コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

製薬会社コスメ「ブライトエイジ」をおすすめする理由  ~安全性面~

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

「製薬」の持つ、圧倒的に良いイメージを武器に、化粧品業界の中で、確実にシェアを拡大している『製薬会社コスメ』。 このブログでもこれまで、製薬会社コスメについて記事にしています。

<化粧品開発者が選ぶ 製薬会社コスメランキング>
おすすめの製薬会社コスメは? 製薬会社コスメランキング! - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

製薬会社コスメの中でも、化粧品開発者の私が最もおすすめするのが、第一三共ヘルスケアの『ブライトエイジ』です。

今回は、ブライトエイジをおすすめする理由を、『安全性面』からご説明します。

 

1.第一三共ヘルスケアのエイジングケアブランド「ブライトエイジ」


「ブライトエイジ」は第一三共ヘルスケアから販売されている、エイジングケアブランドです。第一三共と言えば、トラネキサム酸配合の『トランシーノ』が有名です。

そんな第一三共ヘルスケアが、トランシーノで培った技術を用いて、美白だけでなく、シワにも対応した(乾燥による小ジワ)、全方位エイジングケアが『ブライトエイジ』

美白のみのトランシーノが進化したブランドとも言えるでしょう。

全ての製薬会社のコスメが『製薬会社コスメ』と言えるとは限りません。このブログでも再三申し上げていますが、中には「製薬」とは名ばかりで、「製薬」の名の上にあぐらをかいて、本質を見失っている製薬会社のコスメが多数存在するのも事実。

第一三共ヘルスケアは、そんな製薬会社が作るコスメとは一線を画す、『本物の製薬会社コスメ』だと私は思います。詳細は以下記事をご覧ください。

<全ての製薬会社コスメが高品質とは言えない!製薬会社コスメの真実>
「製薬会社のコスメ」は高品質?効果あり?おすすめ? 製薬会社コスメの真実 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

次項では、化粧品開発者の私が、ブライトエイジをおすすめする理由を『安全性面』から論じます。

「効果面」・「処方面」からは以下記事をご覧ください。

<効果面>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)」をおすすめする理由 ~効果面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<処方面>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)」をおすすめする理由 ~処方面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

 

2.ブライトエイジのすごい点 ~安全性面~

ブライトエイジ・おすすめ製薬会社コスメ・安全

2-1.製薬会社が開発したコスメ

コスメの安全性は、大部分が化粧品メーカーの『自主基準』です。ですから、安全性の基準は、メーカーごとによって異なります

自主基準のため、安全性への配慮に欠け、肌トラブルになりやすいコスメが存在しますし、一方で、ユーザーが安全に使えることを最優先に考え、自らに厳しい安全性基準を定めたコスメも存在します。

「ブライトエイジ」は製薬会社『第一三共ヘルスケア』が開発した商品です。「製薬会社」として超一流の第一三共ですから、安全性基準も高く、ユーザーが安全に使えることを最優先に考えていると、容易に推測できます。

今の化粧品市場において、製薬会社が作る『製薬会社コスメ』は、着実にユーザー支持を広げています。しかし、中には、疑わしい製薬会社が作るコスメが存在するのも事実。詳細は以下記事をご覧ください。

<全ての製薬会社コスメが高品質とは言えない!製薬会社コスメの真実>
「製薬会社のコスメ」は高品質?効果あり?おすすめ? 製薬会社コスメの真実 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

第一三共ヘルスケアは、ロート製薬と並ぶ、製薬会社コスメの代表格です。「ブライトエイジ」の場合、『超純水』の使用や『徹底した衛生管理のもとでの製造』など、安全性・品質に対するこだわりには目を見張るものがあります。

第一三共は、製薬会社として自社が持つ『圧倒的に良いイメージ』を武器に、「トランシーノシリーズ」をヒットさせ、化粧品市場の中で確固たる地位を築きました。

「圧倒的に良いイメージ」の中には、「安全性が高い」というイメージも含まれていますから、安全性を軽視する対応は、第一三共ヘルスケアには考えられません

安全性を軽視する対応は、自社の強みを自らで放棄する行為ですから、今後も第一三共ヘルスケアは、製薬会社として培った高い技術で、高品質・高安全性のコスメを開発し続けるでしょう。

 

2-2.「トラネキサム酸」配合の医薬部外品

 「ブライトエイジ」は全品、『医薬部外品』です。

『医薬部外品』は、「化粧品」以上に安全性に配慮しなければなりません。

例えば、最も一般的な安全性評価である『パッチテスト』にしても、医薬部外品の場合、化粧品以上の被験者数で行うことが一般的ですし、成分(原料)にしても、『医薬部外品原料規格(外原規)』に掲載の、もしくはそれに相当するモノしか、配合することはできません。

ですから私自身は、医薬部外品の安全性トラブル(肌トラブル)よりも、化粧品の安全性トラブルを心配しています。

コスメの開発現場では、『医薬部外品』とすることで、安全性評価・基準へのプライオリティが高まると言えるでしょう。

しかし、医薬部外品、特に『美白』というと、「怖い?危険?」と感じる方もいます。これはおそらく、『カネボウ白斑問題』の影響でしょう。

カネボウ白斑問題の原因物質と言われるのが、カネボウ独自の美白有効成分『ロドデノール』です。白斑に関する詳細は以下記事をご覧ください。

<カネボウ白斑問題とは?>
美白化粧品(薬用化粧品) ランキングNo.1は? 【カネボウ白斑問題から、美白化粧品のおすすめを考えてみた】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

白斑問題の詳細はここでは割愛しますが、「ロドデノール」の美白メカニズムは『チロシナーゼ活性阻害』です。

美白には様々な作用機序(メカニズム)があり、「チロシナーゼ活性阻害」が最も一般的ですが、美白の有効成分である『トラネキサム酸』のメカニズムは違います。

シミの元の『メラニン』はメラノサイトで作られます。女性ホルモンや紫外線などの刺激を受けると、「プラスミン」や「プロスタグランジン」と言われる物質がメラノサイトに働きかけて、メラニン生成をスタートさせます。

つまり、メラノサイトに「メラニンを作りなさい!」という『シグナル』を与えて、『メラノサイトを活性化』させるわけです。

トラネキサム酸は、このシグナルをブロックします。つまり、トラネキサム酸の美白メカニズムは、「チロシナーゼ活性阻害」ではなく『メラノサイトへのシグナル遮断』です。

そもそものメカニズムが「チロシナーゼ活性阻害」ではありませんから、「ロドデノール」のような白斑が起きる可能性は限りなく低いです。

しかもトラネキサム酸は、長く薬として使用されてきた成分ですから、『市場実績』は豊富です。「市場実績」は、『長い間、多くのユーザーが重篤なトラブルなく、安全にお使い頂いた結果』ですから、コスメの安全性を語るうえで、最も重要な要素です。

 

3.おわりに

 いかがでしょうか?

必然的に「安全性」へのプライオリティが高まる『医薬部外品』であり、さらに、チロシナーゼ活性阻害ではなく、「メラノサイトへのシグナル遮断」というメカニズムの『トラネキサム酸』を美白有効成分として配合している点が、安全性面からの『ブライトエイジ』のすごさです。

ただし、安全性に絶対はあり得ません。想定外のことが起きる可能性はゼロではありませんし、お肌に合わない方だっていらっしゃいます。

ですから、コスメ使用中に何かしらの違和感をお感じになったら、直ちに使用をやめ、メーカーの指示に従ってください。



<ブライトエイジをおすすめする理由 ~効果面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)」をおすすめする理由 ~効果面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<ブライトエイジをおすすめする理由 ~処方面~>
製薬会社コスメ「ブライトエイジ(第一三共ヘルスケア)」をおすすめする理由 ~処方面~ - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

 

※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません