コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

プロが選ぶ おすすめの「美白コスメ」は? 「美白コスメ」ランキング!

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

世の中には、『美白コスメ』を販売する多くのメーカー・ブランドが存在します。

また、複数の美白剤(美白の有効成分)がありますから、これらを組み合わせると、多種多様の『美白コスメ』が存在し、一体、どれを選ぶべきか悩んでいる人も多いはず。

そこで今回は、化粧品開発者の私が、『おすすめの美白コスメ』をランキング形式でご紹介します。

なお、『美白』と言う表現は『医薬部外品』にしか認められていませんから、この記事の「美白コスメ」は『美白の医薬部外品』を指します。

ですから、本記事でご紹介する「美白コスメ」は、全て『医薬部外品』です。

※本ランキングは私個人の見解である旨、あらかじめご了承ください。

 

1.美白コスメ

美白コスメ・ランキング・おすすめ第一位

『美白コスメ』には必ず、国から美白効果を認められた『美白の有効成分』(美白剤)が、効果が期待出来る決められた量、配合されています。

「ビタミンC誘導体」・「アルブチン」・「トラネキサム酸」・「プラセンタエキス」などが、『美白の有効成分』です。

これら美白の有効成分は『美白メカニズム』が異なります。

美白には、大きく『3つ』の作用機序(メカニズム)があり、どの美白剤が、もしくは、ご自身がお使いの美白剤が、どのような「美白メカニズム」なのかは把握しておいた方がよろしいかと思います。

「美白コスメ」を語るうえで避けては通れない出来事に『カネボウの白斑問題』がありますが、美白剤とそのメカニズムを知れば、この問題に対する理解も深まると思いますし、「美白コスメ」選びにも大いに役立つはずです。

詳細は以下記事をご覧ください。

<美白剤によって美白メカニズムは異なります>
美白コスメ(薬用化粧品) ランキングNO.1は? 【カネボウ白斑問題から、美白コスメのおすすめを考えてみた】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<美白コスメは怖くて危険なモノではありません>
美白コスメは怖い?危険?安心・安全な美白コスメはこれだ! - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

では、ランキングをどうぞ。

 

2.おすすめの「美白コスメ」は?「美白コスメ」ランキング!

2-1.第一位:第一三共ヘルスケア「ブライトエイジ」

「美白コスメ」おすすめ第一位は、第一三共ヘルスケアの『ブライトエイジ』です。

「ブライトエイジ」には、美白の有効成分に『トラネキサム酸』が配合されています。

このブログでも再三ご紹介していますが、「トラネキサム酸」といえば、『第一三共』『資生堂』です。

「トラネキサム酸」は、第一三共が開発した成分であり、資生堂が、医薬部外品の有効成分として国から承認を得ました。

「トラネキサム酸」は『医薬品』としての実績が十分です。正直、医薬部外品としての実績は、「アルブチン」や「ビタミンC誘導体」、「プラセンタエキス」に比べ劣りますが、『第一三共』『資生堂』という、それぞれ、製薬・化粧品分野を代表する一流メーカーが作ってきた実績ですから、数ある美白剤の中でも「トラネキサム酸」の実績は、私の中ではNO.1です。

「トラネキサム酸」の美白メカニズムは、『しみ情報』をブロックして、メラノサイトの活性を抑制するですから、白斑問題の原因物質、『ロドデノール』とはメカニズムが異なります。

第一三共のトラネキサム酸配合の美白コスメと言えば、「トランシーノ」が有名ですが、美白を含む『全方位エイジングケア』として誕生したのが『ブライトエイジ』です。

ですから、『ブライトエイジ』は、「トランシーノ」が進化したブランドと言っても過言ではありません。

トラネキサム酸配合の美白コスメという点では、『資生堂』と比較されがちですが、私は、トラネキサム酸を開発した第一三共こそ、トラネキサム酸を知り尽くしたメーカーであり、トラネキサム酸の研究で第一三共の右に出るメーカーはいないと考えています。

ですから私は、美白コスメとしての第一三共『ブライトエイジ』は、資生堂と同等、もしくはそれ以上と評価しています。

『ブライトエイジ』の美白コスメとしてすごい点は、これまでも記事にしていますから、詳細は以下をご覧ください。

<ブライトエイジのすごい点 ~処方面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ」をおすすめする理由 ~処方面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<ブライトエイジのすごい点 ~効果面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ」をおすすめする理由 ~効果面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<ブライトエイジのすごい点 ~安全性面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ」をおすすめする理由 ~安全性面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

『ブライトエイジ』を美白コスメおすすめ第一位にした理由は、上記記事に記載の通り、「効果面」・「処方面」・「安全性面」、全てにおいて『高いレベル』にあるためですが、もう一つ大きな理由があります。

それは、「ブライトエイジ」が、美白を含む『全方位エイジングケア』に対応しているからです。

「美白コスメ」と言えば、紫外線の強い夏の時期に注目されがちです。確かに、夏の時期のケアは必須ですし、化粧品会社も、春夏用には『美白ケアシリーズ』、秋冬用には『保湿ケアシリーズ』といったように、季節に合わせたシリーズを提案するケースが多いです。

しかし、「冬の時期こそ美白ケアを」という考え方もあります。

何故なら、紫外線量が少ない冬の時期は、夏に比べて紫外線ダメージにさらされることがありませんから、夏に蓄積されたメラニンのケアに集中できます

さらに、夏に浴びた紫外線によって、肌内部のメラニンが、肌の生まれ変わりのサイクルによって『しみ』となって表面化するのが冬の時期です。

ですから、夏だけでなく冬の時期も「美白ケア」は必須であり、これはつまり、『一年を通しての美白ケア』が理想なのです。

しかし実際は、「美白ケアシリーズ」、「保湿ケアシリーズ」と、シリーズ毎に分かれているコスメが一般的であり、冬の時期に「美白ケア」・「保湿ケア」、双方のシリーズを使うことは非現実的です。

美白を含む全方位エイジングケアの『ブライトエイジ』は、『美白ケア』は基本機能としてすでに備わっており、美白ケアに加え『エイジングケア』も可能ですから、一年を通しての使用が可能です。

全方位エイジングケアの『ブライトエイジ』であれば、夏は美白ケアシリーズ、冬は保湿ケアシリーズ(エイジングケアシリーズ)と、使い分ける必要もありませんし、冬に美白ケアと保湿ケアの双方を使うといった、非現実的な使用法からも解放されます。

さらに、第一三共ヘルスケアという超一流の『製薬会社品質』ですから、現状、私が最もおすすめする美白コスメが『ブライトエイジ』です。

 

2-2.第二位:資生堂「HAKU」


「美白コスメ」おすすめ第二位は、資生堂の『HAKU』です。

「HAKU」は美白市場に君臨するメガブランドであり、最も有名な美白コスメではないでしょうか?

「HAKU」には、資生堂独自の美白有効成分『4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)』が配合されており、チロシナーゼの活性を抑制することで、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぎます。

「HAKU」の中で注目すべきアイテムは、やはり『HAKU メラノフォーカス3D』でしょう。

「メラノフォーカス3D」は、「4MSK」と「m-トラネキサム酸(トラネキサム酸)」を配合した、驚きの『Wの美白有効成分』の医薬部外品です。

この「W美白有効成分」は、資生堂でしか実現できない事であり、技術的には『超高レベル』と言えるでしょう。

このブログでも記事にしていますが、世の中には、美白有効成分1つ(シングル)の美白コスメと、2つ(W)の美白コスメが存在します。

「Wの方がシングルより美白効果が高い」というわけではありません。国が効果を認めた美白の有効成分を配合した美白コスメであれば、それが「シングル」でも「W」でも効果は同じというのが医薬部外品の考え方です。

ですから、公には「Wの方がシングルより効果が高い」と言うことは出来ませんが、注目すべきは、Wの美白剤の『組み合わせ』です。

「4MSK」はチロシナーゼの活性抑制、「トラネキサム酸」はしみ情報のブロックを作用機序としていますから、これらは美白メカニズムが異なります。

どの作用点に働きかけるのが効果的かというのは、人によって異なりますから、私は「メラノフォーカス3D」のように、『複数の作用点を持つ美白コスメ』は有効だと考えています。

詳細は以下記事をご覧ください。

<美白有効成分2つは1つよりも効果が高い?>
アルブチン+ビタミンC誘導体 「Wの美白コスメ」の真実 【Wの美白有効成分は効果あり?】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

「HAKU」は素晴しいブランドではありますが、美白に特化しすぎていて、乾燥するけれども美白ケアが必要な『秋・冬の時期』の使用にやや抵抗があるため、おすすめ第二位としました。

しかし、「HAKU」は、誰もが認める『美白コスメの代表格』です。その中でも「メラノフォーカス3D」は、資生堂の美白研究の集大成と言える『名品』であることは間違いありません。


 

2-3.第三位:メビウス製薬「ホワイトニング リフトケアジェル(シミウス)」

「美白コスメ」おすすめ第三位は、メビウス製薬の『ホワイトニング リフトケアジェル(シミウス)』です。

「シミウス」は、美白の『オールインワンジェル』です。

私は大手化粧品会社の研究員でしたから、「オールインワンジェル」で1品で済ますよりも、『シリーズ使い』を推奨しています。

しかし、2016年のセルフ化粧品市場は、対前年比『98.5%』と、鈍化傾向に歯止めが掛かりません。化粧水や乳液、美容液など、多くのアイテムが売り上げを下げる中、『オールインワン』のみが、対前年比『113%』の伸びを見せて、堅調に推移していますし、今後益々オールインワン市場は伸びていくと思います。

これはつまり、「オールインワンジェル」が世のユーザーの『時短ニーズ』を捉えた結果です。ですから、このような世の流れを考慮して、美白の「オールインワンジェル」である『シミウス』をおすすめ第三位に選びました。

「シミウス」の美白の有効成分は『プラセンタエキス』で、濃くなったメラニン色素(シミ)を薄くする効果が期待出来ます。

「プラセンタエキス」は古くからコスメに用いられている成分です。以前は『ウシ由来』がほとんどでしたが、2000年初頭のBSE問題をキッカケに、今では『ブタ由来』が主に用いられています。

「ブタ由来」であっても、含有成分にほとんど違いはなく、有用性(効果)に差がないことは確認されています。

「シミウス」に配合の「プラセンタエキス」は、特段珍しいわけではありませんが、美白のオールインワンジェル自体、それほど多くはありませんし、『マッサージ』も出来る「シミウス」は、『理想的な美白オールインワンジェル』と言えるでしょう。

美白のためには、メラニン色素の生成を抑制することは勿論重要ですが、生成したメラニン色素を体外に排出させることも重要です。

メラニン色素を体外へ排出させるには、肌の新陳代謝を高める必要がありますが、そのための有効な方法が『マッサージ』です。

マッサージによって、新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーを正常化し、メラニン色素を体外へ「アカ」とともに排出します。

のような意味で、「美白のオールインワンでマッサージをする」ことは、非常に贅沢な感じがしますが、メラニン色素の生成と排出を考えると、『理にかなった美容法』と言えます。

『美白』のオールインワンですら珍しいのに、『マッサージ』も出来る「シミウス」は、唯一無二の美白オールインワンと言えるのではないでしょうか?

 

2-4.第四位:ポーラ「ホワイトショット SXS」

「美白コスメ」おすすめ第四位は、ポーラの『ホワイトショット SXS』です。

ポーラと言えば、独自の美白有効成分『4-n-ブチルレゾルシン(ルシノール)』が有名です。

「ホワイトショット SXS」は、『ルシノール』を美白の有効成分として配合しています。

「ルシノール」はポーラが開発した美白有効成分ですから、ポーラの商品にしか配合されていません。しかし、確か数年前に『特許』が切れたと思うので、今ではどのメーカーでも「ルシノール」を配合出来るはずです。

しかし、いまだにポーラ以外のメーカーで、「ルシノール」を配合した美白コスメを見たことがないので、申請上のノウハウがあって、他社ではなかなかクリア出来ないかもしれません。

特許が切れた今でも、当面は、「ルシノール」配合の美白コスメは、ポーラでしか体験出来ないかもしれませんね。

美白の世界では「ルシノール」はかなり有名でした。その『効果』に誰もが着目し、公には言えませんが、「効果面ではルシノールが一番?」という意見を持った研究員が私の周りには結構いました。

先程も述べた通り、おそらく「ルシノール」の特許は切れているはずなので、申請上などの課題さえクリアできれば、他社でもルシノール配合の美白コスメは開発できます。

ポーラは市場優位性を保とうと、自社の強みである『スキンケア技術』を駆使し、いかに美白の有効成分(ルシノール)をメラノサイトに届けるかという『浸透技術』にこだわっています。

その集大成とも言うべき『ホワイトショット SXS』は、メラノサイトと親和性の高いエマルジョンにすることで、美白有効成分をメラノサイトまで届けます(『SXSショットデリバリー処方』)。

また、肌表面にピタッとフィットする『ホワイト膜』を形成させることで、肌に長時間とどまる設計にしています。

さすが、日本が世界に誇る化粧品会社、「ポーラ」だからこそ出来る処方化技術です。

 

3.おわりに

いかがでしょうか?

夏の時期に注目されがちな『美白コスメ』ですが、記事でも述べたように、理想は『一年を通してのケア』です。

是非、ご自身の「美白コスメ」選びの参考にして頂ければうれしいです。



※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません