コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

アクセスありがとうございます。cosmedeinと申します。数十年、大手化粧品会社で化粧品の開発を行ってきました。その経験を活かし、化粧品をお使いのすべての人々に、『化粧品の真実』をお伝えしたいと思います。普段のお化粧に、是非参考になって頂ければと思います!

シワ改善 ポーラ VS 資生堂 どっちが「日本初」なの?

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

最近テレビCMや美容雑誌で、『シワ改善 医薬部外品』のことを目にしませんか?

それもそのはず、ポーラと資生堂が、「シワ改善 医薬部外品」を発売しましたから、2017年の化粧品業界の話題は、『シワ改善』に間違いないでしょう。

資生堂は、日本初の純粋レチノールによるシワ改善の新効能の認可を取得したとして、その第一弾商品を2017年6月、エリクシールブランドから発売。『表情プロジェクト』と題し、プロモーションを展開していますね。

ポーラは2017年1月の発売でしたから、一時期に比べ、CMなどによる露出は減ってきていますが、資生堂の「表情プロジェクト」を受けて、今後、何かしらのプロモを展開するでしょう。

ポーラと資生堂のシワ改善 医薬部外品の宣伝を見ると(CM、雑誌、パンフレット)、『日本初』という表現が並んでいます。

「日本初」という表現は、インパクト大ですから、宣伝文句として大きな武器になりますね。

でも、両社が使っていますから、一体、どちらが『日本初』なのでしょうか?

今回は、ポーラと資生堂の快挙で盛り上がる『シワ改善 医薬部外品』に関して、『どちらが日本初なのか?』をご説明します。

1.ポーラ、 資生堂、どちらが日本初?

シワ改善・ポーラ・資生堂・レチノール・ニールワン

『日本初』という表現は、かなりインパクトがあり、非常に強力な『宣伝文句』です。

その商品の『すごさ』が、一発で、端的に伝わりますから。

ですから、各社、『日本初』という表現を使いたくて仕方がありませんが、当然のことながら、『事実』でなければ使うことは出来ません。

各社、表現を工夫して、『日本初=事実』にしているんです。

現状、シワ改善 医薬部外品領域で、ポーラと資生堂の間で『日本初』という表現が飛び交っていますが、どちらも正しく、どちらも『日本初』です。

詳しくご説明します。

 

1-1.ポーラの場合

ポーラの場合は、文句なしに、『シワを改善する”日本初”の医薬部外品』です。

▼詳細は以下記事をご覧ください

www.cosmedein.com

 

シワ領域では長らく、シワに対する効果効能表現に厳しい規制がありました。

そんな状況の中、『確固たるデータ(改善効果、安全性など)』をもって、国から『シワ改善の承認』を得たことは本当にすごいことで、ポーラだけでなく、化粧品業界全体に及ぼす影響もはかり知れませんし、シワに悩む多くのユーザーにとっても、大きなメリットがありますから、大変な快挙です。

私自身、『シワ改善』という効能が認可された、今回のポーラの偉業は、化粧品業界にとって、21世紀を代表する出来事であると考えています。

しかし、後ほどご説明しますが、その6ヶ月後に、資生堂から同じくシワを改善する医薬部外品が発売されました。資生堂も、見方を変え、表現を工夫すれば、『日本初』なんです。

ですから、資生堂の登場によって、シワ領域において、「日本初」という表現が、ポーラと資生堂の2社混在し、表現の効力、説得力がやや低下しつつあります。

ですから、ポーラでは、資生堂よりも先に発売したというアドバンテージを活かし、『ベストコスメ1位』とか『MAQUIA ベスト・オブ・ベスト大賞』『VoCE スキンケア部門 最優秀賞』といった表現を多用し始めました。

※ 私の自宅にも、この表現をした「ポーラ リンクルショット メディカル セラム」のチラシが届いていました

また、資生堂とはシワ改善メカニズムが異なるので、『世界でひとつのシワ改善メカニズム』という表現もしていますね。

資生堂の登場によって、表現の工夫をし始めたポーラですが、ポーラの場合は、一切の小細工は必要なく、正真正銘の『日本初』です。

 

POLA

 

1-2.資生堂の場合

ポーラの「リンクルショット メディカル セラム(2017年1月1日発売)」の発売から約6ヶ月、資生堂から、同じく、シワ改善 医薬部外品が発売されました。それが、「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームS」です(2017年6月21日発売)。

資生堂は、『純粋レチノール』に、『シワ改善』という新たな効果を見出し、日本で初めて、純粋レチノールによるシワ改善の新効能の認可を得ました

レチノール自身は、以前から化粧品や医薬部外品に配合されてきました。しかし、これまでは、レチノールにシワ改善効果は認められていませんでしたから、「レチノール配合=シワ改善」と言うことは出来ませんでした。

今回資生堂は、従来から用いられている成分『レチノール』に、日本で初めて、『シワ改善』と言う『新しい効果』を見出し、国から認可を得たんです。

ですから、シワ改善 医薬部外品という点では、『日本で2番目』(日本初はポーラ)ですが、レチノールによるシワ改善という点では、『日本初』になります。

よって、資生堂が『日本初』と表現する場合、「日本初 シワを改善する純粋レチノール」というように、必ず『レチノールとの併記』でなければ、日本初と表現することは出来ません。

 

2.おわりに

いかがでしょうか?


ポーラ ⇒ シワ改善 医薬部外品として『日本初』


資生堂 ⇒ シワ改善 医薬部外品では『日本で2番目』、シワを改善する『純粋レチノール』を配合した『日本初』の医薬部外品


化粧品メーカーは、端的に分かりやすく、自社の製品特徴をユーザーに伝えるために、宣伝文句を工夫しています。

ポーラや資生堂と言った大手化粧品会社なら信用出来ますが、あまり聞いたことがない化粧品メーカーで、これ本当?と思わせるような宣伝文句が結構あるので、皆様には宣伝文句に惑わされるのではなく、例えば、私コスメデインのこのブログ『コスメの真実』)などで、正しい知識を身につけて、コスメを選んで頂ければと思います。

▼ポーラと資生堂のシワ改善 医薬部外品の詳細です

www.cosmedein.com


▼アンチエイジングでは『アテニア』も負けていません

ドレスリフト

www.cosmedein.com