コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

アクセスありがとうございます。cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の開発を行ってきました。その経験を活かし、化粧品をお使いのすべての人々に、『化粧品の真実』をお伝えしたいと思います。普段のお化粧に、是非参考になって頂ければと思います!

化粧品開発者が選ぶ、おすすめのコスメブランドは? 【化粧品開発者による、おすすめコスメランキング!】

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

私は十数年、化粧品の研究開発を行ってきました(今も現役です)。

当然、研究開発の過程で、他社の商品を分析したり、論文を見たり、学会発表を聞いたりしていたので、自社と同じ位、他社の商品、研究内容を把握しております。

これまでは大手化粧品会社の研究開発員でしたから、なかなか大っぴらに、他社を褒めたり、すすめたりは出来ませんでしたが、以前からすごいなと感心し、これはおすすめ出来る!という化粧品会社・ブランドがあります。

そこで今回は、化粧品開発者の私が、『おすすめコスメブランド』をランキング形式でご紹介します。

本ランキングは、私の独断と偏見であること、あらかじめご了承ください。

 

1.おすすめ第一位:アテニア化粧品

おすすめコスメ・おすすめコスメブランド堂々のおすすめ第一位は『アテニア化粧品』です。

「アテニア」は、無添加コスメNo.1の『ファンケル』のグループ会社ですから、『技術』『品質』の高さは間違いありません。

私が「アテニア」を、数あるコスメブランドの中で、一番におすすめする理由は、『抜群のコストパフォーマンス(コスパ)』だからです。

「アテニア」のブランドコンセプトが、『一流ブランドの品質を、1/3価格で提供することに挑戦し続けます』ですから、『コスパ』にかける想いは相当なものです。

ここで重要なのは、よく「コスパが良い」と言いますが、「コスパが良い」とは、決して『安い価格』と言うことではありません。

「コスパが良い」とは、『低価格、高品質』のことを意味します。

今は100円ショップでもコスメが買える時代ですし、『プチプラコスメ』なるモノが市場にたくさん存在しますが、これらは、『安い価格のコスメ』であり、決して『コスパが良いコスメ』ではありません。

「低価格、高品質」が意味するように、「コスパの良さ」には、価格だけではなく、『高品質』が絶対条件です。

「100円コスメ」や「プチプラコスメ」を否定するつもりはありませんが、これらコスメには品質が伴っておらず、『安い価格のコスメ』でしかありません。

「低価格」だけであるなら、それは『安い価格のコスメ』であり、「低価格」に『高品質』が伴って、はじめて『コスパが良いコスメ』になります。

「アテニア」は、先にも述べたように、「ファンケル」のグループ会社です。「ファンケル」と言えば、高い技術力と、真摯な企業姿勢で、通販コスメ市場のトップ集団に君臨し、No.1無添加コスメブランドでもある、超一流化粧品会社です。

売り上げ規模で言えば、「資生堂」・「花王(カネボウ)」・「コーセー」・「ポーラ」ら、トップ集団に次ぐ、第二集団に位置しますが、研究開発力で言えば、間違いなく、『業界トップレベル』です。

その「ファンケル」が研究母体ですから、「アテニア」には、「コスパの良さ」(=低価格、高品質)に絶対条件な、『高品質』を実現するだけの『技術』があります。

化粧品開発者の私の目から見ても、『アテニア』の技術力は圧倒的ですし、これだけの品質のコスメを、この価格で提供出来ること自体、同じ業界人としてすごいと思います。

まさに、おすすめNo.1のコスメブランドにふさわしい。それが『アテニア』です。

「アテニア」の中のおすすめアイテムとして真っ先に名前が挙がるのが、『アテニア スキンクリア クレンズ オイル』です。

▼ アテニア スキンクリア クレンズ オイル

この商品は、「アテニア」にとって『救世主』と言っても過言ではありません。実は「アテニア」は、長らく低迷が続いていたんです。

大きな転機となったのが、2016年1月。アテニアは、現在のブランドコンセプト、『一流ブランドの品質を、1/3価格で提供することに挑戦し続けます』 を、『アテニア宣言』として、市場やユーザーに向かって打ち出しました。 もともと『高品質、低価格』がアテニアの理念でしたが、それを分かりやすく、より具体的に明文化したんですね。

そして、アテニア宣言を体現するオイルクレンジング、『スキンクリア クレンズ オイル』を発売。瞬く間にユーザーの支持を得て大ヒット。その年の『@コスメ ベストコスメアワード第一位』(クレンジング部門)にも選出されました。

「ファンケル」の『マイルドクレンジングオイル(マイクレ)』は、オイルクレンジングの名品ですが、「アテニア」の研究母体が「ファンケル」ですから、「マイクレ」の技術を水平展開させたのが『スキンクリア クレンズ オイル』です。

この「品質」と「価格」であれば、ユーザー支持を得るのは当然の結果でしょう。是非お試しください。

⇒ 話題のクレンジング 「アテニア スキンクリア クレンズオイル」の評価、評判は? 【専門家の目で分析してみた】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


そしてもう一つ、「アテニア」で忘れてならないのが、エイジングケア『アテニア ドレスリフト』です。

『時計美容』という、独自の美容理論を搭載し、エイジングケア市場に、圧倒的なコスパ(低価格、高品質)で存在感を示しているのが『アテニア ドレスリフト』です。

「エイジングケア」は、いわば化粧品の花形領域であり、各社、最新の技術を搭載してきます。ですから、必然的に、ある程度の価格になってしまいがちですが、『アテニア ドレスリフト』は驚くべき価格で、当然、品質も伴っていますから、ユーザーから絶大な支持を得ました。

長らく低迷が続いていた「アテニア」ですが、「アテニア宣言」以降の、『アテニア スキンクリア クレンズ オイル』『アテニア ドレスリフト』が大ヒットし、業界が驚くほどの、見事なまでの『V字回復』を果たしました。

多くのユーザーが認めた、本物の低価格・高品質コスメ、おすすめNo.1の『アテニア』を、是非お試しください。

▼ 抜群のコスパ『アテニア ドレスリフト』

ドレスリフト

 

2.おすすめ第二位:資生堂

あすすめ第二位は、日本トップの化粧品会社『資生堂』です。

「資生堂」の『商品企画力』『研究開発力』『生産力』『品質管理力』『宣伝力』『販売力』、その全てがトップレベルです。

化粧品開発に携わる誰もが、資生堂の技術を研究し、目標にしています。

また、今現在、様々な化粧品会社が存在し、化粧品事業を展開していますが、特に中小の化粧品会社が化粧品事業が出来るのは、『資生堂のおかげ』です。

資生堂は日本トップの化粧品会社の責任として、『業界活動』を活発に行っています。

資生堂の活動が無ければ、今頃日本の化粧品業界は、ヨーロッパ勢に負け、ヨーロッパ勢の言われるがままの規制下で、化粧品事業を展開していたでしょう(今後、詳しく記事にします)。

その事実は、一般ユーザーに知れ渡ることはなくとも、資生堂の業界への功績はすさまじいです。

日本No.1の化粧品会社としての責任を果たす資生堂を、私は同じ業界人として尊敬していますし、本来、「おすすめNo.1」にすべきですが、昨今の自主回収騒動(市場回収)により、第二位としました。

資生堂の自主回収については以下記事をご覧ください。

⇒ 資生堂、花王、カネボウ、コーセー、ポーラ、化粧品の市場回収(自主回収)は何故起こるのか? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

⇒ またもや資生堂が自主回収(市場回収)!何故、自主回収は起こるのか? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

資生堂の研究開発力の高さは、化粧品会社のオリンピックと言われる『IFSCC』での受賞歴を見ても明らかですし、様々なブランドを取り揃えていますから、安心して、ご自身に合ったモノが選べます。

是非一度、お試しください。

 


個人的には、『クレ・ド・ポー ボーテ』が好きですが、買いやすさ(価格・販路)の視点から、『エリクシール』をおすすめします。

「エイジング」・「美白」、ご自身の肌質・肌悩みに合わせて、最適な方をお試しください。

 

3.おすすめ第三位:オルビス

おすすめ第三位は、「オイルフリー」でお馴染みの『オルビス』です。

「オルビス」も「アテニア」に負けず劣らずの素晴らしい『コスパ』です。何故なら、「オルビス」は『ポーラグループ』の一員ですから、そのバックには『ポーラ研究所』がついています。

「ポーラ研究所」と言えば、資生堂と肩を並べる程の研究開発力を持っています。人員規模を考慮すれば、その技術力は、資生堂以上と言えるかもしれません。

その「ポーラ研究所」がバックについている「オルビス」は、技術力と言う点では、「アテニア」を凌駕します(ファンケルとポーラでは、ポーラが上です)。

にもかかわらず、今回、「アテニア」を第一位とし、「オルビス」を第三位にしたのは、私自身、オイルフリーが絶対に良いと思っていないからです。

「オルビス」の技術は素晴しい。これは疑いようのない事実です。しかし、お年を召したユーザーにとって、『オイル』は必須だと私は考えています。

特に乾燥する秋・冬の季節は、基礎化粧の最後、クリームで蓋をして、お肌からの水分蒸発を防ぐことは非常に重要です。

この蓋をする役目を果たすのが、クリームに配合されている『オイル』です。

ですから私は、「オルビス」の考え方に共感する一方、「コスメにはオイルが必要である」と考えているため、オイルを配合する「アテニア」を、「オルビス」より上におすすめしています。

ただし、特に、「オルビス」の『化粧水』の品質は素晴しいです。「化粧水」のメイン成分は、『水性成分』ですから、『オイルフリー』が特徴であり、強みである「オルビス」が、最も得意とするコスメアイテムでしょう。

現在は、『弱酸性化粧水』が人気ですから、「オルビス」であれば、肌質・肌悩みに合わせて、最適な『弱酸性化粧水』が見つかります。

⇒ 弱酸性化粧水をお探しの方必見!弱酸性化粧水(弱酸性ローション)のおすすめは? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


▼『ニキビ肌用』の弱酸性化粧水なら『薬用クリアローション(薬用化粧水)』

オルビス


▼『乾燥肌用』の弱酸性化粧水なら『新アクアフォースローション』

オルビス


▼『美白ケア』の弱酸性化粧水なら『オルビスユー ホワイト ローション』

オルビスユー ホワイトシリーズ


あと、「オルビス」と言えば、『クレンジングリキッド』です。オイルが含まれていない、『水系クレンジングの名品』です。

私自身、クレンジングには、最もクレンジング力に優れる「オイルタイプ」をおすすめしていますが、「オイルタイプ」はクレンジング力に優れる一方、「ニキビが出来た」・「かゆい」など、お肌を選ぶ傾向にあります。

「オイルクレンジング」がお肌に合わない方であれば、水系クレンジングの名品、『オルビス クレンジングリキッド』がおすすめですし、「オルビス クレンジングリキッド」以上の水系クレンジングはないと思います。
クレンジングリキッド


世界レベルの品質(技術)を、お求めやすい価格で体験できる『オルビス』。是非一度お試しください。

 

4.おすすめ第四位:ファンケル

おすすめ第四位は、「無添加化粧品」でお馴染みの『ファンケル』です。

「ファンケル」に関しては、「アテニア」の時に少し触れましたが、無添加のように、配合成分の『安全性』への強いこだわりがユーザーに支持され、今や、「DHC」・「オルビス」とともに、通販コスメのトップにまで成長しました。

正直、私自身、「無添加」に対してはやや否定的です。

何故なら、「パラベン」に代表される添加物を、肌に悪いと考えていないからです。

「パラベン」は旧表示指定成分ですから、人によってはアレルギーなどの肌トラブルを引き起こす恐れがあります。しかし、化粧品メーカーは、安全性に最大限配慮してパラベンを配合しますから、パラベン=肌に悪いというのは、誤解であり間違いです

⇒ 【コスメの誤解】 「パラベンフリー、防腐剤フリーは肌に優しい」は間違いです! - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

しかし一方で、パラベンに対しお肌が弱い方はいらっしゃいます。また、ご自身の信念で、添加物配合のコスメは使いたくない!とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

そのようなユーザーにとって、『ファンケル』はおすすめNo.1です。「無添加」という領域で、「ファンケル」以上のブランドは存在しません。

私自身、長く化粧品業界にいますが、「ファンケル」以上の無添加コスメに出会ったことはありません。

ファンケルに関する記事です。是非ご覧ください。

⇒ 無添加化粧品「ファンケル」は本当におすすめか? - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~


「ファンケル」と言えば、「マイルドクレンジングオイル」、通称『マイクレ』が有名です。

▼ オイルクレンジングの名品、『マイクレ』
マイルドクレンジングオイル


「マイクレ」は間違いなくオイルクレンジングの名品中の名品ですが、無添加の本領を発揮するのは、オイルクレンジングではなく、『基礎スキンケア品』です。

オイルクレンジングの無添加は、それほど大変ではありません。『基礎品の無添加』こそ、差別化された、ファンケルの高い技術力の象徴です。

『無添加保湿』であれば、『アクティブコンディショニング ベーシック』『アクティブコンディショニングEX』がおすすめです。

▼ ベーシック

アクティブコンディショニング ベーシック

▼ EX

ファンケルのアクティブコンディションEX


『無添加美白』であれば、『ホワイトニング』です。

▼ ホワイトニング

無添加ホワイトニング


添加物に対しお肌が弱い方、ご自身の信念で、添加物配合コスメを使うことに抵抗がある方、是非、本物の無添加コスメ『ファンケル』をお試しください。

 

5.おすすめ第五位:ポーラ

おすすめ第五位は『ポーラ』です。「ポーラ」に関してはこれまでも記事にしているので、以下を是非、ご覧ください。どこよりも詳しくポーラの技術が分かります。

⇒ リンクルショットでお馴染み「ポーラ」の真実 【技術力業界No.1! おすすめの化粧品会社です】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

上の記事をご覧になって頂ければ分かりますが、「ポーラ」の技術力は、他の化粧品メーカーとは一線を画しています。資生堂とともに、『日本が世界に誇る化粧品メーカー』であり、化粧品の研究開発者であれば、誰もが認める技術力です。

私もその一人で、「ポーラ」の圧倒的技術力に憧れを抱いていますし、常に最新技術をチェックしている化粧品メーカーの一つです。

ただし、私自身、ポーラの主力販路、『訪問販売(訪販)』があまり好きではありません。

「訪販」は、お客様に寄り添うという意味で、優れた販売システムです。しかし「訪販」は、今の社会情勢に不向きな販売システムで、時代錯誤と言っても過言ではありません。

現に、「訪販」は、衰退の一途をたどっていますし、「訪販」最大手の「ポーラ」ですら、苦境に陥っていました。

※ただし、ポーラはV字回復を果たしています。今度、記事にします。

そして何より、「訪販」はユーザーにとって、『買いにくいシステム』です。

「ポーラ」の商品を使ってみたいと思っても、中々、「訪販で買おう!」とは思わないでしょう。

「本当に欲しい時に手に入らない」、これが、私が「訪販」が好きになれない最大の理由です。

しかし「ポーラ」は、訪販トップブランドとして、訪問販売システムを強化しながらも、『デパート』『ネット』で購入出来るようにしました。

「訪販」にとって、「デパート」や「ネット」で商品を売るという行為は『タブー』です。詳細は別の記事にしますが、この「タブー」を破るには、それなりの覚悟と、「マーケティング」や「物流」、「商品管理」といった面で高い能力が必要です。

そして何より、『販売店との信頼関係』が無ければ絶対に不可能です。

「デパート」や「ネット」でも購入出来るようになった現在、「訪販」を主力販路とする「ポーラ」に死角はありません。

まずは、以下記事をご覧になって、ポーラの技術力と商品力を知ってください!

⇒ リンクルショットでお馴染み「ポーラ」の真実 【技術力業界No.1! おすすめの化粧品会社です】 - コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

 

6.おわりに

いかがでしょうか?

今回のランキングは、15年以上、化粧品の研究開発に携わった私が、各化粧品メーカーの技術と商品を、『総合的』に判断した結果です。

今後、新商品や新技術の登場により、ランキングが変わる可能性は十分にあるので、都度、更新していきます。

是非、皆様のコスメ選びの参考にして頂ければ嬉しいです。


※本記事の内容は個人の見解であって効果を保証するものではありません