コスメの疑問&誤解 美白

<プロ解説>パーフェクトワン(美白)は危険!?効果なし!?大きな勘違いとは?

更新日:

化粧品業界は、市場規模は他産業に比べてそれほど大きくありませんが、『利益率の高さ』から、多くのメーカーが存在しますし、他業種からの参入が後を絶ちません。

それほど魅力的な業界が、化粧品業界です。

当然、ユーザー支持・市場拡大を図ろうと、メーカー間の競争が激しいですが、コスメそのものの『品質・技術』で勝負するのではなく、ユーザーの心に響く魅力的な『宣伝内容』で勝負するメーカーが非常に多いです。

宣伝内容で勝負する手法は、立派な『販売戦略』ですから、これ自体、否定するつもりはありませんが、中には、あまりにもひどい内容や、プロの目から見てこれは誤解を生むだろうと思われる内容で、ユーザーを獲得しようとするメーカー・商品が存在します。

その一つが、美白のパーフェクトワンである、『パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル』です。

今回は、「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」の何がひどいのか、化粧品開発者の私がご説明します。

「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」の勘違い

オールインワンジェル・パーフェクトワン・美白・おすすめ

私は男性で普段化粧はしませんが、コスメが大好きです。だからこそ、長年、この業界で研究開発員として、コスメ開発に携わっています。

ですから、特定のコスメに対する批判はあまりしたくありませんが、「ユーザーにコスメの真実を知ってもらいたい」が、このブログを始めたきっかけであり、このブログの存在意義ですから、明らかにユーザーが不利益を被るであろう『ひどいコスメ』に対しては、プロの目から容赦なく、その真実を暴きたいと思います。

ただし、ひどいコスメかそうでないかは、皆様が判断されることですから、あくまで私個人の見解である旨ご了承ください。

この記事を最後まで読んで頂いて、皆様がご判断ください

で、本題ですが、「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」の『ひどい点』については後程ご説明しますが、前提として私は、「パーフェクトワン」に対しては『厳しい目』で評価しています。

何故なら、「パーフェクトワン」を開発・販売しているのは『新日本製薬』です。

このブログでも記事にしていますが、『信頼性』を武器に、化粧品市場で大きく成長しているのが、製薬会社が作るコスメ、いわゆる『製薬コスメ』です。

製薬コスメは、『製薬』の持つ、『圧倒的な良いイメージ』(高品質・高技術・高効果)を最大の特長として、ユーザー支持を拡大しています。

「パーフェクトワン」の新日本製薬は、製薬の名が示すように、れっきとした『製薬コスメ』です。

今でこそ「パーフェクトワン」は、日本NO.1のオールインワンジェルにまで成長しましたが、ここに至るまで、製薬が持つ圧倒的に良いイメージを武器に、市場拡大を図ってきた事実があります。

ですから当然、評価する側も、『製薬会社が作ったコスメ』という、ある意味特殊なカテゴリーで、厳しい目で評価すべきです。

トラネキサム酸は美白の有効成分ではない!

美白の有効成分として有名な『トラネキサム酸』

もともと「トラネキサム酸」は『第一三共』が開発した成分で、古くから医薬品に用いられてきました。2005年、『資生堂』によって、「トラネキサム酸」は医薬部外品の『美白有効成分』として厚生労働省から認可され、今では、医薬部外品にも広く用いられています。

「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」は、美白の医薬部外品です。「トラネキサム酸」も配合されいますから、本商品のCMやホームページをご覧になった多くのユーザーが、本商品に配合のトラネキサム酸は、美白の有効成分と勘違いされているのではないでしょうか?

しかし実際は、「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」に配合されているトラネキサム酸は、美白の有効成分ではなく、『肌荒れの有効成分』です。

「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」に配合のトラネキサム酸に、美白効果は期待出来ません

この商品の美白の有効成分は、『アルブチン』です。トラネキサム酸は美白ではなく、『肌荒れの有効成分』です。

「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」のCMや商品ページを見ると、プロの目から見ても、「トラネキサム酸=美白有効成分」と『勘違い』しそうです。よく見ると、『トラネキサム酸=肌荒れの有効成分』と分かりますが、『優良誤認』につながる、明らかに『ひどい宣伝内容』だと私は思います。

トラネキサム酸は、第一三共ヘルスケアや資生堂のおかげで、『美白効果がある成分(有効成分)』として有名です。しかし一方で、トラネキサム酸は優秀な成分ゆえに、『肌荒れの有効成分』としても認められています。

つまりトラネキサム酸は、『美白』『肌荒れ』、双方の有効成分であり、それぞれの効果効能を許可されるには、『決められた量』配合する必要があります。

「美白の有効成分」となる配合量と、「肌荒れの有効成分」となる配合量は異なり、トラネキサム酸を「美白の有効成分」とするには、「肌荒れの有効成分」以上の配合が必要です。

確かにトラネキサム酸は、第一三共と資生堂のおかげで、美白の有効成分として有名です。また、美白メカニズムも、アルブチンやビタミンC誘導体などの一般的な「チロシナーゼ活性抑制」とは異なりますから、『話題の美白有効成分』と言えるでしょう。

しかしだからと言って、「肌荒れの有効成分」としての配合量のトラネキサム酸を、あたかも、「美白の有効成分」のように思わせる宣伝内容は、直接的に「トラネキサム酸=美白」と言っていなくとも、許されるべきではなく『ひどい戦略』です。

ただし、「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」以外にも、トラネキサム酸をこのような方法で宣伝するメーカー・商品は存在します。

一番の問題は、「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」が、製薬会社が作る『製薬コスメ』であること。

信頼・イメージ(高品質・高技術・高効果)を武器に、ユーザー支持を拡大してきた製薬会社が作る『製薬コスメ』が、こんな、ユーザーの勘違いを招くような『ひどい戦略』『故意』にとるとは、プロとして憤りを覚えます。

製薬コスメがすべきことではありません。

これが製薬コスメでなかったら、これほど強くは申し上げませんが、製薬コスメである以上、ユーザーの事を第一に考え、くだらない宣伝内容を正し、コスメそのものの『品質・技術』で勝負すべきです。

日本NO.1のオールインワンジェルという実績は素晴しいですから、「パーフェクトワン」には一目置いていましたが、この商品で私の中の評価は地に落ちました。

所詮、新日本製薬は、『第一三共ヘルスケア』『ロート製薬』と比較すると、製薬会社として格下であり、その新日本製薬が作った「パーフェクトワン」は、『製薬コスメ』と言うには程遠いということでしょうか。

おすすめは?

トラネキサム酸=美白の有効成分

ブライトエイジ

『美白の有効成分』としてのトラネキサム酸であれば、『第一三共ヘルスケア』です。

第一三共と言えば『トランシーノ』が有名ですが、「トランシーノ」を超えた?と思わせるほどの、エイジングケアシリーズが新たに発売されました。

それが、全方位エイジングケア『ブライトエイジ』です。

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液・クリームがあり、全品『医薬部外品』です。化粧水・乳液・クリームの基礎品には『トラネキサム酸』を、『美白の有効成分』として配合しています。

「ブライトエイジ」は、『美白を含む全方位エイジングケア』です。

美白は基本機能として、既に備わっていますから、「トランシーノ」にエイジングケアが新たに追加されて、『進化したブランド』が「ブライトエイジ」と言えるでしょう。

商品ページを見て頂ければお分かりになりますが、美容成分を肌の奥まで届ける技術(ナノフィーユミセル)や、うるおいを閉じ込める技術(3Dストレッチネット)は、大手化粧品会社にも引けを取らない『高度な技術』です。

さらに、徹底した衛生管理の製造環境や、肌の水分量・弾力などの有用性試験も実施していて、さずが製薬会社とも言うべき見事な対応です。〇〇製薬と名ばかりの会社に、こんなことが出来るでしょうか?

これぞ本物の『製薬コスメ』です。製薬の名を冠するのであれば、「パーフェクトワン」は、『第一三共ヘルスケア ブライトエイジ』を見習った方がいい。

是非、『本物の製薬コスメ』をお試しください。

ブライトエイジ

おわりに

いかがでしょうか?

「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」の宣伝内容(戦略)は、直接的に「トラネキサム酸=美白」と言っていませんから、問題はありません。

同じような戦略の、メーカー・商品は多数存在します。

冒頭で申し上げたように、『製薬コスメ』は、製薬の持つ圧倒的に良いイメージを武器に、ユーザー支持を拡大してきました。

「パーフェクトワン」の『新日本製薬』も同様で、製薬の名を冠する『製薬コスメ』であるからこそ、『厳しい目』で評価しています。

この宣伝内容(戦略)は、『製薬コスメ』がやるべきことではありません。

製薬の名を冠する自分達が、ユーザーから何を求められているかを再認識し、ユーザー第一の姿勢でコスメ開発をして頂きたいと思います。

ブライトエイジ

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

-コスメの疑問&誤解, 美白

Copyright© コスメの真実 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.