コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

衝撃コスメ!!私はこのコスメに衝撃を受けました 【HAKU メラノクール ホワイトソリッド】

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

私は十数年、大手化粧品会社で化粧品開発者として働いていました。今でも現役です。

ですから、仕事柄、様々なメーカーの、様々なコスメを触り、研究していました。

その中で、「これはすごい!!」と『衝撃を受けたコスメ』が多数あります。

化粧品業界に入った1990年代後半から現在までに、私が衝撃を受けたコスメを紹介します。

今回は、美白市場に君臨する、資生堂HAKUの『メラノクール ホワイトソリッド』です。

 

1.HAKU メラノクール ホワイトソリッド

 

・分類

医薬部外品クリーム

 

・全成分

有効成分 : 4-メトキシサリチル酸カリウム塩、トラネキサム酸

その他の成分 : グリチルリチン酸ジカリウム、ニンジンエキス、トウキエキス(1)、チャエキス(1)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、濃グリセリン、精製水、デカメチルシクロペンタシロキサン、ジプロピレングリコール、メチルポリシロキサン、パラフィン、メチルフェニルポリシロキサン、ミリスチン酸ミリスチル、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、塩化ナトリウム、架橋型メチルフェニルポリシロキサン(2)、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、高融点マイクロクリスタリンワックス、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、エデト酸二ナトリウム、l-メントール、エタノール、イソステアリン酸、ピロ亜硫酸ナトリウム、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、3-O-エチルアスコルビン酸、d-δ-トコフェロール、パラオキシ安息香酸エステル

 

2.衝撃を受けました!!

f:id:cosmedein:20170326103345j:plain

「資生堂 HAKU」は、誰もが認める美白のトップブランドです。シリーズ内アイテムも充実していて、何より、『搭載技術』が素晴らしいです。

その中でも、「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」は、一風変わった商品です。通常このような商品は、特別な技術などなく、『話題性だけ』になりがちですが、技術的にも素晴らしいので、私は衝撃を受けました。

 

・「冷やして使う」はメリットがいっぱい

「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」の一番の特長は、『冷やして使う』です。

この商品は冷蔵庫で冷やして使います。なんと!『クール便』で届きます!!

「冷やして使うコスメ」のメリットは、『驚きの使用感』です。

コスメは、医薬品とは異なり、長期間使い続けて頂くことで効果が得られます。長期間使い続けていただくためには、『快適な使用感』は必須であり、我々化粧品開発者は、使用感(感触)に全てをかけていると言っても過言ではありません。

快適な使用感は、『リピート』にもつながります。

ただし、使用感に全てをかけると言っても、化粧品は製造後3年間の品質保持が義務付けられており、この間、化粧品の性状が大きく異なるといった『安定性トラブル』を起こすわけにはいきません。

「安定性トラブル」は、ユーザーへの『信頼』にも関わってきますから、いくら使用感に全てをかけると言っても、それは、『安定であることが大前提』です。

総じて、「使用感最高!」と思える製剤であればあるほど、安定性が悪く、保証期間の3年を考えると実現に至らないケースが多いです。

※ 「使用感最高!=安定性が悪い」というのは、理論的にも説明できるので、別途、記事にします

ですから化粧品開発、とりわけ処方化は、『使用感』『安定性』『トレードオフ』と言えます。

トレードオフ、つまり、使用感を追及すればするほど、安定性を犠牲にしなければならず、「3年保証の義務」と「ユーザーからの信頼」を考慮すると、安定性は犠牲に出来ませんから、ある程度の使用感を犠牲にしなければならないのが、実際の処方化なのです。

専門的に言うと、化粧品(乳化物)は『熱力学的に不安定な系』です。ですから、いずれ必ず、水と油に『分離』します。我々化粧品開発者は、『界面活性剤』の力を借りて、分離速度を保証期間の3年以上に延ばしているにすぎません。

熱力学的に不安定な系ですから、化粧品(乳化物)は『高温』に弱く、乳液やクリーム開発で、高温経時で分離してしまったということはよくあります。

『冷やして使うコスメ』であれば、高温における安定性を考える必要はありません。これはつまり、使用感を追及できるということですから、これまでにない『驚愕な使用感』のコスメ開発が可能になります。

「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」はまさにこれで、冷たいバターが溶けるような、肌でとろけるクリームで、冷やして使うコスメでしか実現できない、『驚愕の使用感』ですから驚かれると思います。

冷やして使うコスメの使用感が素晴らしければ、「全てのコスメを冷やして使わせればいい」という考え方もあります。実際、私自身も、「冷やして使うコスメ開発」に携わった経験がありますが、冷やして使うコスメには『流通上の課題』があります。

『クール便』が必須になりますし、その分『販売価格(コスト)』もアップしますから、一見簡単そうに思えて、実現へのハードルは非常に高いです。

資生堂は、『冷やして使うコスメ』を実現させましたから、さすが日本が世界に誇るNO.1の化粧品会社です。

 

・「冷やして使う」だけじゃない!

売れる売れないを別にすれば、「冷やして使うコスメ」は実現可能です。通販限定のクール便にすれば、どのメーカーだって出来ます。

ただし、販売価格はかなり高額になるでしょう。

「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」は、『45g / 10,800円(税込)』ですから、決して安くはなく、『高価格帯のコスメ』です。

流通形態が限られますから仕方ありませんが、これがもし、『驚きの使用感だけ』であれば、私は衝撃を受けませんし、無駄に高いだけでユーザー支持は得られないでしょう。

いくら「コスメは使用感が重要だ!」と言っても、使用感だけで1万円はあり得ません。

資生堂以外のメーカーが、冷やして使うコスメを開発すれば、それはおそらく『使用感だけ』『奇をてらったコスメ』であって、多少は話題になるものの、上述したように、無駄に高いだけのコスメに成り下がるでしょう。

日本NO.1の化粧品会社「資生堂」は違います。冷やして使うコスメに、『驚きの使用感だけ』ではなく、そこに、『美白の医薬部外品』という『価値』を付けました。

資生堂は、冷やして使うコスメに、使用感だけでなく、資生堂独自の美白有効成分『4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)』を配合し、『美白の医薬部外品』として『HAKUブランド』から発売することで、販売価格に見合った『価値』を実現したのです。

これは他のメーカーでは真似できません。今後、「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」以上の、冷やして使うコスメは誕生しないでしょう。

冷やして使うコスメだけだったら、「面白い」と思うだけでしたが、そこに、独自の美白有効成分を配合した『医薬部外品』という価値を付加したことに、私は衝撃を受けました。

この「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」は、肌でとろけるような『驚きの使用感』で、さらに、夏の時期にはひんやり気持ちもよく、紫外線が強い夏の時期に最適な『美白の医薬部外品』でもありますから、非常におすすめです。

是非、『驚きの使用感』と4MSKの『美白効果』をお試しください。

 

 


※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません