※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 化粧水

ハトムギ化粧水の本物と偽物の見分け方:現役の化粧品開発者が解説

 

大人気のハトムギ化粧水には本物偽物があるって聞いたけど、本当?

 

こんな疑問に、現役の化粧品開発者がお答えします!

 

この記事で分かること

  • ハトムギ化粧水の本物と偽物の見分け方
  • 現役の化粧品開発者が真におすすめするハトムギ化粧水

 

実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」「偽物」が存在します。

偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモノ(偽物)といった方が正しいかもしれませんね。

どうせなら、本物(オリジナル)のハトムギ化粧水を使いたくはないですか?

ご安心ください!

「本物(オリジナル)」と「偽物(オリジナルでないモノ)」の違いを明確にお教えします!

そして最後には、化粧品開発歴20年以上の私が、数ある製品の中から、現在、最もおすすめする本物のハトムギ化粧水をご紹介します。

 

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

スポンサーリンク




ハトムギ化粧水の本物と偽物は?

ハトムギ化粧水・偽物・本物・スキコン

日本最大の化粧品口コミサイト、アットコスメで、複数年ベストコスメアワード化粧水部門第一位を獲得したすごい商品があります。

それが、ナチュリエ ハトムギ化粧

ですからネット上では、

 

ナチュリエのハトムギ化粧水が本物(オリジナル)で、それ以外は偽物

 

という情報がありますが、これは大きな間違いです。

確かにナチュリエは、そのコスパの高さから、ハトムギ化粧水として非常に有名ですが、本物(オリジナル)のハトムギ化粧水ではありません。

 

ハトムギ化粧水の本物(オリジナル)は、スキコンの愛称で親しまれている、アルビオン薬用スキンコンディショナー エッセンシャルです。

 

結論

  • ハトムギ化粧水の本物(オリジナル)は、アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル!
  • ナチュリエはハトムギ化粧水の偽物(それ以外の製品)!

 

ハトムギ化粧水の誕生:アルビオン スキコンの歴史

ハトムギ化粧水の歴史は、アルビオン薬用スキンコンディショナー エッセンシャル、通称スキコンの登場に始まります

だからこの商品が、本物(オリジナル)なのです。

 

1974年に発売されたこの製品は、40年以上にわたり多くのユーザーから支持されてきました。

主要成分にはグリチルリチン酸ジカリウム、ハマメリスエキス、マロニエエキス、ヨクイニンエキスなどが含まれ、これらが肌に潤いと透明感を与えます。

 

スキコンの最大の特徴、それは、独自の白濁化技術にあります。

水性成分中に界面活性剤を安定的に分散させています

この技術により、スキコンは白濁化を実現し、他に類を見ない製品として市場に登場しました。

2022年にはリニューアルを経て、ハトムギオイルを新たに配合し、さらに進化を遂げています。

 

ナチュリエを含む現代ハトムギ化粧水の発展

アルビオン スキコンの成功を受け、ナチュリエをはじめとする多くのハトムギ化粧水が市場に登場しました。

これらの製品は、スキコンの白濁化技術やハトムギエキスの使用を参考にしながらも、より手頃な価格で提供されることを目指しました。

ハトムギ化粧水の「偽物」とは言い過ぎかもしれませんが、「オリジナルでない」ものの、ナチュリエ ハトムギ化粧水は、特にコストパフォーマンスの高さから注目を集め、アットコスメで複数年にわたりベストコスメアワードを受賞しています。

 

ナチュリエは、白濁化剤として「(スチレン/アクリレーツ)コポリマー」を使用し、スキコンとは異なるアプローチで白濁化を実現しています。

2022年のリニューアルでは、成分の改良が行われ、より安全性が高く肌に優しい製品へと進化しました。

これらのハトムギ化粧水は、低価格で大容量を実現し、幅広いユーザー層に受け入れられています。

 

このように、ハトムギ化粧水の世界は、アルビオン スキコンの登場によって大きく変化し、多様な製品が生まれました。

それぞれの製品が持つ独自の特徴と進化の歴史を知ることで、ユーザーは自分に最適なハトムギ化粧水を選ぶ手助けを得ることができます。

 

ポイント

  • ハトムギ化粧水の本物は「アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル(スキコン)」
  • アルビオンを参考に、コスパの高さを目指したモノが「ナチュリエ」

 

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水

アルビオン スキコンの凄さ

アルビオン スキコンの凄さ、それは、化粧水の白濁化技術です!

全成分

<有効成分>グリチルリチン酸ジカリウム

<その他の成分>精製水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、グルタチオン、ハマメリスエキス、マロニエエキス、ヨクイニンエキス、天然ビタミンE、油溶性ヨクイニンエキス、I-メントール、カラギーナン、セスキオレイン酸ソルビタポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、無水エタノール、エチルパラベン、プロピルパラベン、メチルパラベン、香料

※ヨクイニンエキスがハトムギエキスです

 

この白濁化技術、唯一無二でありながら圧倒的です。

だからこそ、40年以上前に発売されながら、いまだユーザー支持を集め、誰もが認めるコスメの名品中の名品になり得たのです。

 

ナチュリエ含め、現在のハトムギ化粧水の多くが、白濁化剤(不透明化剤)と言われる「(スチレン/アクリレーツ)コポリマー」という成分で白濁しているのに対し、アルビオンは、水性成分中に界面活性剤を安定的に分散させる(自己乳化)という、当時としては画期的で、40年以上経った今でも色あせない独自技術によって、白濁化を実現させています。

キーとなる成分が「セスキオレイン酸ソルビタン」「ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油」

これらは界面活性剤で、これらが安定的に分散(自己乳化)されているため、白濁化しているのです。

「水性成分中に界面活性剤を分散」と、言葉で言えば一言ですが、これは非常に高度な事で、相当な技術力が無ければ実現不可能です。

アルビオン以外のメーカーが真似すれば、白濁化は出来るものの、長期間に渡る白濁化の維持は無理でしょう。

 

ポイント

  • アルビオン スキコンの白濁化の正体は、界面活性剤の分散技術
  • これは非常に高度で、アルビオンの独自技術

 

他のハトムギ化粧水との技術的差異

アルビオン スキコンの成功を受けて市場に登場した他のハトムギ化粧水は、界面活性剤の分散ではなく、白濁化剤を使用して、外観を白濁にしています。

これは、界面活性剤の分散での白濁化は、長期の安定性を確保することが非常に難しいため、白濁化剤の配合という最も簡単な方法をとっているのです。

それだけ、アルビオン スキコンの搭載技術レベルが凄いという事です。

 

このように、ハトムギ化粧水のオリジナル アルビオン スキコンには、界面活性剤の安定分散という超高度な技術が搭載されており、さらに、40年以上もの長い間ユーザーに愛され続けられている確かな実績があります。

 

アルビオン スキコンは、アルビオン薬用スキンコンディショナー エッセンシャルから、アルビオン薬用スキンコンディショナー エッセンシャルNとなってリニューアル。

大きなリニューアルポイントは、約1万粒のハトムギから30 mLしか抽出できない希少なハトムギオイルを、テクスチャーに大きな影響を与えることなく新配合した点です。

ただし、ハトムギオイルの配合は微量ですから、リニューアル後のアルビオン スキコンの白濁化は、ハトムギオイルによる乳化ではなく、リニューアル前同様、水性成分中への界面活性剤の安定分散技術によるものです。

この独自技術により、アルビオン スキコンは他のハトムギ化粧水と一線を画す存在となっているのです。

 

ナチュリエ ハトムギ化粧水

ナチュリエ ハトムギ化粧水・偽物のハトムギ化粧水

ナチュリエ ハトムギ化粧水の凄さ

前述したように、ハトムギ化粧水の本物(オリジナル)はアルビオン薬用スキンコンディショナー エッセンシャルN(スキコン)であって、これは、40年以上経過した今でも多くのユーザー支持を集める、コスメの名品中の名品です。

この商品の特長は、

 

ポイント

  • ハトムギエキスを配合している事
  • 白濁化した化粧水である事

 

あまりに、アルビオン スキコン人気が高いため、他社がこの2点を参考にして発売したのが、ナチュリエに代表される現在のハトムギ化粧水の誕生です。

ナチュリエ ハトムギ化粧水は、オリジナルを真似するも、白濁化させるだけの技術展開は難しく、白濁化剤の選択という方法をとっています。

技術面では劣るものの、現在のハトムギ化粧水の代表格であるナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)は、アットコスメでベストコスメアワード第一位を複数年受賞しています(化粧水部門)。
※アルビオン スキコンは、2008年に殿堂入り

これは大変すごいことです。快挙と言えるでしょう。

低価格&大容量というコンセプトが、可処分所得が低い10代~20代や、コスメに対するプライオリティが低い層の支持を得た結果と言えます。

ですから、搭載技術はオリジナルとは違いますが、低価格&大容量を実現した企業努力で、ハトムギ化粧水ユーザーの裾野を広げた功績は素晴らしいです。

 

麗白・プラチナレーベル・ドンキとの比較

アルビオンの界面活性剤での白濁化は、技術難易度が高すぎるので唯一無二ですが、ナチュリエの白濁化剤の選択は、比較的簡単なので、類似商品がたくさん存在します。

その中でも、麗白プラチナレーベルドンキが有名なので、これらとナチュリエは何が違うかを見てみましょう。

 

ナチュリエ ハトムギ化粧水

全成分

水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマー、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン

容量・価格

500mL / 627円(税込, AMAZON)

 

麗白 ハトムギ化粧水

全成分

水、グリセリン、DPG、メチルグルセス-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na、ハトムギ種子エキス、グリチルリチン酸2K、キサンタンガム、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

容量・価格

1000mL / 598円(税込, AMAZON)

 

プラチナレーベル ハトムギ化粧水

全成分

水、BG、グリセリン、加水分解ローヤルゼリータンパク、ハトムギ種子エキス、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

容量・価格

1000mL / 619円(税込, AMAZON)

 

情熱価格 ハトムギ化粧水(ドンキ)

全成分

水、グリセリン、DPG、メチルグルセス-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na、ハトムギ種子エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、カニナバラ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウサンザシ果実エキス、ビルベリー葉エキス、キュウリ果実エキス、エタノール、キサンタンガム、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

容量・価格

1000mL / 500円(税込)

 

優れているモノは?

ポイントは、白濁化剤の選択容量 / 価格なので、以下表にまとめてみましょう。

ナチュリエ 麗白 プラチナレーベル 情熱価格 ドンキ
白濁化剤 (アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマー (スチレン/アクリレーツ)コポリマー
容量 / 価格 500mL / 627円 1000mL / 598円 1000mL / 619円 1000mL / 500円

※横スクロールできます

 

ナチュリエ以外は白濁化剤に、「(スチレン/アクリレーツ)コポリマー」を選択しています。この成分は、昔から使われている白濁化剤です。

一方、ナチュリエは白濁化剤に、「(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマー」を使用しています。

以前のナチュリエは白濁化剤に、他同様、(スチレン/アクリレーツ)コポリマーを用いていましたが、リニューアルにより、(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマーに変更してきました。

いずれも高分子には変わりないですが、(スチレン/アクリレーツ)コポリマーは、安全性にやや課題がある成分でしたから、安全性課題の少ない(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマーを使用している「ナチュリエ」の方が評価出来ます。

ただし、いずれの成分も、外観を白濁にするだけの演出で、肌への効果は何もないです。

 

成分数的、容量 / 価格的には、「情熱価格 ハトムギ化粧水(ドンキ)」が有利です。

ですから、ネットを見ると、ナチュリエとドンキを比較して、ドンキの方が素晴らしいと評価している人もいるようですが、それは大きな間違いです。

正直、プロの目から見れば、これらはどれを使っても一緒。

エキス類の配合量は極微量ですから、エキスの種類が多かろうが、効果に差はないです。断言出来ます。

 

コストパフォーマンスを最優先しているので、肌への効果という点においては、過度な期待は禁物。

だからと言って、これらがダメという訳ではなく、アルビオン スキコンのような高品質な製品を求める方もいれば、ナチュリエのようなコストパフォーマンスに優れた製品を好む方もいます。

それぞれの製品が持つ独自の価値を理解し、最適な選択をすることが、ハトムギ化粧水の真の魅力を享受する鍵となります。

コスパは素晴らしいですが、肌への過度な効果は禁物!

 

結局、どのハトムギ化粧水がいいの?

ハトムギ化粧水・本物・偽物

結局、どのハトムギ化粧水がいいの?

明確にお答えします。

 

まず、アルビオン。

界面活性剤を安定分散させた白濁化技術は、圧倒的で素晴らしいです。

ただし、そもそも、界面活性剤は肌に対して決して良い影響を与えるわけではないです。

界面活性剤の配合によってテクスチャー肌なじみは良くなりますが、界面活性剤は分子量が小さいため、肌刺激という懸念があります。

 

ですから、肌のことを考えれば、界面活性剤はない方がいい or 量が少ない方がよく、もし白濁化するのであれば、界面活性剤を分散させるよりも、エモリエント効果のあるオイルを分散(乳化)させた方が、お肌にとっては有効です。

 

注意

アルビオン スキコンの界面活性剤の安定分散による白濁化は、界面活性剤によって肌なじみは向上するが、肌にとって特段、有効というわけではない!

 

次に、ナチュリエに代表される、白濁化剤を用いたハトムギ化粧水。

コスパの良さは圧倒的ですが、白濁化剤は肌に対して全く有用ではありませんから効果は期待できないです。

「ハトムギ化粧水=白濁」というイメージがついていると思いますが、白濁なんていうのはあくまで演出で、肌への効果は何も期待出来ませんから、「白濁」を条件にハトムギ化粧水を探す必要はないです。

 

アルビオンでもナチュリエでもない。結局、おすすめのハトムギ化粧水はないの?となりますが、そんなことありません!

 

ハトムギは、漢方では強壮や利尿、浮腫、肌荒れ、鎮痛などに用いられていますし、化粧品では、角質水分量改善、チロシナーゼ阻害(美白)、細胞増殖促進として古くから広く配合されている優秀な成分。

外観が白濁でなくとも、「ハトムギが配合されているモノがハトムギ化粧水」と考え方を変えると、素晴らしいハトムギ化粧水が見つかるのです!

 

私は、20年以上にわたる化粧品開発のキャリアを持つ現役の化粧品開発者です。大手メーカーにて15年以上化粧品を開発し、その豊富な経験と専門知識を生かして、数多くの有名美容雑誌の監修を手がけてきました。

そんな私が現在、最もおすすめするハトムギ化粧水、それが、オルビス クリアフルローションです。

 

オルビス クリアフルローション

オルビス クリアフル・ハトムギ化粧水

引用:オルビス公式

オルビス クリアフルローション=ハトムギ化粧水?

このように思っている人は多いかもしれませんが、オルビス クリアフルローションは、ハトムギエキスが配合された立派なハトムギ化粧水です。

全成分:オルビス クリアフルローション(さっぱりタイプ)

【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム

【その他成分】
水、1,3-ブチレングリコール、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、シコニン、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、ユズセラミド、イノシット、フィチン酸液、スフィンゴ糖脂質、ヨクイニンエキス、アロエエキス(2)、ヨモギエキス、水溶性コラーゲン液、レモングラス抽出液、ヒメフウロエキス、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、アマチャヅルエキス、イソステアリン酸、1,2-ペンタンジオール、濃グリセリン、クエン酸、クエン酸ナトリウム、フェノキシエタノール、パラオキシ安息香酸メチル

※オルビス クリアフルローションは医薬部外品なので、ハトムギエキスはヨクイニンエキスと表記されています

 

おすすめ理由

  • 圧倒的実績
  • 圧倒的技術
  • 圧倒的コスパ

 

圧倒的実績

オルビス クリアフルは、前身のクリアシリーズの頃から数えると、累計発売数5000万個を超える、驚異のブランドです。

クリアシリーズの誕生は1990年ですから、アルビオン スキコンほどではありませんが、ナチュリエをはるかに超える実績があります。

まさに、圧倒的実績!

 

圧倒的技術

オルビスはポーラグループですから、コーセーグループのアルビオンと比べて、ブランド力、商品力、技術力は遜色有りません。

この点に関しては、ナチュリエは遠く及びません

 

オルビス クリアフルは医薬部外品で、有効成分が、優れた抗炎症効果を発揮するグリチルリチン酸ジカリウムですから、ニキビ・毛穴ケアに特化しています。

ただし、ハトムギエキス(ヨクイニンエキス)には、角質水分量改善や、細胞賦活チロシナーゼ阻害等、様々な効果が期待出来ますから、ニキビ・毛穴ケア以外であっても、おすすめできる化粧水です。

 

クリアフルが着目したのは肌のバリア機能低下と乾燥

紫根エキス, グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来), アロエエキス, ハトムギエキス, ヨモギエキスといった5種の和漢植物由来成分で肌のバリア機能を整え、保水型コラーゲンで肌にうるおいを与えます。

特に化粧水は、毎日使うものですから、肌に負担をかけたくないという想いで、ハトムギエキスをはじめとする和漢植物由来成分を中心に配合し、敏感肌の方にも寄り添った設計にしている点は好感が持てます。

 

さらにクリアフルには、ナノVCショットカプセルが配合されています。

これがまたすごい。

これは、ビタミンC誘導体をはじめとした5種の美容成分からなる1ナノメートルのカプセルです。

特殊技術ナノカプセル処理により、浸透力がアップが期待できます。

ちなみに、

 

ポイント

  • 10ナノメートルは、1億分の1メートル!
  • 1メートルを地球に例えるなら、10ナノメートルはたったの約13cm!

 

1ナノメートルのとてつもない小ささと、それを実現させたオルビスの技術力、凄すぎませんか?

ナノVCショットカプセルは、圧倒的技術力を持つオルビス(ポーラグループ)だからこそ実現出来たと言えるでしょう。

 

圧倒的コスパ

価格面では、ナチュリエほどの低価格ではありませんが、これだけの品質のモノが、1,650円(税込)

ハトムギエキスが配合された医薬部外品で、「オルビス」という超一流メーカーが手掛けた化粧水がこの価格!

まさに、圧倒的コスパ!

 

オルビス クリアフルローション=ハトムギ化粧水という事実はまだあまり知られていないかもしれません。

白濁という派手な演出もありませんが、肌に無用な白濁化のハトムギ化粧水を選ぶくらいなら、ポーラグループの確かな技術が搭載されたオルビス クリアフルローションを最もおすすめします。

今であれば、以下のモニターセットが、驚きの980円(税込)で入手できます。

是非、この機会に、ハトムギ化粧水の実力を体験してみてください。

モニターセット内容

  • クリアフル ウォッシュ
  • クリアフル ローション
  • クリアフル モイスチャー
  • クリアフル ディープクレンジング7日分
  • タイプ違いサンプル
  • オリジナルヘアバンド

↓ お得なモニターセットはこちら

 

 

おわりに

いかがでしょうか?

ハトムギ化粧水の世界は、アルビオン スキコンの登場により、多様な製品が生まれ、それぞれが独自の特徴を持っています。

本物のスキコンは、40年以上の歴史と独自の白濁化技術で、多くのユーザーに愛され続けています。

一方、ナチュリエを含む他の製品は、異なるアプローチで市場に挑戦し、コストパフォーマンスの高さで支持を集めています。

美しい肌を目指す皆様にとって、ハトムギ化粧水は、その選択肢の豊富さと品質の高さで、大きな魅力を持つアイテムです。

最適な製品を見つけ、肌の健康と美しさを追求しましょう。

 

この記事内では、おすすめ第一位のハトムギ化粧水として、オルビス クリアフルローションをご紹介しました。二位以降は以下をご覧ください。

 

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 

また、ハトムギ化粧水には「やばい」という口コミが多くみられることをご存じでしょうか?

以下では、「ハトムギ化粧水やばい」について、技術的な視点から解説しているので、是非ご覧ください。

 

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる
あわせて読みたいハトムギ化粧水「やばい」といわれる6つの理由をプロが解説

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

 

化粧水はスキンケアの基本

ハトムギ化粧水以外にも優れた化粧水はたくさんあるので、是非、ご確認ください!

 

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

 

※本記事の内容は個人の感想であって効果を保証するものではありません

   
大手化粧品メーカーで15年以上、今なお現役の化粧品開発者の私が、これまでの経験をもとに、コスメを厳選してご紹介します!
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!圧倒的な技術搭載クレンジング 厳選5選!

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水
あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術力抜群の化粧水 厳選6選!

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

あわせて読みたい化粧品開発者が選ぶ!技術で差がつく最強美白コスメ 厳選5選!

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

ハトムギ化粧水どれがいい?プロが厳選!
あわせて読みたいハトムギ化粧水どれがいい?現役の化粧品開発者が厳選!

        ハトムギ化粧水を使ってみたいけど、どれを選んでいいのだろうか?   ハトムギ化粧水は大人気ですから、市場には製品が溢れていて、どれを選 ...

 
スポンサーリンク

人気記事はこちら

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル・本物のハトムギ化粧水 1

        実は、大人気のハトムギ化粧水には「本物」と「偽物」が存在します。 偽物というのは言い過ぎかもしれませんが、オリジナル(本物)とオリジナルでないモ ...

化粧品開発者が選ぶ技術力抜群の化粧水 2

        コスメには多くのアイテムがありますが、各社、最も力を入れて開発するアイテムは何かお分かりでしょうか? 答えは化粧水 何故なら、化粧水はユーザーが ...

石鹸落ちコスメ・肌に悪い・落ちない・クレンジング必須 3

        「石鹸で落ちる」と宣伝するコスメはものすごく多いですが、実は、「落ちない!」ばかりか、「肌に悪い!」ことすらあるのです。 その理由を、現役の化粧 ...

4

クレンジングには、オイル・バーム・リキッド・ジェル・クリームと、様々なタイプが存在します。 これだけタイプが違うモノが存在するアイテムは、クレンジング以外ないと思いますし、だからこそ、どのクレンジング ...

化粧水意味なし・化粧水いらない・嘘 5

        SNS上では、「化粧水はほぼ水だからいらない」という声が結構見られますね。 そこで、現役の化粧品開発者が、化粧水の必要性について、プロの視点で詳 ...

6

クレンジングはメイクを落とすための必須アイテム。オイル・リキッド・ジェル・クリーム・バームと、クレンジングには様々なタイプが存在します。 その中で、クレンジング後の洗顔が不要なタイプ、「ダブル洗顔不要 ...

無添加化粧品・危険・肌に優しくない 7

無添加化粧品と聞くと肌に優しく安心・安全と思っている人は多いと思います。実際、敏感肌系コスメに無添加が多いのは事実です。 しかしこれは大きな間違いです。 この記事では、無添加化粧品=危険という超残念な ...

8

美白コスメ、多すぎてどれを選べばいいの? この記事では、現役の化粧品開発者が、美白の有効成分とその作用機序を詳しく解説し、プロの視点から厳選した美白コスメをご紹介します。シミの原因となるメラニン色素の ...

マイクロニードル・危険 9

        マイクロニードルや海綿などの針美容(針コスメ)が注目を集めています。 これは、針の形状や大きさは違えど、針による刺激等でしわ・たるみを改善すると ...

ハトムギ化粧水やばい・肌にしみる 10

        大人気のハトムギ化粧水ですが、ネット上には「やばい」という口コミが多くみられます。 そこで、ハトムギ化粧水「やばい」の真相を、現役の化粧品開発者 ...

-コスメの真実, 化粧水