コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

製薬会社が作るオールインワンジェルランキング!おすすめNo.1のオールインワン製薬コスメは?

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

製薬会社が作るコスメが増えてきました。これら『製薬会社コスメ』については、これまでも記事にしてきました。

<製薬会社コスメランキング>
化粧品開発者が選ぶ おすすめの製薬会社コスメは? 製薬会社コスメランキング! - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<製薬会社コスメ VS 大手化粧品会社コスメ>
「製薬会社 VS 大手化粧品会社」 どちらのコスメが効果が高くておすすめ? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<製薬会社コスメは高品質?>
「製薬会社のコスメ」は高品質?効果あり?おすすめ? 製薬会社コスメの真実 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

製薬会社コスメは、様々なコスメ分野・アイテムに展開されていますが、その中でも、製薬会社が作る『オールインワンジェル』が増えてきています。

今回は、化粧品開発者の私が、おすすめの製薬会社が作るオールインワンジェル(『オールインワン製薬会社コスメ』)をランキング形式でご紹介します。

私自身の見解である旨、あらかじめご了承ください。

 

1.何故、オールインワン?

何故、製薬会社が作るオールインワンジェルが増えてきたのか?

それには、製薬会社側のメリットと、オールインワンジェルのメリットが見事に合致しているからです。

まず、『製薬会社側のメリット』

このブログでも再三申し上げていますが、化粧品業界は高利益率なので、他業界からの参入が活発です。様々な異業種メーカーが、化粧品業界に参入してきますし、化粧品業界には、昔から化粧品を主事業にしている大手化粧品会社もいますから、その中で成功するのはかなりハードルが高いです。

コスメにとって最も重視すべき要素に『イメージ』があります。コスメは主に女性が使うアイテムですから、化粧品メーカーは何より『イメージ』を大切にします。

製薬会社は、「製薬(創薬)」という、「効く」・「安全」・「安心」の『抜群に良いイメージ』を既に持っていますから、何よりイメージを大切にするコスメは、『最適な商材』と言えます。特に最近では、製造を請け負うOEMメーカーが数多く存在しますから、製薬会社は、「抜群に良いイメージ」という『最強の武器』を持って、簡単に化粧品業界に参入できるようになりました。

ただし、製薬と名がつくメーカー全てが、イメージ通りとは限りません。製薬という名の上にあぐらをかいて、本質を見失っている製薬会社コスメも存在しますからご注意ください。

続いて、『オールインワンジェルのメリット』

製薬会社コスメのメリットであり最大の武器は、『抜群に良いイメージ』です。しかし、資生堂やコーセー・ポーラといった大手化粧品会社に比べ『美容理論・コンセプト』という点では劣ります。これについては以下記事をご覧ください。

<製薬会社コスメ VS 大手化粧品会社コスメ>
「製薬会社 VS 大手化粧品会社」 どちらのコスメが効果が高くておすすめ? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

大手化粧品会社が「美容理論・コンセプト」に優れるのは、コスメを『シリーズ』で開発し、『シリーズ』でユーザーに使って頂きたいからです。

シリーズ使いをする時は、『美容理論・コンセプト』が欠かせません。

一方、「オールインワンジェル」は1品で完結しますから、大手化粧品会社のような、高度な美容理論・コンセプトメイクは必要ありません。

美容理論・コンセプトメイクは、長く化粧品事業を展開してきた、大手化粧品会社に圧倒的に有利ですから、新たに化粧品業界に参入する、化粧品事業経験が浅いメーカーであれば、「シリーズ」よりも1品で済む「オールインワンジェル」の方が、圧倒的に参入しやすいです。

抜群に良いイメージを持つ製薬会社も同様で、いくら製薬会社といえども、大手化粧品会社に匹敵する美容理論の構築・コンセプトメイクは至難の業ですから、『オールインワンジェル』を選択するでしょう。

ただし、製薬会社コスメの中でも、「第一三共ヘルスケア」や「ロート製薬」のように、素晴らしい美容理論・コンセプト設計が出来る、化粧品事業の経験が豊富な製薬会社コスメは存在します。

このように、抜群に良いイメージという『製薬会社側のメリット』と、参入しやすいアイテムという『オールインワンジェルのメリット』が見事に合致したため、製薬会社が作るオールインワンジェル(オールインワン製薬会社コスメ)が増えてきていると考えられます。

 

2.オールインワン製薬会社コスメランキング

製薬会社コスメ・オールインワンジェル・ランキング・パーフェクトワン

私個人の見解ではありますが、化粧品開発者である私が考える、製薬会社が作るおすすめNo.1オールインワンジェルをご紹介します。 

・第一位:【大正製薬グループ】トリニティーライン ジェルクリームプレミアム

製薬会社が作るオールインワンジェルというと、新日本製薬の「パーフェクトワン」やメビウス製薬の「シミウス」が有名なので、『トリニティーライン ジェルクリームプレミアム』を知らない方はいらっしゃるかもしれません。

そんな、まだあまり有名ではないオールインワンジェルをおすすめ第一位に選んだのには理由があります。

それは、「トリニティーライン ジェルクリームプレミアム」を開発した「ドクタープログラム」というメーカーは、『大正製薬のグループ会社』だからです。

『大正製薬』と言えば、製薬会社として超一流ですし、「医薬品」ではありますが『リアップ』で化粧品市場の育毛剤領域で、ものすごい存在感を示していますから、知らない方はいないと思います。後ほどご紹介する第二位の製薬会社とは『格』が違います。

『大正製薬』の看板を背負っていますから、いいかげんな商品を出すわけにはいきません。高い品質・技術が伴ったオールインワンジェルです。

まず、商品の安全性・安定性などの『品質』は、『大正製薬品質』ですから、間違いありません。

そして、水を一滴も加えず、95%以上の美容成分配合』という商品特長。

これには少しカラクリがあります。これ自体、『事実』ですが、水はたっぷり配合されています。ポイントは、「トリニティーライン」に配合の『シラカンバ樹液』です。

これには多くの水が含まれていますが、抽出方法から、全成分に水と表示されないだけです。

本当にすごいのは、水を一滴も加えず95%以上の美容成分を配合したことではなく、保湿効果が期待できる『シラカンバ樹液を超高配合』しているにもかかわらず、この価格でオールインワンジェルを提供している『コスト体系』でしょう。

通常のコスメのように、「水」を配合すれば、かなり原料価格が抑えられますが、大正製薬品質に加え、水の代わりに「シラカンバ樹液」を配合しているにもかかわらず、「50g 3800円(税抜き)」を実現していますから、コスメのコスト体系を知っている私からすれば、『驚きの価格設定』です。

※初回限定 定期コースであれば「1900円(税抜き)」です

この価格設定では、発売当初はかなり厳しかったと思いますが、現在では『397万個』の販売実績があります。ボリュームディスカウントで原料価格が安くなり、商売として成り立っていると考えられますし、メーカー利益を度外視しているかもしれません。

また、数多くの美容成分が配合されていますが、その中でも個人的には、「セラミド」・「ツボクサエキス」・「ポリクオタニウム」を選択し、さらに『カプセル化技術』によって、これら成分を角層の隅々まで届ける技術は評価出来ます。

製薬会社ではありますが、これら成分の選択法や、成分の浸透技術は、大手化粧品会社同様の考え方・技術ですから、スキンケアのことをよく理解し、肌のことを知り尽くしていると言えるでしょう。

『良心的な価格設定』、大手化粧品会社にも引けを取らない『成分選択』『処方化技術』が評価され、世界で唯一、「モンドセレクション」と「Prize of Jury」を『W受賞』しています。

これは、「トリニティーライン」の『商品力の高さ』が世界に認められた結果です。

まさに、製薬会社が作る『おすすめNo.1のオールインワンジェル』にふさわしいのではないでしょうか?

 

・第二位:【メビウス製薬】ホワイトニング リフトケアジェル(シミウス)

おすすめ第二位の製薬会社が作るオールインワンジェルは、メビウス製薬の『ホワイトニング リフトケアジェル(シミウス)』です。

正直、製薬会社としてのメビウス製薬はあまり知りませんが、業務内容に「医薬品、化粧品、健康食品の製造業及び卸小売業」とありますから、『製薬会社コスメ』と考えました。

製薬会社としては、第一位の『大正製薬』には大きく劣りますが、ホワイトニング リフトケアジェル、通称『シミウス』は、オールインワンジェルとしては優秀です。

まず、製薬会社の名にふさわしい、「プラセンタエキス」を美白の有効成分とした『医薬部外品』です。

美白の医薬部外品のオールインワンジェルはあまり多くはありません。医薬部外品(美白)のオールインワンであれば『シミウス』は大変おすすめです。

1964年創刊の歴史を持つ医薬論文・医薬情報投稿誌『診療と新薬』(2017年5月28日発売号)にも掲載されています。

プラセンタエキスの『美白』に加え、数多くの美容成分によって『保湿』も期待出来ます。

結果、多くのユーザーに支持され、リピート率は驚きの『93.9%』

この「高いリピート率」と、医学雑誌への掲載という「実績」が、『商品力の高さ』を物語っています。

 

・第三位:【ロート製薬】肌ラボ 極潤パーフェクトゲル


おすすめ第三位の製薬会社が作るオールインワンジェルは、「ロート製薬」の『肌ラボ 極潤パーフェクトゲル』です。

「ロート製薬」については、いまさら何も言うことはありませんが、超大手の製薬会社です。

「ロート製薬」は「第一三共ヘルスケア」と並んで、製薬会社コスメの勝ち組であり、大手化粧品会社を脅かす存在です。

そんな「ロート製薬」を化粧品市場の中で一躍有名にし、大きく飛躍させたブランドが『肌ラボ』です。

「肌ラボ」には様々な商品がありますが、オールインワンであれば、極潤パーフェクトゲルがおすすめです。

『極潤』という商品名が示す通り、『保湿』に特化した商品です。

「4つのヒアルロン酸(うるおい成分)」・「スクワラン(うるおい成分)」・「サクラン(うるおい成分)」に加え、「セラミド(うるおい成分)」を配合し、とろみのあるゲルが、角層深くまでうるおいを届け、閉じ込めます。

驚くべきは、お得な『つめかえ』がある点です。ですから、非常に『コスパ』に優れたオールインワンジェルと言えるでしょう。


 

3.おわりに

いかがでしょうか?

化粧品開発者の私が考える、製薬会社が作るおすすめNo.1オールインワンジェルは、「大正製薬グループ」の『トリニティーライン ジェルクリームプレミアム』です。

素晴しい『価格設定』と、大手化粧品会社にも引けを取らない『商品設計』『処方化技術』、そして何より、「大正製薬」の製薬会社としての『格』が、おすすめNo.1の理由です。

オールインワンジェルとして超有名な、「新日本製薬のパーフェクトワン」がランキングに入っていないので、疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「パーフェクトワン」は、日本で一番売れているオールインワンジェルで、今のオールインワンジェルブームを作った、オールインワンジェルの象徴的商品であることは間違いありません。

ですが私は、これまでも記事にしていますが、製薬会社が作るコスメであるはずの「パーフェクトワン」の、『宣伝内容』に大きな疑問を持っていますから、ランキング外としました。詳細は以下記事をご覧ください。

<オールインワンジェルランキング>
話題のオールインワンゲルランキング 【コラリッチvsパーフェクトワンvsシミウスvsメディプラス、真のおすすめNo.1は?】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<パーフェクトワンの宣伝内容に疑問>
【コスメの誤解】 話題の成分、トラネキサム酸を「美白の有効成分」と勘違いしていませんか? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


ご自身に合った、製薬会社が作るオールインワンジェルをお選びください。

<大正製薬グループ オールインワンジェル>



※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません