コスメの真実 ~元化粧品開発者によるブログ~

アクセスありがとうございます。cosmedeinと申します。数十年、大手化粧品会社で化粧品の開発を行ってきました。その経験を活かし、化粧品をお使いのすべての人々に、『化粧品の真実』をお伝えしたいと思います。普段のお化粧に、是非参考になって頂ければと思います!

衝撃コスメ!!私はこのコスメに衝撃を受けました 【イヴ・サンローラン ラディアント タッチ】

f:id:cosmedein:20161127113251p:plain

私は十数年、大手化粧品会社で、化粧品開発者として働いていました。ですから、仕事柄、様々なメーカーの、様々なコスメを触り、研究していました。

その中で、「これはすごい!!」と『衝撃を受けたコスメ』が多数あります。

化粧品業界に入った1990年代後半から現在までに、私が衝撃を受けたコスメを紹介いたします。

今回は『イヴ・サンローラン ラディアント タッチ』です!!

1.イヴ・サンローラン ラディアント タッチ

●分類・スペック

化粧品、筆ペンタイプのコンシーラー

 

●全成分

水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、タルク、ミネラルオイル、ジメチコン、ペンチレングリコール、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、シリカ、(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー、塩化Na、トリアザジフェニルエテンスルホン酸ポリドデカンアミドアミニウム、ラウリルPEG/PPG-18/18メチコン、PG、カプリリルグリコール、ジステアルジモニウムヘクトライト、酢酸トコフェロール、EDTA-3Na、トリエトキシカプリリルシラン、水酸化Al、アルニカ花エキス、イタリアイトスギ種子エキス、ポリゴナツムムルチフロルムエキス、アルミナ、ラウロイルリシン、ステアリン酸、炭酸プロピレン、酸化チタン、ドデセン、ポロキサマー407、ポリビニルアルコールクロスポリマー、ペクチン、ブドウ種子エキス、フェノキシエタノール、ルスコゲニン、ビオサッカリドガム-1、レシチン、[+/-] 酸化チタン、酸化鉄、マイカ

 

2.衝撃を受けました

イヴサンローラン・ラディアントタッチ・コンシーラー

この商品は、私が言うまでもなく、名品中の名品ですね。誰もが認める『No.1コンシーラー』です。イヴ・サンローランの『顔』ともいうべき、この商品。私が初めてこの商品を触ったのは2006年頃でしょうか。

もうびっくりしました。製剤、容器は勿論、デザインもおしゃれで、これまでの自分の中でのコンシーラーの概念が覆りました。

 

2-1.機能、使用感がすばらしい!

コンシーラーの機能は、お肌のシミやくすみなどの『色トラブル』『隠す』です。つまり、『カバー力(隠ぺい力)』が高ければ高いほど、優れたコンシーラーと考えられていました。

しかし、当時のコンシーラーは、皿(パレット)に入ったり、スティック状の『WAXタイプ』が多かったんですね。下記のような感じのタイプです。

  

 

これらは、カバー力に優れますし、スティック状は使用性もいいですから、優れたコンシーラーです。しかし、『WAXタイプ』なので、カバー力以外の項目で課題があると私は考えています。

それが、『密着感』『肌馴染み』です。

コンシーラーはカバー力が一番重要ですが、『密着感』がなければ、お肌の上を移動しやすくなるので、すぐに落ちてしまいます。また、『肌馴染み』が悪ければ、コンシーラーを塗った部分だけが目立ってしまって、非常に不自然な仕上がりとなります。

WAXタイプは、油類をWAXでガチっと固めていますから、その性質上(固化性、安定性など)、配合出来る成分に多少の制限があります。

ですから、密着感、肌馴染みの成分を、その機能を発揮するまで十分に配合出来ないのです。

コンシーラーとはこういうものだ、と私は思っていましたから、ラディアント タッチを使った時は本当に驚きました。筆ペンという斬新な使用性、スタイリッシュなデザインだけでなく、製剤の機能、使用感が素晴らしかったんです

コンシーラーの命、カバー力は勿論、お肌にピタッと密着し、少し指で整えると、お肌に馴染んで、非常に『自然で綺麗な仕上がり』になります。

この商品は『乳化タイプ』です。乳化タイプの場合、WAXタイプと比べると、配合成分の幅が広がりますから、カバー力・密着感・肌馴染み、3拍子揃ったコンシーラーが可能になったのでしょう。

正直、イヴ・サンローランのようなブランドは、その『ブランド力』だけで勝負しているのだろうと思っていましたが、品質もすごいなと、思わされた一品です。

 

2-2.販売実績がすばらしい!

この商品の販売実績は有名ですね。販売実績が『有名な宣伝文句』になっています。それが、発売20年以上たった今でも、『10秒に1本売れ続けている』です。

私がこの商品を初めて触った2006年当時は、4秒に1本だったような気がしますが、私の記憶違いですかね。

いずれにしても、10秒に1本売れれば、年間で『300万本以上』ですから、発売後20年たった今でも、それだけ売れ続けているのは信じられません。とんでもない数字です。

いかにユーザーから支持され続けているかを物語っていますね。

『歴史に残るコスメ』と言っても過言ではないでしょう。

3.おわりに

他にも、充填技術容器設計技術デザインなど、衝撃を受けた点はありますが、とにかくすごいの一言です。

これまでも、そしてこれらかも、この商品を上回るコンシーラーは登場しないでしょう。

私の衝撃コスメです。

▼BBクリームを使用後、隠しきれなかった色トラブルの箇所をコンシーラーで整えると、綺麗に仕上がります

アテニアBBクリーム