活性剤は、コストや供給の問題から、まだ広く普及されていないです。

 

ポイント

PEGが含まれる界面活性剤は石油由来である可能性は高い!

 

「絶対に石油系界面活性剤を使いたくない!」とお考えのユーザーは、石油系界面活性剤フリーと表記しているのも関わらず、PEGが含まれる界面活性剤が使用されているコスメであれば、メーカーに問い合わせをした方が良いと思います。

 

石油系界面活性剤は肌に悪い?

石油系界面活性剤フリーという表現が存在するように、どちらかと言えば石油系界面活性剤は負のイメージが強いですが、決して、機能が劣るとか、肌にとって危険と言うわけではありません。

 

最重要ポイント

石油系界面活性剤は、肌に危険ではなく、安心してお使いいただける成分!

 

先ほど、PEG系界面活性剤の唯一のデメリットはPEGが石油由来という事だけですが、私自身、これをデメリットと思っていないと申し上げた理由がまさにこれです。

 

石油系界面活性剤は肌に悪くない!

 

では何故、石油系界面活性剤フリーという表現が存在し、石油系界面活性剤に負のイメージがついたのか?

 

それは、一部化粧品メーカーの、無意味なフリー表記の乱用にあります。

 

コスメは美容理論コンセプトを考え、それに合わせて、テクスチャーにこだわって作り上げるモノです。

しかし、美容理論やコンセプトメイクは非常に困難で、力のあるメーカーしか出来る事ではありません。

力のないメーカーがとる手段がフリー表記の乱用です。美容理論やコンセプトが作れませんから、〇個のフリーとか、とりあえず、意味のないフリー表記の数に頼るのです。

例えばパラベンフリー

確かにパラベンは旧表示指定成分ですから、人によってはアレルギーなどの肌トラブルを引き起こす成分です。

しかし、その本質を知らなければ、パラベンフリーは逆に危険になるのです。詳細は以下記事をご覧ください。

 

無添加化粧品・危険・肌に優しくない
あわせて読みたい無添加化粧品は危険!という超残念な真実をプロが解説!

無添加化粧品と聞くと肌に優しく安心・安全と思っている人は多いと思います。実際、敏感肌系コスメに無添加が多いのは事実です。 しかしこれは大きな間違いです。 この記事では、無添加化粧品=危険という超残念な ...

 

石油系界面活性剤フリーというのは、まさに、無意味なフリー表記の典型で、美容理論、コンセプトメイクが出来ないメーカーの、姑息な最終手段と言えるでしょう。

勿論例外もありますが、美容理論、コンセプトメイクを得意とする大手化粧品メーカーのブランドに、石油系界面活性剤フリーと言う表記はあまり見かけません。

 

ただし現代は、コロナのワクチン接種で、アナフィラキシーの疑いが女性に多いという報告があり、それがコスメに配合されているPEG系原料と言われていました。

PEG系原料とは、まさに石油系界面活性剤の事ですから、コスメにおける安全性に問題はありませんが、このような事情からPEG系界面活性剤(石油系界面活性剤)を避ける人もいらっしゃると思います。

そして、ご自身の信念で、石油系界面活性剤を使いたくない!とお考えの人も多数いらっしゃいます。

そのような場合は、次項でおすすめする、石油系界面活性剤フリーコスメをお選びください。

 

おすすめの石油系界面活性剤フリーコスメ

ここでは、現役の化粧品開発者の私がおすすめする石油系界面活性剤フリーコスメをご紹介します。

記事中にもあるように、PEG系界面活性剤が配合されていないものを選べばいいですが、PEG系界面活性剤を「植物系」と自社判断する悪質メーカーは存在しますし、現在は植物系のPEGも誕生したので、全成分から100%見分ける事は困難です。

以下にご紹介する化粧品は、正真正銘の石油系界面活性剤フリーです。

ETVOS アルティモイスト

エトヴォス・石油系界面活性剤フリー

引用:ETVOS公式

ETVOS アルティモイストは、ETVOS独自の「セラミディアルコンプレックス」を配合したプレエイジング保湿ケアラインです。

セラミディアルコンプレックスとは、5種のヒト型セラミドとナイアシンアミドを独自の配合率で組み合わせた複合物で、皮膚にすばやく浸透し(角層まで)、お肌をうるおいで満たします。

アルティモイストは、「ヒト型セラミド」と「ナイアシンアミド」で、お肌のバリア機能を改善しながら、お肌をうるおいで満たすことにこだわったシリーズですから、特に、敏感肌・乾燥肌の方におすすめです。

 

石油系界面活性剤フリーを宣伝するコスメの多くは、石油系界面活性剤をフリーにすることがゴールで、その他の技術がお粗末と言わざる得ません。

また、石油系界面活性剤フリーと聞くと、「〇〇を除く、〇〇を配合しない」という、後ろ向きなコスメのイメージが強いですが、独自の成分配合技術を展開するETVOS アルティモイストは、世の中の石油系界面活性剤フリーとは一線を画す存在と言えるでしょう。

是非、真の石油系界面活性剤フリーコスメの実力を、ご自身で体験してみて下さい。

 

今であれば、アルティモイスト 14日間トライアルセットが、1,490円(税込)で手に入ります!

これは、約4,787円(税込)相当のセットなので、大変お得です。

以下、アルティモイスト 14日間トライアルセット内容です。

 

アルティモイスト 14日間トライアルセット

  • アルティモイスト ローション 30ml
  • アルティモイスト セラム 20ml
  • アルティモイスト クリーム 5g
  • モイストアミノフォーム 20g
  • 泡立てネット

 

これだけのセットが、今だけ、1,490円(税込)です。

定期購入ではありません!

以下の全成分が示すように、石油系界面活性剤は配合されていません!

 

 

PEG系の界面活性剤は一切配合されていませんね。正真正銘、石油系界面活性剤フリーコスメです!

 

\ 正真正銘 石油系界面活性剤フリーコスメ /


ETVOSは「シャンプー」「トリートメント」も石油系界面活性剤フリーです!

 

HANAオーガニック

HANAオーガニック・石油系界面活性剤フリー

引用:HANAオーガニック公式

 

石油系界面活性剤フリーは、石油由来成分を極力配合しない、ナチュラル・オーガニック系分野に多いです。

 

ナチュラルコスメとして有名なHANAオーガニックは、石油由来成分が一切配合されていない、正真正銘の石油系界面活性剤フリーコスメです。

 

石油系界面活性剤を含む石油系成分は、非常に優秀ですから、これらをフリーにすると品質へ影響します。

具体的には、使っている途中で分離したり、テクスチャーが重く、後肌がべたつく傾向にあったりと、安定性とテクスチャーが悪くなるのです。

しかし、HANAオーガニック石油系界面活性剤フリーにもかかわらず、通常のコスメ同等の品質ですから、石油系界面活性剤フリーコスメは勿論、ナチュラル・オーガニック系コスメとしても大変優秀です。

しかもHANAオーガニックは、HPで、配合成分すべての「由来」と「原産国」を公開していますから、これは品質に自信がある証拠と言えるでしょう。

だからこそ、1週間のトライアルセットが充実しまくっています。

今だけ、6品もついて、2,970円(税込)

驚きのセット内容は以下です。

 

HANAオーガニック 1週間トライアルセット

  • ピュアクレイ(洗顔料) 20g
  • フローラルドロップ(化粧水) 15mL
  • ホワイトジェリー(美容液) 3.5mL
  • ムーンナイトミルク(乳液) 8mL
  • ウェアルーUV(日焼け止めベース ピンク イエロー) 各3.5mL

 

PEG系界面活性剤は一切配合されていませんから、正真正銘の石油系界面活性剤フリーコスメです!

特に、石油系界面活性剤フリーで、100%天然オーガニックコスメをお求めの方に、是非、おすすめです!

 

\ 石油系界面活性剤フリー&天然オーガニックコスメ /

 

おわりに

いかがでしょうか?

石油系界面活性剤の見分け方と、それが肌に及ぼす影響について、現役の化粧品開発者の視点から詳しく解説しました。

石油系界面活性剤は、化粧品において重要な役割を果たしていますが、その成分の由来や肌への影響については、しばしば誤解が生じています。

この記事を通じて、石油系界面活性剤の基本的な知識と、それを含む製品の選び方についての理解を深めていただけたことと思います。

石油系界面活性剤が肌に悪いというわけではなく、多くの場合、安全に使用できる成分です。

しかし、個々の肌質や好みに応じて、石油系界面活性剤フリーコスメを選ぶことも大切です。

この記事が、皆さんが自分に合ったスキンケア製品を選ぶ際の一助となれば幸いです。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ・肌に悪い・落ちない・クレンジング必須 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、「落ちない!」ばかりか、「肌に悪い!」ことすらあるのです。 その理由を、現役の化粧 ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

無添加化粧品・危険・肌に優しくない 7

無添加化粧品と聞くと肌に優しく安心・安全と思っている人は多いと思います。実際、敏感肌系コスメに無添加が多いのは事実です。 しかしこれは大きな間違いです。 この記事では、無添加化粧品=危険という超残念な ...

8

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

マイクロニードル・危険 9

        マイクロニードルや海綿などの針美容(針コスメ)が注目を集めています。 これは、針の形状や大きさは違えど、針による刺激等でしわ・たるみを改善すると ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 10

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 話題の成分