コスメの疑問&誤解 化粧品全般

【プロが解説】炭酸水洗顔は効果なし!?おすすめの炭酸コスメは?

更新日:

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

最近、炭酸コスメの記事を書くにあたり、ネットで色々と調べていたら、なんと、『炭酸水洗顔』というものが存在し、かなりブームになっていることを知りました。

炭酸水は飲むモノとの認識でいましたが、まさかそれを洗顔時の水代わりとして使うとは、ユーザーの皆様の美意識の高さに驚くと同時に、このような『間違った情報』が広く知れ渡っている現実に愕然としました。

炭酸水洗顔に効果はありません

その理由を、化粧品開発者の私がご説明します。

炭酸水洗顔とは?その効果は?

炭酸水洗顔・効果・おすすめ

『炭酸水洗顔』とは、水の代わりに炭酸水を使って行う洗顔の事です。

現在は『炭酸コスメブーム』ですから、炭酸の美容効果が広く知れ渡り、このような方法が生まれたんだと思います。

炭酸水洗顔の効果は、『炭酸の美容効果』を得るというもの。

つまり、炭酸水洗顔よって炭酸を肌に取り込む事で、血行促進によって新陳代謝を活発化させ、ターンオーバーを正常化することで、「しみ・くすみ」「しわ・たるみ」「毛穴の開き」などを改善すると、美容家と言われる方を含め、様々な方が言っています。

しかし、これは『大きな間違い』であり、このような主張をされる方は、そもそも、炭酸コスメの事を全く理解していません。

「コスメにおける炭酸の意味」と、「コスメによってどのように炭酸が肌に取り込まれるか」を理解していれば、この間違いに簡単に気づくはずです。

炭酸水洗顔に効果はありません!

次項ではその理由を、化粧品開発者の私がご説明します。

 

炭酸の美容効果とは?

肌に炭酸が塗布されると、経皮吸収効果によって、真皮の下の毛細血管内に、『炭酸(炭酸ガス=二酸化炭素)』が吸収されます。

毛細血管の中に炭酸ガス(二酸化炭素)が取り込まれると、血液中の二酸化炭素濃度が上がり、「酸素が足りない!」と、一種の酸欠状態になります。そうすると、体中に酸素を送ろうと、血管が拡張して、血流が良くなります。これが『血行促進』です。

血行促進によって、新陳代謝が活発になり、『ターンオーバーの正常化』が期待出来ます。

ターンオーバーの正常化は、メラニン代謝や肌バリア機能の維持にも影響を及ぼす、美肌にとって非常に重要なことなので、炭酸ガス(二酸化炭素)を肌に取り込み、血行を促進させることは、健やかなお肌を手に入れるための有効な手法と言えるでしょう。

 

炭酸水では炭酸ガス(二酸化炭素)を肌に取り込めない!

ここまでは分かりやすく、「炭酸=炭酸ガス」とご説明しましたが、厳密にいうと、炭酸と炭酸ガスは違います。

『炭酸(H2CO3)』は、炭酸ガス(二酸化酸素)が水に溶けた状態のモノです。いわゆる『炭酸水』です。

一方、『炭酸ガス(CO2)』は二酸化炭素です。

先程、血行促進効果があると言いましたが、炭酸ガス(二酸化炭素)のままでは効果は期待できません。炭酸ガスを直接お肌に吹きかけても、ほとんど肌に吸収されません。

炭酸ガスを肌に吸収させるためには、水に溶かして『炭酸』にしなければなりません。

炭酸ガスが水に溶けて『炭酸』となって初めて、炭酸とともに炭酸ガスが肌に吸収され、血行促進効果を得ることが出来るのです。

血行促進のため、肌に「炭酸ガス」を取り込みたい。しかし、「炭酸ガス」そのものだと吸収されない。「炭酸ガス」を水に溶かして「炭酸」にすることで、肌に取り込むことが出来る。血行促進効果が期待できるのは『炭酸ガス』であり、『炭酸』は、炭酸ガスを肌に取り込ませるための『一つの手段』にすぎません

さて、『炭酸水洗顔』は本当に美肌効果が期待出来るのでしょうか?

「炭酸ガス(二酸化炭素)」が水に溶けた状態の「炭酸水」であれば、炭酸ガスを肌に取り込む方法としては最適です。

しかし、炭酸水を肌に塗布したと同時に、炭酸ガス(二酸化炭素)は空気中に放出されてしまい、肌に吸収されることはありません

つまり、炭酸水洗顔には美容効果など期待出来ないのです。

美容効果が期待できる炭酸ガス(二酸化炭素)が、肌に取り込まれることなく空気中に放出されてしまいますから、当然と言えば当然ですね。

世の中には、炭酸水洗顔を推す方がいらっしゃると思いますが、「コスメにおいて、炭酸ガスがどのように肌に取り込まれ、どのようなメカニズムで美容効果を発揮するのか」を理解すれば、炭酸水洗顔に美容効果は期待出来ない事は容易に想像がつくと思います。

また、「コスメにおける炭酸ガスの意味」も重要です。

炭酸ガス(二酸化炭素)には美肌に導く様々な効果が期待出来ますが、そもそもコスメで炭酸ガスを肌内部に取り込むことは非常に難しい

だからこそ、エアゾールタイプの炭酸コスメにおいて、炭酸ガス(二酸化炭素)の配合目的は『噴射剤』でしかありません。

これはつまり、コスメにおける炭酸ガスの肌への美容効果は公には認められていないという事です。

結論、

「炭酸ガス(二酸化炭素)が肌に取り込まれる前に空気中に放出されますから、炭酸水洗顔に美容効果は期待出来ません」

「さらに、コスメにおける炭酸ガスの美容効果は、国から認められていません」

 

おすすめの炭酸コスメは?

私は、「コスメにおける炭酸ガスの意味」を十分理解していますから、炭酸コスメの美容効果は怪しいと思っています。

しかし一方で、美容医療の領域で炭酸は歴史がある療法ですから、炭酸ガスの美容効果は信じています。

問題は、これをコスメで考えた場合、炭酸コスメを肌に塗布しただけでは、容易に炭酸ガスが空気中に放出され、肌に取り込まれないという事。

ですから、もし炭酸コスメを選ぶのであれば、塗布後、肌上に炭酸ガスを長時間留められる剤型が望ましいと私は思います。

長時間、肌上で炭酸ガスを留めておくことが出来れば、肌への取り込みが期待出来ますし、公には認められていなくとも、肌に取り込む事が出来れば、炭酸ガスの効果が期待出来るからです。

そこで私は、フェヴリナの『ナノアクア 炭酸パック』をおすすめします。

30代、40代向け訴求

この商品、使用時に「ジェル」と「顆粒パウダー」を混ぜる『用事調整』というタイプです。

私がフェヴリナをおすすめする理由は、『用事調整』である事と『使用法』です。

エアゾールタイプの泡の炭酸コスメは世の中にたくさんありますが、エアゾールタイプは、使用はじめ(購入当初)と使用終わりで、ガス量に偏りが生じてしまうという『デメリット』があります。

メーカーが推奨する使用法を守れば、ある程度は問題ないと思いますが、毎回毎回の泡が同じガス量で出てくることは、理想ではありますが、非常に難しいです。

現実は、わずかではありますが、ガス量に『差』が生じてしまいます。

このわずかな差が繰り返されることで、使用はじめ(購入当初)の頃の泡に含まれるガス量と、使用終わりの頃の泡に含まれるガス量が違ってくるのです。

「使用はじめの泡質と使用終わりの泡質がなんか違う?」と経験された人も多いのではないでしょうか?

これがまさに、泡に含まれるガス量が異なるため泡質が違うのです。

化粧品開発者は、使用はじめから終わりまで泡質に変わりはないか?(=ガス量が同じか?)を確認しますが、実際は、様々な使い方をされるユーザーがいらっしゃいます。

ですから、はじめと終わりでガス量が異なるという事はよくある話で、これはつまり、安定的に炭酸ガスの効果が得られないという事を意味します。

フェヴリナのような『用事調整』であれば、その心配はなく、新鮮かつ全く同じ炭酸ガス量で使用可能ですし、一回に含まれる炭酸ガス量も、泡タイプに比べれば圧倒的に多いです。

そして『使用法』

フェヴリナは、「ジェル」と「パウダー」を混ぜて肌に塗布した後、『専用シート』で顔全体を覆います。

これは一見、面倒な使用法のように思えますが、シートで顔を覆うことで、炭酸ガスが空気中に放出されるのを完全に抑制出来ますから、面倒な使用法ではなくむしろ、炭酸ガスの効果を最大限得るために最も優れた方法と言えるのではないでしょうか?

勿論、コスメにおいて、炭酸ガスの美容効果を宣伝することは出来ませんが、炭酸ガスの特長をよく理解した炭酸コスメ、それがフェヴリナの『ナノアクア 炭酸パック』だと思います。

私が最もおすすめする炭酸コスメの一つです。

30代、40代向け訴求

 

おわりに

いかがでしょうか?

炭酸水洗顔をしたとしても、肝心の炭酸ガスが空気中に放出されてしまい、肌に取り込まれることはほとんどあり得ませんから、効果は期待出来ません。

そもそもコスメにおいて、炭酸ガスの美容効果は認められていませんから、コスメで炭酸ガスを肌に取り込む事は非常に難しいです。

ただし、炭酸ガスの空気中への放出を防ぎ、肌上で炭酸ガスを留めておくことが出来れば、例え公には認められていなくとも、炭酸ガスの美容効果は期待出来ると思います。

そのためには、フェヴリナ』のように、空気中への炭酸ガスの放出を抑制するために、塗布後、『専用シート』で覆うことが、最も有効で、最も効果的な方法だと私は思います。

30代、40代向け訴求

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

-コスメの疑問&誤解, 化粧品全般

Copyright© コスメの真実 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.