コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

アクセスありがとうございます。cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の開発を行ってきました。その経験を活かし、化粧品をお使いのすべての人々に、『化粧品の真実』をお伝えしたいと思います。普段のお化粧に、是非参考になって頂ければと思います!

今話題の韓国コスメは危険か?それとも安全か?

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

先日、読者の方から以下のようなご質問を頂きました。

「韓国コスメは安全ですか?」「安全な韓国コスメブランドはありますか?」

このブログの人気記事、『韓国発化粧品の真実』でも触れていますが、お恥ずかしい話、私、韓国に行ったことがありません。

しかし、十数年、化粧品開発に携わった経験と知識から、ご質問にお答えいたします。

1.韓国コスメ

韓国コスメの代表格と言えば『BBクリーム』です。十数年前、韓流ブームとともに日本に上陸し、ユーザーから圧倒的な支持を得て、今や定番アイテムとなりました。今の若い人であれば、「BBクリーム=韓国コスメ」という感覚はないかもしれませんね。

「スキンフード」、「3CE」、「ARITAUM」、「The FACE SHOP」、「MISSHA」など、人気の韓国コスメブランドはたくさんあります。

これら韓国コスメは、値段もお手頃で、パッケージデザインもおしゃれで、何より、韓国の女性は綺麗な方が多いので、韓国コスメを使えば自分も美肌になれるという期待感から、ユーザーに支持されているのではないでしょうか?

私自身、韓国に行ったことはありませんが、化粧品開発者だった頃、数多くの韓国コスメを触り研究していました。ユーザーに支持されるだけの、興味深いコスメはたくさんありました。

正直、化粧水や乳液、クリームといった『王道アイテム』は、日本の方が圧倒的に優れています。ただし、韓国コスメは、日本のコスメがあまり着目しない成分に、いち早く着目し、その良さを見出し、製品にする能力は非常に優れています。

BBクリームほどのヒットにはなりませんでしたが、『カタツムリエキス』『蛇毒(シンエイク)』が、まさに韓国コスメの特徴を物語っています。

日本のコスメではなかなか味わえない、『斬新で珍しい成分の効果』を体験できる、これが韓国コスメの一番の特徴ではないでしょうか。

ただし、「なかなか味わえない、斬新で珍しい成分」ということは、『成分の安全性』を無視出来ません。

「斬新で珍しい成分」を特徴とする韓国コスメは、『安全』ではなく、『危険』なのでしょうか?

 

2.韓国コスメは危険か?それとも安全か?

韓国コスメ・安全性

韓国コスメは安全ですか?

結論から言うと、私の見解は、『YES(安全)』です。

韓国コスメ=危険ではありません。

そもそも、日本ブランドであろうが、韓国ブランドであろうが、欧米ブランドであろうが、日本で発売されている化粧品(医薬部外品含む)は、安全でなければなりません。

このブログでも再三申し上げていますが、化粧品は、効果の代償に副作用が許される医薬品とは異なり、副作用など絶対に許されません。

化粧品は『安全であること』が大前提なのです。

ですから、日本で発売されている化粧品であれば、それが韓国ブランドであっても、安全であることが大前提ですから、韓国コスメは安全ですか?というご質問に対しては、『YES』なんです。

ただし、『2つ』の注意点があります。

 

3.韓国コスメで注意すべき点

3-1.韓国コスメブランドの安全性基準

化粧品の安全性(肌トラブル)に関しては、『化粧品メーカー』が全責任を負います。

国は事細かに安全性に関する基準を定めていません。国は、配合成分などの安全性基準の大枠を定め、化粧品メーカーが、『各社独自の安全性基準』で運営しています。万一、安全性に関するトラブルが発生した場合は、国ではなく、化粧品メーカーが責任をもって対応しなければならないのです。

『化粧品は安全である』ことが大前提です。これは日本ブランドだろうが韓国ブランドだろうが欧米ブランドだろうが関係ありません。しかし、何事も100%はあり得ません。安全である化粧品でも、お肌に合わない方はいらっしゃいますし、「カネボウの白斑問題」や、「悠香の茶のしずく石鹸」のように、絶対にあってはならない安全性トラブルが実際に起こっています

安全性基準は、国が定める『統一基準』ではなく、化粧品メーカーが定める『自社基準(独自基準)』のため、細かな視点で見れば、メーカーによって安全性基準は異なります。

総じて、日本ブランドの安全性基準は、韓国ブランドに比べ厳しい、言い換えると、韓国コスメの安全性基準は、日本ブランドに比べれば緩い傾向にあるということを知っておく必要があります。

 

3-2.万一の場合のお問い合わせ対応

万一、韓国コスメを使用中の方が安全性トラブルの被害にあわれた場合、どのように対応するのか?

前述したように、安全性トラブルに関しては、化粧品メーカーが責任をもって対応する必要があります。日本に研究拠点や販売拠点がある韓国ブランドであれば問い合わせ可能ですが、無い場合、直接、韓国に問い合わせしなければなりません。

言葉や文化の壁がありますから容易ではありません。


日本コスメではなかなか味わえない、斬新で珍しい成分の良さを体験出来るのが、韓国コスメの特徴であり、最大のメリットです。

しかし、韓国コスメは、「①日本ブランドに比べ、安全性基準が緩いこと(一般論)」 「②万一の際のお問い合わせ対応へのハードルが高いこと」、韓国コスメを楽しむためには、この2点をしっかり理解する必要があります。

韓国コスメ=危険という『イメージ』が強いと思いますが、「安全性基準が緩い=危険」ではありません。

『コスメの安全性』は、そんなに簡単に、単純に語れるものではありません。

次項で『コスメの安全性』についてご説明します。 

 

4.化粧品にとって一番重要なことは?

韓国コスメ・安全性・危険

韓国コスメは、お手頃ですし、デザインも素敵です。日本のコスメも、韓国コスメに見習うべき点はたくさんあります。

ですが、化粧品にとって一番重要なことは何だと思いますか?

塗布したらすぐに効く『効果効能』でしょうか?

韓国コスメのような、お手頃な『価格』でしょうか?かわいらしい『デザイン性』でしょうか?

「効果効能」、「価格」、「デザイン性」は化粧品にとって重要な要素ではありますが、一番ではありません。

化粧品にとって一番重要なこと、それは『安全性』です。

化粧品は毎日使うものですから、『安全』であることが大前提であり、「効果効能」、「価格」、「デザイン性」はその次にくる要素です。

化粧品とは、安全に使い続けることで、若々しく健やかな肌を実現し、人々に『美』を与え、人々を『笑顔』にするアイテムです。

安全性のトラブルは、人々から『笑顔』を奪います。

『安全性』こそ化粧品にとって一番重要なことであり、これを忘れ、その他の要素に重きを置くメーカーは、化粧品を扱う資格はありません。また、ユーザー側も、効果やデザインと言った派手な部分ばかりに目を向けず、『安全性』という視点でコスメを選ぶ必要があります。

私が化粧品開発者だった頃、安全性に関わる2大事件が起きました。

『悠香 茶のしずく石鹸』『カネボウ 白斑』です。

これら事件の詳細については、以下記事をご覧ください。

⇒ 「効果効能ではない!」 化粧品にとって一番重要なことは? 【悠香 茶のしずく, カネボウ白斑問題から考えてみた】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


悠香の「茶のしずく石鹸」では、アレルギー症状の根源であった原料、「グルパール19S」(加水分解コムギ)の、安全性試験が実施されていなかったことが一番の問題でした。

全成分表示制度が導入される以前は(2001年以前)、国が定める『化粧品原料基準』で定められた規格の範囲に合致した原料のみ、化粧品に配合出来ました。当時は、新原料を配合するには『9項目試験』と呼ばれる安全性試験をクリアする必要がありました。全成分表示制度の導入とともに、化粧品に関わる責任はメーカーに委ねられましたので、『9項目』の必要性はなくなりました。

しかし、必要性はなくなったと言っても、『安全性』を重視する化粧品メーカーは、原料メーカーに『9項目』の提出を求めますし、9項目が揃わない原料は『配合しない』という姿勢の化粧品メーカーもあります。また、化粧品メーカーが自社で、不足部分のデータを取得するケースもあります。

しかし、9項目の取得には『費用』が掛かりますし、何より、これらデータを取得するには『技術力』が必須です。どのメーカーでも出来るというわけではありません。

メーカーの技術力と言うと、「効果が高い成分」とか、「感触に優れた製剤」といった、成分・製剤に着目しがちですが、安全性を評価するためにも『高い技術力』が必要である事を忘れてはいけません。

私も化粧品開発者であった頃、数多くの原料を紹介されましたが、必ず、『9項目の安全性データの有無』を確認していました。

特に現在では、『脱動物試験』の流れですから、以前に比べ、より一層、安全性データの取得が困難になっています。一方で、業界全体として動物試験に代わる、『代替法』の検討がなされており、この代替法で安全性を確認するには、技術力が必須です。技術力がないメーカーでは、代替法で安全性を確認することは難しいでしょう。

私はこのブログで、 『コスメの真実』をお伝えしながら、日本ブランドであれば、「アテニア」、「資生堂」、「オルビス」、「ファンケル」、「ディセンシア」などの化粧品メーカーを紹介し、おすすめしています。

これらは、誰もが知る大手化粧品メーカーであり、製品が良いことは勿論ですが、『安全性を評価する技術力』を有しているからこそ、おすすめしているのです。

全成分表示制度の導入以降、化粧品の安全性に関する責任は、国から化粧品メーカーへと移りました。国は安全性基準の大枠を定めるものの、詳細は、化粧品メーカーの『自社基準(独自基準)』に委ねられています。

先程申し上げた、「9項目の安全性データを必須とする」ことも、「9項目の安全性データがない原料は配合しない」ということも、「不足部分は自社で取得する」ことも、これら全ては義務ではなく、『化粧品メーカーの自社基準・判断』です。

ですから、「茶のしずく石鹸」で、アレルギー症状の原因であった「グルパール19S」(加水分解コムギ)を、安全性データがなくとも、製品に配合しても問題はないのです。あくまで、配合するしないは、化粧品メーカー(株式会社 悠香)の自社基準・判断ですから。

ただし、安全性データがない原料を配合すること自体が大きな問題であり、それを良しとした株式会社 悠香の責任は重いです。

私が所属していた化粧品会社では、安全性データがない原料は、絶対に配合出来ませんでした。

一方で、『安全性』はメーカーの自社基準ですから、製品から判断することは難しいという現実があります。そのメーカーを信用するしかありません。

その信用を、私は、メーカーの『規模』『技術力』で判断しています。

韓国コスメではありませんが、
私が好きな『アテニア化粧品』は、「ファンケル」のグループ会社であり、研究母体もファンケルです。ファンケルは、『無添加化粧品No.1ブランド』であり、高度な技術で安全性を評価出来るので、そのグループ会社であるアテニアも、安心してお使い頂ける化粧品メーカーの一つです。

 

ドレスリフト

⇒ おすすめの「化粧品会社」です 【アテニア化粧品】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


ただし、アテニア(ファンケル)だからと言って、絶対に安全、安心と言うわけではありません。

安全であることが大前提の化粧品で、アテニア(ファンケル)という技術力の高いメーカーの製品であっても、化粧品がお肌に合わないケースはあり得ます。 現在はどのメーカーも、比較的お値打ちな価格でシリーズをお使い頂ける、『トライアルセット』が充実していますから、まずは、トライアルでお試しになって、お肌との相性を確認した後、本製品をお使い頂くことをおすすめいたします。

 

5.注目の韓国コスメ

化粧品の安全性は、国が定める『統一基準』ではなく、化粧品メーカーが定める『自社基準(独自基準)』です。

だからこそ、韓国コスメの安全性基準が、一般的に緩いことも相まって、韓国コスメ=危険という『イメージ』が強いのではないでしょうか?

中小のメーカーや韓国コスメは、費用と技術力の問題から、安全性を評価することが難しく、安全性を軽視しがちというのは、ある意味間違いではありません。

ですが、韓国コスメの全てが安全性軽視というわけではありませんし、日本ブランドでも、「茶のしずく石鹸」や「カネボウ 白斑」のような、重篤な安全性トラブルを起こしていることを忘れてはいけません。

安全性を考慮に入れながら、私が「面白い!」と思った韓国コスメをご紹介します。

 

5-1.蛇毒原液コスメ、『JFエッセンス S.A』

『シンエイク』と言うのは、蛇毒の『原料名』です。

当時、韓国での大ヒットにより、『シンエイク=蛇毒』と、ユーザーに広く認知されました。ですから、化粧品メーカーは『シンエイク配合』と、ホームページなどで宣伝したかったんですね。

ところが、シンエイク(蛇毒を人工的に合成したペプチド)を開発した超大手企業は、ある一定量以上配合した商品に限り、『シンエイク』という言葉を使っていいと条件を出しました。

ですから、『シンエイク』と、ホームページや媒体などで表現している商品は、高濃度配合しているということになります。

この『JFエッセンス S.A』は、シンエイク原液ですから、問題なく、シンエイクという言葉が使えます。

シンエイク(蛇毒を人工的に合成したペプチド)は、業界人であれば誰もが知る、超大手企業の開発原料です。

世界トップクラスの技術力を誇りますから、効果の高さは保証済みで、私も当時、データを見ましたが、『圧巻のシワ改善効果』でした。

私は「シンエイク」に惚れ込み、是非、商品化したかったですが、様々な理由により、商品化には至りませんでした・・・。

今でこそ、ポーラと資生堂の偉業により、国から、シワ改善の有効成分が認められ、『シワ改善医薬部外品』が登場しましたが、当時は、そのようなものは存在しませんでしたから、私の主観ではありますが、『シンエイクこそNo.1のシワケア成分』と思っていました。

それが、今では『原液コスメ』として登場しているとは驚きです。

効果は素晴しい。しかし、「原液コスメ」で一番の懸念点は、原液ゆえの『安全性』です。安全性に関し、全く無頓着というわけにはいきません。

この『JFエッセンス S.A』、確かに、安全性の懸念はゼロではありませんが、全国500店舗以上のエステサロンでの『利用実績』があります。

この利用実績は、安全性を語るうえで『大きな武器』になります。

利用実績は、『安全に商品をお届けしてきた実績』とも考えられるからです。

ただし、いくら利用実績があると言っても、他の原液コスメ同様、原液ゆえに、お肌に合うかをしっかり確認してお使いください。

蛇毒原液コスメ、『JFエッセンス S.A』

 

5-2.赤ら顔に対応した韓国コスメ、『ビタK レッドX トナー』

『ビタK レッドX トナー』は、『SKIN&LAB』から販売されている、赤ら顔に対応した韓国コスメです。

『SKIN&LAB』は、皮膚科専門医の多くの臨床経験を土台に、長年の研究を経て韓国で誕生した、『韓国のドクターズコスメ』です。

韓国コスメの安全性が心配でも、『ドクターズコスメ』であれば比較的安心ではないでしょうか。

『ビタK レッドX トナー』は、『ビタミンK』を配合したコスメです。

「ビタミンK」って、なかなかお目にかかれません。

少し前の研究報告になりますが、『ビタミン類の認知度調査』というのがあります。その調査結果によると、最も認知度の高いビタミンは『ビタミンC』で、次いで、『ビタミンA』『ビタミンE』と続きます。

これらは、誰もが知るビタミン類ですね。

『ビタミンK』はというと、10位にも入りませんでした・・・。かなり認知度が低いみたいですね。

その『ビタミンK』をコスメに配合するとは、韓国コスメは面白い!!

しかも、『ドクターズコスメブランド』から。

でも、面白いだけではありません。ちゃんと、『ビタミンKの効果』に着目しています。

『ビタミンK』は、目のクマや妊娠線の改善効果があると言われています。「ビタミンA」と「ビタミンK」を配合したクリームを用いた臨床試験によって、明らかに目のクマのL値が上昇し(白さ、明るさが上昇)、目のクマが改善されたとの報告事例があります。
Fragrance Journal, 32(2), 27-28(2004)

ビタミンKの目のクマに対するメカニズムは、詳細には解明されていませんが、毛細血管のうっ血を減少させるためと言われています。

ですから、『ビタミンK』を配合した『ビタK レッドX トナー』には、『赤ら顔を改善する効果』が期待出来るんですね。

実際、日本のドクターズコスメである『ドクターシーラボ』にも、赤みの原因にアプローチする、皮膚の専門家が生み出したカラーコントロールローションという、『赤ら顔用ローション』が存在します。

ドクターシーラボでは、アボガド油、ローズヒップ油、キョウニン油、大豆発酵エキスなど、植物由来の『ビタミンK様作用成分』を配合しています。

日本のドクターズコスメも、『ビタミンKの効果』を認めていますね。

『ビタミンK』は、認知度が低いビタミン類ではありますが、皮膚科医が認めているということもあり、興味深い成分です。

日本のメーカーがあまり着目しない成分に着目し、差別化を図る。日本ブランドではなかなか味わえない、『斬新で珍しい成分』の良さを体験出来る。韓国コスメの特徴であり、良さですね。

皮膚科医が認めたドクターズコスメと言っても、『安全性』に絶対はありません。万一、お肌に合わない場合は、直ちに使用を止め、メーカーの指示に従ってください。

ビタミンK配合、赤ら顔に対応した韓国コスメ、『ビタK レッドX トナー』

 

6.おわりに

韓国コスメはお手頃価格でかわいらしいデザインのものが多く、そして、日本ブランドではなかなかお目にかかれない、珍しい成分の良さを体験できます。

日本ブランドも、韓国コスメに学ぶべき点がたくさんあるのではないでしょうか?

韓国コスメの安全性基準は緩い傾向にある(一般論)ことは事実です。しかし、だからと言って、「韓国コスメ=危険」というわけではありません。

日本ブランドだって、重篤な安全性トラブルを起こしている事実を忘れてはいけません。

一方で、化粧品にとって一番重要なことは『安全性』ですから、ユーザーの皆様も、安全性に全く無頓着というわけにはいきません。

『利用実績』『ドクターズコスメ』などの観点から韓国コスメを考え、韓国コスメを楽しんで頂きたいと思います。

どこの国のモノであれ、化粧品は安全であることが大前提です。万一、お肌に異常を感じた場合は、直ちに使用を止め、化粧品メーカへ問い合わせをし、指示に従ってください。


▼エイジングケアブランド「アテニア ドレスリフト」

ドレスリフト

おすすめの「化粧品会社」です 【アテニア化粧品】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


▼韓国コスメの真実 

www.cosmedein.com