コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

【プロが解説】追跡型美白美容液とは?サンスター エクイタンス ホワイトロジー エッセンス

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

先週からTVCMが放送されている『サンスター エクイタンス ホワイトロジー エッセンス』

「オーラルケアで有名なサンスターがコスメ?」と疑問に思った方、そして、その中で語られる『追跡型美白』という言葉に、興味を持った方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、化粧品開発者の私が、サンスター エクイタンス ホワイトロジー エッセンスの『追跡型美白』についてご説明いたします。

 

1.サンスター エクイタンス ホワイトロジー エッセンスとは?

エクイタンス ホワイトロジー エッセンスとは、『サンスター』が開発した『美白エッセンス』です。

美白の有効成分に、サンスターが独自に開発した『リノレックS』(成分名:リノール酸S)を、肌荒れの有効成分に、『トラネキサム酸』『グリチルリチン酸ジカリウム』を配合した、『3つの有効成分』の医薬部外品です。

『追跡型美白』とは、エクイタンス ホワイトロジー エッセンスに搭載された『美白理論』です。

世の中には、多くの美白エッセンスがありますが、その中でも、「エクイタンス ホワイトロジー エッセンス」は、かなり『ハイレベル』なコスメですから、追跡型美白の前に、本商品の『すごさ』をご説明します。

 

2.エクイタンス ホワイトロジー エッセンスの「すごさ」

エクイタンス ホワイトロジー エッセンスの最もすごい点は、『リノレックS』が、『サンスター独自の美白有効成分』という点です。

『有効成分』とは、国から美白や肌荒れ、しわ改善など、特定の症状に対する『予防効果』が認められた成分で、医薬部外品に必ず配合されています。

美白の有効成分とは、国から『美白効果』が認められた成分、肌荒れの有効成分とは、国から『肌荒れ改善効果』が認められた成分で、本商品の場合、美白有効成分が『リノレックS』、肌荒れ有効成分が『トラネキサム酸』『グリチルリチン酸ジカリウム』になります。

有効成分には2種類あります。『汎用成分』『独自成分』です。

美白有効成分を例にとると、『汎用成分』とは、どの化粧品メーカーでも使える成分のことで、「アルブチン」や「アスコルビン酸2グルコシド」、「プラセンタエキス」などが該当します。

一方、『独自成分』とは、化粧品メーカーが独自に開発した成分で、当然、開発したメーカーしか配合出来ません。資生堂の「4MSK」、ポーラの「ルシノール」、P&Gの「ナイアシンアミドW」、そしてサンスターの「リノレックS」などが該当します。

※「独自成分」でも特許権が消滅すれば「汎用成分」になります

独自の有効成分開発は、ものすごく高い「技術力」と「費用」、そして「時間」が必要です。『効果確認』は勿論ですが、『安全性確認』も必須で、これらデータを揃え、国に申請し、厳しい審査の元、承認されなければ有効成分として医薬部外品に配合することは出来ません。

ですから、化粧品を主事業とするメーカーであったとしても、大手しか実現不可能で、独自有効成分の開発はそれだけで、最高レベルの技術を有する『一流メーカー』の証です。

サンスターは、化粧品を主事業としない『異業種』ではありますが、オーラルケアで培った『成分開発技術』を駆使し、独自の美白有効成分『リノレックS』の開発に成功しました。

これは本当にすごい事ですから、化粧品メーカーは、サンスターの技術力の高さに脅威を感じている事でしょう。

さらに、『浸透技術』もすごいです。コスメ(医薬部外品を含む)に配合の成分は、肌に浸透して(角質層まで)、はじめて効果を発揮します。

ですから、肌内部に成分を届ける『浸透技術』は必須ですが、サンスターは、独自美白有効成分『リノレックS』が効率よく肌に浸透・滞留するように『プラスチャージナノカプセル技術』を開発しました。

これは、「リノレックS」を幾層にも重ねて包んだ多重層カプセルで、カプセル自体が『プラス帯電』しているため、『マイナス帯電』しているメラノサイトに吸着するという技術です。

メラノサイトは、しみの元、『メラニン』が生まれる場所ですから、ここに直接、美白有効成分を届けることは、非常に効果的かつ効率的と言えるでしょう。

以上のように、『独自の美白有効成分』と、有効成分を肌に届ける『浸透技術』は、大手化粧品メーカーをも脅かすほどの、非常に『高度な技術』であり、このコスメのすごさを物語っています。

 

3.追跡型美白とは?

では、本題の『追跡型美白』についてご説明します。

美白と言っても、そのメカニズムは様々です。最も一般的な『美白メカニズム』は、『チロシナーゼ活性抑制』です。

しみの原因である『メラニン色素』の出発は、アミノ酸の一種である『チロシン』という物質です。 このチロシンが『チロシナーゼ』という酸化酵素によって、どんどん変化し、最終的に、黒褐色の『メラニン色素』になります。

つまり、『チロシン』という出発物質が、『チロシナーゼ』という酸化酵素の力を借りて、反応(酸化)を繰り返すことで『メラニン色素』は生成されるのです。

ですから、『チロシナーゼの働きを抑制する』ことが、メラニン色素の過剰生成を抑え、しみ対策になります。

しかし、しみの発生にはいくつかの段階があるため、チロシナーゼ活性抑制だけのアプローチだと、『メラニン』を作り続けてしまうことになります。

そこで着目したのが『追跡型美白』

しみ発生ルートにもれなくアプローチし、しみ発生ルートを効果的に『追跡』することで、くり返すしみの連鎖を食い止める美白理論が『追跡型美白』です。

まず、紫外線など外部刺激を受けると、肌は『炎症状態』になります。その後、『メラニン』が過剰に生成され、蓄積されていきます。

ですから、『追跡型美白』に欠かせないのが、炎症を抑える『抗炎症有効成分』(肌荒れ有効成分)。

数ある成分の中で、『トラネキサム酸』『グリチルリチン酸ジカリウム』を選択しました。これら成分は、ハミガキや洗口液にも配合されていますから、サンスターにとっては、知り尽くした成分と言えるでしょう。しみ発生のきっかけ、『炎症』にアプローチします。

そして次の段階です。チロシナーゼの活性を抑制し、しみを元から撃退します。この役割を担うのが、サンスター独自の美白有効成分『リノレックS』(成分名:リノール酸S)です。

このように、いくつかの段階がある『しみ発生』に対し、一部ではなく、複合的にアプローチし、しみ発生ルートを効果的に追跡することで、くり返すしみの連鎖を食い止めるのが『追跡型美白』です。

この『追跡型美白』を、独自の美白有効成分「リノレックS」と、肌荒れの有効成分「トラネキサム酸」&「グリチルリチン酸ジカリウム」で可能にしたのが、『サンスター エクイタンス ホワイトロジー エッセンス』です。

 

4.おわりに

いかがでしょうか?

サンスターの『追跡型美白』は、非常に面白い美白理論だと思います。

それ以上に、『独自の美白有効成分』『浸透技術』がすごいですから、化粧品開発者の目から見ても、ハイレベルな素晴らしい商品です。

ご興味があれば、是非お試しください。




※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません