コスメの真実

製薬会社のコスメは高品質?効果あり?おすすめ? 製薬コスメの真実

更新日:

化粧品を作る製薬会社が増えてきました。いわゆる『製薬コスメ』ですね。

「製薬コスメ」については、これまでも記事にしました。

<おすすめ製薬コスメをご紹介>

この記事では『おすすめ製薬コスメ』を紹介していますが、今回は『製薬コスメの真実』と題し、製薬会社が作るコスメ全般に関して述べたいと思います。

製薬コスメとは?

製薬会社コスメ・高品質・おすすめ

「利益率が高い」・「景気に左右されない」・「イメージが良い」などの理由から、化粧品を主事業としない、異業種からの参入が多いのが『化粧品業界』です。最近勢いのある、「サントリー」や「富士フィルム」などは、典型的な例です。

その中でも、製薬会社からの参入が多く、製薬会社が作るコスメが『製薬コスメ』です。製薬会社は、高品質・高技術・高効果と、3拍子揃った『良いイメージ』が強く、それだけでかなり強力な訴求ポイントとなります。

実際、製薬コスメの宣伝内容を見ると、「製薬会社が作った」とか「製薬会社品質」という表現が並び、コスメの中身以上に『製薬会社であること』を武器にしているメーカーが数多く見受けられます。

『製薬コスメ』は、本当にイメージ通り、高品質・高技術・高効果なのでしょうか?

「全ての製薬コスメ=高品質・高技術・高効果」ではない!

製薬コスメは、製薬会社が持つ、高品質・高技術・高効果という『イメージ』を最大の武器にしています。何よりコスメはイメージを大切にしますから、異業種からの参入の中では、一番成功しているのが『製薬会社』であり、今後益々、シェアを拡大すると思われます。

勿論、『イメージ』だけに留まらず、製薬(創薬)で培った技術をいかんなく発揮し、高品質・高技術・高効果を実現させている製薬会社は存在しますし、そうでなければ『製薬コスメ』とは言えないでしょう。

ですから、本物の製薬コスメは、資生堂や花王(カネボウ)、コーセー、ポーラといった大手化粧品メーカーを脅かすほどの存在であると言っても過言ではありません。

しかし、全ての製薬コスメがイメージ通り優れているとは限りません。中には『製薬』という名ばかりで、実が伴っていない製薬コスメは存在します。

製薬と名がつくメーカー全てが、高品質・高技術・高効果ではありません。

製薬という名の上にあぐらをかいて、本質を見失っている製薬コスメが多数存在しますからご注意ください。

製薬コスメの高品質・高技術・高効果とは?

高品質

『品質』と一言に言っても、意味がかなり広いです。私自身、「高品質とは何?」と問われれば、『安全性評価』『開発』『製造』を高い次元で実践すること、と答えます。私が考える高品質には、『安全性評価力』『開発力』『製造力』が絶対条件です。詳しくご説明します。

化粧品は医薬品とは異なります。医薬品は効果の代償に副作用が認められていますが、化粧品に副作用など絶対にあってはなりません。化粧品は安全であることが大前提です。しかし、安全性は、大部分がメーカーの自主基準ですから、安全性の大小・優劣で、商品やメーカーを判断することが出来ません。「このメーカーの安全性は高いの?」と問われた場合、基準の詳細が分からないため(自主基準ゆえ、表に出てこない)、「分かりません」と答えざる得ません。

ただし、安全性の大小・優劣を判断する材料はあります。安全を担保するためには、安全性を評価する技術が必要不可欠です。これが『安全性評価力』

最近では脱動物実験の流れで、『代替法』での評価が必須ですから、益々、安全性評価力の重要性が高まっています。私はこのブログで、「アテニア」・「ファンケル」・「資生堂」・「ポーラ」・「オルビス」・「ディセンシア」などをおすすめしていますが、これらは大手化粧品メーカーであり、十分すぎるほどの『安全性評価力』を持っていますから、訳が分からないメーカーに比べ、はるかに安全・安心してお使い頂けます。

勿論、化粧品は全ての方が安全に使えるわけではなく、人によってはお肌に合わないケースがありますから、これら大手化粧品メーカーの商品が100%安全だと断定は出来ません。安全性を高度に評価する技術を持っているため、重篤な安全性トラブルを引き起こすことは稀だとお考えください。

製薬会社は『安全性評価力』に優れています。製薬(創薬)分野でも、日常的に安全性評価を実施していますから、それを水平展開させれば、化粧品の安全性評価は容易でしょう。

その中でも、製薬としてもコスメとしても実績十分の『第一三共ヘルスケア』はおすすめです。

<第一三共ヘルスケア『ブライトエイジ』> 

ブライトエイジ

続いて、『開発力』『製造力』『開発力』とは、いかに、使用感・効果感に優れた化粧品を開発するかです。

『製造力』というのは、毎回、同じものを問題なく製造するかということ。作るたびに、使用感が違うものが出来たらユーザーは離れていきます。

また、異物混入などの問題があるものを製造したら、ユーザーからの信頼を失いますし、場合によっては市場回収により、莫大なコストがかかります。化粧品の製造において、「毎回、同じものを問題なく製造すること」は非常に重要で、難しいことなんです。『製造力』は、『高品質』実現のためには欠かせません。

製薬会社が『開発力』『製造力』に優れているかというと、厳密に言うと少し違います。全てとは言いませんが、多くの製薬会社は、開発・製造をOEM委託』しています。

製薬会社の厳しい要求に応えられるだけの、開発力・製造力を有するOEMメーカーが増えてきました。OEMメーカーの技術革新が、製薬会社の化粧品業界への参入を支えているとも言えるでしょう。

詳しくは申し上げられませんが、製薬会社の要求はかなり厳しいです。特に『製造力』では、医薬品並みの正確性を求めてきますから、請け負うOEMメーカーは大変ですし、一流のOEMメーカーでなければ対応できません。

このように、『製薬コスメ』には、製薬会社の名に恥じぬ、『高品質を実現できるだけのチカラ』があります。

高技術

高品質の中で述べた『開発力』と少し重複するかもしれませんが、『高技術』とは、一つの商品の中に、どれだけ画期的な技術が搭載されているかということです。

「ロート製薬」の『肌ラボ 白潤プレミアムW美白美容液』は、ダブルの有効成分として「アルブチン」と「直接型ビタミンC誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸)」を配合しています。

「アルブチン(美白の有効成分)」と「3-O-エチルアスコルビン酸(美白の有効成分)」の『美白&美白』の組み合わせは『日本初』です。この組み合わせを実現させるとは、さすが「ロート製薬」です。

「第一三共ヘルスケア」は、皆様お馴染み、美白シリーズ『トランシーノ』を始め、最近では通販限定ブランドとして『ブライトエイジ』を展開しています。

第一三共ヘルスケアのコア技術、『トラネキサム酸』を配合した美白シリーズ(医薬部外品)でありながら、『エイジングケア』をプラスし、進化したブランドです。

<第一三共ヘルスケア『ブライトエイジ』> 

ブライトエイジ

このように、製薬コスメは、間違いなく『高技術』と言えます。

高効果

「製薬コスメ=高効果」と考えがちです。

しかし、製薬コスメであっても、大手化粧品メーカーのコスメであっても、化粧品である以上、効果(作用)が緩和(おだやか)でなければなりません。

ですから、効果に関して言えば、製薬コスメだからと言って特別すごいというわけではございません。

ただし、緩和でありながらも、効果への強いこだわりを持っています。

「第一三共ヘルスケア」であれば、美白効果という側面から、『トラネキサム酸配合の医薬部外品』にこだわっていますし、「ロート製薬」であれば、ビタミンC高濃度配合の『オバジ』(化粧品)で勝負しています。

「大正製薬」はグループ会社から発売のオールインワンジェル、『トリニティーライン ジェルクリームプレミアム』において、「アレルギーテスト」・「パッチテスト」は勿論、「乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト」・「連用テスト」まで実施しており、製薬会社にふさわしい開発姿勢です。

このように、化粧品である以上、効果は緩やかですが、開発品目と開発姿勢から、製薬コスメの効果は期待できると私は考えています。

おわりに

いかがでしょうか?

高品質・高技術・高効果のイメージが強い製薬コスメですが、製薬と名の付く、全ての製薬コスメがイメージ通りだとは限りません。

化粧品開発者の私の目から見て、少なくとも、『第一三共ヘルスケア』『ロート製薬』『大正製薬』『大塚製薬』『武田薬品』『小林製薬』の6社は、高品質・高技術・高効果を実践する『製薬コスメ』だと言えると思います。

製薬コスメにご興味のある方、一度、本物の製薬コスメをお試しください。

<第一三共ヘルスケア『ブライトエイジ』>

ブライトエイジ

<おすすめ製薬コスメをご紹介

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

スポンサーリンク

-コスメの真実

Copyright© コスメの真実 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.