コスメランキング

<最新版>プロ厳選 トラネキサム酸コスメランキング!おすすめはコレ!

更新日:

『美白』の有効成分として有名な『トラネキサム酸』ですが、実は、配合量によって『肌あれ』の有効成分にもなります。

ですから、「トラネキサム酸=美白」というのは、正確には間違い(誤解)です。詳細は以下記事をご覧ください。

今回は、化粧品開発者の私が、おすすめの『トラネキサム酸配合コスメ』をランキング形式でご紹介します。

なお、本ランキングは私の独断と偏見である旨、あらかじめご了承ください。

また、本記事中のコスメは全品、トラネキサム酸を有効成分とした『医薬部外品』です。

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸コスメ・第一三共・資生堂

トラネキサム酸は、『第一三共』が開発した成分で、古くから医薬品に用いられてきました。2005年資生堂によって、「トラネキサム酸」は医薬部外品の『美白有効成分』として厚生労働省から認可され、今では、医薬部外品に広く用いられています。

紫外線を浴びると、メラノサイトへ「メラニンを作りなさい!」という情報(シグナル)が伝達されます。これが『しみ情報』です。

この『しみ情報』を受け取ると、メラノサイトはしみの元である『メラニン』を作り始めますが、「トラネキサム酸」は、「しみ情報」の中のプロスタグランジンなどをブロックすることでメラニンの生成を抑制します。

これが「トラネキサム酸」の『美白メカニズム』です。

トラネキサム酸の美白メカニズムは、『しみ情報のブロック』です。

また、肌内部では、紫外線や摩擦・乾燥などの、日常生活で生じる刺激によって、微弱な『炎症』が慢性的に起こっています。

その時に発生する物質が、トリプターゼやサイトカインといわれる『炎症性物質』で、長期にわたってこれらの影響を受けると、ターンオーバーの乱れ・メラニンの産生促進・コラーゲンの破壊など、様々な肌トラブルが起こり、放置し続けると、「しみ」・「ハリの低下」・「くすみ」・「乾燥」などを引き起こします。

「トラネキサム酸」には、炎症性物質(トリプターゼ)をブロックする効果がありますから、「美白」だけでなく、『肌あれの有効成分』としても認められています。

このように「トラネキサム酸」は、『美白』『肌あれ』の有効成分であり、2つの肌悩みに対し効果が期待できる、大変優れた成分です。

ただし、「美白」もしくは「肌あれ」の有効成分とするためには、『規定量の配合』が義務付けられています。この規定量を配合しないと、「美白」もしくは「肌あれ」の効果は期待できませんし、これら効果があると宣伝することは出来ません。これを逆手に、ユーザーにとってあまり好ましくない宣伝をするメーカーが存在しますからご注意ください。

ですから、『トラネキサム酸配合コスメ』を選ぶ際は、配合されているトラネキサム酸が、「美白」or「肌あれ」、どちらの有効成分かをしっかり確認し、ご自身の肌悩みに合わせてお選びください。

おすすめは?「トラネキサム酸コスメ」ランキング!

第一位:第一三共ヘルスケア「ブライトエイジ」

「トラネキサム酸コスメ」おすすめ第一位は、第一三共ヘルスケアの『ブライトエイジ』です。

「ブライトエイジ」のトラネキサム酸は『美白の有効成分』として配合されています。

やはり、トラネキサム酸と言えば、『第一三共』。私の個人的な想いがかなり入っていますが、トラネキサム酸はもともと「第一三共」が開発した成分ですから、私自身、トラネキサム酸の研究・トラネキサム酸配合コスメで第一三共ヘルスケアの右に出るメーカーはいないと考えています。

第一三共ヘルスケアのトラネキサム酸配合コスメと言えば、「トランシーノ」が有名です。「トランシーノ」は誰もが知る美白ブランドですが、『ブライトエイジ』は、美白を含む『全方位エイジングケア』ですから、トランシーノが進化したブランドと言っても過言ではありません。

『ブライトエイジ』の詳細は、「処方面」・「効果面」・「安全性面」で記事にしていますから、是非ご覧ください。

同率一位:資生堂「HAKU メラノフォーカスZ」

「トラネキサム酸配合コスメ」おすすめ同率一位は、資生堂の『HAKU メラノフォーカスZ』です。

資生堂「HAKU」は、誰もが知る美白ブランドであり、美白市場に君臨するメガブランドです。

資生堂のシミ研究の集大成として2005年に誕生し、発売以来16年連続で『美白美容液売上No.1を誇ります。
※インテージSRI美白美容液市場 2005年1月~2020年12月 金額シェア

資生堂の『シミ研究の最先端技術』を搭載したのが「HAKU」であり、資生堂の最先端=日本の最先端と言っても過言ではありません。

他社の追随を許さない『圧倒的技術』だからこそ、長年に渡り、美白市場のトップに君臨し続けるのでしょう。

HAKU メラノフォーカスZの最大の特長は、「4MSK(美白)」と「トラネキサム酸(美白)」の『W美白有効成分の医薬部外品』という点です。
※4MSK・・・4-メトキシサリチル酸カリウム塩

「4MSK」は資生堂独自の美白有効成分、「トラネキサム酸」は資生堂が美白有効成分として、日本で初めて国から承認を得た成分ですから、この両成分の組み合わせは『資生堂オリジナル』で、資生堂しかできない組み合わせです。

W美白有効成分の組み合わせは複数ありますが、「HAKU メラノフォーカスZ」の『4MSK+トラネキサム酸』の組み合わせが最強ではないかと思います。

「4MSK」と「トラネキサム酸」は、美白有効成分の中でも『スター成分』ですから、これ以上の美白有効成分の組み合わせは、少なくとも私には考えられません。

さすが資生堂。他社の追随を許さない『圧倒的技術』です。

美白ブランドNo.1にふさわしく、資生堂の『シミ研究の最先端技術』を搭載した、他社を圧倒するブランドがHAKUです。

しかも、これまでは4MSKとトラネキサム酸という『美白有効成分の組み合わせ』だけに注目されがちでしたが、今回のメラノフォーカスZは、『液晶技術』を用いることで、美白有効成分を肌奥深くまで届かせる工夫をしています。

液晶と言う言葉は、コスメの世界では一般的ですが、技術的ハードルが高く、資生堂の高い技術力があってこそと言えるでしょう。

さらに今回は、「美容医療か。美白美容液か。」と、美容医療にも負けない事を暗に意味するような挑戦的な表現を用いています。

これは、資生堂のメラノフォーカスZに対する自信の表れでしょう。

間違いなく、今考えられる最高峰の美白美容液に相応しいと言えます。

いずれも「トラネキサム酸コスメ」、おすすめ第一位(同率)にふさわしい名品です。

第三位:持田製薬「B.K.AGE」

モニター募集中!

トラネキサム酸コスメ おすすめ第三位は、持田製薬の『B.K.AGE』です。

「B.K.AGE」は、製薬会社である持田製薬が開発した『敏感肌シリーズ』であり、トラネキサム酸は『肌あれの有効成分』として配合されています。

敏感肌の方は、肌バリア機能が低下し、肌内部から水分が蒸発しやすく、非常に乾燥しやすい状態になっています。また、肌が乾燥することで、さらにお肌が敏感状態になり、「敏感肌」と「乾燥肌」は『負のスパイラル』とも言えます。

この「負のスパイラル」を、持田製薬では『肌あれスパイラル』と表現していますが、このスパイラルを断ち切るためには、『肌に充分な潤いを与える』とともに、『肌バリア機能の回復』が必須です。

「肌に充分な潤いを与える」ために、持田製薬の『B.K.AGE』は、高い保湿効果が出来る「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」を配合しています。また、「肌バリア機能回復」のために、今の敏感肌コスメでは必須成分、『セラミド』を配合しています。

角層内では、細胞間脂質が規則正しく並んでいて、肌内部から水分が蒸散するのを防いでいます。バリア機能の崩壊と言うのは、『細胞間脂質の欠損』です。

水分蒸散を防いでくれる細胞間脂質が欠損しますから、肌内部から水分が蒸散し、乾燥肌、そして敏感肌になります。 細胞間脂質の主成分が『セラミド』

ですから、お肌にセラミドを与えてあげると、細胞間脂質の欠損部位にセラミドが補給され、肌バリア機能が回復します

このように、敏感肌・乾燥肌には『セラミドケア』が非常に有効です。

さすが、製薬会社が作る敏感肌コスメ、『B.K.AGE』。基本をしっかり押さえ、高度な技術で対応しています。

「セラミド」や「ヒアルロン酸」といった『肌バリア機能の回復』、パッチテスト・ノンコメドジェニックテスト・防腐剤フリー・エタノールフリーなどの『テスト・配合成分へのこだわり』は素晴しい。 しかしこれだけではありません。

先程申し上げた通り、『B.K.AGE』は、トラネキサム酸を『肌あれの有効成分』として配合した、全品『医薬部外品』です。

乾燥がひどいと、肌は荒れた状態になっていますから、敏感肌・乾燥肌には、『肌あれケア』が有効です。

しかも、トラネキサム酸配合の『肌あれの医薬部外品』ですから、化粧品以上の効果が期待出来ます。

製薬会社』の持つイメージ通りの、技術・実力が伴った「トラネキサム酸配合敏感肌コスメ」。それが持田製薬『B.K.AGE』です。

モニター募集中!

第四位:新日本製薬「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」

トラネキサム酸コスメ おすすめ第四位は、新日本製薬の『パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル』です。

この商品、アルブチンを『美白の有効成分』に、トラネキサム酸を『肌あれの有効成分』に配合したW有効成分の医薬部外品です。

このブログでも記事にしていますが、テレビCMでは、トラネキサム酸を「美白の有効成分」として配合しているかの内容で放送しているため、多くのユーザーが、この商品を「美白&美白のW有効成分」と勘違いしている可能性が高いです。

しかし実際は、トラネキサム酸は『肌あれの有効成分』として配合していますから、『美白&肌あれのW有効成分』というのが真実です。

テレビCMも販売戦略の重要な一つの要素ですから、これ自体をダメと言うつもりはありませんが、ユーザーのことを最優先に考えると、『製薬と名がつく会社』としてやってほしくないと個人的には思っています。

ですから正直、私個人としては、あまりおすすめは出来ませんが、『累計3500万個以上』『国内売り上げNO.1のオールインワン』という販売実績は素晴しいので、おすすめ四位としました。

おわりに

いかがでしょうか?

トラネキサム酸は配合量によって、『美白の有効成分』にも『肌あれの有効成分』にもなります。

ですから、コスメに配合されているトラネキサム酸が、『美白 or 肌あれのどちらか』をしっかりと確認して、ご自身の肌悩みにあわせてお選びください。

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

-コスメランキング

Copyright© コスメの真実 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.