コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

プロが選ぶ おすすめの育毛剤は? 育毛剤ランキング! 注目すべきは有効成分の数!!

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

世の中には様々な『育毛剤』が存在します。

私は車通勤ですが、育毛剤の『ラジオCM』をよく聞きます。

「本当にこんなこと言っていいの?」という内容のモノが多々あり、これでは選ぶユーザー側も困ってしまうのでは?と思いながら聞いています。

そこで今回は、化粧品開発者の私が、「育毛剤を選ぶうえでの着目点」と、「おすすめの育毛剤」をランキング形式でご紹介します。

 

1.育毛剤を選ぶうえでの着目点

おすすめ育毛剤・ポリピュア・スカルプD・リアップ

まず、育毛・発毛分野では、『医薬部外品(育毛剤)』『医薬品(発毛剤)』があります。

発毛剤で有名な商品が、有効成分「ミノキシジル」を配合した大正製薬の『リアップ』です。ただし、「リアップ」は『医薬品』ですから、今回のランキングでは除外します。

私がおすすめするのは『医薬部外品(育毛剤)』です。

何故なら、『医薬品』は効果を得やすいですが、『副作用』の恐れがあります。一方、『医薬部外品』は、医薬品ほどの効果は期待できませんが、化粧品同等レベルの『高い安全性』を有します。

化粧品開発者の私は、『安全性』を最も重視していますから、副作用の恐れがある医薬品よりも、高安全な『医薬部外品』をおすすめします。

『リアップ』については、最近動きがありましたから、詳細は以下記事をご覧ください。

www.cosmedein.com

 

そもそも育毛剤とは、国が効果を認めた『有効成分』を、効果が期待出来る量配合した『医薬部外品』です。「育毛」は医薬部外品に認められている表現であって、化粧品には認められていません。

植物エキスや特定成分に、あたかも育毛効果があるかのように大々的に宣伝する商品が多いですが、これら成分は有効成分でないケースがほとんどです。有効成分でない成分に、育毛効果が期待できるなどと表現することはできません。

テレビやラジオCMでは、直接的には言っていないのでギリギリセーフですが、ユーザー側はこれら成分に育毛効果が期待できると『錯覚』してしまうでしょう。

これはメーカー側の『販売戦略』の一つです。販売戦略と言ってしまえばそれまでですが、私はこのようなやり方には疑問を持っています。

育毛効果が期待できるのは、国が効果が認めた『有効成分だけ』です。

以上を前提に、私が育毛剤を選ぶうえで一番着目している点は『有効成分の数』です。

 

・有効成分の数

有効成分とは国が効果を認めた成分で、医薬部外品であれば必ず配合しなければなりません。

美白やしわ、肌荒れなどのスキンケア品では主に、1種及び2種の有効成分を配合しますが、育毛剤の場合、3種以上の有効成分を配合するケースが多いです。

基本的に、有効成分の数は効果に関係がありません。1種であろうと2種であろうと、国が効果を認めた有効成分を配合していれば期待できる効果は同じというのが国のスタンスであり、医薬部外品の考え方です。

しかし私はあえて、育毛剤を選ぶ際の着目点に『有効成分の数』を挙げました。

何故なら、数が多い方が効果が高いからではなく、数が多い方が様々な作用点に働きかけることが出来ると考えているからです。

分かりやすいように『美白の医薬部外品』を例にとります。

美白の有効成分にはアルブチン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸などがありますが、これらは『美白メカニズム』が違います。

アルブチンとビタミンC誘導体は「チロシナーゼ活性抑制」ですが、トラネキサム酸は「しみ情報のブロック」です。

しみが出来る要因は人によって様々です。ですから、より効果が得やすい『メカニズム(作用点)』も人によって異なるのではないでしょうか?

複数の美白有効成分が配合されていれば、複数の作用点に働きかけることが出来るという事ですから、効果が得やすいと私は考えています。

育毛剤も同じです。

抜け毛、薄毛の原因は様々であり、効果が得やすい『作用点』も人によって異なります。

複数の有効成分が配合されていれば、様々な作用点に働きかけることが出来ますから、より効果的な育毛ケアになると考えています。

では次項では、化粧品開発者の私がおすすめする育毛剤を、ランキング形式でご紹介します。

 

2.育毛剤ランキング

先程も述べましたが、私は『医薬部外品(育毛剤)』をおすすめしますから、医薬品である大正製薬『リアップ』はランキングの対象外です。

また、本ランキングは私個人の見解である旨、あらかじめご了承ください。

 

・おすすめ第一位:ペルソナ育毛剤

今までの常識を覆す、かなり驚かされた育毛剤があります。

それが『ペルソナ育毛剤』

この商品、なんと、『遺伝子検査』をして、ユーザーの薄毛悩みに適した商品が届くという『画期的な育毛剤』です。

『肌診断』をして、ユーザーの肌状態にあったスキンケア品を届けるというシステムはすでにありますが(ポーラのアペックスが有名)、『遺伝子検査』を取り入れるとは、コスメの技術力の進歩には驚かされます。

薄毛の原因は人によって様々です。市販の育毛剤は、万人受けするように作られていますから、全ての人に効果的かどうかは疑問です。それを『遺伝子検査』をして、その検査で判明した薄毛リスクに応じて成分を配合し、ユーザーに適したモノを提供する『ペルソナ育毛剤』は、『次世代の育毛剤』と言っても過言ではありません。

ペルソナは、私が先ほど述べた、「薄毛の原因は様々なため、複数の作用点に働きかける事が重要であり、そのためには有効成分の数に着目すべき」という考え方に非常に近いです。

医学博士 古賀昭義先生が、「遺伝子検査を活用した薄毛対策の新しい可能性」についてコメントを寄せていますし、遺伝子検査の専門家、東京農工大学発のベンチャー企業が検査を実施しています。

一流の先生、一流の大学の関係者の方々が関わっており、素晴らしい技術レベルです。

また、『GMPガイドライン』を遵守した工場で製造していますから、品質管理も申し分ありません。

申し込み後の流れとしては、

  1. 遺伝子検査キットが届く
  2. 細胞の採取(ほほの内側)
  3. ポスト投函
  4. 検査結果を基にユーザーに適した育毛剤が届く


今後の大きな可能性、そして高度な技術レベル。『ペルソナ育毛剤』がおすすめ第一位です。

本来、有効成分の数に着目してランキングすべきですが、「ペルソナ育毛剤」の『遺伝子検査』という技術レベルの高さに感動したので、第一位に選出しました。

 

・同率第一位:ポリピュアEX

ポリピュア

おすすめ同率第一位の育毛剤が『ポリピュアEX』です。

ポリピュアEXと言えば、『バイオポリリン酸』

バイオポリリン酸は、専門の研究員が『17年』の年月をかけて開発した成分です。この研究員の方の経歴も素晴らしく、成分の効果は本物です。

バイオポリリン酸は、毛乳頭を活発化することで育毛効果が期待できるようですが、実はこのバイオポリリン酸は、有効成分ではありません。ですから、商品周りやホームページなどで「育毛効果がある」と言う事は出来ません。

私自身、「育毛効果が期待出来るのは、国が効果を認めた有効成分だけ」との考え方ですから、いくら優秀な研究員が17年の年月をかけて開発した成分であっても、おすすめ育毛剤に選定するうえで、バイオポリリン酸はあまり考慮に入れていません。

私がポリピュアEXを『おすすめ同率第一位』にしたのは、まさに『有効成分の数』です。

育毛剤の有効成分の数は『3つ』が多いです。

しかしポリピュアEXは、「グリチルリチン酸ジカリウム」・「ニンジン抽出液」・「センブリエキス」・「パントテニルエチルエーテル」を配合した『有効成分4つ』の育毛剤です。

有効成分4つ以上の育毛剤には中々お目に掛かれませんから、私は『ポリピュアEX』をおすすめ同率第一位の育毛剤に選出しました。

薄毛・抜け毛の原因は人によって様々なように、一番効果的な育毛メカニズムも人によって異なります。

国が効果を認めた有効成分を4つ配合した『ポリピュアEX』であれば、より多くの『作用点(育毛メカニズム)』に働きかけることが出来るでしょう。

ポリピュア

 

・おすすめ第三位:ベルタ育毛剤

おすすめ第三位が『ベルタ育毛剤』です。

本商品には、「センブリエキス」・「グリチルリチン酸2K」・「酢酸トコフェロール」の『3つの有効成分』が配合されています。

育毛剤では、有効成分3つは普通です。逆に言うと、有効成分3つが最低ラインであり、2つ以下の育毛剤は私の中では評価の対象外です。

『ベルタ育毛剤』の他にも、有効成分3つの育毛剤は数多く存在します。その中でも「ベルタ育毛剤」を選んだのは、『その他エキス類』『浸透技術』のためです。

「ベルタ育毛剤」には『56種類』もの育毛・頭皮ケア成分が配合されています。

勿論、この大部分は有効成分ではありません

先程も述べたように、育毛効果が期待出来るのは、国が効果を認めた『有効成分だけ』です。ですから私は、育毛剤を評価するうえで、有効成分以外の『その他の成分』にはあまり重きを置いていません。

しかし、同じ有効成分3つ同士であれば、有効成分以外のその他の成分に目を向けます。

「ベルタ育毛剤」には、『56種類』もの育毛・頭皮ケア成分が配合されており、その中には『14種類』のアミノ酸も配合されています。

その他の成分の『質』『種類』が圧倒的なので、私は「ベルタ育毛剤」を高く評価しています。

さらに、『ナノ化技術』によって、栄養成分が毛穴の奥までしっかり浸透するように工夫されています。

有効成分の数では、「ポリピュアEX」に及びませんでしたが、その他の成分の「質」・「種類」、「浸透技術」、いずれも高レベルの育毛剤です。

 

3.おわりに

いかがでしょうか?

有効成分の数は効果に関係がありません

1種であろうと2種であろうと、国が効果を認めた有効成分を配合していれば期待できる効果は同じというのが国のスタンスであり、医薬部外品の考え方です。

しかし私は、数が多い方が様々な『作用点(育毛メカニズム)』に働きかけることが出来ると考えていますから、『有効成分の数』を育毛剤を選ぶうえでの着目点にしています。

今回のランキングでは、遺伝子検査の『ペルソナ育毛剤』は別格ですが、有効成分3つが多い育毛剤の中で、有効成分4つの『ポリピュアEX』の評価が高く、おすすめ一位(同率)に選出させて頂きました。

実は世の中には、有効成分4つ以上の育毛剤は存在します。

しかしこれらには、有効成分に「エチニルエストラジオール」(女性ホルモン)や「サリチル酸」が配合されており、この両成分には『安全性の懸念』があります。

ですから今回のランキングでは、有効成分に「エチニルエストラジオール」(女性ホルモン)や「サリチル酸」を配合した育毛剤は除外しました。

是非、皆様の育毛剤選びの参考にして頂ければと思います。

 


※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません