コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

角質ケアは必要だけど危険! 角質ケアの真実

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

『古い角質』がたまると、肌はごわごわと硬くなり、うるおいもなくなり、『乾燥・肌あれ』を引き起こします。日常的な「乾燥・肌あれ」は、しみ・しわ・たるみなど、様々な肌トラブルを引き起こしますから、古い角質を取り除く『角質ケア』は非常に重要です。

しかし、この重要な「角質ケア」、一歩間違えると肌にダメージを与える恐れがあり危険です。

今回は、『角質ケアの真実』と題しまして、化粧品開発者の私が「角質ケア」についてご説明します。

 

1.角質ケアの必要性

角質ケア・サリチル酸・ピーリング・尿素

基底層で細胞が生まれ、それが角質層(角層)の表面に移動し、最後にはアカとして体外へ排出されます。このように、お肌(表皮)は新旧入れ替わっており、この入れ替わりを『肌のターンオーバー』といいます。入れ替わり(ターンオーバー)の周期は『約28日』です。

加齢などの内的要因、紫外線などの外的要因によって、ターンオーバーが乱れると、角質がうまく体外へ排出されず、『古い角質』となって表皮に留まるようになります。

『古い角質』が留まった肌は、ざらざらと質感が悪く、弾力を失います。また、バリア機能も正常に働かず、肌からうるおいが逃げ、『乾燥・肌あれ』の状態になります。

日常的な『乾燥・肌あれ』は、しみ・しわ・たるみなど、様々な肌トラブルを引き起こしますから、古い角質を取り除き、表皮の生まれ変わりを促進させる(ターンオーバーの正常化)『角質ケア』は非常に重要です。

 

2.角質ケアに有効な方法

「角質ケア」に最も有効な方法が『ピーリング』です。

「ピーリング」とは、専用のピーリング剤によって、『強制的』に肌表面の古い角質を剥脱させる美容法です。剥脱させた箇所は、古い角質が無くなった状態ですから、肌のコンディションが整い、理想的な肌環境になります。

「ピーリング」は効果が高く、即効性もありますから、「ピーリング」後のお肌の状態・質感に驚かれると思います。

コスメの場合、『サリチル酸』や、AHA(アルファヒドロキシ酸)と呼ばれる『グリコール酸』『リンゴ酸』『尿素』『アーモンドエキス』などの角質柔軟成分を配合して、古い角質を除去します。

しかし、これら成分を配合した角質ケアコスメには、一長一短がありますから、次項で詳しくご説明します。 

 

3.サリチル酸やAHA配合「角質ケアコスメ」は危険?

角質ケアコスメに配合される「ピーリング剤」は、「サリチル酸」や「グリコール酸」、「リンゴ酸」などです。

「ピーリング剤」ですから、化学的な力で皮膚を溶かして古い角質を除去します。

皮膚を溶かすわけですから、効果は実感できます。これらコスメを一定期間使用後のお肌はすべすべしていますから、その効果に驚かれると思います。

しかし、効果が実感できる一方、注意しないといけないのが、『肌刺激性(安全性)』です。

強制的に皮膚を溶かして角質を除去するため、使用法を誤ると肌に大きなダメージを与えます

ピーリング剤配合の角質ケアコスメの使用法で一番重要なことは、『やりすぎ注意(過剰な使用)』です。

確かに、ピーリング剤配合の角質ケアコスメは、効果は期待出来ます。継続使用後のお肌の変化に驚かれるでしょう。

しかし、古い角質が除去されたのに、継続して角質ケアコスメを使い続けるべきではありません。

古い角質が除去されていているにも関わらず、ピーリング剤配合の角質ケアコスメを使うということは、新しい角質を強制的に除去するということです。

これは、『ターンオーバーを早める』ということであり、様々な肌トラブルの原因となります。

新しい角質を除去し続けると、人の肌は『防衛機能』が働き、肌を守ろうとします。

有名な話が、ペンを持ち続けると、その部分が硬くなり皮膚が盛り上がってきます。これが『ペンだこ』です。「ペンだこ」は、同じ個所に物(ペン)があたり続けたことで、皮膚の防衛反応が起き、皮膚を守ろうとした結果です。

ですから、ピーリング剤配合の角質ケアコスメの過剰使用は、逆に、肌を硬くしてしまうのです(肌の防衛反応のため)。

ピーリング剤配合の角質ケアコスメは、効果が期待出来ますが、古い角質が除去されたら使用を止めるなど、ユーザー側が継続使用可否の判断をしないと、その高い効果ゆえ、肌刺激性が常に問題になります

大手化粧品会社の中には、「ピーリング剤」の配合を禁止しているメーカーもあります。現実問題、ユーザー側に継続使用の可否を任せることは難しく、得られる効果以上に『肌刺激性』が問題であると考えているからです。

では「ピーリング剤」の配合を自社基準で禁止しているメーカーは、どのような方法で角質ケアコスメを開発しているのでしょうか?

 

4.エキス配合「角質ケアコスメ」は効果なし?

「ピーリング剤」を自社基準で禁止している場合、尿素やアーモンドエキスなどの『角質柔軟成分』を配合する場合がほとんどです。

しかし、エキス類での角質ケアコスメは、「角質柔軟成分配合」と宣伝はしていますが、効果はほとんど期待出来ません。

※尿素配合の医薬品は除く

先に述べた「ピーリング剤」に比べ、古い角質を除去する効果は圧倒的に劣りますし、その配合量もごく少量だからです。

ですから、古い角質に悩んでいる方は、これらのコスメは選ぶべきではありません。

エキス類を配合した角質ケアコスメは、ピーリング剤の『肌刺激性(安全性)』を考慮した結果ですが、効果を得ることは難しく、『中途半端なコスメ』と言わざる得ません。

 

5.おすすめの角質ケアコスメ

私も過去、角質ケアコスメ開発に携わった経験があります。しかし、私が所属していた大手化粧品会社では、「ピーリング剤」の配合が困難でしたから、アーモンドエキスなどのエキス類を「角質柔軟成分」として配合しました。

しかし、効果に満足いかず、我々が選んだ答えは『開発中止』でした。

いくら「コスメは安全であることが大前提」と言いながらも、角質ケアコスメで「角質柔軟成分」を配合しているなら、角質ケア効果の実感は必須であり、この効果を期待して購入してくれたユーザーに申し訳ないという思いが開発中止の理由でした。

角質ケアコスメは必要です。しかし、世の角質ケアコスメは、「ピーリング剤」配合のモノは、『肌への負担』が心配ですし、「エキス類」配合のモノは、『効果』が期待出来ません。

ですから一番の理想は、ユーザーに対して的確な使用法、対処法を指導できる「ピーリング剤」配合の角質ケアコスメです。

「ピーリング剤」の角質除去効果は非常に魅力的です。しかし、「ピーリング剤」は強力ですから、必要以上に肌を痛めてしまう可能性がありますし、日常的なピーリングは、肌にとって悪影響になりやすく、ピーリングの必要性・やめ時の見極めが、素人には難しい。

つまり、ピーリング剤配合の角質コスメでは、正しい使用法をプロが伝え、万一、何かしらのトラブルが発生した際は、プロが的確な対応をするのが理想です。

そこで、私がおすすめする角質ケアコスメは『ドクターズコスメ』です。

その中でも、先生ご自身が顔と経歴を公表し、皮膚のスペシャリストでもある、しむら皮膚科クリニック院長 志村英樹先生が開発されたコスメ『ドクターシムラ 角質ケア化粧水』がおすすめです。



私は、肌への負担から、化粧品会社が「サリチル酸」や「グリコール酸」などのピーリング剤を配合することには否定的ですが、志村先生のような医師監修の『ドクターズコスメ』であれば話は別です。

「ドクターズコスメ」は医師が監修・開発していますから、ピーリング(角質ケア)に関しては、化粧品会社よりもはるかに上のレベルですし、万一、肌に合わなかったり、肌トラブルを抱えたりしても、志村先生のような医師であれば、化粧品会社以上の的確な対応をしてくれます。

「ドクターズコスメ」のすごい点はまさにここで、肌に良いと分かりつつも、肌への負担を考慮した場合、なかなか商品化できないコスメであっても、『ドクターの知識と技術』であれば、高い次元で商品化が可能になります。

化粧品会社もピーリングがもたらす肌への効果が素晴らしいことは分かっていますが、専門知識・技術を持たない化粧品会社が手を出すべき領域(商品)ではありません。

中途半端に手を出すと、エキス類を配合した効果が期待出来ない『中途半端なコスメ』になってしまいます。

『角質ケアコスメ』(ピーリングコスメ)こそ、専門の知識と技術を有する医師が開発・監修した『ドクターズコスメ』が担うべき役割ですし、『ドクターズコスメ』を選ぶべきです。

『ドクターシムラ 角質ケア化粧水』には、『グリコール酸』が配合されています。「グリコール酸」は角質細胞同士の接着を弱め、皮膚表面の古い角質を取り除くピーリング剤の一種ですが、超強力というわけではなく、さらに「ドクターシムラ」では、適度なグリコール酸濃度にしていますから、肌に優しい使い心地です。

特に、これまで角質ケアをしていない人は、『角質ケア後の肌状態』に驚かれると思いますし、今現在、ドクターズコスメではない角質ケアコスメをご使用中の人には、『角質ケアのデメリット』にも目を向け、ドクターズコスメを選んで頂ければと思います。
 

 

6.おわりに

いかがでしょうか?

古い角質を除去するには、「ピーリング剤」の効果は絶大です。しかし、効果がある一方、日常的なピーリングは、肌にとって悪影響になりやすく、『肌への負担』は無視出来ません。

しかし、肌への負担を考えすぎると、「エキス類配合の角質ケアコスメ」となり、効果は期待出来ません。

ですから私は、角質ケアコスメには、ピーリングのプロである『ドクターズコスメ』をおすすめします。

世の中には「怪しいドクターズコスメ」が存在するのも事実。しかし、志村先生のように、しっかり経歴を明らかにし、堂々と顔を出されていれば、先生の医師としての信頼にも関わってきますから、中途半端なコスメは開発できません。

化粧品会社が肌への負担を考えすぎて、なかなか商品化できない「角質ケア」分野は、医師の高い知識と技術を駆使して開発した「ドクターズコスメ」が適していると私は思います。

 

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません