コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

アクセスありがとうございます。cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の開発を行ってきました。その経験を活かし、化粧品をお使いのすべての人々に、『化粧品の真実』をお伝えしたいと思います。普段のお化粧に、是非参考になって頂ければと思います!

話題のオールインワン「サントリー ビトアス」はおすすめ?買うべき?【化粧品開発者の目で分析してみた】

サントリー・ビトアス・オールインワン・おすすめ

今、話題のオールインワンゲルと言えば、『サントリー ビトアス』

最近、テレビCMや折込チラシでよく目にします。

「サントリー」と言えば、日本を代表する世界有数の飲料メーカーです。皆様の周りには、多くのサントリー商品があると思いますし、飲料に留まらず、様々な領域に事業展開しています。

その中でも、「セサミン」に代表される、健康・美容領域に力を入れており、エイジングスキンケアシリーズ『F.A.G.E.(エファージュ)』に関しては、以前記事にしました。そこそこご好評いただいています。

www.cosmedein.com

 

今回は、テレビCMや折り込みチラシでお馴染み、話題のオールインワン『サントリー ビトアス』について、化粧品開発者の私が詳しく分析いたします。

『サントリー ビトアス』は、おすすめでしょうか?買うべきアイテムでしょうか?

 

1.サントリー ビトアス

「ビトアス」は、サントリーから発売されている『オールインワンゲル』です。オールインワンゲルと言えば、「パーフェクトワン」・「コラリッチ」・「シミウス」・「メディプラス」などが有名ですが、これらは基礎スキンケア(化粧水・乳液・クリーム)を1本にしたアイテムです。

「クレンジング」・「洗顔」に関しては、同メーカーのアイテムを使うか、他メーカーのアイテムを使うしかありませんでした。

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液・クリームといった、全てのスキンケアを1本で補うことは不可能です。

「ビトアス」は、クレンジングと洗顔の機能を持つ『オールインワンソープ』と、化粧水・乳液・クリームの機能を持つ『オールインワンセラム』の2品を取り揃えています。

2品で、スキンケア全ての機能を網羅するオールインワン、それが『サントリー ビトアス』です。

 

1-1.価格 / 容量

【オールインワンソープ(ビトアス ザ パーフェクト ソープ)】

80g / 3000円(税抜き)

 

【オールインワンセラム(ビトアス ザ パーフェクト セラム)】

120mL / 8500円(税抜き)

 

1-2.全成分

【ビトアス ザ パーフェクト ソープ】

カリ含有石ケン素地、水、ステアリン酸PEG-75、ラウリン酸、PEG-10メチルエーテルジメチコン、オリーブ果実油、ペントナイト、カオリン、アロエベラ液汁、スクワラン、スクロース、トレハロース、サボンソウ葉/根エキス、ヒアルロン酸Na、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、ココイルメチルタウリンNa、ボリソルベート65、PPG-9ジグリセリル、グリセリン、クエン酸、ポリクオタニウム-7、EDTA-4Na、BG、エチドロン酸、PEG-90M、エタノール、プロパンジオール、トコフェロール、シリカ、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、コレス-10、ポリソルベート80、ポリクオタニウム-51、ジ(C-12-15)バレス-8リン酸、BHT、香料、フェノキシエタノール、酸化チタン、酸化鉄

 

【ビトアス ザ パーフェクト セラム】

水、BG、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル、DPG、ポリソルベート80、グリセリン、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、エタノール、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、アルガニアスピノサ核油、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、スフィンゴ糖脂質、セラミド3、プセウドジマツクバエンシス/(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物、エーデルワイスエキス、ナツメ果実エキス、シャクヤク根エキス、ゲンチアナ根茎/根エキス、オタネニンジン根エキス、ツボクサエキス、ハマメリス葉エキス、クチナシ果実エキス、マグワ根皮エキス、サッカロミセス/デイリリー花発酵液、アセロラ果実エキス、加水分解コメエキス、加水分解コンキオリン、水溶性プロテオグリカン、セイヨウナシ枝エキス、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、マヨラナ葉エキス、メリアアザジラクタ葉エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ワレモコウエキス、ダマスクバラ花エキス、ベルゲニアリグラタ根エキス、ワイルドタイムエキス、ゲットウ葉エキス、水溶性コラーゲン、水溶性コラーゲンクロスポリマー、ハトムギ種子エキス、ユズ果実エキス、硫酸Mg、マイクロクリスタリンワックス、TEA、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、イソヘキサデカン、オレイン酸ソルビタン、トコフェロール、安息香酸Na、クエン酸、ソルビン酸K、香料、メチルパラベン、フェノキシエタノール、エチルパラベン

 

2.ビトアス ザ パーフェクト ソープ

2-1.特長

メイク汚れは『油性』です。メイクに代表される『油性の汚れ』を落とすのが、「クレンジング」の役割です。そして、クレンジング残りや『水性の汚れ』を落とすのが「石鹸(洗顔)」の役割です。

「ビトアス ザ パーフェクトソープ(ビトアス ソープ)」は、石鹸でありながらクレンジングの機能もある、つまり、メイクなどの油性汚れと、水性汚れ、双方を落とすとアピールしています。

本当に、石鹸で、油性のメイクが落ちるのか?

「ビトアス ソープ」は、油性のメイクを落とすため、石鹸に『オイル』『超微細化』して配合しました。これを『マイクロエマルジョン』と言います。

通常の「乳液」(水中油型)は、水の中にオイルが液滴になって存在しています。これを『エマルジョン(乳濁液)』と言いますが、「マイクロエマルジョン」とは、このオイルの液滴が、非常に『細かい状態』(超微細化)のことを言います。

ですから、「ビトアス ソープ」の泡には『超微細なオイル』が含まれていて、このオイルがメイク汚れと馴染むため、ソープ1品で「クレンジング」と「洗顔」の役割を果たすのです。

このように「ビトアス ソープ」には、『マイクロエマルジョン技術』が搭載されています。

 

2-2.総評

「サントリー ビトアス」のように、クレンジング機能を付与するために、固形石鹸にオイルを配合するケースはよくあります。また、固形石鹸に保湿効果を持たせようと、エモリエント剤としてオイルを配合するケースもあります。

ですから、固形石鹸にオイルを配合する技術は、決して難しいわけではなく、珍しくもありません。

固形石鹸にオイルを配合すると、『泡質』に影響します。泡が立ちにくかったり、キメが荒かったり、泡質が悪くなります。ただ、実際「ビトアス ソープ」を使ってみると、オイルが配合されているとは思えない程、見事な泡質でした。その点は評価出来ます。

しかし、肝心の、「クレンジング」としての機能は物足りませんでした。普段、ノーメイクの方や、薄付きの方であれば十分だと思いますが、メイクをされる方にとっては、やはり、面倒でも「クレンジング」の使用をおすすめします。

「クレンジングと洗顔が面倒だから1品で済む方がいい!」というユーザーに対しても、「ビトアス ソープ」を選ぶくらいなら、『洗い上がり(すすぎ)に優れたクレンジング』を選ぶのがベストでしょう。

世の中には、洗い上がりに優れ、クレンジング後のヌルツキがないクレンジングはあります。『アテニア スキンクリア クレンズオイル』『オルビス クレンジングリキッド』が、まさにそれです。

『アテニア スキンクリア クレンズオイル』は、オイルクレンジングでありながら、洗い上がりに優れるため『W洗顔不要』(洗顔不要)ですし、『オルビス クレンジングリキッド』は、『水系ベース』のため、クレンジング後、ヌルヌルしません。

▼ アテニア スキンクリア クレンズオイル

⇒ 話題のクレンジング 「アテニア スキンクリア クレンズオイル」の評価、評判は? 【専門家の目で分析してみた】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


▼ オルビス クレンジングリキッド

クレンジングリキッド

 

3.ビトアス ザ パーフェクト セラム

3-1.特長

「オールインワン」に定義はありません。水を何%、油を何%、植物エキスを何%配合したコスメが「オールインワン」、といった決まりがないのです。

つまり、何をもって「オールインワン」と言うかは、メーカーの『自主基準』です。

誰が見ても「クリーム」と思われるモノでも、メーカーがそれを「オールインワン」と言えば、「オールインワン」になります。

一般的に、「オールインワンゲル」と言われるくらいですから、『ゲルタイプ』(ジェルタイプ)が多いですね。成分的には、少量の油を乳化し、増粘剤を配合してジェル状にしています。

ですから、化粧水・乳液・クリームの機能を集約したとは言っても、油の配合量がクリームに比べて圧倒的に少ないですから、クリーム機能にやや不安が残るのが、今の「オールインワン」の特長でしょう。

明確な定義がない「オールインワン」ですが、『ビトアス ザ パーフェクト セラム(ビトアス セラム)』は、非常に面白い考え方、そして高度な技術を投入しています。

「サントリー」は、「化粧水」、「美容液」、「乳液・クリーム」の役割順に、『3ステップで浸透する技術』を開発し、『ビトアス セラム』に搭載しました。

その技術が『マルチプルエマルジョン』です。

通常の乳化タイプは、水中油型(O/W)と油中水型(W/O)に分けられます。詳細は以下記事をご覧ください。

⇒ 化粧品の剤型タイプとは? 【化粧品は水と油で出来ています】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


記事では詳細を割愛しましたが、実は、乳化タイプにはもう一つ特殊な型があります。

それが、複合エマルションとも言われる『マルチプルエマルジョン』です。

水中油型(O/W)は、「水」の中に、「油」が細かな液滴になって存在しています。この細かな液滴になっている「油」の中に、さらに細かな液滴となって「水」が存在するモノが、「マルチプルエマルジョン」で、『W/O/W』と言います。

「マルチプルエマルジョン」には、上記説明文の「水」を「油」に変えたタイプも存在し、『O/W/O』と言います。

今回の「ビトアス セラム」は、『W/O/Wタイプ』のマルチプルエマルジョンで、はじめの「W」に化粧水成分を、「O」に乳液・クリーム成分を、最後の「W」に美容液成分を配合し、3ステップでお肌に浸透します。

 

3-2.総評

「マルチプルエマルジョン」は非常に高度な処方化技術です。これが処方化できるメーカーは限られます。少なくとも、今売れていると言われるオールインワンのメーカーでは、技術不足でマルチプルの処方化は無理でしょう。

しかも、クリーム剤型なら多少技術レベルは下がりますが、「ビトアス」は『セラム剤型』ですから、さらに技術レベルはあがります。

私は化粧品の開発者ですから、このように処方化技術で勝負をする商品は大好きです。

しかも、「ビトアス」の技術は中途半端ではなく、一級品です。

ただ、「オールインワン」として考えると、少し疑問が残ります。

化粧水・乳液・クリームの意味を、「マルチプルエマルジョン」に持たせる事に無理があると私は思います。

「ビトアス」のマルチプルは『W/O/W型』ですから、『W⇒O⇒W』の順で肌に接します。

これを「ビトアス」の考え方にあてはめると、『W(化粧水)⇒O(乳液・クリーム)⇒W(美容液)』となり、美容液の前にクリームがくるのは不自然です。

勿論私は化粧品開発者ですから、実際には、このような綺麗な順で肌と接する訳ではなく、あくまでユーザーに、分かりやすく伝えるための内容であることは十分理解しています。

しかし「ビトアス」は、化粧水、美容液、乳液・クリームの役割順に3ステップで浸透と、大きく宣伝しており、しかも、これがこの商品の一番の特長ですから、であれば、宣伝内容と剤型タイプ(マルチプル)の不自然さが非常に目立ちます

さらに、「オールインワン」をお使いのユーザーに、「マルチプルエマルジョン」が受け入れられるか、マルチプルが求められているかも疑問です。

「マルチプルエマルジョン」には「W/O/W」と「O/W/O」があり、「W/O/W」であれば、W相が最外相と最内相の2つある、「O/W/O」であれば、O相が2つあることがポイントです。

ここに、浸透スピードに差がある成分を配合し、時間差で成分をお肌に浸透させるといった『浸透』にこだわる場合や、マルチプルは、2段階・3段階に使用感が変化しますから、『使用感』にこだわるアイテムに「マルチプルエマルジョン」は用いられます。

ですから、高級クリームに「マルチプルエマルジョン技術」を展開するケースが多く、マルチプルの技術レベルを考慮すると、私自身も、マルチプルは高級クリームに展開されるべき技術だと思います。

「ビトアス セラム」は『8500円』ですから、オールインワンとしてはかなりの高価格帯です。ただし、高級クリームと言うほどのレベルではありません。

化粧品の『価格と価値』に対する考え方が、ちょっとずれています。

「オールインワン」としては高すぎますし、オールインワンユーザーが求めている品質・技術とは思えません。技術が素晴らしいだけにもったいないです。

 

4.おすすめ?買うべき?

『サントリー ビトアス』はおすすめか?買うべきか?

化粧品開発者の私の意見は、技術の高さは認めますが、おすすめではなく、買うべきでもありません

理由は、先程申し上げた通り、固形石鹸でクレンジングまで落とすには無理があり、それならば、洗い上がり(すすぎ)に優れたクレンジングを選ぶべきです。また、「マルチプルエマルジョン」の浸透に対する考え方と、「ビトアス」が唱える浸透理論には不自然さを感じますし、そもそもオールインワンユーザーに求められている技術ではないと考えているからです。

ただし、マルチプルエマルジョン技術は興味深いので、個人的に購入して研究していますが。

私のおすすめの「オールインワン」は、『大正製薬グループ』のドクタープログラムから販売されている『トリニティーライン ジェルクリームプレミアム』です。記事と合わせてご覧ください。

▼ おすすめオールインワン『トリニティーライン ジェルクリームプレミアム』

トリニティーライン ジェルクリームプレミアム

⇒ 話題のオールインワンゲルランキング 【コラリッチvsパーフェクトワンvsシミウスvsメディプラス、真のおすすめNo.1は?】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


▼ アテニア スキンクリア クレンズオイル

⇒ 話題のクレンジング 「アテニア スキンクリア クレンズオイル」の評価、評判は? 【専門家の目で分析してみた】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


▼ オルビス クレンジングリキッド

クレンジングリキッド

 

 ※本記事の内容は個人の見解であって、効果を保証するものではありません