コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

化粧品開発者おすすめのクレンジングは「オイルタイプ」!オイルタイプこそ一番効果が期待できるクレンジングです

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

市場には様々なタイプの『クレンジング』が存在します。

「オイル」・「リキッド」・「ジェル」・「ミルク」・「クリーム」・「バーム」、皆様は何を基準に選び、どんなタイプのクレンジングをお使いでしょうか?

私は化粧品開発者として、上記に挙げた全てのタイプのクレンジングの開発経験がありますが、私のおすすめクレンジングは圧倒的に『オイルタイプ』です。「オイルタイプ」こそ、数あるクレンジングタイプの中で、最も効果が期待できると考えています。

今回は、「何故オイルタイプなのか?」詳しくご説明します。

 

1.最も重要視すべき機能は「クレンジング力」

おすすめオイルクレンジング・アテニア


クレンジングにとって最も優先すべき機能は何でしょうか?


クレンジングの役割は『メイクなどの油性汚れを落とす』です。『オイル(油)』『界面活性剤』の力で、メイクなどの油汚れを落とすアイテムがクレンジングです。

一度、この基本に立ち返ると、おのずと答えが見えてくるのではないでしょうか?

クレンジングにとって一番重要なことは何か?

それは、『クレンジング力』です。クレンジング力以上に優先すべき機能はありません

もし、クレンジング力が不十分だった場合、どうなるでしょうか?

肌上に残った油性のメイク汚れ(油)は『酸化』しやすく、このような状態が日常的に続くと、『肌荒れ』の原因となります。また、肌上に残った油(メイク汚れ)が、化粧水の浸透を妨げますから、基礎化粧品の効果を損なう恐れもあります。

「美容成分〇〇%以上配合」とか「〇〇エキス配合」とか「肌にうるおいを残す」といったように、クレンジングに『保湿効果』を付与させて、それを全面に押し出す商品が多数存在します。

「コスメ」にとって『保湿』は非常に重要ですが、クレンジングに「保湿」は必要でしょうか?

「メイクを落とす」というのは、『クレンジングのみ』に課せられた使命です。クレンジング以外にメイクを落とすことが出来るアイテムはありません。

一方、「保湿」というのは、化粧水・乳液・クリームなどの『基礎スキンケア品』に課せられた使命です。基礎スキンケア品のように、保湿に特化し、保湿専門のアイテムがあるのに、クレンジングにも「保湿」を求める必要があるのでしょうか?

「クレンジング力」と「保湿」が両立していれば、「保湿」機能に着目しても問題ありませんが、これら機能は『二律背反』であり、両立は不可能です。「保湿」機能を重視すればするほどクレンジング力は低下します。

「保湿」は、その後の基礎スキンケア品で十分補えるのに、クレンジングに「保湿」を求めた結果、十分な「クレンジング力」が得られず、日常的に、キメや毛穴に細かなメイク汚れが残っていたともなれば本末転倒です。

コスメの処方化技術に劇的な技術革新が起きて、クレンジング力と保湿が両立したモノが誕生すればよいですが、現状、そんなモノは存在しません。これら機能を両立しているかのような宣伝をしている商品はありますが、実際は、十分とは言えません。

ですから、クレンジングにとって最も優先すべきは『クレンジング力』クレンジング力以上に優先されるべき機能はありません

 

2.おすすめのクレンジングは「オイルタイプ」

クレンジング力の源は、クレンジングに配合の『油(オイル)』『界面活性剤』です。メイクを落とすメカニズムは以下記事をご覧ください。

<何故クレンジングでメイク汚れが落ちるのか?>
クレンジングの真実 【クレンジングについてご存知でしょうか?】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


主に『油』でメイクを落とすクレンジングタイプは、「オイル」・「バーム」です。主に『界面活性剤』でメイクを落とすタイプが「リキッド」・「ジェル」、『油と界面活性剤双方』で落とすタイプが「ミルク」・「クリーム」です。

クレンジング力に優れるということは、クレンジング力の源である『油』『界面活性剤』の配合量が多いということです。しかし、界面活性剤は高配合すると肌刺激性が増しますから、高配合出来ません。ですから、界面活性剤を主とする『リキッドタイプ』『ジェルタイプ』は、ややクレンジング力が劣ります。

圧倒的なクレンジング力を有するのが、主に「油」でメイクを落とす、『オイルタイプ』『バームタイプ』です。

ここでもう一つ重要な要素があります。

それが『洗い上がりの良さ』

油でメイクを落とす「オイルタイプ」と「バームタイプ」は、クレンジング力抜群です。しかし、油でメイクを落としますから、『洗い上がりが悪い』のが一番のデメリットでしょう。

これらタイプのクレンジング後のお肌は、ヌルヌルべたべたするという印象が強いと思います。すすぎの水で落とそうにも、油ですから、なかなか落ちません。

特に『バームタイプ』は洗い上がりに課題があります。

「バームタイプ」の使用感は抜群です。肌上でとろけるような使用感で、この使用感だけでも使ってみる価値はあると思いますが、それ以上に、洗い上がりが悪いのが残念です。

クレンジングにとって一番重要なことは『クレンジング力』です。しかし、『洗い上がり』は無視出来ません。何故なら、クレンジングの洗い上がりが悪いと、人は何度もすすぎの水で顔を洗い、無意識のうちに顔をこする回数が増えます。それはつまり、『物理的刺激』を顔に与え続けるということですから、過度なすすぎ行為はお肌を痛めます。

また、肌上に油が残っていては、その後の化粧水の浸透を妨げ、基礎スキンケアの効果を最大限得ることが出来ません。

一昔前の『オイルタイプ』も、「バームタイプ」同様、クレンジング力は素晴しいのに、洗い上がりが悪く、クレンジング後の後肌は決して気持ちのいいものではありませんでした。

しかし、次項で詳しくご説明しますが、処方化技術が大きく進歩し、現在の市場には、クレンジング力と洗い上がりの良さを両立したオイルクレンジング(オイルタイプ)が存在します。

ですから私は、数あるクレンジングタイプの中で、『オイルクレンジング』をおすすめします。

 

3.オイルクレンジングのおすすめは「アテニア」

「オイルクレンジング」は、配合成分の95%以上が『油』ですから、圧倒的なクレンジング力です。ですから、オイルクレンジングがクレンジング力に優れるのは当たり前のことであり、この項では「洗い上がり」についてふれましょう。

オイルクレンジングであれば、『アテニア スキンクリア クレンズオイル』がおすすめです。この商品については、これまでも記事にしていますが、アテニアはファンケルのグループ会社ですから、オイルクレンジングの名品「ファンケル マイルドクレンジングオイル」の技術を水平展開しています。

「アテニア スキンクリア クレンズオイル」の特筆すべき点は、『微細乳化処方技術』による『圧倒的な洗い上がりの良さ』です。この「微細乳化処方技術」は、前述したように、「ファンケル マイクレ」からの技術展開であり、『高度な界面活性剤配合技術』によるものです。詳細は以下記事をご覧ください。

<「ファンケル マイクレ」「アテニア スキンクリア」の秘密>
化粧品開発者から見た「ファンケル マイクレ」のすごさとは? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

クレンジングに最も優先すべきは『クレンジング力』です。しかし、洗い上がりの良さは、肌を物理刺激から守るため、その後の化粧水の浸透を高めるために重要です。

一昔前であれば、オイルクレンジングに洗い上がりの良さを求めるのは無理がありましたが、今では処方化技術が進化し、「アテニア」・「ファンケル」という、『洗い上がりが良いオイルクレンジング』が実現しました。

ですから私は、『アテニア スキンクリア クレンズオイル』をおすすめします。

しかもこの商品、@コスメベストアワードで『ベストクレンジング 第一位を2年連続受賞』しています(2016年&2017年)。

<アテニアの快挙!>
【アテニア】 スキンクリア クレンズ オイル 2年連続 @cosme ベストコスメアワード ベストクレンジング第1位! - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

これはつまり、ユーザー自身が、広く支持しているということですから、これ以上の説得力はありません。

<2年連続@コスメベストアワード受賞>

 

4.注意点

「オイルクレンジング」は、非常に優れたクレンジングタイプですが、私の経験上、オイルクレンジングでニキビが出来たなど、何かしらの『肌トラブル』を抱えるユーザーがいたのも事実です。

つまり、「オイルクレンジング」は大変優れたタイプですが、一方で、肌を選びやすく、肌に合わない方もいると言えるでしょう。

ただし、ニキビが出来たというケースでも、オイルクレンジングの洗い上がりが悪く、毛穴にオイルが残った状態が日常的に続いてニキビになったということは十分に考えられます。

ですから、オイルクレンジンが本質的に肌に合わない方を除き、まずは、ファンケルやアテニアのような、『洗い上がりに優れたオイルクレンジング』を使って頂きたいと思います。

「オイルクレンジングが肌に合わない」という方に対しては、『リキッドクレンジング』をおすすめします。

リキッドクレンジングの名品と言えば、『オルビス クレンジングリキッド』です。

<リキッドクレンジングの名品「オルビス」>

クレンジングリキッド

 

5.おわりに

いかがでしょうか?

様々な方が「クレンジング選びのポイント」を語っていると思いますが、化粧品開発者である私は、クレンジングに最も優先すべきは『クレンジング力』と考えています。

クレンジングに「保湿」を求める必要はありません。「保湿」のためには、化粧水・乳液・クリームといった専門のアイテムがありますし、「メイクを落とす」役割を担っているのは『クレンジングのみ』であり、他に代用できません。

「クレンジング力」と「保湿」を両立出来れば問題ないですが、これら機能は『二律背反』であり、両立は不可能です。「保湿」を重視すると、クレンジング力が低下し、低いクレンジング力のモノを使い続けると、様々な肌トラブルにつながる恐れがあります。

これでは本末転倒です。

「オイルクレンジングを使うと肌が乾燥する」のであれば、その後の基礎スキンケアでしっかりお手入れをすべきですし、何より、基礎スキンケアの役割は、クレンジング・洗顔後のお肌にうるおいを与えることですから、私は、「保湿」を重視し、「保湿」を全面に押し出す商品(クレンジング)に疑問を感じています。

何を一番に優先させるかは、ユーザー自身の肌状態や、メイクスタイルにもよりますから、私の見解は、一つの参考意見としてお考えください。



※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません