※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コスメの真実 各種アイテム

危険!化粧品開発者が指摘するほくろ除去クリームの落とし穴

この記事を書いている人

コスメデイン

  • 大手化粧品メーカーで15年以上化粧品開発を担当
  • 今も現役の化粧品開発者
  • 美容雑誌の監修経験あり
  • 現役の化粧品開発者が業界の最前線で得てきた知見を「コスメの真実」としてお届けします!

美容雑誌の監修に協力させて頂きました(一部抜粋)

【2023年】乾燥肌向け保湿フェイスパウダーのおすすめ8選。プチプラ、ツヤ肌タイプなどLDKが比較

 乾かないメイクは下地を要チェック! 成分&テクスチャーのポイントは? LDKが紹介

 ジュワッと発光肌! 乾燥季節こそハイライト使いがおすすめです。LDKが紹介

  「肌が弱い=洗顔は弱酸性」は思い込み? 敏感肌のスキンケアポイントをLDKが紹介

  「インフルエンサーの真似しよ」はNG?ベースメイクの秘訣をLDKがおすすめ

  顔だけ真っ白!ファンデ失敗の回避方法をLDKがおすすめ

  実はメイク落とせてない!?クレンジングの間違いない選び方をLDKがおすすめ

  【日焼け止め】美容成分入りの思わぬ落とし穴とは?買う前に知るべき注意点(LDKおすすめ)

 

「ほくろを簡単に取り除ける」という魅力的な表現の裏に、隠された危険が潜んでいることをご存じですか?

この記事では、市場に出回るほくろ除去クリームの魅力と、それに伴う潜在的なリスク、そして、クリームの成分が皮膚に与える影響、ほくろ除去のメカニズム等、ほくろ除去クリームについて、現役の化粧品開発者が詳しく解説いたします。

 

本記事の内容

  • ほくろ除去クリームの危険性を現役の化粧品開発者が詳しく解説

 

スポンサーリンク




ほくろ除去クリームの魅力とリスク

ほくろ除去クリームは、顔や体のほくろを簡単に取り除くことができるとして、多くの人々に注目されています。

このクリームの最大の魅力は、その手軽さにあります。ドラッグストアやオンラインショップで容易に入手でき、特別な道具や技術を必要とせず、自宅で簡単にほくろ除去が試みられる点が多くの人にとって魅力的です。

しかし、この手軽さが、時に大きなリスクを伴うこともあります。というか、大きなリスクしかないので、絶対に使用はお控えください。以下、詳細をご覧ください。

 

ほくろ除去クリームの一般的な認識

ほくろ除去クリームは、その使用方法の簡便さから、多くの人々に受け入れられています。

クリームやジェルの形状をしており、ほくろに直接塗布することで、ほくろを溶かし取るとされています。多くの製品が比較的安価であり、手軽に試すことができるため、特に美容に敏感な人々の間で人気を博しています。

しかし、このような製品の多くは海外製であり、日本国内での安全性や効果に関する明確な基準や認証を受けていないことが多いです。

 

なぜ危険性が指摘されるのか

ほくろ除去クリームの危険性は、主にその成分作用機序に起因します。

これらのクリームは、強力な化学物質を含んでおり、皮膚を溶かすことでほくろを除去するとされています。しかし、この過程で皮膚に重度の炎症を引き起こしたり、場合によっては化学熱傷をもたらすこともあります。さらに、誤って目や粘膜に触れると、重大な健康被害を引き起こす可能性があります。

また、ほくろだと思っていたものが実は別の疾患である場合、適切な医療行為を受ける機会を逸するリスクもあります。

例えば、ほくろと間違えやすいメラノーマなどの皮膚がんが進行する恐れがあります。

以前から、上記のような危険性が指摘されていたほくろ除去クリームですが、最近、インターネットで販売されている「点痣膏」という中国製と見られるクリームについての警告が出されました。

このクリームは「素早いほくろ除去」「痛みも跡もない」「ひと塗りで安全にほくろやいぼが取れる」と宣伝されていましたが、国民生活センターによる分析で、重い皮膚障害を引き起こす可能性があることが判明しました。

2023年10月末までの5ヶ月間に、このクリームを使用した後に皮膚にやけどのような跡が残ったという事例が4件報告されています。例えば、70代の女性がこのクリームを額に塗ったところ、赤く腫れ上がり、化学熱傷による皮膚の壊死が診断されました。また、50代の女性は鼻の周りに塗った後、皮膚が剥けて茶色く変色したと報告されています。

このため、国民生活センターは、このクリームの使用を直ちにやめるように呼びかけています。また、海外製の医薬品や化粧品には安全性が不十分なものがあるため、不明瞭な点がある場合は購入を避けるようにアドバイスしています。

参照:ほくろ除去クリーム「点痣膏」で重い皮膚障害などのおそれ 国民生活センター使用中止呼びかける | NHK

このように、ほくろ除去クリームはその手軽さの裏に、重大なリスクを隠しています。

使用を検討する際には、これらのリスクを十分に理解し、可能であれば専門の医療機関での相談をお勧めします。安全性が確立されていない製品の使用は、深刻な健康被害を招く可能性があるため、使用自体を控えるべきです。

 

「点痣膏」だけじゃない! 危険!?ほくろ除去化粧品

化粧品に認められた効果効能は、「肌のキメを整える」「皮膚の乾燥を防ぐ」等、56項目あります。

その中に、ほくろ除去なんて効果効能はありません。つまり、そもそも化粧品(医薬部外品含む)に、ほくろを除去する効果はないという事です。

最重要ポイント

化粧品(医薬部外品含む)にほくろを除去する効果はない!

効果がないが故、「点痣膏」のような海外製の怪しいクリームが登場したり、点痣膏以外にも、怪しい商品は存在します。

「点痣膏」が強アルカリ性のため、ほくろを溶かすように除去するらしいですが、高pHの成分は皮膚に化学熱傷を引き起こす可能性があり、皮膚のタンパク質を溶かし、深刻な皮膚損傷を引き起こします。

また、サリチル酸ハイドロキノンといった成分を配合し、ほくろ除去をうたう製品もあるようですが、これらは肌刺激の懸念がある成分です。

ただし、化粧品の場合、クリームを強アルカリにする事や、サリチル酸やハイドロキノンを配合することは違法ではないです。そして、化粧品の安全性は国が決めるのではなく、各メーカーの自主基準ですから、各メーカーが判断することなのです。

最重要ポイント

化粧品(医薬部外品含む)の安全性はメーカーの自社基準

安全性は自社基準ですから、まともなメーカーであれば、クリームを強アルカリ性にすることなどあり得ない事ですし、サリチル酸やハイドロキノンの高配合はしません。
※サリチル酸は配合上限あり

しかも、前述した通り、化粧品の効果効能に「ほくろ除去」はない。

ですから、ほくろ除去を訴求するだけで、それは、まともではないメーカーの証明ですから、ご購入、ご使用は控えた方がいいと思います。

化粧品の安全性に関しては以下をご参照下さい。化粧品の安全性は非常に難しいです。

あわせて読みたい化粧品の安全性:現役の化粧品開発者が解き明かす真実

化粧品の安全性について、一般的な認識とは異なる真実があります。 2001年の全成分表示制度導入以降、化粧品業界は大きく変化しましたが、それに伴い安全性を軽視するメーカーも存在するのが現実です。 本記事 ...

 

安全かつ効果的なほくろ除去の方法

皮膚科医や美容クリニックでの専門的な治療

点痣膏」の例のような肌トラブルは勿論恐ろしいですが、ほくろ除去で最も恐ろしいことは、ほくろだと思っていたものが実は別の疾患である場合、適切な医療行為を受ける機会を逸するリスクもあるという事。

ですから、最も安全かつ効果的なほくろ除去は、皮膚科医や美容クリニックでの専門的な治療です。これ以外にありません。医師はほくろの種類を正確に診断し、それに基づいて最適な治療法を提案してくれます。

治療にはレーザー治療冷凍治療電気切除手術などがあります。

これらの方法の選択は、ほくろの大きさ、深さ、位置などによって異なります。また、ほくろが良性か悪性かを判断するためにも、専門家による診断が非常に重要です。

自己判断での治療や市販のほくろ除去クリームの使用はリスクが伴うため、ほくろに関する懸念がある場合は、まずは皮膚科医や美容クリニックに相談することを強くお勧めします。

 

化粧品によるカバー方法

化粧品にほくろを除去する効果はありません。除去は出来ませんが隠すこと、目立たなくする事は出来ます。それがコンシーラーの使用です。コンシーラーは部分使用に特化した超高カバーアイテムですから、ほくろなど、形態及び色調補正するには最適です。

正直、医師への相談や治療はハードルが高く、化粧品の使用は最も簡便と言えるでしょう。ただし化粧品の場合、完全な除去ではなく、カバーに特化した方法であることを理解する必要があります。

 

おわりに

いかがでしょうか?

中国製クリーム「点痣膏」で注目を集めてしまったほくろ除去クリームですが、以前からその危険性は指摘されていました。

化粧品にほくろを除去する効果はありません。絶対にご使用はお控えください。

スポンサーリンク

-コスメの真実, 各種アイテム