コスメの疑問&誤解 化粧品全般

無添加コスメならファンケルをオススメする、プロしか知らない理由とは?

投稿日:

多くのメーカーから無添加コスメが発売されていますが、化粧品開発のプロの目から見て、無添加コスメなら『ファンケル』を強くオススメします。
この記事では、何故、無添加コスメにファンケルをオススメするのか?プロしか知らないその理由を、詳しくご説明します。
スポンサーリンク


無添加コスメとは?

無添加コスメとは一般的に、添加物や肌に悪そうなイメージのある成分を配合しないコスメの事で、肌への優しさや、低刺激を訴求するコスメに多いです。

『フリーコスメ』とも言いますね。パラベンフリーや防腐剤フリー, 石油系界面活性剤フリー, シリコンフリー等、やたらとフリーを強調するコスメをよく見ます。

ただし重要なのは、フリーコスメ(無添加コスメ)は、あくまで、『肌に悪そうなイメージのある成分』をフリーにしただけであって、本当に肌に悪いのか?は別問題です。

確かにパラベンのように、旧表示指定成分であって、人によってはアレルギーなどの症状を引き起こす可能性がある成分をフリーにする事は悪い事ではありませんし、特定成分に対し耐性が弱いユーザーにとって、その成分をフリーにしたコスメを選ぶ事は大変有用な事です。

しかし、無添加や〇〇フリーを強調したいがために、『無意味なフリー』が多いのもまた事実。

そして、場合によっては、肌への優しさや低刺激を訴求しようとしたこれらフリーコスメが逆に、刺激が強く肌にとって悪い影響を与える事が十分にあるのです。

最近の無添加コスメ(フリーコスメ)に多いのが、

  • パラベンフリー
  • 防腐剤フリー
  • 石油系界面活性剤フリー
  • アルコール(エタノール)フリー
  • 合成香料フリー
  • 合成着色料フリー
  • シリコンフリー
  • サルフェートフリー
  • 動物性原料フリー
  • 脱動物実験

等ですが、この中で、基礎スキンケアにおいて全く無意味なフリーが、石油系界面活性剤フリーシリコンフリー, サルフェートフリーです。

石油系界面活性剤やシリコンは決して危険ではありませんし、確かにサルフェート系の界面活性剤は、肌刺激が強い傾向にありますが、そもそも基礎スキンケアにサルフェート系の界面活性剤なんて配合しません。

そして、一番無意味で危険なのが、『防腐剤フリー』です。

防腐剤フリーコスメは選ぶべきではないと私は思います。

ただし、全ての防腐剤フリーコスメがダメというわけではなく、私自身、『ファンケル』の防腐剤フリーコスメなら、比較的安心してお使い頂けると考えていますし、ファンケル以外の防腐剤フリーコスメを選ぶ理由が私には見当たらない、というのが本音です。

事項では、防腐剤フリーに着目し、無添加コスメならファンケルを強くオススメする、化粧品開発のプロしか知らない理由を詳しくご説明します。

 

無添加コスメならファンケルをオススメする理由とは?

私自身、無添加コスメ、特にその中でも『防腐剤フリーコスメ』には否定的です。

勿論、過去、防腐剤で肌トラブルの経験がある方や、防腐剤に対し耐性が弱い方は迷わず防腐剤フリーコスメを選ぶべきですが、これは、防腐剤に限った事ではありません。

防腐剤以外の成分に対しても、ご自身にお肌に合わなければ避けるべきです。

防腐剤フリーに代表される無添加コスメに否定的だと言ったものの、『ファンケル』は別格です。

無添加コスメであれば『ファンケル』を強くオススメします。

ファンケルの無添加は以下です。

  • 防腐剤フリー
  • 香料フリー
  • 合成色素フリー
  • 石油系界面活性剤フリー
  • 紫外線吸収剤フリー

その中でも、何度も申し上げている通り、『防腐剤フリー』がポイントです。

防腐剤フリーは危険です。何故なら、肌に優しそうなイメージがある防腐剤フリーですが、逆に、肌に悪影響を与える可能性があるからです。防腐剤フリーなら『ファンケル』を選ぶべき理由を化粧品開発プロの視点でのご説明します。

 

安全性との両立の難しさ

まず前提として、防腐剤フリーなんて簡単です。

簡単に、防腐剤フリーコスメは出来ます。

重要な事は、安全性(肌刺激の無さ)に留意しながら防腐剤フリーを実現する事が非常に難しく、これを実現出来るのは、ファンケルに代表される大手等、限られたメーカーだけです。

化粧品には『製造後3年間』の品質保証義務が存在します。これは、製造後3年間は、品質不具合が起こってはならないというもので、製造後3年間、性状を保っていなければなりませんし(安定である必要がある)、腐敗するなんてもってのほかです。

化粧品には多量の水が含まれていますから、3年もの長い間、腐らせないというのは不可能です。ですから、化粧品にはパラベンやフェノキシエタノールなどの『防腐剤』や、BGやペンチレングリコールなどの『抗菌成分』が配合されます。

ここで、BGやペンチレングリコールについて補足します。

BGやペンチレングリコール、プロパンジオールという成分名を聞いた事があるユーザーは多いと思います。

これら成分は多価アルコール類の中の『2価アルコール』と言われるもので、化粧品では『保湿成分』として扱われる事が多いです。
※1価アルコールがエタノールで、3価アルコールがグリセリンです

しかし実際は、2価アルコールには『抗菌力』が備わっていますから、保湿成分と言うより、『抗菌成分』として、パラベンやフェノキシエタノール等の防腐剤の代わりに、もしくは、防腐剤量を減らす事を目的に化粧品には配合されます。
※抗菌成分は防腐剤ではありません

パラベンやフェノキシエタノール等の防腐剤には、『肌刺激が強いイメージ』がありますから、防腐剤フリーコスメでは、防腐剤フリーにする事で『肌への優しさ』を訴求する訳です。

しかしこの手法は、一歩間違えると非常に危険で、防腐剤フリーを訴求したいがための、『無意味且つ安易な販売手法』と言っても過言ではありません。

何故なら、防腐剤フリーコスメであっても、製造後3年間の品質保証が義務付けられていますから、製造後3年の間、腐敗を防止しなければなりません。

ですから防腐剤フリーコスメでは、パラベンやフェノキシエタノール等の防腐剤をフリーにすることで足りなくなる防腐力を、BGやペンチレングリコール等の抗菌成分で補う必要があるのです。

つまり、防腐剤フリーコスメでは、必然的にBGやペンチレングリコール等の抗菌成分の配合量が多くなりますから、結果的に、肌刺激性が増す危険があるのです。

防腐剤には国が定めた配合上限が存在しますから、基本、防腐剤が高配合される事はありません。

ですが、BGやペンチレングリコール等の抗菌成分には、国が定めた配合上限は存在せず、あくまで『化粧品メーカーの自主基準』になります。

BGやペンチレングリコール等の2価アルコールは、優れた抗菌力により、防腐剤の代わりにもなりますし、防腐剤量を減らす事が出来ますが、高配合される事で『肌刺激の懸念』が増します。

2価アルコールの肌刺激の懸念について、中小の化粧品メーカーやOEMメーカーレベルでは、意識しないケースが多いですが(そもそも評価出来ない)、ファンケルに代表される大手化粧品メーカーは、『安全性評価技術』にも長けていますから、BGやペンチレングリコール等の抗菌成分に対して、『独自の配合上限基準』を設けている事が多く、防腐剤フリーを実現したいがために、これら抗菌成分を高配合する事はあり得ません

防腐剤フリーを訴求したいだけの、個人や中小メーカーの化粧品では、抗菌成分を安易に高配合するケースがあり、これは肌刺激につながります。

重ねて申し上げますが、防腐剤フリーなんて簡単。BGやペンチレングリコール等の2価アルコールを高配合するだけなので。

重要なのは、安全性(肌刺激)に配慮しながら防腐剤フリーにする事であって、それにはファンケルに代表される大手化粧品メーカーが保有する、安全性を評価するための高度な技術が必要不可欠です。

『安全性(肌刺激の無さ)との両立』、これが、無添加コスメであれば、個人や中小メーカーのものではなく、大手化粧品メーカーであるファンケルを強くオススメする理由の一つです。

 

二次汚染のリスク

化粧品には製造後、3年間の品質保証が義務付けられており、3年間、性状を保っていなければなりませんし、腐敗するなんてもってのほかです。

3年間腐敗しない事を確認する試験があります。

『チャレンジ試験(保存効力試験)』と言い、自社でやるメーカーもあれば、外注に依頼するメーカーもいます。

やり方は基本、どのメーカーも同じで、一定の基準が設けられており、その基準をクリアすれば3年間腐敗しないと判断し、発売するわけです。

チャレンジ試験の詳細なやり方は割愛しますが、実はこの試験、『数種類の菌』に対する効力を確認するだけです。

世の中には様々な菌が存在しますが、これら全ての菌に対してその効力を確認する事は不可能なので、『過去の検証』により、チャレンジ試験で用いられる菌の種類が決められています。

チャレンジ試験については、これまでの膨大な市場実績がありますから、試験の内容に関して全く問題ありません。

私が心配しているのは、例えばクリームの場合、指使いした際、指についた菌がクリームに混入。その菌が想定外のものであれば、いくらチャレンジ試験をクリアしても、それが原因で腐敗するリスクは否定出来ません

所詮、チャレンジ試験は、数種の菌に対する効力を確認しているだけなので。

コスメを使用中に、外から混入した菌によって汚染され腐敗する事を『二次汚染』と言います。

あくまで、これまでの私自身の経験上のお話ですが、防腐剤は、BGやペンチレングリコールといった抗菌成分に比べて、二次汚染に強いと考えています(万能ではないです)。

ですから、防腐剤フリーにするのであれば、単に防腐剤を配合しないのではなく、二次汚染リスクを考えた対策を講ずる必要があると私は思います。

この、『二次汚染リスクを考えた対策』、講じている防腐剤フリーコスメはほとんどありません。

しかし、『ファンケル』は違います。

まずファンケルは、新鮮な状態で使い続けられる『フレッシュ期間』を設けています。

フレッシュ期間は、製造後3年よりも短い期間で設定されており、長期間使い続ける事による二次汚染を防ぐ事が期待出来ます。

また、『密閉性の高い容器』を採用しており、これも二次汚染を防ぐ優れた対策です。

さらに、ファンケルのコスメは、他社に比べてやや内容量が少ないです。これは、新鮮な内に使いきれるようにするための工夫であり、見方によってはコスパが悪いと思われるかもしれませんが、実は、『二次汚染を防ぐ最も有効な対策』と言えます。

市場には、防腐剤フリーを宣伝したいためだけの無添加コスメが多く存在しますがが、その多くが二次汚染対策を講じておらず、フレッシュ期間の設定密閉性の高い容器の採用新鮮な内に使いきれる容器設計といった対策を講ずるファンケルの無添加コスメは、他と一線を画す存在です。

 

ファンケルのコスメ

いかがでしょうか?

無添加コスメならファンケルを強くオススメする理由が分かって頂けましたでしょうか?

無添加の中でも特に、『防腐剤フリー』は要注意です。

防腐剤フリーにする事は簡単なんです。安全性(肌刺激の無さ)を両立した防腐剤フリーが難しいのであって、これを実現できるのは、ファンケルに代表される大手化粧品メーカーです。

中小レベルでは、安全性を評価する高度な技術を持っていません。

そして、防腐剤フリーコスメにつきものな『二次汚染』に関しても、ファンケルほど見事な対策を講じているコスメを私は知りません。

無添加コスメならファンケルを強くオススメします。

エイジングケアなら『エンリッチ+』。ナイアシンアミドを有効成分とした『しわ改善の医薬部外品』です。
『無添加×しわ改善』はなかなかお目にかかれません!

お試しセット

 

美白なら『ホワイトニング』。医薬部外品です。
肌のターンオーバーでなかなか排出されない『居座りジミ』の原因を解明し、化粧品のオリンピックと言われる世界的な学術大会『IFSCC』でその成果を発表!世界に認められた技術と言えます。それでいて『無添加』。凄すぎる。

無添加ホワイトニング

 

モイスチャーなら『モイストリファイン』。肌内部から乾燥する『インナードライ』に着目。
独自成分アクティブセラミドモイストチャージコラーゲンで、肌の内側から潤いを与え、キメが整ったなめらかなお肌へ。毛穴にも効果的です。勿論、『無添加』

アクティブコンディショニング ベーシック

 

大人ニキビにお悩みなら『アクネケア』殺菌剤不使用で、抗炎症効果があるグリチルリチン酸ジカリウムを有効成分にした『医薬部外品』です。当然こちらも『無添加』

アクネケアたっぷりおためしキット

 

今回、この記事を作成するにあたり改めて、ファンケルのシリーズを見直し、市場調査もしましたが、やはり、無添加コスメでファンケル以外を選ぶ理由が私には思い当たりません。

 

※ 本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの疑問&誤解, 化粧品全般

Copyright© コスメの真実 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.