コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

【肌タイプ別(肌悩み別)】 おすすめの「製薬会社コスメ」をご紹介

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

製薬会社が作るコスメが『製薬会社コスメ』

「製薬」の持つ圧倒的に良いイメージを武器に、化粧品業界の中で『製薬会社コスメ』の勢いが止まりません。私は化粧品開発者として、製薬会社とのお仕事の経験もありますから、その経験・知識をもとにこれまでも記事にしてきました。

<製薬会社コスメに関する記事一覧>
製薬会社コスメ カテゴリーの記事一覧 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

今回は、『肌タイプ別(肌悩み別)』に、おすすめの製薬会社コスメをご紹介します。

 

1.「肌タイプ別(肌悩み別)」おすすめの製薬会社コスメ

肌タイプ別・肌悩み別・おすすめ製薬会社コスメ

製薬会社コスメについては、これまでも記事にしてきました。

『総合的』に判断して、化粧品開発者の私が選ぶおすすめ製薬会社コスメNo.1は、第一三共ヘルスケアの『ブライトエイジ』です。

詳細は以下記事をご覧ください。本ブログでも人気の記事です。

<化粧品開発者が選ぶ製薬会社コスメランキング>
おすすめの製薬会社コスメは? 製薬会社コスメランキング! - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


今回は『肌タイプ別(肌悩み別)』に、おすすめの製薬会社コスメをご紹介します。

 

1-1.【美白】 第一三共ヘルスケア「ブライトエイジ」

シミにお悩みの、美白の製薬会社コスメであれば、迷わず第一三共ヘルスケアの『ブライトエイジ』をおすすめします。

「ブライトエイジ」は、トラネキサム酸を美白の有効成分とした『美白の医薬部外品』です。もともとトラネキサム酸は、第一三共ヘルスケアが開発した『オリジナル成分』です。

ですから、「トラネキサム酸」の研究で第一三共ヘルスケアの右に出る会社はなく、トラネキサム酸配合のコスメ(医薬部外品)であれば、『第一三共ヘルスケア』『資生堂』というのは、業界人なら常識です。

私自身も、トラネキサム酸配合コスメ(医薬部外品)で、「第一三共ヘルスケア」と「資生堂」以外を選ぶ理由が見当たりません。

美白領域には「資生堂 HAKU」というメガブランドが存在しますが、このHAKUを脅かすブランドこそ、花王・カネボウ・コーセー・ポーラといった大手化粧品会社ではなく、第一三共ヘルスケアでしょう(『ブライトエイジ』『トランシーノ』)。

それだけ、第一三共ヘルスケアの『ブライトエイジ』は優秀なブランドです。

「ブライトエイジ」についてはこれまでも記事にしていますから、以下をご覧ください。

<ブライトエイジのすごさ ~処方面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)」をおすすめする理由 ~処方面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<ブライトエイジのすごさ ~効果面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)」をおすすめする理由 ~効果面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<ブライトエイジのすごさ ~安全性面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)」をおすすめする理由 ~安全性面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

 

1-2.【しわ】 第一三共ヘルスケア「ブライトエイジ」

「しわ」と言えば、2017年の化粧品業界の一番の話題でした。

2017年は『しわ化粧品元年』。ポーラと資生堂の偉業で、しわ領域に新しい歴史が刻まれました。詳細は以下記事をご覧ください。

<ポーラ VS 資生堂 しわ化粧品対決のはじまり>
シワケアが熱い! 資生堂とポーラを徹底比較 勝つのはどっち? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<ポーラと資生堂、一体どちらが「日本初?」>
シワ改善 ポーラ VS 資生堂 どっちが「日本初」なの? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<ポーラ VS 資生堂に新たな動き>
しわ取り化粧品 ポーラVS資生堂 しわ領域 頂上決戦 決着か? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

現在の化粧品市場において、紫外線や乾燥、加齢が原因とされる『総合的なしわ』に対する効果が期待出来るモノは、ポーラと資生堂の、厚生労働省から認められた「しわの有効成分」を配合した『医薬部外品』だけです。

ですから、製薬会社を含むそれ以外のメーカーが、「総合的なしわ」に対して何かしらの効果を宣伝することはできません。

ただし、『乾燥による小じわ』に対してであれば、決められた試験を実施し、改善効果が認められ、さらに試験を実施した旨を表記すれば、宣伝することが出来ます。

ですから、「しわケア」の製薬会社コスメであれば、美白同様、第一三共ヘルスケア『ブライトエイジ』をおすすめします。

何故なら、「ブライトエイジ」の商品力の高さは「美白」で示したとおりですが、「ブライトエイジ」は美白ブランドではなく、美白を含む『全方位エイジングケアブランド』だからです。

同メーカーの美白ブランド「トランシーノ」を進化させたブランドと言っても過言ではりません。

「全方位エイジングケア」を掲げていますから、美白は勿論、「乾燥」・「小じわ」にも対応しています。『乳液状美容液』は、日本香粧品学会抗シワ製品評価ガイドラインの判定に基づき、「乾燥による小じわを目立たなくする」ことが確認されています。

しわケア(乾燥による小じわ)の製薬会社コスメであれば、全方位エイジングケアの第一三共ヘルスケア『ブライトエイジ』がおすすめです。

 

1-3.【敏感肌】 持田製薬グループ「B.K.AGE」

40代。肌の調子に違和感。

敏感肌の製薬会社コスメであれば、持田製薬グループの『B.K.AGE(ビーケーエイジ)』がおすすめ。「ビンカンソウ肌」、つまり、『乾燥性敏感肌』を対象にした、製薬会社が作った敏感肌コスメです。

乾燥性敏感肌と言えば、「花王 キュレル」がメガブランドであり、世の敏感肌コスメの多くが、キュレルを参考にし、キュレルを真似していると言ってもいいでしょう。

『B.K.AGE』も同じで、真似とまではいかなくても、「キュレル」を参考にしていることは間違いありません。

ただし、「キュレル」を参考or真似しても、「キュレル」を超えることはできません。世の敏感肌コスメは、「キュレル」にできないこと=『+αの価値創出』に力を入れています。

持田製薬『B.K.AGE』の場合はどうか?

敏感肌の方は、肌バリア機能が低下し、肌内部から水分が蒸発しやすく、非常に乾燥しやすい状態になっています。また、肌が乾燥することで、さらにお肌が敏感状態になり、「敏感肌」と「乾燥肌」は『負のスパイラル』とも言えます。

この「負のスパイラル」を、持田製薬では『肌あれスパイラル』と表現していますが、このスパイラルを断ち切るためには、肌に充分な潤いを与えるとともに、『肌バリア機能の回復』が必須です。

「肌バリア機能回復」のために、「B.K.AGE」は、「セラミド2」・「植物性セラミド」・「セラミド様物質」の『3種のセラミド』を配合しています。

そして、「B.K.AGE」は全品、『トラネキサム酸配合の医薬部外品』です。

トラネキサム酸は美白の有効成分として有名ですが、『肌荒れの有効成分』にもなります。詳細は以下記事をご覧ください。

<トラネキサム酸は美白?>
【コスメの誤解】 話題の成分、トラネキサム酸を「美白の有効成分」と勘違いしていませんか? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

乾燥がひどいと、肌は荒れた状態になっていますから、敏感肌・乾燥肌には、『肌荒れケア』が非常に有効です。全品、トラネキサム酸(肌荒れの有効成分として)配合の医薬部外品である「B.K.AGE」は、敏感肌によるバリア機能低下によって乾燥しがちな肌の炎症を抑え、肌にうるおいを与えることが出来ます。

一般的なセラミド配合コスメにするのではなく、効果を追求し、『3種のセラミド』を配合。そして、肌荒れの有効成分にトラネキサム酸を選択
して『全品医薬部外品』した点が、敏感肌コスメ、持田製薬B.K.AGE』『+αの価値』です。

持田製薬『B.K.AGE』は、製薬会社が持つイメージ通りの、技術・実力が伴った、製薬会社が作った敏感肌コスメです。

モニター募集中!

 

1-4.【乾燥肌】 ロート製薬「肌ラボ 極潤」

「乾燥がひどい人」は、敏感肌の可能性があるので、敏感肌コスメである持田製薬「B.K.AGE」をおすすめしますが、「乾燥しがちな人」であれば、ロート製薬『肌ラボ 極潤』がおすすめです。

「極潤」の商品名通り、『保湿に特化』し、『ヒアルロン酸』にこだわりぬいた商品です。

「極潤」には、通常のヒアルロン酸に加え、「スーパーヒアルロン酸」、「ナノ化ヒアルロン酸」が配合されていますが、これらヒアルロン酸の配合は、珍しいことではなく、今では当たり前です。

私が極潤(ロート製薬 肌ラボ)を評価しているのは別のところにあります。

ロート製薬の『肌ラボ』は、ドラッグストアなどを販路とする『セルフ市場』におけるトップブランドの一つであり、誰もが知るメジャーブランドにまで成長しました。

セルフ市場ですから、販売価格もお手頃です。

ロート製薬の評価すべき点は、製薬会社品質のコスメをお手頃価格で実現し、『肌ラボ』を通じ、世のユーザーに製薬会社コスメを広めた点です。

今では当たり前の製薬会社コスメを、ここまで広く認知させ、市場規模の拡大に成功したのは、「ロート製薬」と「第一三共ヘルスケア」のおかげでしょう。

 

1-5.【ニキビ肌】 常盤薬品工業「ノブ AC アクティブ」

「ニキビ肌」の製薬会社コスメで、真っ先に名前が挙がるのが、常盤薬品工業の『ノブ AC』です。

常盤薬品工業は、大手化粧品会社『ノエビア』のグループ会社です。製薬会社としての実態はよく分かりませんが、社名に「薬品」がありますし、「臨床皮膚医学に基づく」と宣伝しているので、製薬会社コスメの枠で考えました。

ノブは敏感肌コスメとしても有名なブランドですが、これまでの低刺激・敏感肌コスメで培った技術をニキビ肌に応用して誕生したのが、ニキビ肌コスメ『ノブ AC アクティブ』です。

「ノブ AC アクティブ」は、ヒアルロン酸・セラミド・リピジュアに加え、各種ビタミン類など、美肌を目指すお肌にうれしい成分を配合しています。

また、全品『医薬部外品』であり、「モイスチュアミルク」に至っては、『美白効果』も期待できます。

※モイスチュアミルクには美白の有効成分が配合されています

低刺激コスメ開発を基盤に発展した、ノブの敏感肌・ニキビ肌に対する技術力は素晴らしいですが、一点だけ気になることがあります。

それは、この「ノブ AC アクティブ」は、有効成分に『サリチル酸』を配合している点です。このブログでも記事にしていますが、「サリチル酸」には強い殺菌力があり、ニキビ肌には非常に有効な成分です。しかし同時に、「サリチル酸」には強い『ピーリング効果』もありますから、ニキビが改善されてもなお使い続けるなどの長期間の使用において、『安全性(肌刺激性)に懸念』があります。

ですから、「ノブ AC アクティブ」の『アクティブ』が示す通り、積極的にニキビケアしたい人にとってはいいかもしれませんが、それ以外の、軽度なニキビ肌の人や、マイルドにケアしたい人にとっては注意が必要です。

私は、ニキビ肌の新しいケアとして、『オールインワンジェル』を提案しています。その理由とおすすめ商品を詳しく記事にしていますから、ご興味のある方は是非ご覧ください。

<ニキビケアの新提案!>
新提案!ニキビケア・毛穴ケアには「製薬会社品質」のオールインワンジェルがおすすめ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

 

1-6.【オールインワンジェル】 大正製薬グループ「トリニティーライン ジェルクリームプレミアム」

最近は「オールインワンジェル」の人気がすごいですね。時短や節約といったメリットを背景に、高品質のオールインワンが増えてきたという実情が後押しして、オールインワンジェルユーザーは拡大中です。

製薬会社が作る「オールインワン」は数多くありますが、私がおすすめするモノは、ドクタープログラムの『トリニティーライン ジェルクリームプレミアム』です。

何故なら、このドクタープログラムという会社は『大正製薬グループ』であり、大正製薬は、パーフェクトワンの「新日本製薬」や、メディプラスゲルの開発元「サティス製薬」とは、製薬会社としての『格』が全く違い、数段、高いレベルにいる会社です。

製薬会社が作る「オールインワンジェル」については、ランキング形式で記事にしていますから、以下をご覧ください。本ブログでも人気記事です。

<製薬会社が作る「オールインワンジェル」ランキング>
製薬会社が作るオールインワンジェルランキング!おすすめNo.1のオールインワン製薬会社コスメは? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

是非、製薬会社が作った、製薬会社品質の「オールインワンジェル」をお試しください。

 

2.おわりに

いかがでしょうか?

市場には、様々な『製薬会社コスメ』が存在します。中には、「製薬」とは名ばかりで、「製薬」という名の上にあぐらをかいて、本質を見失っている製薬会社コスメが存在するのも事実です。

ご自身の肌質・肌悩みに合わせて、本物の製薬会社コスメをお選びください。


※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません