コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の研究開発を行ってきました。その知識と経験を活かし、皆様に、『コスメの真実』をお伝えします。普段のお化粧に、是非参考にしてください!

「製薬会社 VS 大手化粧品会社」 どちらのコスメが効果が高くておすすめ?

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

今は、製薬会社がコスメを作る時代です。この『製薬会社コスメ』が、多くのユーザーから支持を集め、シェアを拡大しています。

製薬会社コスメについては、これまでも記事にしてきました。

<おすすめ製薬会社コスメランキング>
おすすめの製薬会社コスメは? 製薬会社コスメランキング! - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<ロート製薬 VS 第一三共ヘルスケア>
ロート製薬 VS 第一三共 おすすめNo.1 製薬会社コスメはどっち? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

<製薬会社コスメは高品質?効果あり>
「製薬会社のコスメ」は高品質?効果あり?おすすめ? 製薬会社コスメの真実 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~



これらの記事を読んで頂ければ、ある程度、製薬会社コスメをご理解頂けると思いますが、一つの疑問が生じた方も多いはず。

製薬会社のコスメと資生堂やカネボウ、コーセーのような大手化粧品会社のコスメ、どっちが優れているのか?

今回は、化粧品開発者の私が、「製薬会社コスメ VS 大手化粧品会社コスメ」と題し、どちらが効果が高くておすすめかを論じたいと思います。

※私個人の見解である旨、ご理解ください。

 

1.製薬会社コスメの強みは?

製薬会社コスメ・大手・化粧品会社

製薬会社コスメと聞くと、「高品質」・「高技術」・「高効果」のイメージが強いと思います。「製薬会社が作ったコスメ」とか「製薬会社品質」という表現が、チラシや商品ホームページ・テレビCMで頻繁に使われますから、製薬会社に対するユーザーのイメージは大変良いのではないでしょうか?

これこそまさに、製薬会社コスメの『強み』です。

製薬会社コスメの強みは、「製薬会社」という看板が放つ『抜群に良いイメージ』です。

そして、高品質・高技術・高効果というイメージだけに留まらず、製薬会社には、これを実現するだけの『力』があります。

しかし、全ての製薬会社コスメが、上述の内容にあてはまるというわけではなく、このブログでも過去、記事にしていますが、中には「製薬」というのは名ばかりで、「製薬」という名にあぐらをかいて、「本当に製薬会社コスメ?」と疑問に思うモノは存在します。詳しくは以下記事をご覧ください。

<製薬会社コスメは高品質?効果あり?>
「製薬会社のコスメ」は高品質?効果あり?おすすめ? 製薬会社コスメの真実 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~



化粧品にとって『イメージ』は非常に重要です。「イメージ」を一番に考えている化粧品メーカーも多数存在します。『ナチュラル・オーガニックコスメの台頭』は、まさに、化粧品にとって「イメージ」がいかに重要かを物語っています。

また、2000年初頭に発生した『BSE』では、大打撃を被ったのは食品業界ですが、化粧品業界でも象徴的なことが起きました。

化粧品はお肌に使うもので、食べるものではありません。万一(こんなことは絶対にあり得ませんが)、BSEに感染した牛由来の原料を配合した化粧品を使っても、重篤な問題にはなりません。しかし、『牛=危険』という『イメージ』がついてしまったため、「イメージ」を重視する化粧品会社の多くは、牛に限らず、一切の動物由来原料の使用を禁止しました。

現在は、動物由来原料に対するイメージはそれほど悪くないと思います。現在の『馬油』人気は、当時を経験している私からすれば驚きです。

以上のように、『イメージ』が非常に重要なコスメにおいて、製薬会社コスメの持つ『圧倒的に良いイメージ』は、非常に強力な武器です。

ただし、何度も言うように、全ての製薬会社コスメが、イメージ通りに優れているとは限りません。今の製薬会社コスメを牽引する2大メーカーが、『ロート製薬』『第一三共ヘルスケア』。この2社は間違いなく、イメージ通りの、イメージを技術で体現した製薬会社コスメです。私自身、『第一三共ヘルスケア推し』ですが・・・。詳細は以下記事をご覧ください。

<製薬会社コスメ頂上決戦? ロート製薬 VS 第一三共ヘルスケア>
ロート製薬 VS 第一三共 おすすめNo.1 製薬会社コスメはどっち? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

 

2.大手化粧品会社コスメの強みは?

私が考える大手化粧品会社の定義は、『店舗販売』しているかどうかです。

店舗販売の最高峰は『百貨店(デパート)』。百貨店への出店は、化粧品会社の一種の『ステータス』みたいなものですから、百貨店展開している化粧品会社は、間違いなく大手と言えるでしょう。

また、『直営店』を展開している化粧品会社も同様です。「店舗販売」は、宣伝効果が絶大で、ユーザー支持を拡大するには最良の方法ですが、かなりの費用が掛かるため、資金力がある大手しか出来ません。

通販3強の「DHC」・「オルビス」・「ファンケル」 は、当初は通信販売のみでしたが、売り上げ拡大とともに『店舗販売』も手掛けるようになりました。これによって、さらに多くのユーザー支持を獲得し、今に至ります。

ですから、私が考える大手化粧品会社は、資生堂・花王(カネボウ)・コーセー・ポーラ・ファンケル・DHC・オルビスなど、店舗販売をしている会社です。

では本題です。

製薬会社コスメの強みは、圧倒的な良いイメージでしたが、大手化粧品会社コスメの強みは『美容理論』です。

大手化粧品会社は、ブランドコンセプトを策定し、それをどのような手法で具現化するか(=『美容理論』)を考え、カタチにすることに優れています。

何故なら、このブログでも再三申し上げていますが、コスメは『付加価値の高い商材』であり、この価値を守り続けるためには、『美容理論』が必須だからです。

『付加価値=美容理論』であり、今のコスメの価値(価格)を維持しているのは、製薬会社コスメではなく、「美容理論」にこだわり続ける大手化粧品会社のおかげと言えるでしょう。

資生堂 クレ・ド・ポー ボーテの『ブレインスキン理論』、ポーラ BAの『バイオアクティブ理論』、カネボウ トワニーの『生体リズム理論』、コーセー コスメデコルテAQの『フィジカル&メンタルリラクゼーション』など、まさに大手化粧品会社にふさわしい『美容理論』『美容コンセプト』です。

また、「美容理論」は、何も上記のような高価格帯コスメだけではありません。私の好きな化粧品会社『アテニア』のドレスリフトは、お手頃価格でありながら、『時計美容』という見事な美容理論を作り上げ、搭載しています。

<時計美容の『アテニア ドレスリフト』>

 

大手化粧品会社の強みは『美容理論』。是非一度お試しください。

 

3.「イメージ VS 美容理論」の戦い

製薬会社コスメ・大手・化粧品会社

「製薬会社コスメ VS 大手化粧品会社コスメ」を考えると、『イメージ VS 美容理論』に行き着くと思います。

大手化粧品会社が、製薬会社コスメの持つ『製薬イメージ』を超えることは難しい。しかし、製薬会社コスメが、大手化粧品会社コスメを超える『美容理論』を創出することは不可能です。

今あるコスメの価値は、大手化粧品会社が、高め・守ってきたものです。この価値を高め・守るために、大手化粧品会社は、『美容理論』を構築し続けてきました。ですから、『美容理論』という点で、製薬会社コスメが勝ることは、今後も考えられません。

私自身、コスメにとって、どのような手法(理論)で、どのような状態にユーザーのお肌を導くか、という『美容理論』が非常に重要だと考えていますから、『美容理論』に優れる大手化粧品会社に軍配が上がると考えています。

しかし、製薬の持つ『イメージ』は絶大です。全ての製薬会社コスメがイメージ通り優れているのではないというのは、何度も申し上げていますが、大手化粧品会社を脅かす、本物の製薬会社コスメが『ロート製薬』『第一三共ヘルスケア』。次点で『大正製薬』

中でも、化粧品開発者の私が『No.1製薬会社コスメ』と考えているのが、『第一三共ヘルスケア ブライトエイジ』です。

第一三共ヘルスケアの『トランシーノ』『ブライトエイジ』は、いつか、資生堂HAKUを超える美白ブランドになる可能性を秘めています。

<第一三共ヘルスケア ブライトエイジ>


そして、大正製薬グループ、ドクタープログラムのオールインワン『トリニティーライン ジェルクリームプレミアム』。本物の製薬会社品質を武器に、「パーフェクトワン」・「コラリッチ」を脅かす存在になるでしょう。

<大正製薬グループのオールインワン>


「製薬会社コスメ」と「大手化粧品会社コスメ」。それぞれの特長を理解して、ご自身に合ったコスメをお選びください。

<時計美容 アテニア ドレスリフト>

 

 

※本記事は個人の見解であって効果を保証するものではありません