コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

製薬会社が作る敏感肌コスメの実力は?効果は?おすすめ?

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

製薬会社が作るコスメが増えてきました。

これら『製薬会社コスメ』については、これまでも記事にしています。以下をご覧ください。

<製薬会社コスメは高品質?>
「製薬会社のコスメ」は高品質?効果あり?おすすめ? 製薬会社コスメの真実 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<製薬会社コスメ  VS 大手化粧品メーカー>
「製薬会社 VS 大手化粧品会社」 どちらのコスメが効果が高くておすすめ? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

製薬会社は自身が持つ、高品質・高技術・高効果の『イメージ』を、最大限活用し『敏感肌コスメ』を開発するケースが多いです。

今回は、化粧品開発者の私が、製薬会社が作る敏感肌コスメの実力はいかほどのモノかを論じたいと思います。

 

1.製薬会社が作る敏感肌コスメ

製薬会社コスメ・敏感肌コスメ・アルージェ

敏感肌の方は、コスメに配合の様々な成分に対して、お肌が過敏に反応し、何かしらの肌トラブルが起きやすい状態にあります。

特に、旧表示指定成分は、人によってはアレルギーなどの肌トラブルを起こす可能性がある成分ですから、「敏感肌コスメ」には『パラベンフリー』が多いです。

※パラベンは旧表示指定成分です

ただし、「パラベンは肌に悪い」と安易に考えるのは危険で間違いです。詳細は以下記事をご覧ください。

<パラベンは肌に悪い?>
【コスメの誤解】 「パラベンフリー、防腐剤フリーは肌に優しい」は間違いです! - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


パラベンフリーなど、配合成分に特にこだわる「敏感肌コスメ」ですから、配合成分にこだわり、効果が高いイメージを持つ『製薬会社』にとっては、最適なコスメ分野です。

そして、敏感肌の皆様も、「製薬会社が作るコスメであれば、成分にこだわっていて、肌に優しそうで、効果が高そう」というイメージをお持ちではないでしょうか?

次項では、製薬会社が作る敏感肌コスメの実力を、化粧品開発者の私が明らかにします。

 

2.製薬会社が作る敏感肌コスメ

2-1.持田製薬「B.K.AGE」

モニター募集中!


持田製薬グループの持田製薬ヘルスケアが開発した敏感肌コスメが、「ビンカンソウ肌」を対象にした『B.K.AGE(ビーケーエイジ)』

「ビンカンソウ肌」とは、漢字で書くと、「敏乾燥肌」であり、『乾燥性敏感肌』のことです。

敏感肌の方は、肌バリア機能が低下し、肌内部から水分が蒸発しやすく、非常に乾燥しやすい状態になっています。また、肌が乾燥することで、さらにお肌が敏感状態になり、「敏感肌」と「乾燥肌」は『負のスパイラル』とも言えます。

この「負のスパイラル」を、持田製薬では『肌あれスパイラル』と表現していますが、このスパイラルを断ち切るためには、『肌に充分な潤いを与える』とともに、『肌バリア機能の回復』が必須です。

「肌に充分な潤いを与える」ために、持田製薬の『B.K.AGE』は、高い保湿効果が出来る「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」を配合しています。

また、「肌バリア機能回復」のために、今の敏感肌コスメでは必須成分、『セラミド』を配合しています。

『B.K.AGE』では、「セラミド2」・「植物性セラミド」・「セラミド様物質」の『3種のセラミド』により、肌バリア機能を回復します。

角層内では、細胞間脂質が規則正しく並んでいて、肌内部から水分が蒸散するのを防いでいます。バリア機能の崩壊と言うのは、『細胞間脂質の欠損』です。水分蒸散を防いでくれる細胞間脂質が欠損しますから、肌内部から水分が蒸散し、乾燥肌、そして敏感肌になります。

細胞間脂質の主成分は『セラミド』です。ですから、お肌にセラミドを与えてあげると、細胞間脂質の欠損部位にセラミドが補給され、肌バリア機能が回復します。

このように、敏感肌・乾燥肌には『セラミドケア』が非常に有効です。

さすが、製薬会社が作る敏感肌コスメ、『B.K.AGE』。基本をしっかり押さえ、高度な技術で対応しています。

「セラミド」や「ヒアルロン酸」といった『肌バリア機能の回復』、パッチテスト・ノンコメドジェニックテスト・防腐剤フリー・エタノールフリーなどの『テスト・配合成分へのこだわり』は素晴しいです。

しかしこれだけではありません。

『B.K.AGE』は、全品、『トラネキサム酸配合の医薬部外品』です。

トラネキサム酸は美白の有効成分として有名ですが、『肌荒れの有効成分』にもなります。詳細は以下記事をご覧ください。

<トラネキサム酸は美白?>
【コスメの誤解】 話題の成分、トラネキサム酸を「美白の有効成分」と勘違いしていませんか? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

『B.K.AGE』は、トラネキサム酸を肌荒れの有効成分として配合した、全品『医薬部外品』です。乾燥がひどいと、肌は荒れた状態になっていますから、敏感肌・乾燥肌には、『肌荒れケア』が有効です。

しかも、トラネキサム酸配合の『肌荒れの医薬部外品』ですから、化粧品以上の効果が期待出来、さすが、製薬会社が作る敏感肌コスメだと思います。

製薬会社の持つイメージ通りの、技術・実力が伴った敏感肌コスメ。それが持田製薬『B.K.AGE』です。

モニター募集中!

 

2-2.常盤薬品工業「NOV III」

 

常盤薬品工業が作る敏感肌コスメが『ノブシリーズ』です。

常盤薬品工業は、大手化粧品会社『ノエビア』のグループ会社です。「ノブシリーズ」を製薬会社が作るコスメと考えるのは微妙ですが(正確には違います)、「薬品」と名がつく会社ですし、敏感肌コスメとしては昔から存在しますし、何より、『臨床皮膚医学に基づいた』とあるので、ここでは無理やり、製薬会社が作るコスメと考えました。

1985年、低刺激性コスメとして誕生したのが『ノブ』です。その後、様々な皮膚の専門家とともに開発を続け、今では、『敏感肌コスメの代表格』にまで成長しました。

そんな「ノブシリーズ」の最新シリーズが『ノブ III』です。

『ノブ III』のコア技術は、敏感肌に非常に有効な成分『セラミド』であり、『セラミド液晶化技術』によって、セラミドの肌への浸透力を高めています。

「セラミド液晶化技術」は、ノブだけのオリジナルではなく、大手化粧品会社であれば保有している技術ですが、『非常に高度な処方化技術』です。

そして、肌バリア機能の回復のために、セラミドだけでなく、『スクワラン』『アミノ酸』にも着目しています。

肌バリア機能は、セラミド(細胞間脂質)は勿論、『皮脂』(スクワラン)と『天然保湿因子』(アミノ酸)で作られるという考え方です。

しかも、肌荒れの有効成分、「グリチルリチン酸2K」または「グリチルレチン酸ステアリル」を配合した、全品『医薬部外品』でもあります。

『ノブ III』の配合成分・商品設計は、薬品と名がつく会社が作るにふさわしいです。さらに、敏感肌分野において、ノブは歴史がありますから、かなりのアドバンテージでしょう。

敏感肌を知り尽くした、基本に忠実な敏感肌コスメ。それが常盤薬品工業の『ノブ III』です。

 

2-3.小林製薬「ヒフミド」

セラミド


小林製薬の敏感肌コスメが『ヒフミド』

小林製薬は、商品のネーミングが相変わらず面白いですね。

「セラミド」を思いっきり連想させる『ヒフミド』。その名の通り、『セラミドに特化した敏感肌コスメ』です。

小林製薬がこだわったのが、「合成セラミド」に比べて約3倍の保水力を有する『ヒト型セラミド』です。

ヒト型セラミドである「セラミド1」・「セラミド2」・「セラミド3」を配合しています。

敏感肌・乾燥肌にセラミドが有効なのは先程述べた通りです。今では、ヒト型セラミドの配合は決して珍しいことではありませんが、敏感肌を訴求するコスメの中には、セラミド配合と言いながら、合成セラミドや合成疑似セラミドを配合しているモノが存在するのも事実です。

化粧水へのセラミド配合は高度な技術が必要なため、『ヒフミド』の中では特に、『エッセンスローション』が要チェックです。

製薬会社がセラミドにこだわって作った敏感肌コスメ。それが小林製薬の『ヒフミド』です。

セラミド

 

2-4.全薬工業「アルージェ」

 

全薬工業の敏感肌コスメが『アルージェ』です。

セルフ市場において「花王 キュレル」に並ぶ、2大敏感肌コスメブランドですから、知っている方も多いと思います。

『アルージェ』のコア技術は、他の敏感肌コスメ同様『セラミドケア』です。

ただ単にセラミドを配合するだけでなく、セラミドを肌内部に届けることにもこだわり、界面活性剤を使用せずに、セラミド(天然セラミド)を超微細にナノ化しています。

界面活性剤を使用せずにセラミドをナノ化する技術は素晴しいです。非常に高度です。

『界面活性剤フリーへのこだわり』が、セラミド配合技術にも反映されたのだろうと思います。

ただし、私自身、全ての界面活性剤が肌に悪いとは思っていません。界面活性剤の種類と、配合するコスメアイテムの種類によって、界面活性剤の肌への安全性は議論するべきです。

『アルージェ』の配合成分・商品設計を見る限り、「キュレル」をかなり意識していますし、メインの販路が「キュレル」とおもいっきりバッティングしていますから、差別性・独自性を実現するための技術が『界面活性剤フリーのセラミドナノ化』ではないかと推測します。

界面活性剤フリーにすると、かなりの処方制約となり、使用感は勿論、展開するアイテムにまで影響を与えます。界面活性剤フリーゆえ、使用感に課題が出ることは十分考えられ、長期に渡って使い続けて頂くことではじめて効果を発揮する化粧品(医薬部外品含む)において、『使用感』は最も優先すべき要素の一つです。

使用感が悪ければ、長期間使って頂くことは出来ませんから。

このような意味で私自身は、界面活性剤フリーに賛同は出来ませんが、中には、界面活性剤がお肌に合わない方や、界面活性剤配合コスメは使いたくないという方もおられると思いますので、そのような方には全薬工業の『アルージェ』は最適かもしれません。


 

3.おわりに

いかがでしょうか?

市場には、製薬会社が作る敏感肌コスメが多数存在します。

製薬会社は、高度な次元で皮膚を研究する技術を持っていますし、配合成分にこだわるというイメージが強いですから、敏感肌というトラブルを抱えるユーザーを対象にした『敏感肌分野』は、最も得意とする化粧品領域でしょう。

今後益々、製薬会社が作る敏感肌コスメが増えるのではないでしょうか?

モニター募集中!


<製薬会社コスメランキング>
おすすめの製薬会社コスメは? 製薬会社コスメランキング! - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません