コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

アクセスありがとうございます。cosmedeinと申します。十数年、大手化粧品会社で化粧品の開発を行ってきました。その経験を活かし、化粧品をお使いのすべての人々に、『化粧品の真実』をお伝えしたいと思います。普段のお化粧に、是非参考になって頂ければと思います!

衝撃コスメ!!私はこのコスメに衝撃を受けました 【ディセンシア つつむ フェイスクリーム】

ディセンシア つつむ フェイスクリーム・敏感肌コスメ・敏感肌化粧品

私は十数年、大手化粧品会社で、化粧品開発者として働いていました。ですから、仕事柄、様々なメーカーの、様々なコスメを触り、研究していました。

その中で、「これはすごい!!」と『衝撃を受けたコスメ』が多数あります。

化粧品業界に入った1990年代後半から現在までに、私が衝撃を受けたコスメを紹介いたします。

今回は『ディセンシア つつむ フェイスクリーム』です!!

1.ディセンシア つつむ フェイスクリーム

ディセンシア つつむ フェイスクリーム・敏感肌コスメ・敏感肌化粧品

分類・スペック

化粧品、ベントナイト油中水型クリーム

 

全成分

シクロメチコン、水、グリセリン、BG、PEG-10ジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ワセリン、ジステアルジモニウムヘクトライト、スクワラン、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシダイマージリノレイルエーテル、ペンチレングリコール、トリエチルヘキサノイン、セラミド2、ダイズステロール、水添レシチン、レシチン、月見草油、グリチルリチン酸2K、ステアリン酸スクロース、PEG-150、パルミチン酸スクロース、セタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

2.衝撃を受けました

f:id:cosmedein:20170326103345j:plain

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド、それが『ディセンシア』です。誕生から10年余りが経過しましたが、敏感肌ブランドとして確固たる地位を確立しましたね。後ほど説明しますが、ディセンシアと言えば、全てのクリームに採用されている独自のバリア膜『ヴァイタサイクルヴェール』です。このキーとなる技術が『ベントナイト油中水型』です。

▼油中水型については以下記事をご覧ください

www.cosmedein.com

ディセンシアのクリーム全てにヴァイタサイクルヴェールが採用されていますから、クリームは全て『ベントナイト油中水型』です。その中で、ディセンシア初のクリームとして誕生したのが『つつむ フェイスクリーム』です。

私は当時、ベントナイトタイプの油中水を触ったことがありませんでしたから、興味津々でした。ベントナイトタイプの油中水は通常の油中水に比べ、べたつきが少なく、非常に滑らかな後肌でした。

というのも、油中水は水中油に比べ、安定化が難しいんです。少し専門的なお話になりますが、安定に乳化するには、水と油が接するところ(界面)に界面活性剤を綺麗に『配向』させなければなりません。

油中水の場合、界面活性剤が油に溶解してしまい、界面に綺麗に配向しないんですね。ですから、油中水は水中油に比べ、より多くの界面活性剤を配合します。だから、通常の油中水は、若干べたついてしまうんです(界面活性剤由来のべたつき)。

ベントナイトは油の『増粘剤』です。油中水の安定化に非常に大きく貢献しています。ベントナイトのおかげで安定な油中水が出来ますから、界面活性剤の配合量が減らせるんですね。これはつまり、『界面活性剤由来のべたつきがない、後肌滑らかなクリーム』(=つつむ フェイスクリーム)というわけです。

ベントナイト油中水型であるディセンシア つつむ フェイスクリームの使用感は素晴しいです。これまでの、油中水特有のべたつきがないのは驚きでした。しかし、衝撃を受ける程の驚きではありません。

私は、ディセンシア つつむ フェイスクリームの『コンセプト技術』(ヴァイタサイクルヴェール)に衝撃を受けました。

 

遂に登場!本物の敏感肌化粧品!!

今でこそ『ヴァイタサイクルヴェール』は市場にも、業界にも浸透していますが、当時は画期でしたね。何故なら、当時の『敏感肌化粧品』は、お肌に悪そうな成分お肌に悪いイメージのある成分を配合しない、『〇〇フリー』化粧品ばかりでした。お肌に悪そうな『イメージ』なだけであって、本当にお肌に悪いと、客観的に証明された成分ではないんです。

つまり、当時の敏感肌化粧品(〇〇フリーコスメ)には『科学的根拠(エビデンス)』に乏しかったんです。

そんな中、確固たるエビデンスを掲げて登場したのが『ディセンシア つつむ フェイスクリーム』でしたから、遂に本物の敏感肌化粧品が登場したかと、かなりの衝撃を受けましたね。

 

f:id:cosmedein:20170329082407j:plain

 ヴァイタサイクルヴェールとは、ベントナイトによるバリア機能保湿成分(セラミドなど)をお肌に与えるディセンシア独自の膜です。敏感肌の一原因である、ハウスダスト・雑菌・花粉・黄砂という『外部刺激』をブロックします。さらにこのヴェールは、紫外線ダメージなどで乱れた角質層の代わりとなって、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)をサポートします。このヴェールそのものが角質層の役割を担って、乱れたターンオーバーを取り戻し、肌荒れを繰り返さないお肌に導きます。

この効果は、『論文』でも発表されていて、科学的根拠はしっかりしています。

根拠のない〇〇フリーという眉唾物が多い敏感肌分野ですが、根拠がしっかりしているディセンシアは、敏感肌分野の中で『一線を画している存在』ではないでしょうか。

 

3.おわりに

ディセンシアのコンセプトは、10年以上経過した今でも色あせていません。色あせるどころか、進化を続け、2016年には『ストレスによる敏感肌』のメカニズムを解明しています。

※これに関しては、今後、別記事で詳しくご説明します

これからも敏感肌分野を牽引していく存在になるでしょう。

ディセンシア始りのクリーム、『つつむ フェイスクリーム』、私の衝撃コスメです。

 

▼ディセンシア プレミアム エイジングケアブランド『アヤナス』

【花粉症対策訴求(3品)】アヤナストライアルセット

www.cosmedein.com