コスメの真実

意外と知らないクレンジングの種類とは? おすすめは? クレンジングの真実

更新日:

f:id:cosmedein:20160905093203p:plain
毎日、当たり前のようにお使いの『クレンジング』
その本来の役割はご存知でしょうか?

また、一言にクレンジングと言っても、様々な種類があり、種類によって特徴が大きく異なります。

そこで今回は、『クレンジングの真実』と題しまして、役割から汚れを落とすメカニズム、おすすめなど、クレンジングの詳細をご説明いたします。

クレンジングの基本と言うべき内容ですので、是非、参考にして頂ければと思います。

クレンジングの役割

クレンジングの役割・おすすめのクレンジング

『お肌の油性の汚れを取り除き、お肌を清潔な状態にする』

これが、クレンジングの役割です。

ここでのポイントは、クレンジングは『油性の汚れ(油汚れ)』を対象にしているということです。

お肌の上にあるメイク料は、『油性の特徴』を持っているため、水やお湯だけの洗顔では落とせません。
このメイク料(油性の汚れ)を、油や界面活性剤で浮かせて、洗い流すのがクレンジングです。

お肌にメイク汚れが残った状態だとどうなるでしょうか?

メイク汚れの大部分は『粉体』『油』です。
粉体は、水分や皮脂を吸ってしまうので、お肌に残った状態が続くと、『乾燥』につながります。

また、お肌に残った油は、空気と触れて『酸化』します。酸化した油は、様々な『肌トラブル』を引き起こします。

ですから、クレンジングでメーク汚れを除き、お肌を清潔な状態にすることは、健やかなお肌を手に入れるために非常に重要なのです。

汚れを落とすメカニズム

では、クレンジングはどのようにメイク汚れを落とすのでしょうか?

クレンジングに含まれる『界面活性剤』『油』が汚れを落とします。
ですから、クレンジングには、「界面活性剤で汚れを落とす」、「油で汚れを落とす」、この2種が存在するのです。

界面活性剤で汚れを落とす

クレンジングの役割・おすすめのクレンジング

界面活性剤は、水となじみのいい『親水基』と、油となじみのいい『親油基(疎水基)』を持っています。
ですから、『水と油、両方の性質を持っている成分』です。

界面活性剤の中でも、分子の形によって、『親水性の界面活性剤』『親油性の界面活性剤』に分けることが出来ます。

(A)は親水基はそのままで、親油基が短く(小さく)なっています。(B)は親水基が大きくなって、親油基はそのままです。

(A)と(B)のように、界面活性剤分子の中で、『親水基の占める割合が大きいもの』が、親水性の界面活性剤です。

(C)は親水基はそのままで、親油基が太く(大きく)なっています。(D)は親水基が小さくなっています。

(C)と(D)のように、界面活性剤分子の中で、『親油基の占める割合が大きいもの』が、親油性の界面活性剤です。

メイク汚れは油性ですので、クレンジングには親油性の界面活性剤を用いるケースが多いですが、親水性の界面活性剤で汚れを落とす場合もあります。

クレンジングの役割・おすすめのクレンジング

界面活性剤でメイク汚れを落とす概略が上図です。

① クレンジング前のお肌

お肌には、油性の特性を持つ『メーク汚れ』が残っています。

② クレンジング使用初期

クレンジングに配合されている界面活性剤の『親油基』が、油汚れである『メーク汚れの表面』に吸着します。

③ クレンジング使用中期

手で軽くこすって、クレンジングをお肌になじませると、界面活性剤がメーク汚れを包み込み、お肌から浮き上がります。そして、『メーク汚れの周り全て』に界面活性剤が吸着します。

④ クレンジング使用後期

界面活性剤の『親水基』が外側を向いているため、すすぎの水によって、簡単に流されます。

⑤ クレンジング後のお肌

メーク汚れがきれいに取り除かれて、お肌が清潔な状態になります。

このように、界面活性剤による洗浄のメカニズムは、汚れへの『界面活性剤の吸着』です。

油で汚れを落とす

次は、クレンジングに配合されている油によって、汚れを落とすメカニズムを説明いたします。

クレンジングの役割・おすすめのクレンジング

① クレンジング前のお肌

先ほどと同じく、お肌には油性の特性を持つ『メーク汚れ』が残っています。

② クレンジング使用初期

クレンジングに配合されている油が汚れを包み込みます。

③ クレンジング使用中期

手で軽くこすって、クレンジングをお肌になじませると、メーク汚れが油に溶け込み、お肌から浮き上がります。ただし、この時、油の量が多いので、汚れとともに、お肌の『皮脂』まで溶かします。

④ クレンジング使用後期

汚れと皮脂が溶けている油が、すすぎの水によって流されます。しかし、油なので、水となじみが良くないため、完全には流れ落ちません。

⑤ クレンジング後のお肌

大部分のメーク汚れは落ちますが、油が若干残った状態になります。

このように、油による洗浄のメカニズムは、汚れの『油への溶解』です。

一般的に、油によるクレンジングの場合、界面活性剤に比べて、『クレンジング力は高い』です。
しかし、洗浄後、油がお肌に残るので、ヌルヌルして『洗い上がりが悪い』です。
また、ヒトの皮脂まで一緒に流してしまうため、『お肌への負担』の課題があります。

クレンジングの種類と特徴

クレンジングには、汚れを「界面活性剤で落とす」か、「油で落とす」かによって、様々な種類があります。

リキッドタイプ

『リキッドクレンジング』と言います。
一般的に、界面活性剤で汚れを落とす場合、『親油性』のものを用いますが、リキッドクレンジングでは『親水性の界面活性剤』で汚れを落とします。
『鉱物油フリー』『油分不使用』などを謳っているクレンジングの多くは、このタイプです。
このタイプは、製剤化及び製造に、高い技術力が必要なため、製品化しているメーカーは限られます。

●クレンジング力・・・一般的なメーク汚れであれば十分に落ちます。しかし、『ウォータープルーフ』の日焼け止めやマスカラを完全に落とすのは困難です。

●洗い上がり・・・水系のクレンジングのため、洗い上がりは良いです。

●お肌への負担・・・ヒトの皮脂まで落とすことはないので、負担は低いです。また、水ベースのため、水溶性エキスなど、『美肌成分』の配合が可能です。

以上のように、リキッドクレンジングは、

『通常のメイクが落とせれば、ウォータープルーフは落ちなくてもいい。その代わり、お肌への負担が低くて、洗い上がりがすっきりするものが好み。』という方におすすめです。

<リキッドと言えば「オルビス クレンジングリキッド」>

ジェルタイプ

『ジェルクレンジング』と言います。
リキッドタイプを『増粘剤』を用いて、粘度を持たせたタイプです。
そのため、クレンジング力、洗い上がり、お肌への負担などの特徴は、リキッドタイプと同じです。

今後の説明で、『可溶化』とか『水中油(O/W)』『油中水(W/O)』という表現が出てきますので、これらの言葉に馴染みのない方は、以下の記事をご参照ください。

オイルタイプ

『オイルクレンジング』と言います。
『油』で汚れを落としますが、『界面活性剤』を併用する場合もあります。

オイルクレンジングは、その大部分が油なので、原価(原料価格)を下げるために、比較的安価な、「ミネラルオイル」などの鉱物油を多量に配合するケースが多いです。

クレンジングは、お風呂場で使う方もいらっしゃると思います。
お風呂場で使う場合、手は濡れていますよね。

一般的なクレンジングは、『濡れた手』で使用すると、クレンジング力が低下してしまいます。ですから、お風呂場での使用はあまりおすすめしていません。
オイルクレンジングも同様で、濡れた手で使用すると、白濁し、クレンジング力が低下します。

ですが、「お風呂場でも使いたい!」というユーザーの要望に応えるために、『濡れた手でも使えるオイルクレンジング』が開発されました。

具体的には、『親油性の界面活性剤』を配合することで、濡れた手で使用しても、手についている水がクレンジングに『可溶化』して、クレンジング力の低下を抑制するというものです。(化粧水に油溶性の香料を可溶化させる、の逆です)

この濡れた手でも使えるオイルクレンジングの登場と、お求めやすい価格とが相まって、どんどんユーザーが増えていきました。

前述したように、ほとんどが油なので、原価が高いです。しかし、高価格では売れない商品なので(低価格帯が多い)、化粧品会社にとっては、あまりうれしい商品ではありません。

●クレンジング力・・・非常に高いです。『ウォータープルーフ』の日焼け止めやマスカラも落とすことが出来ます。

●洗い上がり・・・洗浄後は、油がお肌に残りヌルヌルします。W洗顔は必須です。

●お肌への負担・・・ヒトの皮脂まで落としてしまうので、肌への負担はあります。また、油ベースのため、水溶性エキスなど『美肌成分』の配合は不可です。

ここで、『皮脂』について補足します。
ヒトは「汗」と「皮脂」が混ざり合ってできる『皮脂膜』という薄い膜で覆われています。
この皮脂膜は、お肌から水分が蒸発していくのを防ぎ、肌にうるおいを与えます。
また、外部の刺激からお肌を守ってもいます。
このように、皮脂膜はヒトのお肌にとって非常に重要です。
ですが、オイルクレンジングはその高いクレンジング力で、ほぼ全てのメイク汚れを落としますが、皮脂膜を構成する『皮脂』まで落としてしまうのです。
この皮脂を『お肌にとって必要な油』とも表現しますが、必要な油をも落としてしまうオイルクレンジングは、一般的に、お肌への負担が高いと言われているのです。

以上のように、オイルクレンジングは、

『とにかくメイク汚れを落としたい!W洗顔するし、しっかり化粧水と乳液でケアするからお肌への負担は関係ない!!』という方におすすめです。

<オイルクレンジングの名品「アテニア」>

ミルクタイプ

『ミルククレンジング』と言います。
『油』で汚れを落とします。
界面活性剤も併用しますが、汚れを落とすためというより、洗い上がりをすっきりさせるために配合しています。
『水中油(O/W)』がほとんどで、スキンケアの乳液に成分構成が非常に近いです。

クレンジング力・・・低いです。スキンケアの乳液に成分構成が近いので、乳液ではメイク汚れは落ちませんよね。

●洗い上がり・・・水中油なので、洗い上がりは良いです。

●お肌への負担・・・非常に低く、お肌が弱い方でも使用できます。水溶性エキスなど、『美肌成分』をたっぷり配合できます。

以上のように、ミルククレンジングは、

『それほどしっかりとメイクしないから、クレンジング力は低くて構わない。その代わり、お肌が弱いから、低刺激のものを使いたい!』という方におすすめです。

クリームタイプ

『クリームクレンジング』と言います。
『油』で汚れを落とします。
ミルククレンジング同様、界面活性剤も併用しますが、汚れを落とすためというより、洗い上がりをすっきりさせるために配合しています。

水中油タイプですが、スキンケアのクリームとは成分構成が大きく異なります。
クレンジング力を上げるために、水中油のスキンケアクリームの油の配合量を、大幅に増やしたイメージです。
油(=内相)が多いため、別名『高内相型』とも言います。

このタイプを開発するには、非常に高い技術力が必要です。ですから、このタイプのクレンジングを販売しているメーカーは、優れた技術力を有している証拠になります。

また、デパートなどで販売される高価格帯のクレンジングは、このタイプが多いです。メーカーの顔ともいうべき、ハイプレステージブランドのクレンジングは、ほぼこのタイプと言えるでしょう。

クレンジング力・・・高いです。ウォータープルーフは少し厳しいかもしれませんが、通常のメイクであれば全く問題ございません。

●洗い上がり・・・水中油なので、洗い上がりは良いです。

●お肌への負担・・・低いです。『美肌成分』もたっぷり配合できます。

以上のように、クリームクレンジングは、「高いクレンジング力」と「お肌への優しさ」を併せ持った、オイルクレンジングの欠点を克服したクレンジングと言えます。

『クレンジング力とお肌への優しさには妥協しない!高いお金を払ってもそれだけの価値があるなら構わない!!』という方におすすめです。

<抜群のコスパ!クリームタイプの名品「オルビス オフクリーム」>

おわりに

いかがでしょうか?再度、機能別にまとめます。

<クレンジング力>

1位 オイルクレンジング

2位 クリームクレンジング

3位 リキッド(ジェル)クレンジング

4位 ミルククレンジング

<洗い上がり>

1位 クリームクレンジング

同率1位 ミルククレンジング

3.リキッド(ジェル)クレンジング

4.オイルクレンジング

<お肌への負担(低い順)>

1位 ミルククレンジング

2位 クリームクレンジング

3位 リキッド(ジェル)クレンジング

4位 オイルクレンジング

<一般的な価格帯(高い順)>

1位 クリームクレンジング

2位 ミルククレンジング

3位 オイルクレンジング

同率3位 リキッド(ジェル)クレンジング

そして、私コスメデインがおすすめする順は以下です。

<総合的に考えたおすすめ順>

1位 クリームクレンジング

2位 オイルクレンジング

3位 リキッド(ジェル)クレンジング

4位 ミルククレンジング

やはり、クリームクレンジングがおすすめです。ただし、価格が高いのがネックですが、『オルビスオフクリーム』であれば抜群のコスパです。

是非、今回の内容を参考に、ご自分にあったクレンジングを選択してください。

<リキッドクレンジングのおすすめ>

<オイルクレンジングのおすすめ>

<クリームクレンジングのおすすめ>

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

-コスメの真実

Copyright© コスメの真実 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.