※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 各種アイテム

ハトムギ化粧水で肌トラブル?プロが教える合わない人の特徴と解決策

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

愛用者多数のハトムギ化粧水ですが、あなたの肌には合っていますか?

本記事では、ハトムギ化粧水が肌トラブルを引き起こす可能性とその理由を、現役の化粧品開発者が解説します。肌質に合わない成分の影響や保湿力不足の問題点を明らかにし、あなたの肌に合ったケア方法を提案します。ハトムギ化粧水の真実を知り、美しい肌を目指しましょう。

 

本記事の内容

  • 何故、ハトムギ化粧水がお肌に合わないのか?現役の化粧品開発者が詳しく解説

 

スポンサーリンク




市場にある主要なハトムギ化粧水

多くの化粧品ブランドがハトムギ化粧水を取り扱っており、その種類は豊富です。ハトムギ化粧水は、肌の水分バランスを整えることで知られており、特に乾燥肌や敏感肌の方に人気があるようです。しかし、すべての人に合うわけではなく、肌質や個人の感受性によっては合わない場合もあります。

市場には様々なハトムギ化粧水が存在しますが、人気のハトムギと言えば、以下の4ブランドです。

 

  • ナチュリエ ハトムギ化粧水
  • 麗白 ハトムギ化粧水
  • プラチナレーベル ハトムギ化粧水
  • 情熱価格 ハトムギ化粧水(ドンキ)

 

ただし、ハトムギ化粧水にはオリジナルと、そうでないモノがあり、上記4ブランドは、そうでない方のハトムギ化粧水です。詳細は以下をご覧ください。

あわせて読みたいハトムギ化粧水の本物と偽物の見分け方:現役の化粧品開発者が解説

ハトムギ化粧水は、その保湿効果と肌への優しさで広く愛されていますが、市場には「本物(オリジナル)」と「偽物」と称される製品が存在します。 本物のハトムギ化粧水とは何か、その特徴は? この記事では、化粧 ...

 

さらに、上記4ブランドに関して、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。ハトムギ化粧水「やばい?」に関しては、以下をご覧ください。

あわせて読みたいハトムギ化粧水「やばい」の真相!化粧品開発者が徹底解説

ハトムギ化粧水は何故、「やばい」と言われるのでしょうか? この記事では、インターネット上で見かける「やばい」という口コミの真相を、現役の化粧品開発者が、処方特徴とともに詳しく解説します。実際のユーザー ...

 

上記4ブランドは、オリジナルではなかったり(偽物)、「やばい」という口コミも見られますが、現在のハトムギ化粧水人気を牽引する代表的なブランドであることに変わりはありません。

しかし、「これらハトムギ化粧水が肌に合わない!」という声が多数みられるのは事実であり、それには明確な理由があります。

 

ハトムギ化粧水の主要成分とその肌への影響

肌に合わない!の特徴を把握するためには、成分の分析が不可欠です。ハトムギ化粧水には、保湿や肌荒れ防止に効果的な成分が含まれてはいるものの、中には敏感肌の方に刺激となる成分もあります。

「ナチュリエ」 全成分

【全成分】水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマー、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン

「麗白」 全成分

【全成分】水、グリセリン、DPG、メチルグルセス-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na、ハトムギ種子エキス、グリチルリチン酸2K、キサンタンガム、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

「プラチナレーベル」 全成分

【全成分】水、BG、グリセリン、加水分解ローヤルゼリータンパク、ハトムギ種子エキス、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

「情熱価格(ドンキ)」 全成分

【全成分】水、グリセリン、DPG、メチルグルセス-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na、ハトムギ種子エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、カニナバラ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウサンザシ果実エキス、ビルベリー葉エキス、キュウリ果実エキス、エタノール、キサンタンガム、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

ハトムギ化粧水の主要成分には、エタノール(ドンキ)、パラベン(ナチュリエ・麗白・プラチナレーベル・ドンキ)、DPG(ドンキ・麗白・ドンキ)などがあります。

エタノールは肌を引き締め、清涼感を与える効果がありますが、肌バリア機能が弱っているとヒリヒリしたりしみたりすることがあります。

パラベンは防腐剤として化粧品を雑菌から守りますが、肌に合わないと赤みやかゆみが出ることがあります。

DPGは水溶性保湿成分で、防腐剤の役割も兼ねますが、目や肌に刺激を感じることがある成分です。

それぞれの成分の配合量が多いと、より強く刺激を感じやすくなるため、成分表を確認し、自分の肌に合った製品を選ぶことが大切です。また、肌質に合わない場合は、使用を中止し、肌に優しい成分を含む他の製品を検討することをお勧めします。

 

ハトムギ化粧水が合わない人の特徴

ハトムギ化粧水は多くの方に愛用されていますが、残念ながらすべての方に合うわけではなく、「ハトムギ化粧水が肌に合わない!」という人、結構いらっしゃいます。その理由は明確で、ご自身の肌質とハトムギ化粧水に配合の「成分」が合わないというのは勿論、一番の理由は、「ハトムギ化粧水そのものが合わない」からです。

肌質と「成分」の相性

ハトムギ化粧水が合わない人の一つの特徴は、肌質とハトムギ化粧水に配合の「成分」による相性の問題です。

先ほども述べましたが、ハトムギ化粧水には、エタノール(ドンキ)、パラベン(ナチュリエ・麗白・プラチナレーベル・ドンキ)、DPG(ドンキ・麗白・ドンキ)が配合されており、これらは、肌質を選ぶ傾向にあります。

エタノールは清涼感を与えたり、抗菌力も備わっている優秀な成分ではありますが、脱脂力が強く、肌に必要な脂質(油分)を溶解させてしまいます。人の肌に存在する油分(皮脂)は、皮膚を柔らかく保ち、外部からの刺激から保護する役割がありますから、エタノールが肌に塗布され、これらの油分が除去されると、乾燥を招き、人によっては、かゆみ、刺激などの問題が生じることがあります

パラベンは少量で防腐力を発揮する優秀な成分ですが、旧表示指定成分ですから、人によってはアレルギーなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

DPGは、保湿効果は勿論、抗菌力がありますから、パラベン等の防腐剤量を減らす事ができます。しかし、多量に配合されると、目や肌に刺激を感じることがあります。

ハトムギ化粧水には、エタノールやパラベン、DPG等、人の肌質を選びやすい成分が配合されてるケースが多いので、「ハトムギ化粧水が肌に合わない!」経験がある方々は、これら成分との相性があまりよくないと言えるでしょう。

 

肌質と「ハトムギ化粧水」の相性

ハトムギ化粧水に配合されている、エタノール、パラベン、DPGは、肌質を選びやすい成分であり、ハトムギ化粧水が肌に合わない場合、これら成分との相性が悪いと述べました。

確かにこれら成分は、肌質を選びやすいですし、肌に合わない方は多くいらっしゃるのは事実ですが、決して危険な成分ではなく、通常の化粧品に当たり前のように配合されている成分です。

ですから、「ハトムギ化粧水が肌に悪い!」場合、成分よりも、ハトムギ化粧水そのものが肌に合わない可能性の方が高いです。

何故なら、ハトムギ化粧水の最大の魅力は、大容量 / 低価格を実現した、圧倒的なコスパです。主要4ブランドの容量 / 価格を見てみましょう。

  • ナチュリエ 500mL / 約600円
  • 麗白 1000mL / 約600円
  • プラチナレーベル 1000mL / 約600円
  • 情熱価格(ドンキ) 1000mL / 約500円

どうでしょうか?このコスパ。

この容量 / 価格設定は凄いの一言です。相当な企業努力があるのは当然ですが、一方で、この容量 / 価格を実現するには企業努力だけでは無理で、原材料費のコストダウンが必須です。

要は、徹底的に無駄を省き、必要最低限の原料構成とした結果、化粧品の一番の基本である、保湿が足らなくなったという事です。

最重要ポイント

ハトムギ化粧水が肌に合わない一番の理由は、ハトムギ化粧水そのものの保湿不足

勿論、ハトムギ化粧水の原料構成で、十分な保湿を得られる人はいらっしゃいます。ですが、「ハトムギ化粧水が肌に合わない!」と感じる人は、ハトムギ化粧水の保湿力では不十分であり、保湿力不足が断続的に続くと、乾燥・肌荒れを引き起こします

ハトムギ化粧水に配合されている特定の成分がどうこうというより、ハトムギ化粧水そのものが、保湿力が足らなくて肌に合わないという事です。

ただし、ハトムギ化粧水には、保湿力不足を補って余るだけの圧倒的コスパがありますし、ハトムギ化粧水の保湿力で十分という人はいらっしゃいますから、ハトムギ化粧水がダメという訳ではありません。

 

何故、ハトムギ化粧水でニキビが悪化?

ハトムギ化粧水の肌トラブルに、ニキビが悪化したという声が多くみられます。

勿論、ハトムギ化粧水に配合されている、エタノールやパラベン、DPG等の特定成分が原因の可能性はありますが、保湿力不足も大いに関係しています。

ニキビは、皮脂の過剰分泌、アクネ菌の増殖、毛穴の詰まりなど複数の要因によって引き起こされますが、特に乾燥肌は、ニキビの発生に大きな影響を与えます。

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下し、皮脂の過剰分泌を引き起こします。この過剰な皮脂は、アクネ菌の増殖を促し、毛穴の詰まりや炎症を引き起こします。さらに乾燥肌は、ターンオーバーの乱れを引き起こし、古い角質が毛穴を塞ぐ原因となるのです。

このように、乾燥によって毛穴が詰まったり、毛穴が塞がることでニキビが悪化していきます。

スキンケアにおいては、肌を清潔に保ち、適切な保湿を行うことが最も重要です。保湿は乾燥肌を防ぎ、肌のバリア機能を強化するために不可欠ですから、ハトムギ化粧水を使用してニキビが悪化したという場合は、保湿を重視して、化粧水を選びなおすことをおすすめします。

例えば、ニキビ肌におすすめな化粧水に「オルビス クリアフル」があります。この製品は、十分な保湿力を有しながらも、ニキビに効果がある有効成分を配合した医薬部外品で、ノンコメドジェニックテスト済み製品です。ニキビケアに特化した化粧水です。

 

ハトムギ化粧水が合わない場合の対処法

ハトムギ化粧水が肌に合わないと感じた場合、適切な対処法を知っておくことが重要です。肌トラブルを最小限に抑え、肌の健康を守るための対策をご紹介します。

肌トラブル時の応急処置

ハトムギ化粧水使用後に肌に赤み、かゆみ、ヒリヒリ感などのトラブルが発生した場合、まずは使用を直ちに中止してください。肌を冷やすことで炎症を抑えることができます。冷たいタオルや冷却パックを優しく当てると良いでしょう。それでもなお、肌の状態が改善しない場合は、皮膚科を受診することをお勧めします。

 

代替品の選び方とおすすめ商品

ハトムギ化粧水が肌に合わなかった場合、保湿不足が可能性の一つですから、高品質の化粧水への変更をおすすめします。

例えば以下記事では、現役の化粧品開発者の私がおすすめする、高品質化粧水を厳選しています。ハトムギ化粧水ほどの大容量 / 低価格ではありませんが、記載の製品すべてが、大手化粧品メーカー且つ低価格~中価格帯ですから、コスパ抜群です。

 

おわりに

いかがでしょうか?

ハトムギ化粧水は、圧倒的なコスパで多くの方に支持されていますが、すべての肌質に適しているわけではありません。

特に敏感肌やアレルギー肌の方には、含まれる「成分」が刺激となることがありますし、「ハトムギ化粧水そのものの保湿力不足」が問題となるケースもあります。大切なのは、自分の肌質を理解し、それに合ったスキンケア製品を選ぶことです。

ハトムギ化粧水が万能ではないことを理解し、肌に優しいケアを心がけることが、美しい肌を保つ秘訣です。この記事が、あなたのスキンケア選びの一助となれば幸いです。肌に合ったケアで、健やかな肌を目指しましょう。

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの真実, 各種アイテム