コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

国際オーガニック EXPO 2018に参加しました (2018年8月30日~2018年9月1日)

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

一時に比べて成長スピードは鈍化傾向にありますが、毎年、着実に市場規模を広げているコスメ領域があります。

それが『ナチュラルコスメ・オーガニックコスメ』です。

先日、オーガニック・ナチュラル製品が一堂に集まる専門展示会『国際オーガニック EXPO 2018』が、パシフィコ横浜で開催されました。

この展示会に参加しましたので、化粧品開発者の視点から、感想を述べたいと思います。

 

1.国際オーガニック EXPO 2018

f:id:cosmedein:20180902142315j:plain

2018年8月30日~2018年9月1日、パシフィコ横浜で、オーガニック・ナチュラル製品が一堂に集まる専門展示会、『国際オーガニック EXPO 2018』が開催されました。

この展示会は、コスメだけでなく、食品や日用雑貨など、オーガニック・ナチュラル製品全般を対象にしていましたが、私は、オーガニックコスメ・ナチュラルコスメの動向を知るために参加しました。

『パシフィコ横浜』は、日本におけるコスメ展示会の聖地とも言うべき場所で、2年に一度の化粧品の原料展、『CITE JAPAN(サイト ジャパン)』が開催される場所です。

ですから非常に楽しみにしていました。

実際参加すると、CITE JAPANの規模・盛り上がりを知っている私からすれば、やや物足りなかったです。

まず、参加人数。

CITE JAPANは受付だけで1時間近く待たされるほど、びっくりするくらい多くのコスメ関係者が参加しますが、今回は一瞬で受け付けが完了しましたし、中に入っても、参加人数はまばらでした。

私が参加した日・時間帯が、たまたまそうだったかもしれませんが。

そして、展示内容。

コスメの展示は少なく、大部分が『食品』でした。

ただし、少ないながらも、興味深いコスメがありましたから、次項でご紹介します。

 

2.株式会社マナプラス「玄華スキンケアシリーズ」

『玄華スキンケアシリーズ』は、株式会社マナプラスが展開する、「無農薬玄米」・「国産&植物エキス」にこだわった、『100%国産原料』から成るナチュラルコスメです。

代表の野口さんは、ホームページのお写真で拝見するよりも、ずっと端正な顔立ちで、物腰が柔らかく、非常に好感が持てる方でした。

株式会社マナプラスは、化粧品OEMもやっており、自社ブランドとして立ち上げたのが『玄華スキンケアシリーズ』です。

長年の化粧品OEMで培った『製造技術』が下地にありますから、規模は小さくとも、一定レベルの品質は確保されていると思います。

野口さんの奥様手作りの小物が、「玄華スキンケアシリーズ」に花を添えていて、清潔感あふれる素晴らしい展示スペースでした。

株式会社マナプラスでは、農薬や除草剤も一切使わずに育てられた『完全無農薬玄米エキス』を自社で独自開発し、「玄華スキンケアシリーズ」に配合していますが、最大の特長は『100%国産原料』という点でしょう。

配合原料の全てを、由来・産地にいたるまで、ホームページ上で公開しています。

玄華シリーズ「無農薬玄米・国産植物エキス配合」素肌、喜ぶスキンケア。 | 株式会社マナプラス

100%国産原料でのコスメ開発は、『原料価格』『原料供給』の面から大手では難しいですが、中小ならではの強みと、長年のOEM製造で培った独自の原料ルートが可能にしたんだと思います。

野口さんの『お人柄』、配合成分の全てを公開する『正直な姿勢』は大変評価すべきであり、『国産コスメ』をお求めのユーザーにはぴったりのコスメではないでしょうか?

 

ただし、私は化粧品開発者として、やや厳しい意見も述べさせて頂きます。

まず、『100%国産原料のメリット』

100%国産原料にすることで、ユーザー側が得られるメリットは何でしょうか?

この点が「玄華」からは、全く伝わってきません。

化粧品開発者であるならば、100%国産原料にすることで得られるメリットを『科学的』に明らかにし、それを分かりやすくユーザー側に伝える必要があります。

この点が欠落していますから、株式会社マナプラスの、製造技術は認めるものの、化粧品開発技術には疑問が残ります。

そして、『防腐力に対する考え方』

本品は100%国産原料であり、『無添加』でもあります。

無添加ですから、パラベンやフェノキシエタノールなどの『防腐剤』が一切配合されていません。

その代わりに、「ペンチレングリコール」などの、抗菌力を有する成分(『抗菌成分』)が配合されています。

※防腐剤ではありません

公開されている全成分を見る限り、この配合技術がややお粗末と言わざる得ません。

このような配合技術では、私が以前から本ブログでも訴えている、「防腐剤フリーにすることで不足する防腐力を、抗菌成分の多量配合で補う愚かな行為は、防腐剤フリーにもかかわらず、肌刺激性の危険が高くなる」ことにつながってしまいます。

この点は、同じ化粧品業界に身を置く者として、野口さんに一言ご忠告すべきでしたが、野口さんの真摯に説明される姿を見て、言えませんでした。

ただ、化粧品製造の経験は豊富ですから、その豊富な経験の中で、『抗菌成分の多量配合の危険性』はご存知だと思うので、それほど心配する必要はないかもしれません。

世の中には、ナチュラル原料はごくわずかで、多くを合成原料が占めているにもかかわらず、ごくわずかなナチュラル原料を配合しているという理由で「ナチュラルコスメ」と宣伝している『怪しいナチュラルコスメ』が当たり前のように存在します。

そのような意味では、配合原料の全てを国産原料にこだわり、由来・産地まで公開する『玄華スキンケアシリーズ』は、数少ない『本物のナチュラルコスメ』と言えるかもしれませんね。

ナチュラルコスメ・オーガニックコスメについては以下をご覧ください。

<ナチュラルコスメ・オーガニックコスメの基準が変わります>

www.cosmedein.com

 

<世の中のナチュラルコスメ・オーガニックコスメには危険と誤解がいっぱい!>

www.cosmedein.com

 

3.おわりに

いかがでしょうか?

今回の展示会は、食品が多いという事もあって、化粧品開発者の私からすればやや物足りない内容でした。

しかし、高額商品を買わされそうにもなりましたし、ものすごい暑い中、道を間違えて長時間歩かされたりもしましたが、久しぶりに、有意義で楽しい一日を過ごすことが出来ました。

化粧品には様々な展示会があります。今月開催予定の『第4回アンチエイジングジャパン』もその一つです。

全ての展示会に参加することは難しいですが、最新の技術・動向を知るためにも、今後も積極的に参加しようと思います。