コスメの疑問&誤解 成分

【プロが解説】 プラセンタエキスの効果とおすすめコスメは?

更新日:

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

『プラセンタ』は、注射薬や内服薬として医療に用いられていますが、古くから『コスメ』にも配合されています。

美容成分として有名な『プラセンタ』ですが、その効果・効能をご存知でしょうか?

今回は化粧品開発者の私が、プラセンタエキスの効果とおすすめコスメをご紹介します。

プラセンタとは?

プラセンタは『胎盤』の事です。

胎盤は、哺乳類特有の臓器で、胎児の成長に不可欠な各種栄養素をたっぷり含んでいます。また、プラセンタは、胎児への栄養補給だけではなく、未発達の各器官の役割も担っており、まさに『神秘の臓器』とも言われています。

コスメの場合、豚由来のプラセンタや馬由来のプラセンタがありますが、現在、医薬品、及び医薬部外品への配合が許可されているのは、『豚由来のプラセンタ』のみです。

 

プラセンタに含まれる成分は?

プラセンタには、「アミノ酸」や「シアル酸」、「ムコ多糖」・「成長因子」など、人が成長するために欠かせない様々な成分が含まれています。

 

アミノ酸

プラセンタエキスには、『必須アミノ酸』など、20種類以上のアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸は『天然保湿因子』(NMF)ですから、お肌のうるおいを保つ効果が期待出来ます。

また、飲むことで(服用)、疲労回復や美肌効果が期待出来ます。

 

シアル酸

シアル酸は、免疫機能を高めたり、美容効果をもたらすなどの効果が期待出来ます。

 

ムコ多糖

ムコ多糖とは、『ヒアルロン酸』『コンドロイチン』の複合体で、細胞同士をつなぐ役割をするとともに、『保水性』に優れた成分です。

 

成長因子

成長因子とは、『EGF様成分』を意味し、新しい細胞の成長を促進します。ターンオーバーを正常化し、若々しいお肌へと導きます。

 

プラセンタの効果は?

プラセンタは真皮の臓器ともいえる『胎盤由来』であり、先に述べたように、多種多様の成分を含有していますから、様々な効果が期待出来ます。

外用による美容効果としては、『美白』『コラーゲン産生促進』『細胞賦活』『保湿』『抗酸化』『ターンオーバーの正常化』などが挙げられます。

また、豚由来のプラセンタエキスは、『美白の有効成分』として医薬部外品に配合されています。

まさに、夢のような美肌成分ですね。

 

プラセンタ配合おすすめコスメ

ローヤルゼリーもっちりジェル ホワイト

プラセンタエキス配合のコスメでおすすめは、なちゅライフの『ローヤルゼリーもっちりジェル ホワイト』です。

「もっちりジェル」という製品名はあまり好みではありませんが、プラセンタエキスを『美白の有効成分』として配合し、さらに、肌荒れの有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを配合した『W有効成分の医薬部外品』です。

ですから、「もっちりジェル」と、かわいらしい製品名でありながら、その中身は、科学的根拠に裏付けされたエビデンスにこだわったモノと言えるでしょう。

プラセンタエキスは化粧品にも多く配合されていますが、やはり、国から効果を認められた『美白の有効成分』としてプラセンタエキスを配合した『医薬部外品』が、最も効果が期待出来ると私は考えているため、この製品をおすすめします。

また、本品は『オールインワンジェル』ですから、これ一本で、基礎スキンケアが完了します。さらに、『ジャー』『チューブ』、2つのタイプが用意されていますから、皆様の使いやすい方をお選びください。私は衛生面から『チューブタイプ』をおすすめします。

この商品、『コスパの良さ』も評判のようです。

 

天使のおまもりプラセンタ原液

こちらもおすすめ。プラセンタエキス原液の『天使のおまもりプラセンタ原液』です。

こちらは『化粧品』です。先ほど私は、プラセンタエキスであれば、国から効果を認められた『美白の有効成分』として配合されている医薬部外品をおすすめすると言いましたが、本品は特別です。

化粧品である以上、現在の薬機法では、効果・効能の訴求は出来ませんが、本品は『プラセンタ原液』ですから、様々な美肌効果が期待出来るでしょう。

しかも『国産豚由来』ですから、医薬部外品の有効成分としてのプラセンタエキスと同等品質と言えるでしょう。

『神秘の臓器』、胎盤由来のプラセンタの効果を最大限得るには、『原液コスメ』が一番最適かもしれません。

 

プラセンタ プロテオ粒13,000

こちらはコスメではなく『サプリメント』です。サプリメントは私の専門外ではありますが、本品はただのプラセンタではなく、『発酵プラセンタ』なのでおすすめ商品としてご紹介します。

プラセンタには大きく『3つの種類』があります。

最も一般的な、水に溶ける『水溶性プラセンタエキス』

主に、リップクリームなどオイル剤型に配合される『油溶性プラセンタエキス』

そして、発酵・熟成し、アミノ酸・ビタミン・ミネラルなどの有用成分含有量を高めた『発酵プラセンタエキス』です。

発酵プラセンタエキスはすごいです。

プラセンタで有名な「株式会社ホルス」のデータによると、プラセンタエキスを発酵させることで、全てのアミノ酸含有量が増加します

また、ミネラルは『3倍~4.5倍増加』、ビタミンは『2倍~3.6倍増加』と、発酵・熟成工程を経ることでプラセンタエキスに含まれる有用成分は、驚異的な増加を示しました。

『発酵の力』はすごいですね。

『プラセンタ プロテオ粒13,000』は、発酵プラセンタを業界最高水準配合し、さらに、ヒアルロン酸以上の保水力を誇る『プロテオグリカン』、エイジングケアにかかせない成分を多量に含んだ『ツバメの巣エキス』も配合されています。

『内外美容』の必要性が叫ばれていますから、内からのケアには、『プラセンタ プロテオ粒13,000』がおすすめです。

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません

-コスメの疑問&誤解, 成分

Copyright© コスメの真実 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.